こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マイナス→プラス思考 頭と心の違い

goo上でマイナス思考からプラス思考にするにはどうしたらいいか、という質問が多く載せられていましたが、ある程度は読んだのですがまだ自分的に解決していません。
頭で「マイナス思考はマイナスを呼ぶ」とわかっていても心が「マイナスをマイナスと思うこと」をやめてくれないのです。

自分で自信のあることに対し「自分ってすごい!」と思ってることもありますが、それはちゃんと心で動いています。プラス思考になろうとしてるわけでもなく単に「思ってる」ことです。

でも【自分が自信のないところでマイナスがあった場合】、口で「仕方ないや!」とか「これをバネに頑張ろう!」とかいえたとしても心では「何で私にこんな不幸が舞い降りるの!」とか「またこれが目の前に立ちはだかったか・・」と思ってしまうのです。

自信をつけることがまず大事だとは思うのですが、マイナス思考からプラス思考に変えられた人、自然とそれを心でやってる人は何か訓練をしたのでしょうか?
それともある時、急にふと思い立ってできることなのでしょうか?

恋愛面においても、友達に魅力的な子がいて、私と同時期にある人にメールを送ってるのに、魅力的な子はすぐ返事がきて、私には返事が遅かったらそれをプラスとは思えなかったり(周りはプラスに考えろ、というのですが)します。
お金を落としてしまった場合、やはり必要なお金だったからすごく落ち込んでても、プラス思考の人は「拾った人が潤うならよかった」と思える、と言います。
私はどう考えても「仕方がないや」止まりです。

心を強くする方法などがあったら教えてください。
マイナス思考を心からプラス思考で考えられるように、何かアドバイスがあったら教えてください。

投稿日時 - 2009-04-23 16:43:08

QNo.4902961

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして
私も同じように悩んだことがあります

けれど、「心」と「マイナス/プラス思考」は別物だということに気づいてますか?
人は、ある出来事があるとまず感情に変化がおきます
kentarousaさんのいう「心」ですね
【自分が自信のないところでマイナスがあった場合】、「嫌だ」「辛い」と思うのは、当然のことです。
それから、それに対してどう考えていくかが、「思考」になりますよね
出来事→感情的反応→思考ということです。

私がプラス思考だと思う人は、気分転換が上手なことに気づきました。
嫌なこと、気が滅入ることがあると、まずその感情を薄れること積極的にするということです。
具体的には、テレビを見たり趣味に没頭したりです。
出来事→感情的反応→気分転換→思考です。

気分転換をしているのを見て、いいかげんなようにも逃げているようにも思いました。でも、やってみると効きました。
「嫌だ・辛い」などという感情が薄らぎ、冷静な気持ちで考えることができるようになりました。

それから、もうひとつ人によって思考が違うのは「経験」があります。
私個人の経験で大変恐縮ですが、
他人より、自分へのメールの返事が遅いのは
「○○(私)からのメールに緊張して、何度も書き直しちゃった」
という男の子の言葉を(人づてに)聞いたことがあるので、
(特に男の子からの)メールの返信が遅いことは、私にはいっこうに気になりません。
自分で書くとバカみたいですが、これも「経験」からくる反応の違いですよね。
経験は、年齢や回数をつまなければ、増えていきませんが
どうしても不安になることがあれば
友人やネットで相談して、幅広く情報を集めてみます。
相手の気持ちや出来事に対する受け取り方が、辛ければ一人で悩まないことも肝心かと思います。

マイナスなことがあった場合、即プラス思考になる必要はないと思います。
素直に辛い気持ちになり、気分転換をはかったり周囲に相談をして、結果的に冷静で適切な対応ができればベストではないでしょうか。
辛い気持ちになって悩まない人なんて、底の浅い人になると思います。
お互い頑張りましょう

