こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヘルペスと診断されました、日常生活面でのアドバイスを

先日病院で性器ヘルペスと診断されました。まだ子供も産んでないので大変ショックを受けました。この病気に関してわからない事が多々あるので、経験者の方などいましたら、アドバイスよろしくお願いします。わかるものだけでもいいので回答下さい。(1)自分(妻)がヘルペスと診断された場合、主人も診断が必要ですか?症状は出ていません。その場合、何かにかかるべきですか?(2)お風呂は最後に入るように病院でいわれましたが、、、温泉やプールで他人に感染させる可能性があるのでしょうか?(3)性器ヘルペスを持っている場合、上半身への(口や顔など)感染の可能性もありますか?(4)再発しやすいとききますが、女性の方再発するときの前兆ってありますか?(5)初めてヘルペスになったときはものすごく痛かったのですが、再発時もかなり痛いのでしょうか?(6)子供を作るときはどうしたらいいのでしょうか?(7)性交渉はヘルペスの症状が出ていなければよいといわれましたが、いちいち病院で確認したほうがよいのでしょうか?(8)運動やお酒は大丈夫ですか?
たくさんありますが、わかるものだけでいいので、どうかよろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-01-08 15:17:24

QNo.440298

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No2の回答は単純ヘルペス(性器ヘルペス)と帯状疱疹
を混同している部分もありますね。
1)5)6)は無視して下さい。

パートナーに感染させてしまう恐れがあるのは、
女性の場合には初感染では2~4週間、
再発の場合には3~7日とされています。
男性の場合には原則的に外性器に病変のある2~3週間です。
これは夫にも知っておいてもらって下さい。

この期間だけは唾液、精液、膣粘液内にウイルスが見つかる
のでご注意を。もちろん、唾液による感染はまれで、一般的
には接触感染です。

前駆症状(前ぶれ)はありますよ。
むずむずするような違和感があり、数時間で赤くなってきます。

外性器に疱疹が無い時は上記の期間以外、セックスも普通でいい
ですよ。もちろん普通分娩で何ら問題ありません。

疲れたときに出やすいという点はNo1さんの言われる通りです。

投稿日時 - 2003-01-08 19:29:52

お礼

わかりやすい回答どうもありがとうございました。参考になりました。

投稿日時 - 2003-01-21 14:28:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

古い教科書では、いわゆる病変(皮膚病変)つまり水疱やびらん面が無ければ感染させることはないと書かれていましたが、それは最近の各種スタディ(ヨーロッパの大規模スタディがいくつか出ています)から完全に否定されています。

性器ヘルペスはじめコンジロームなどのウイルス性疾患の多くが無症状のホストからでも感染するということが確認されています。これは性病をあつかう専門家では当然の『じ・ょ・う・し・き』です。
検査の精度にもよりますが、無症状の時期でもウイルスの排泄もまた確認されているのですよ。
ヘルペスの症状発現期以外でもコンドーム着用が推奨されます。

1)無症状のものを検査すること自体がナンセンスです。皮膚を剥がし感染を確認することは科学的にはできるかもしれませんが、基本は終生感染のため「症状が出たら対処」をすることと感染拡大を防ぐことが重要なのです。

2)基本的にヘルペスの感染は「接触感染」といわれています。この根底には「ウイルス濃度」と「接触時間」が関わっています。常識的に考えると湯船に入ればウイルスは死滅せずとも濃度は希釈されて格段に低くなりその危険性を考えるべきレベルはなくなります。もちろん大量にウイルスを排泄している患者が風呂桶の一部に粘液をつけてしまいこれを第三者が同じように接触すればその危険性は考えられなくもありませんが(これも一種の接触感染)、その前にそうした大量のウイルスの排泄状態の患者には入浴自体が勧められないはずです(シャワーにとどめるように指示があるはず)。これまでの信頼できる報告で「性器ヘルペス」が湯船を介した感染であると断定されたものはありません(※信頼できる報告:JU以上のレベルの専門誌)ただ無用の心配を排除するためや「保険」のためにこれらの指示を行うことは臨床上よく見られることです。

3)性器ヘルペスが口唇で発現した(おそらくオーラルセックスの影響)とするウイルスのDNA解析の報告があったはずです。こういうのを交差性といいます。本来のウイルスは型が違うからこうしたことはないと、古い教科書では否定されていたことですが、ここ10年くらいのスタディで同じく証明されていることです。ですが、型に関わらず「終生感染」であり症状に対処するだけであり治療法も変わらないことから、わざわざ型を調べるなど、これにこだわる必要はないと臨床上判断されています。

