こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

なぜ親は子供に変な(凝った)名前をつけるのか?

親は何を理由に…、何を考えてつけているのでしょうか?
男親が変な名前つけたがるのでしょうか?それとも女?

因みに私の子供の名前は小学生でも読める簡単な名前です。

皆様のご意見、お聞かせください。
ヨロシクお願いいたします。

投稿日時 - 2008-07-27 12:02:38

QNo.4207281

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

193人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(23)

ANo.23

ご自身が平凡なお名前なので、
お子様にアクセサリー感覚でつけているのでしょう。

他人のお子様なので、どうでも良いですが、
子供は天使、どの子も可愛いですが、

お名前を伺った時、思わずお顔に見入ってしまいます。

生まれてから、赤ちゃんのお顔を見て、

その子に似合うお名前をつけてあげる方が、
将来的にも子供の為なのではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-01-26 09:16:52

ANo.22

あなたの子供の名前と性別をお教え願います。

投稿日時 - 2010-04-22 09:34:18

ANo.21

どんな名をどちらの親がつけたかという統計があればわかるのですが、探しきれませんでした。

普通、子供の将来を思えば、誰でも読める分かりやすい名前を付けるものですが、変わった名前を付ける親は、目立ちたいという欲求がそれを上回っているのでしょう。

自己顕示欲>>>>>>>>>>>>>>>子供の将来

というわけですね。

投稿日時 - 2009-12-09 00:36:52

ANo.20

わたしもまさにこの疑問が気になっていました。
私も親が他者と区別したがりで特別な存在でありたいと願っている結果だと思います。ファッションなどと一緒で同じものをもちたくないってことじゃないでしょか?オンリーワンであってほしいという。
その結果、当て字のような将来先生や関わる回りの人が呼ぶのに困る名前が増えていっています。家族はそれでいいかもしれませんが読めない名前を付けられた子供が間違って名前を呼ばれるたび何度も言い直したり、読み間違いをされて嫌な気分になって困ることなどまったく想像できていない結果なのだと思います。
そうではないという人から、私も納得いく回答を聞きたいものです。

投稿日時 - 2009-12-02 08:42:44

ANo.19

こんばんは。

名は体を表す、という言葉があります。No.16さんが名前は単なる符牒と言っていますが私はそう思いません。親に付けられた名前のように、子供は成長していくのではないかといます。例えば優しい子になって欲しいと期待を込めて「優」と名付ければ、子供は無意識的に期待に応えようと優しくなろうとしていく、と。

もちろん絶対にそうなる訳ではありません。しかし、親はそういった思いを込めて名付けているのではないでしょうか。

質問者さんは、意味の無いひらがなの羅列や完全な当て字などには当てはまらない、と思うかもしれません。しかし、言葉にはそれぞれ語感というものがあります。例えば、ダ行やガ行の言葉には強い感じ、サ行やハ行には優しい感じ、と言ったような。これは例えば男児向けの戦隊ヒーローとか昔の怪獣の名前は濁音が多いとか、女児向けの商品にはサ行が多いとか、意識的、無意識的に身の回りで使い分けされているのです。レクサスなんて、なんとなく高級感のある名前だと思いませんか?

ですから、単にカッコイイとか響きがいいという理由でも立派な理由に成り得ると思います。名前は単なる符牒ではなく、一生意背負っていく大事な看板だと思います。唯一無二の名前だからこそ、名前のように個性のある子に育って欲しいと願いを込めているのかもしれません。

他の回答者さんも答えているように名前をすぐ覚えてもらえるといったメリットもあります。私は逆にありふれた名前ですが、クラスの中に同じ名前が4人いて逆に困ったこともあります。

読みづらいと生活していて困ることもあるでしょうが、だからといって馬鹿な名付け方と決め付けるのはあまりに短絡的で視野の狭い考え方だと思います。

ちなみに私はNo.12さんが言っている双方のメリットをバランスよく理解できる大半の人に含まれるので、両極端を突き詰めて疑問視する必要がない人です。

投稿日時 - 2009-11-28 00:14:02

お礼

>単にカッコイイとか響きがいいという理由でも立派な理由に成り得ると思います…A
>一生意背負っていく大事な看板だと思います。唯一無二の名前だからこそ、名前のように…B