投稿日時 - 2009-04-23 17:31:11

お礼

回答ありがとうございます。
aki2932さんのいうように、確かに気分転換がうまい人がプラス思考っぽくみえるかもしれません。気持ちが滅入っている時に何か気分転換すれば確かに気持ちは薄れますよね。
思考の違いの「経験」に関しては自分もとても思うことなのです。
周りに「kentarousaは恋愛が下手だ!」と言われていることが多いためかそう考えがちです。自分でも下手と思っているからです。
ただ自分は手先が器用なのですが、それを周りに「不器用だね!」と言われても自分が器用だと思ってるので全く気にならないのです。
それは今までにした「器用だという経験」来てるものだと思います。
冷静に対処というのもよくいわれることです。やはり感情が先に行ってしまっているのでしょうね。

投稿日時 - 2009-04-24 09:20:49

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(12)

ANo.12

<お礼>拝見しました。
質問の行間を読みながら、そのときどきで、
いくつかの回答パターンがあり、その中で[日記]や
[紙に書き出す]ことなどもお勧めしています。
<特性要因図>の優れている点は、
[もれなく・とびなく・忘れなく]思考を進めることができる
ところです。

高齢者さんetc.にも[日記]を進めることがありますが、別に
お気に入りの小説etc.の[書き写し]もお勧めしております。
理由は、
[日記]は自分の知っている漢字しか書かないので
高齢者さんさんの脳髄のトレーニングにならないからです。

アナタさまのことはアナタさまが決めて実行するのが
ベストであるのは当然ですが私個人的には
アナタさまのケースでは
思い込みレヴェルを展開できてしまう[日記]より
<特性要因図>をお勧めしたいです。

それとアナタさまには、
ご自身の生育史と、
祖父母・両親の生育史を広く深く鋭く書き出してみることを
お勧めしたいです。加えて、
できるだけ詳細な心理学用語集で
<シャドー>の意味を知ってみることもお勧めします。

日々計画的に暮らしを進め、
与えられる(=受ける)こと、
期待することとの縁を断つことも
心を強くする1つ方法でしょう。
要は、自分に負けずに、パーフェクトな
自己管理ができればいいのです。
生育史を知ることで、刷り込み・世代連鎖etc.
どのような影響でアナタさまの<三つ子の魂>や礼儀作法・常識力などの
<生活習慣>が形成されたか、を検証することができます。

投稿日時 - 2009-04-24 12:40:10

ANo.11

>自分をより強くする知恵(=考えること)が大事なのもわかるんですが、思うようにうまくいかないのが現状です。

そんな簡単に答えが得られるようなものではないです。

少しずつ自分の中で整理していければそれでいいのです。他人の知恵は参考にはなりますけど、深いところでは考え方や能力の差が際立ってきますので万能ではありません。自分にあわせて解釈、取捨選択、再構築できなければなりません。

プラス思考とかマイナス思考とかってのは、一時の流行で単なるキャンペーンです。それは思考の道具に過ぎません。意図とか本質は別のところにあります。

つまりプラス思考にならないことについて悩み続けるなんて本末転倒ってことです。「インターネットが使いこなせるようになるにはどうしたらいいですか?」って質問と同質。あなたに合ってない道具なら使わなければ良いだけ。ただし、なぜ自分に適さないのかははっきり理解しておかないと、単に挫折しているのと区別がつかなくなりますけど。

マイナスな出来事がプラスに捉えられるというのは、そこから得るものがあって、明るい将来が感じられるからです。無理に思い込むことだと言ってる人がいるとしたら、それは、表面だけ見てその人の中で起きていることをわかってないだけだと思います。

失敗を下手に肯定すると、また同じ失敗をすることになります。これは、精神の正常な反応を阻害することになり、真の無能につながります。

それと、大局的にものを見る能力というのはまた別のことだと思いますけどね。

投稿日時 - 2009-04-24 11:09:23

ANo.10

訓練なんかしません。
プラス思考、マイナス思考考えるだけ無駄じゃないですか、
ただお金を落としたのなら、マイナス思考、プラス思考関係なく、つぎ落とさないように対策を考えることだと思います。

投稿日時 - 2009-04-23 23:23:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
訓練をしないならば、やはり切り替わるまで待たないといけないのでしょうね。あっ、ここに例題でかきました「お金を落とす」件は自分は落としたことはないのです。ただ、周りのプラス思考さんが大金を落とした時(しかもお金持ちではない)にそのように考える、と言っていたのでびっくりしてしまったのです。

