こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マウンテンバイクのアドバイス

近いうちにマウンテンバクを買おうと思っています。自転車が好きでずっとママチャリを乗っていたのですが物足りなさを感じて買うことにしました。マウンテンバイクについてネットでいろいろと調べてみるとマウンテンバイクもどきがけっこうあることがわかりました。自分が今買おうとしているのは→ http://item.rakuten.co.jp/rekyo/sw06201/ これです。価格が安くて重量も軽くはないのでちょっと不安なんですが知識のある方から見るとどうでしょうか><? 是非意見を聞きたいと思い、投稿しました。よろしくおねがいします。 

投稿日時 - 2008-08-22 00:10:58

QNo.4268781

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

自転車もいぢくる現役整備士です。

 質問のURLの自転車については「シボレー」、すなわちアメリカ・ゼネラルモータース(GM)の1ブランドの名前ですが、メーカーとしてはGMと何ら関係なく、ブランド使用料を払って名前を使っているだけとなります。高いブランド使用料を払っていて尚且つこの価格ですから、名前が無ければもう1万円位安く売られていてもいいレベルの商品です。当然、付いているパーツも最低クラスで故障の際は取り寄せすら出来ない事が殆どとなります。

 この値段でこれを買う位なら、08モデルになりますが台湾の世界最大手メーカーGIANTの「ROCK4500」というのが定価37800円で出ています。もう09モデルに切り替わったかと思いますが、このクラスのモデルは同価格帯で必ず毎年出ますので自転車屋で問い合わせてみては?ウチの方ではスポーツオーソリティーというアメリカ資本の綜合スポーツショップ(イオングループなので大きなイオンタウンに入っています)に割と現物が置いてあり、通常でも5%位、モデル切り替え時期になると15~25%位は引いて販売しています。更にここでクレジットカードを作れば当日よりセール品も含み全品表示価格より5%引かれます(現金払いでも)。またこの店ではアメリカンブランド・GTの自転車も置いてあり、同価格帯で「アバランチェ3,0」とか「アグレッサー」辺りが4万以下で売られています。セールに当たればシボレーより安い(3万切る事も)ですよ。アグレッサーなど定価でもほぼ同じですが。

 取り合えず紹介した車種は全てアルミフレームでリヤ7速、重量も14kg前後ですからこれらの09モデルや08モデルの店頭在庫を探してみるのが良いかと思います。

投稿日時 - 2008-08-22 03:34:41

お礼

非常にわかりやすい回答ありがとうございます。とても参考になりました。ジャイアントの商品をみてみると品質の良さがわかりました。ジャイアントの自転車は通販では扱ってないようなので近くの専門店で試乗してみたりして自分にあったものを選ぼうと思います。

投稿日時 - 2008-08-22 16:44:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

NO.5の現役整備士さんの言われることが全てです。僕も同じ意見です。
買おうとしている物は、自転車が好きな人が乗る物ではないですね。リアサスがついていない分まだマシですが。近所でシボレーに乗ってる人いますが、買ってまもなく不具合がでたりサビがひどく出たりして、すぐ乗らなくなりました。シボレーはスポーク折れの話をよく聞きますし、自転車を楽しみたいのでしたら、ジャイアントやGTの廉価版を買った方がずっとずっと良いですよ。
自転車として比較した場合、ジャイアントやGTとシボレー等では、少しの差額で物凄い差があります。

投稿日時 - 2008-08-22 08:08:06

ANo.4

楽天のページを見ましたが、販売店自ら「タウンサイクル」って表示しているチャリですね。

販売店がMTBでもATBでもなく「タウンサイクル」と表示しているのは、チャリの販売店としての「良心?」と思うべきではないかな。

だけど、それにしたってタウンサイクルで16Kgは重過ぎじゃない?

これでロードバイクに混じって舗装路ばかりの遠乗りでもしようものなら、直ぐにタイヤを替えたくなりますね。

というか私だったらチャリの買い替えを考えるかも。

投稿日時 - 2008-08-22 01:43:55

質問の自転車は、フレームの材質がハイテンションスチールなので、スポーツ車に用いられるクロモリという材質と比較したらどうしても重い傾向にあります。

ハイテンションは重量が重い代わりに、ねだんはスポーツ車の半分以下です。

強度が低い材料を用いると規程の強度をだすために肉厚になってしまうので重くなる。というのが軽量化技術の背景にありますが・・・

ハイテンションは一般鋼材よりも強度が強いので、30年ぐらい前は軽量化のフィーチャーとしてカタログに掲載されていたのです。

でも、最近は個人の購買力もついてきたので昔は高嶺の花だったクロモリを使った自転車もだいぶ普及してきています。

クロモリを用いた場合に、スポーツ車の重量は10キログラム前後、タイヤの太いマウンテンだと10~14キロぐらいです。

オリンピックで話題の…カーボンとかチタンのフレームで作ったロードとかだと8~9キロぐらい。

もし本格的にスポーツ車を買うのでしたら、(自転車博士の鳥山新一・考案)3点調整法について勉強してから購入することをお勧めします。

スポーツ車を買って(自転車博士の鳥山新一・考案)バイコロビクスで健康増進でしょうか。

投稿日時 - 2008-08-22 01:17:22

ANo.2

マウンテンバイクで何をしたいかによって解答は変わりますが。

詳しく調べてませんが、ご検討のもマウンテンルック車に近いかと思います。
街乗り程度なら十分だと思われますが、なんとも。

投稿日時 - 2008-08-22 00:50:08

ANo.1

山道やダートコースを走ったりするわけでは無いので、十分です。
水たまりや夜走る為に、泥よけとライトは買う必要がありますが…

投稿日時 - 2008-08-22 00:45:07

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-