あなたは上記Bのように考えておられ、Aのような名付け理由でも立派であると思われるのですね。

つまりあなたの主張の要約は
「大事な看板の内容はかっこよさ等だけで決めてよい」
ということでしょう

ありがとうございます。
私のほしかった回答があなたの回答でほぼ得られました。

私の結論はやはり
「親が馬鹿」
これに尽きます。

他にもご回答いただいた皆様、本当にありがとうございました。
これで終了させていただきます。


[補足]
>他の回答者さんも答えているように名前をすぐ覚えてもらえるといったメリットもあります。
ファーストインプレッションが悪いだけだと思いますよ。
その子に初めて会った時、ひどい体臭だったらずっと覚えているでしょ?それと同じです。

投稿日時 - 2009-11-29 23:11:40

ANo.18

No.15ですが、週刊spa! 2007年9月18日号です。
もしかしたら、図書館などに行けばあるかもしれません。

投稿日時 - 2009-11-26 21:31:43

ANo.17

それは…自分の子供が老人になる、と言う事を考えないからではないでしょうか。
あんまり華美だったり、奇抜だったりする名前を付けられて、そのまま老人になってしまったら……。
おそらく、ムチャクチャ落ち着かないことになるんじゃないかと思います。
華美な名前、奇抜な名前に対抗するには、若さの(そして容姿の端麗さに由来する)パワーがきっと不可欠なのです。

投稿日時 - 2009-11-26 01:38:28

ANo.16

変な名前(この時点で十分おかしな話ですが)をつける人は
自分に自信が無い、個性が無い、中身が何も無い、もしくはそう思ってる人に多い傾向があると思います。
だから子供には名前だけでも人とは違うものとなるのではないでしょうか?

ただそれは名前に限らず、自分が生まれつき美形であったならとかと発想が一緒なわけです。
つまり自分が美形であったなら人生が変わっていたとか思ってるような安易な発想の人の子供なわけです。
自分が努力できなかったことを生まれつきと勘違いしてる人たちがそういう名づけ方をするのだと思っています。
もちろん、なんにでも程度というものがありますが。

酷い書き方になりましたが、こう思ってる人もいるという事で。

投稿日時 - 2009-11-23 18:44:48

名前を読めないことによる弊害っていう意見がありますが、
では、「読めない」、「読みにくい」、「読み間違われやすい」
苗字の人(私ですが)はどうなるんでしょう?

昔から、学校・病院などでまともに読んでもらえたことはないですし、
今でも、電話で苗字を伝えるときには5回以上言い直さないと通じない
ことがあり困ることが多いです。

だからといって、普通に読める苗字が嫌だとは思いません。

NO.12さんの意見には納得されられました。
結局、両極端の人が騒いでいるのかもしれませんね。

投稿日時 - 2009-11-23 17:12:59

お礼

???
あなたは読みにくい苗字であり、そのため困ることが多いんですよね?
だったら、読めない名前をつけられた子供も困ることが多いのでは?

ちなみに苗字ではなくて、名前の話なのですが…
苗字(の由来)は土地柄と家系がほとんどで、親は関係ない。
対して名前は親が決定するものです。

いやはや、主題とは関係ない回答で、私の欲しかった回答を見出すことができました。参考になりました。
ありがとうございました。

[補足]私は頭が悪いので、以下のNo.12の方の文末のまとめが意味する具体例がまったくわいてきません。あなたは納得しているようなので、ぜひとも具体例を教えて欲しいです。よろしくお願いします。
>何を考えてつけているのでしょうか?という疑問符は、
>両極端同士だからこそ、湧いてくるのだと思います。
>双方のメリットをバランスよく理解できる大半の人には、
>両極端を突き詰めて疑問視する必要などないだろうな、と思います。