投稿日時 - 2009-04-24 09:51:43

ANo.9

恐れによって行動するのではなく、
愛によって行動することだと思います。

マイナス思考の人は、世界が怖くてしょうがないのですよ。

そうではなく、愛する世界のために全力を尽くせばいいのだと思います。

投稿日時 - 2009-04-23 23:04:11

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうです、私は世界がこわくて仕方が無いのだと思います。
何かして怒られるのがいや、何かして嫌われるのがいや、と常に思っているのかもしれません。

投稿日時 - 2009-04-24 09:48:27

ANo.8

 思考をさせるのは心です。心が幸せ志向であり、愛が満ちあふれていれば、思考はプラスになります。心が不幸志向であり、怒り心頭であれば、思考はマイナスになります。頭でプラスマイナスするのではありません。
 汗を流すだけでコップ一杯の水道水でも幸せになれます。マイナス志向をプラス志向への切り替えです。マイナスの力が強いほどプラスになれば強い力になります。怒りと心を消耗させる要因を養えばいつまでも不幸のままです。心に愛と幸せの花を育てれば幸福は実現します。心の持ちようが心を強くします。
 嘉納昌吉 花に次のフレーズがあります。
   泣きなさい 笑いなさい 心の中に花を咲かそうよ
   泣きなさい 笑いなさい いつの日か 花をさかそうよ

 
 

投稿日時 - 2009-04-23 23:00:24

お礼

ご回答ありがとうございます。
切り替えがとても難しいのですが、少しずつやってはきてるのです。
ただ、それをみかねた友達がやはりお前はマイナス思考だから無理にプラスにすることはない、とも言います。
ひとつひとつに感謝の気持ちを忘れないことが自分のプラス思考への道の最短かもしれないと思いました。

投稿日時 - 2009-04-24 09:43:42

ANo.7

>お金を落としてしまった場合、やはり必要なお金だったからすごく落ち込んでても、プラス思考の人は「拾った人が潤うならよかった」と思える、と言います。
プラス思考でもそんなふうに思いませんよ(´・ω・`)
「以後気をつけよう」と思うのです。
マイナス思考にマイナスをかければプラスになりますよ。
消極的に、「○○をするのはやめておこう」
が「○○をするのはやめておこうとするのはやめておこう」

投稿日時 - 2009-04-23 20:55:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうなんですか、プラス思考でもそうは思わないのですか!
自分の近くにいるプラス思考さんがお金を落とした時(私はお金を落としたことはありません)、上記のようなことを思う、と言っていたのです。それを聞いて「私にはとうていなれない」と思ってしまいました。
以後気をつけよう、という「~しよう」というのは良い発言だ、ときいたことがあります。今自分が思ってることと逆のことをする、というのは新しい発見です。

投稿日時 - 2009-04-24 09:41:22

ANo.6

経験が少ないために未来がシミュレーションできないから慌てちゃうのではないですかね?
こうしたらこう来るだろうとかあらかじめ予測できてればそういう事態になったとしても想定内なので別にパニックったりはしません。
いくつかのシナリオを用意しておきAの場合はCする、Bの場合はDするという具合に事前準備しておけば大丈夫だと思います。
想定外のことが起きたとしても「またこれが目の前に立ちはだかったか・・」という場合でも、
これは人生の経験値を高めるチャンスだと思うことにするとあらかじめ決めておけば、実際にそう思うようになるかと思います。
自分の場合は人生はRPGみたいなものだと思ってますから、想定外の悪いことがおきても、中ボスめあらわれたな!くらいに思います。
逆にその中ボスを倒せば経験値が一気にアップしますのでむしろ歓迎しますし、いろんな攻略法を考えて攻略しようとします。
どうシミュレーションしても倒せそうになければ逃げるのもひとつの作戦ですし、
ザコモンスターをたおしつつレベルアップをはかって次の機会を狙うのもいいでしょう。
あらかじめ心の準備をしておけばなんら恐れることはないと思います。

