こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

代理人の認印での契約は有効?

不動産売買の契約書のことで教えていただきたいのです。
自宅マンション(主人名義のものです)を仲介で売りに出しまして、買主さんが見つかり、近々その方との契約の運びとなりました。
ところが売主である主人と、買主さんとの双方で、日程の都合が合わず、売主の妻である私が、主人の代理人として契約をすることになりました。

私は、印鑑登録をしておりません。
契約書は、私の認印を押して契約して問題ない、と仲介の不動産屋が言うのですが、本当にそれで問題ないのか少し不安が残ります。
代理人の認印でもちゃんと契約が成立するのでしょうか。
成立したとしても何か、売主、または買主に不利益が生じることはないのでしょうか、教えてください。
契約書には、主人の実印の印鑑証明と、主人が私を代理人とする主旨の委任状を添付することになっています。
よろしくお願い申しあげます。

投稿日時 - 2008-09-09 13:13:32

QNo.4315531

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>契約書の主人の名前のお尻に私の認印を押す、ということでしょうか

厳密には、それだと矛盾です。

あなたはご主人の実印押印済みの委任状及び印鑑証明書を持参することにより、ご主人の代理人であることを証明するわけです。代理人というのは、本人に代わって委任状に記載のある権限を与えられた者です。

その契約行為については、ご主人の代理としてあなた自身が行うわけですから、ご主人の名前のところにあなたが押印だけするというのはおかしな話です。
その契約行為については、ご主人からあなたに全権が委ねられているのですから、基本的にはあなたの名前にて契約を交わすのです。

それでもご主人の名前が一切ないのではわかりにくいですから、売主としてご主人の名前を記名のみして押印なし、そして売主代理としてあなたが署名捺印するのがベターです。

そして更に細かく言えば、あなたが委任状に記載のある受任者であることを証する身分証(運転免許証等)を提示するべきですし、その証明された代理人本人が立ち会って押印するわけですから、あなたが押すのは認印で特に問題はないという理屈です。

色々細かいことを書きましたが、肝心なのは契約内容や滞りなく決済引渡しを終えることです。契約の件も、仲介会社が立ち会って逐一アドバイスをすると思いますのでそれに従えば良いし、それほど神経質になる必要はないと思いますよ。リラックスしてやってください。

投稿日時 - 2008-09-09 18:29:04

お礼

ありがとうございます。
明快なご回答で、とってもよくわかりました。
おかげさまで、もやもやがすっきりしました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-10 13:04:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

こんにちは。
売主さんご本人、買主さんご本人が、代理人を立てて売買契約をする、或いは、決済(最終売買代金の支払いと、所有権移転登記手続をすること)をするといったことは普通によくあることで、全く問題ありません。

売買契約書の署名の仕方は、
何市何町1丁目1番1号 売主 山田太郎
何市何町1丁目1番1号 上記代理人 山田花子 (印)
とします。この印鑑は認印で構いません。ちなみに、買主本人が署名する場合でも認印で構いません。
この場合、本人の代理人として契約をするわけですから、必ず代理人の氏名住所の記載が必要です。単なる使者ではありませんし、本人が手が不自由で署名をすることが出来ないなどにより署名代行するわけではありませんので・・・。

契約の締結そのものは何ら問題ないのですが、決済時には、司法書士による本人確認が必要となりますので、決済時にも本人が出席できない場合には、事前に面接することになります。担当する司法書士の指示に従えばいいわけではありますが。この場合、司法書士に日当・交通費を支払わなくてはならない場合もありますので、決済時には出来るだけ当事者本人の出席をお勧めします。

投稿日時 - 2008-09-10 17:23:10

お礼

ご回答ありがとうございます。
具体例を書いてくださいまして、よくわかりました。
なるほど、決済のときは、本人が出席したほうがいいですね。
ぜひ調整したいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-11 11:37:24

ANo.4

> 代理人の認印でもちゃんと契約が成立するのでしょうか。
> 成立したとしても何か、売主、または買主に不利益が生じることはないのでしょうか

まず、不動産売買は、契約書が無くても両当事者の合意があれば契約が成立します。この場合、契約書は後の証拠となるものです。そして、お書きのケースの場合、ちゃんと対処しておかないと後で問題になるおそれがあります。


まず、その契約書にnatoc7さんご自身の氏名を記入する必要はないと思われます。なぜなら、代理については代理人が自分の指名を出さない方式(代行方式・機関方式などと呼ばれます)も一般化しており、法律上も認められているからです。

したがって、この点は問題にならないでしょう。


しかし、「契約書には、主人の実印の印鑑証明と、主人が私を代理人とする主旨の委任状を添付することになっています」とのことであれば、その記載がある限り、このとおりにしないと後で問題となるおそれがあります。

仲介業者がいくら「私の認印を押して契約して問題ない」と言っていたとしても、口頭の話は後の証拠になりにくいものですから、仲介業者に「そんなことは言った覚えが無い」などとトボけられると目も当てられません。

そのため、契約書記載のその部分を削除してもらうか(加えて「認印でOK」との旨を追記すればなおよし)、または仲介業者が何と言おうと契約書のとおりにしたほうが無難です。


不動産取引であれば取引額も大きいでしょうから、少なくともある程度まで慎重に対処するに越したことはない、と思います。

投稿日時 - 2008-09-10 01:53:35

お礼

ありがとうございます。
そうですね、慎重に、よくよく契約書の内容を確認します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-10 13:06:17

ANo.2

>代理人の認印でもちゃんと契約が成立するのでしょうか。

売買契約は「売った・買った」の双方の意思表示で契約が成立します。
売買契約書は、その契約意思を文書にした物です。
本来なら、ご主人の委任状(署名・捺印)が必要です。
この委任状を元に、委任を受けた妻(質問者さま)がご主人に代わって契約手続きを行ないます。
妻(質問者さま)は、ご主人に代わって契約手続き代行をするだけです。
認印云々ですが、極端に言えば「100円ショップの印鑑」でも問題ありません。
契約上は、あくまでご主人が主たる契約当事者なんですよ。
その為に、別途ご主人の実印・印鑑証明・委任状を添付するのです。
不動産売買契約は、登記の完了をまって契約完了になります。

>成立したとしても何か、売主、または買主に不利益が生じることはないのでしょうか、教えてください。

売主・買主に不利益が生じるのか否かは、あなたが署名・押印する「不動産売買契約書」の記載内容次第です。
契約書に記載がある項目は、あなたが署名・押印した時点で「売主(ご主人)・買主が了解した」事になります。
契約書記載内容に疑問・不明点があれば、ご主人にご確認下さい。
妻(質問者さま)が署名・押印した後では、疑問・不明点はそのままです。
「納得して署名・押印したんでしよ!」と言われるだけです。

投稿日時 - 2008-09-09 14:14:47

お礼

詳しく回答いただきまして、ありがとうございます。
大変たすかります。
えっと、再度おききするようで恐縮ですが、、、ご回答は、つまり、
主人の印鑑証明と、委任状(主人の実印を押したもの)の2点が必要ということですよね。
契約は主人の名前でするのですよね。
契約書の主人の名前のお尻に私の認印を押す、ということでしょうか。
(不動産屋は、契約時には主人の実印は持ってこなくていいと言っていました。)
すみません、教えていただけると助かります。
お礼の欄に書いてすみません。

投稿日時 - 2008-09-09 14:45:35

ANo.1

契約は双方の合意で成立します。買主さんの了解があればOKです。

投稿日時 - 2008-09-09 13:20:00

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
買主さんがそれでよければ問題ないのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-09 14:33:47

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-