投稿日時 - 2009-11-25 22:12:05

ANo.14

うちの子供も小学生で読み書きできる名前にしました。

だって、自分がちゃんと名前を呼んでもらえないなんて、かわいそうだし一生鬱陶しい思いをするに決まっています。うちは夫婦とも同じ考えだったので、周囲の雑音を撥ね退けて命名しました。その後、自分の娘の名前で苦労したことは全くありません。むしろ、カミさんなど周りの子の名前がなかなか顔と一致せず苦労してますよ(笑)。

名前っていうのは、そりゃ親の思い入れとか込めたいのもわかりますけど、要は、他の人と区別ができればいいわけじゃないですか。身も蓋もない言い方をすれば単なる符牒です。そうであれば、簡単明瞭なほうがよいに決まってます。誰にでもすぐ覚えてもらって、すぐに名前で呼んでもらえれば、子供もちょっとは幸せじゃないんでしょうか。

仕事や学校で名刺や名簿をもらって、本人に読み方を聞くときの気まずさっていまだに嫌ですね。もとから読みにくければまだしも、一番困るのがありふれた字で思いも付かぬ読み方。まあ、読み方だけなら戸籍に登録されるわけではないので、変えようと思えば変えるのは勝手らしいですが。

というわけで、これから名前をつけようという方への、老婆心ながらのひとことでした。

投稿日時 - 2009-11-23 12:17:26

お礼

同感です。特にこの部分↓
>仕事や学校で名刺や名簿をもらって、本人に読み方を聞くときの気ま
>ずさっていまだに嫌ですね。
名刺などもらっときは、名前の主張(インパクト)が強すぎて、名付けの話題に入るべきか否か迷ってしまいます(相手は気にしてはないと思いますが)。

私は30代以上の男女の方の名前が好きです。
「親の願いを込めつつ、周囲の皆との和を保てる日本人らしい品がある名付けと名前」が多いと思ってます(現代用に利己的ではない)。
きっと昔の親御さんはこのようなことを考えてつけてくれた人が多かったのではないか、と感じるところです。
No4さんも言っておられますが、これも時代の移り変わりによる名付け価値観の変化によるものなのでしょうか?

投稿日時 - 2009-11-25 23:20:51

ANo.13

前に雑誌で読んだことがありますが、変わった名前の子に虫歯の割合が多いそうです。
一方、医者や弁護士などに、変わった名前の人は少ないといいます。

変わった名前をつけるのは、子供のためというより親の満足のためではないでしょうか。

自分の子供に「悪魔」と名づけようとして認められなかった親が、後日、麻薬でつかまっていました。
自己管理できない人に、自分の子供に変わった名前をつける人がいるのかもしれません。

投稿日時 - 2009-11-23 11:10:19

お礼

>前に雑誌で読んだことがありますが、変わった名前の子に虫歯の割合>が多いそうです。
>一方、医者や弁護士などに、変わった名前の人は少ないといいます。

それは知りませんでした。
何かそういうデータを集めているサイトとかってないですかね?
ご回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-11-25 22:32:30

ANo.12

随分以前にされた質問ですが、締め切られていないので回答させていただきます。

小学校勤務ですが、変わった名前(読みがただひらがなを3文字並べただけの意味不明、漢字も完全に当て字)の子どもに名前の由来を聞いたところ、『女の子だから、下の名前だけで一度会ったら絶対に忘れない名前をつけたかったんだって』と答えられました。
確かに、私も一生忘れないと思いますが(笑)

本当はここにその名前書きたいのですが、絶対に全国でもその子しかいないだろうから書けません。

ただ、毎年の事なのですが、4月当初、毎日のように『なぜこんな変な名前をつけるんだ!!』って思っていた名前ですが1年経つと全く違和感なく普通の名前として感じられている自分がいるんです。
そして、その子にはその名前しかなかったんじゃなかったか?って。

確かに初めて聞く方には違和感ある名前だとは思いますが、それ自体に意味のない名前の場合聞きなれるとたいしたことないもんなので親はそれほど気にしないんでしょうね。
本人は一生説明し続けなければならないので困るでしょうが。