投稿日時 - 2009-04-23 19:37:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
人生がRPGみたいなもの、というご意見、共感できる部分があります。
ものすごく自分が人生に軌道に乗っている時、何か起きても「これは私に対する試練だ!」と強くぶつかっていくことができます。
私にはシュミレーション力が足りないのかもしれません。何かあった時のAやBやCという手の内を用意してないというか…
これからは心の準備をして取り組もうと思います。自分って結構「即行動派」だということにこの前気づかされました。

投稿日時 - 2009-04-24 09:38:40

ANo.5

確かに世の中には、自分には大きな欠点は見あたらないのに幸せになれないのは何故だろうと悩んだ挙げ句、「それは自分の小さな欠点のせいだ!」というトンチンカンな結論を出して負のループに入り込む人がいますね。
そういう人って、ネガティブというよりも周囲の人間を観察していないというか、ろくに本も読んでいないのだと思います。
世の中欠点だらけの人間の方が、結構幸せになっている。(笑)

「自分に悪いところがなくなれば幸せになれるはずである」というのはネガティブ思考の人間に共通の間違った思いこみだと思います。
貴方、典型です。本質的に頭が悪いです。ごめんなさい、私は口が悪いです。(笑)

>自信をつけることがまず大事だとは思うのですが、・・・

何の欠点もなく、何の落ち度もない人間がちょっとしたことで不幸になるのが人生です。
北朝鮮の人たちを見れば明らかでしょう。
貴方がいくら向上したところでたかが知れているのに、そんなことにこだわってネガティブ・ポジティブなんてことにこだわっていることが「物を知らない」ということであり「頭悪いな」ということです。

たかが貴方や私の努力や能力なんて知れた物だから、気持ち一つで、物事全てうまくいってしまうかも知れないという人生の面白さと機微に気がつけるかどうか?
それだけだと思いますよ。

私の夫は欠点だらけ。だから私は悪いことは夫のせいにして上手くゆく。私も欠点だらけだから夫は気楽。(笑)
多分、貴方の配偶者は大変だろうなぁ・・・。
そんなこともわからないって、自称ネガティブっていかに頭が悪いかということだと思いますよ。(笑)

いい加減にしなさいよ。^^

投稿日時 - 2009-04-23 17:46:57

お礼

ご回答ありがとうございます。
ものすごくSな回答をありがとうございます。heidi-tさんはとても要領がいい方で、頭もキレる方なんだろうなとお見受けします。
欠点だらけの人間の方が幸せになってるという点、私もそれはいつも思っていることです。悩まないとあんなに幸せになれるものなんだ?と。
もちろん100%悩んでないとは思わないですが、私のように1つ何かあって悩んでるととても損をしてしまう、というのはわかります。
頭が悪い、という点も分かるんですが、こうして質問でもしない限り自分でコントロールができなくなってきてるほど毎日悩んでいるのです。
本を読んでないとは言いません。本を読んでるんですけど「読む」行為であって身についてないのだと思います。それは気をつけます。

投稿日時 - 2009-04-24 09:35:31

ANo.4

現実を直視した究極のマイナス思考から、
本物のプラス思考が出てくるのです。
  〔 五木寛之 『他力』〕
とのことですが、
とりあえず、
特性要因図をつくって多様な視角・視点から検討してみましょう。

特性要因図の作り方は検索すればわかります。
<特性要因図>作製力は一生もののスキルです。
Tentar non nuoce(=やってみても損はない)でしょう。
他、問題解決には<連関図法>も活用できますが……特性要因図を
つくって問題点を考えることを習慣にするといいですよ。

投稿日時 - 2009-04-23 17:36:44

お礼

ご回答ありがとうございます。
特性要因図という言葉はこの前初めてしりました。
以前、gooの他のマイナス思考やプラス思考の欄でformidableさんの回答を拝見したことがあります。その中に、日記をかいたらいい、というようなこともあった気がしましたが、特性要因図よりも日記を書く方が私には簡単な気がします。
一回洗いざらい出して、そこから第三者的目で観てみようと思います。

