こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生のトマトとトマト缶

トマト料理を作る時はいつもカットトマトの缶詰を使っていました
でもこの前初めて生のトマトを使ってキャベツと手羽先の蒸し料理を作りました
そしたらトマトがとても甘くてあまりトマトが好きではない私でも本当においしく食べられました
缶詰と生のトマトではやっぱり生のトマトを使った方が甘くなるのでしょうか
そんなに差があるものなのでしょうか
よろしくお願いします

投稿日時 - 2008-09-30 13:08:43

QNo.4367339

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 一般に日本のスーパーで売られている生鮮のトマトは基本「生食用」で、酸味を抑え、甘味が強くなるように品種改良されてきたものです。これに対して缶詰は「加工用」で、甘味より酸味の勝るものを使用していることが多いです。
 トマトといってもいろんな種類がありますし、最近ではスーパーの品揃えも増えてきたので一概にはいえませんが、全体的な傾向としてはそんなものですよ。

投稿日時 - 2008-09-30 13:19:00

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした
生のトマトは甘く改良されていたのですね
それからも何度か生のトマトを使った料理を作りましたが
やはり甘くておいしかったです
回答していただきありがとうございました

投稿日時 - 2008-10-16 23:01:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-