こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

極真空手について

 高校の部活で剛柔流空手をやり、初段まで取りました。その後、社会人となり、最近、とにかく無性に空手がやりたいです。近くのジムで、ウェイト・トレーニングを欠かさず、高校時代で得た空手の基本だけは自分なりには維持している状況だと思っています。

 大山倍達氏の著書は全て持参し、何度も繰り返し熟読して来ました。自分の流派は剛柔流(寸止め)でしたが、大山先生のフルコン空手の考え方に全く同感しています。

 以上を述べた上で、自分の質問を述べさせて戴きます。極真に限らず、ほとんどの流派は、顔面の防具を装着せずに「組み手」を行っていると思います。自分は、これに大きな心配があります。

 極真は、顔面攻撃は「しない」というのがルールですが、突きの顔面攻撃はなくとも、蹴りにおいて、例えば回り蹴りなどで、顔面に当たることがあると思います。

 もちろん、組み手の場合は、師範が監督しており、さらには同じ階級の帯どうしで組み手を行うので、かりに回し蹴りで顔面に当たっても、大きなケガはないと思います。

 ただ、(1)回し蹴りで「歯が折れる場合」、(2)脳に障害が残る場合、という危険性は、常に内在していると考えます。

 そんなことを言うなら、「空手をやらなければ良いじゃん」と言われそうですが、極真の方に質問があります。

 (1)極真の道場で組み手を行う場合、顔面防具を付けて稽古することは許されますか。(自分の地区の道場(極真会館)を訪ねて質問したら、「うーん、困ったな。でも、やっぱり無理だと思う。お互いに注意してやるから防具は付けさせない。」と返答を戴きました。)他の極真の道場の場合は、いかがなものでしょうか。

 (2)高校の部活では、顔面防具を付けて稽古をしていました。もし極真で稽古するときには、最低限マウスピースを付けて稽古したいと考えております。ただ、一度もマウスピースを付けたことがないので、心配があるのですが、マウスピースを付ければ「絶対に歯が折れない」と言い切れるものでしょうか。歯科医などのネットで調べても、良く分からないのです。「歯の心配をするなら、空手やめなよ」と言われるかも知れませんが。

 (3)廬山初雄先生の極真館ですが、近年、顔面攻撃を認めるようになったそうです。ただ、大山先生は、著書で「万が一でもバカになる危険性があるから、絶対に認めない」と述べていたと思います。もちろん、廬山先生のことですから、最大限の配慮があってのことだと考えますが、大きな危険性があるような気がしています。極真の方々は、いかがお考えのものでしょうか。(極真をやっていない者が、このような質問をするのは失礼かも知れません。そのときは、許してください。)

 以上、よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2008-11-07 04:32:58

QNo.4459533

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

(1)普段は着けて稽古(スパーリング)はしませんが、事情を話せば許してもらえます。けがが完治してないとか手術の既往があるとか。
また、防具無しでも顔面は無しでお願いします、と前もって言ってスパーリングをすることもあります(けがが完治するまでですけど、あくまでも自己申告ですから)。

(2)マウスピースでも絶対とは言えませんが、かなり事故は少なくなると思います。虫歯が進行していたり差し歯だったりすると健全な歯よりは折れやすいと思います。

投稿日時 - 2008-11-07 15:36:59

中学時代(35年位前になります)、極真空手をやっていました。当時の私の師範は、添野、岸、三浦、佐藤(元は柔道)といった、昭和50年代の四天王でした。通っていたのは、東京池袋にある本部道場です。

私自身は5級(帯が黄色)までで辞めましたが、当時も防具無し、年齢での禁止事項無しでやってました。

私自身、昇級審査で私が中2、相手が20代後半の社会人で組み手をし、怪我をしています。

大人と子供、今以上に体力差がある時期に対等に組み手を行なった関係で、相手の回し蹴りを両腕でかわしたものの、体力差でそのまま顔面に当たりました。

その場では鼻血程度でしたが、その夜から腫れ、病院での診断は鼻骨骨折でした。金属棒を使って元に戻し、全治3ヶ月の重傷でした。

事故はどんなに注意しても起きる可能性があります。まして極真は寸止めではありません。世代が変わり、廬山初雄先生と言う方は存じませんが、かつてやっていて怪我をした経験のあるものとしては、開祖大山先生の教えを反故にしたこと自体、信じられません。

多い道場(当時の本部も大人数でした)だと、2カ所の場所に別れ、1回70人位の道場生が練習します。師範は数人、とても目が届きません。顔面攻撃可能にした場合の事故率は、かなり高いと思われます。

もし入られるのでしたら、十分な下調べと、注意をするよう老婆心ながら書かせて頂きます。

投稿日時 - 2008-11-07 05:27:16

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-