投稿日時 - 2009-04-24 09:31:27

ANo.2

正直な方ですね。わたしもプラス思考とか前向きの姿勢なんてものには欺瞞を感じます。

>でも【自分が自信のないところでマイナスがあった場合】、口で「仕方ないや!」とか「これをバネに頑張ろう!」とかいえたとしても心では「何で私にこんな不幸が舞い降りるの!」とか「またこれが目の前に立ちはだかったか・・」と思ってしまうのです。

うまく行かないことがあったとき、他人や環境のせいにしてるってことですよね。

>自信をつけることがまず大事だとは思うのですが、

自信とは関係ないです。自信がないときの対処方法ですから。

>マイナス思考からプラス思考に変えられた人、自然とそれを心でやってる人は何か訓練をしたのでしょうか?
>それともある時、急にふと思い立ってできることなのでしょうか?

他人のせいにしても何も解決しないと悟ったときです。

自分が惨めでとても小さく、社会にとって取るに足らない存在だと本当の意味で気づいたとき、社会を受け入れようという気持に変わります。

で、自分に制御可能なことと、制御不可能なことの区別をつけて制御不可能なことについてクヨクヨ思い悩むのをやめるようにしないと、出来たはずのことも出来なくなります。

>恋愛面においても、友達に魅力的な子がいて、私と同時期にある人にメールを送ってるのに、魅力的な子はすぐ返事がきて、私には返事が遅かったらそれをプラスとは思えなかったり(周りはプラスに考えろ、というのですが)します。

振られたことを良かったと思うなんて欺瞞ですよね。でも、ネガティブな思考を建設的な行動に変える事は出来ます。友達の魅力を削ぐのはいかがなものかと思いますけど、自分の魅力を増すことは出来ますよね。

>お金を落としてしまった場合、やはり必要なお金だったからすごく落ち込んでても、プラス思考の人は「拾った人が潤うならよかった」と思える、と言います。
>私はどう考えても「仕方がないや」止まりです。

どっちも不毛です。

わたしは落とした自分に腹が立ちます。でもミスする自分を許さないわけには行かないんで、ミスが起きないように対策を打ちます。例えば現金を直接持ち歩かないように工夫するとか、落とさないような財布に変えるとか。

わたしは、ミス自体より、ミスをしたのに何も手を打たない自分が許せません。

それとともに、次はミスをしない自分に変った事を誇りに思います。これが本当のプラス思考。

>心を強くする方法などがあったら教えてください。

強い心など幻想です。あるのは自分をより強くする知恵です。

>マイナス思考を心からプラス思考で考えられるように、何かアドバイスがあったら教えてください。

まずはその間違ったプラス思考から抜け出すことですね。役に立たないプラス思考など必要ありません。それと、自分を愛することですかね。

投稿日時 - 2009-04-23 17:17:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
強い心が幻想、ということに強く共感しました。そうですよね、やはり心がそう思ってないことを口先だけで言っても欺瞞ですよね。
間違えたプラス思考というのも、周りの人からきいた方法だったのでそもそもそれが間違えているということになるんですね。
信じてしまってる私も私で弱いと思いますが…
自分をより強くする知恵(=考えること)が大事なのもわかるんですが、思うようにうまくいかないのが現状です。

投稿日時 - 2009-04-24 09:15:45

ANo.1

>それともある時、急にふと思い立ってできることなのでしょうか?
わたしはコレでした。
5年に及ぶうつ病や家庭内の問題、仕事の問題(最悪無職)でかなりマイナス思考になっていた。

ところがある日突然スイッチが切り替わった。
まさに一瞬の出来事でした。

>何かアドバイスがあったら教えてください。
早くスイッチを見つけて切り替えてね。
そんなモンです。

投稿日時 - 2009-04-23 17:02:57

お礼

回答ありがとうございます。
一瞬でスイッチが入る、とのことでしたが、やはり地道な努力よりそういう機会を待った方がいいのかもしれないということなんですね。

投稿日時 - 2009-04-24 09:11:50

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-