4)5)省略

6)基本的に表在の病変は治療しておくことが必要です。もしかなり重症で、分娩前の判断で子供へのリスクが高いと判断されれば帝王切開が選択されることもありますが、たいていの場合には通常分娩ですよ。健診のときに内診など必要な検査を欠かさず受けていれば構いません。あとは専門家である産婦人科医の判断です。

7)病変が無ければいいというのは、病変があるときにセックスを行うとびらん面を機械的に傷つけてさらに範囲を拡大させる危惧からというのが第一義です。さらに感染源となる可能性も高いから…ただし感染源としては既に述べたように無症状の時でもありうるわけで、基本的に体調が問題なくてもコンドーム着用は推奨されます。そういう意味で必ずしも受診してからとはなりません。いったん診療が終了したならば次に有症状化するまでは留意事項を留意しさえすれば性交渉OKです。

8)病変がある間は、その創傷治癒や免疫反応の抑制を考えて理論的に考えれば、睡眠不足やお酒は控えるべきです。運動はあまりに激しく衰弱するようなもの以外の日常の事柄はなんら問題になりません。

参考URL:http://www.glaxosmithkline.co.jp/corp/press/2002_07/P1000056.html

投稿日時 - 2003-01-09 12:43:29

お礼

大変詳しい説明どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2003-01-21 14:28:02

ANo.2

1)
勿論必要です
浮気がばれるのが問題ですがそれよりうつしてしまったら大変です
取り返しがつきません
黙っていたら傷害罪に問われます
症状が出ていなくてもウィルスは出ていることがあるのでセックスは慎重にしなければ成りません

2)
感染の可能性は高くはないのですがあります

3)
普通にしていれば他の部位に移動することはありません

4)
というより一生ものです
治っていると思われるときでも卵に要に神経の中で寝ているだけなので免疫が低下するといつでも起きてきます

5)
こじらせつと痛いどころではすみません
神経を攻撃するのですから社会生活もままならなくなります
免疫を下げないように体をいたわることが大事です

6)
子作り以外では極力ゴムを使用するほうがいいでしょう
治まっていてもウィルスは出ていることがあるのです
出産は帝王切開を覚悟すべきです
よっぽど体調が良ければ自然分娩も可能なのですがその場合でも少ないながらも母子感染のリスクを負わなければ成りません

8)
要は体に負担をかけて免疫を落とさないことです
体調が良ければ飲んでもいいでしょう
ただし気分が悪くなれば控えたほうがいいでしょう

投稿日時 - 2003-01-08 18:49:46

お礼

親切な回答どうもありがとうございました。免疫を落とさない事が大事なんですね。

投稿日時 - 2003-01-21 14:30:28

ANo.1

分かるところだけ回答します。家は最初下の子がどこかでヘルペスをもらってきて、その後上の子に移りました。だから分かる範囲で答えます。
最初ですが、ご主人は診察しなくても大丈夫です。というのは症状がでないと病院でも分かりません。2番目の質問ですが、でているときは公共のお風呂、プールは絶対辞めてください。移る人には移りますから。3番目ですが、移りますよ。例えばヘルペスを触った手でほかを触るとかした場合です。4番目は、女性でも男性でもどこの部分のヘルペスでも前兆なんてありません。ただでやすいのは体調が悪いとき、風邪気味の時などです。それなのでなるべく自分の体をベストな状態で居ることが一番良いです。痛みはでるたびに痛いですよ。再発だから痛くないと言うことはありません。
子供を作るとき、どんなときでもそうですが、症状がでていないときが良いですよね。いちいち病院へ行かなくてもでているときは痛いはずですから、分かりますよ。

運動やお酒は問題ないです。ただお酒などは体調を崩す原因にもなりますから、気をつけてください。
どんなヘルペスでも痛くて大変かもしれませんが、事前に予防もできます。
体調管理をしっかり・・・
それとヘルペスがでて居る間はご主人様の洗濯物とは一緒に洗わないで下さい。お風呂で使う物もです。子供が産まれてからもそうです。子供にうつるとかわいそうですからね。
症状がでている間は自分専用の物を使うのが感染させない一番できる予防方法です。
頑張ってください。

投稿日時 - 2003-01-08 18:45:51

お礼

詳しい説明どうもありがとうございました。こんな病気になってしまって暗澹たる気持ちでいっぱいになりました。気持ちが沈みますね。

投稿日時 - 2003-01-21 14:32:28

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-