投稿日時 - 2009-11-11 14:20:55

お礼

>『女の子だから、下の名前だけで一度会ったら絶対に忘れない名前をつけたかったんだって』

変な名前をつける具体的な理由をいただきまして、ありがとうございます!
この子の言うことが、100%親の真意代弁ではないとは思いますが、「一度あったら~」は本当の名付け理由っぽいですね
ほんとうに馬鹿な名付け理由です。
一度あったら忘れない名前の価値と、それによる子供の被害をシーソーしなかったのでしょうか?親の顔が見てみたいです。

>ただ、毎年の事なのですが、4月当初、毎日のように『なぜこんな変な名前をつけるんだ!!』って思っていた名前ですが1年経つと全く違和感なく普通の名前として感じられている自分がいるんです。
そして、その子にはその名前しかなかったんじゃなかったか?って。

わるような気がします。うまく表現できませんが…

ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-11-25 21:40:44

ANo.11

今も昔も同じで「変な凝った名前」の発生率は、
世代問わず一定に保たれてきたと思います。

「簡単な名前」というのは、最も多数派ということではなく、
凝った名前と対極に位置する名前のことだと思います。厳密には。
なので、凝った名前と簡単な名前は、実は同じ発生率かと考えられます。
簡単な名前は同じ名前の人を見つけやすいから、多数派と錯覚し、
凝った名前は、各自バラバラですから、少数派と錯覚します。

簡単平易に読める名前が大半なのではなくて、
簡単でも凝ってもない中間層が大半なのだと思います。

要するに、両極端が最少で、
中間的な、どちらとも言えない名前が一番多くなっている。
人数を縦軸にしてグラフにしたならば、
兜の形のような線対称の曲線を描くような、
心理統計上、自然な人数比率になっていると思います。
簡単すぎでもなく、凝りすぎでもない名が、大半を占めるということです。
変な凝った名前が異端だとしたら、簡単な名前も異端ということになります。

何を考えてつけているのでしょうか?という疑問符は、
両極端同士だからこそ、湧いてくるのだと思います。
双方のメリットをバランスよく理解できる大半の人には、
両極端を突き詰めて疑問視する必要などないだろうな、と思います。

投稿日時 - 2009-11-09 23:36:38

お礼

>双方のメリットをバランスよく理解できる大半の人には、
>両極端を突き詰めて疑問視する必要などないだろうな、と思います。

すいません、わたくし文章の読解力がないので、あなたの文末の内容が良くわかりません。
自分の分析に意味を持たすために、それらしい言葉並べてムリヤリまとめたのでしょうか?

「双方のメリット?」
「バランスよく理解できる?」
「大半の人?」
「必要などないだろうな?」
「…と、思います?」

まったく意味わかりません

ありがとうございました

投稿日時 - 2009-11-25 21:32:41

ANo.10

回答になっていないかもしれませんが…
同じ親としてひっかかったので…
質問者様はお子さんに願いを込めて、たくさん時間をかけ、悩み、名付けられた事と思います。
ならば、珍しいお名前を付けられたお父様、お母様も、皆さん同じだと思うのです。

そして親として子供を育て、
「お友達と仲良く」と教えると思うのですが…
その親御さんが人様の名付けに対して、偏見をもたれるのはいかがなものでしょうか。
人それぞれ育った環境、価値観、違うものですから。

娘のお友達にもたくさん珍しいお名前の方がいらっしゃいますが、
「そういう意味があるんだ」と感心します。

投稿日時 - 2009-09-24 19:15:15

お礼

すいません、何を言いたいのか良くつかみ取れませでした
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-25 21:25:57

ANo.9

こんにちは。

以前、誰か(呉智英だったような)が雑誌か何かに書いたもので読みました。大学で教えている氏が学生達を見ていて気づいたのは、いわゆる普遍的でシンプルな名前の学生には成績優秀な子が多く、一方で無理やりの「当て字」の変わった名前をつけている学生は、成績が良くない傾向が顕著だった...のだそうです。
氏の分析では、成績が良くない学生→親がヤンキーである(あった)割合が高いからでは?ということでした。
もちろん、ひじょうに乱暴な推測だとは思いますが(こんな内容を掲載してクレーム来なかっただろうか??と心配になりました...)、一方で「なるほど」と思えなくもありません。
『夜露死苦!』とか書くのと感性が共通する人種では...。とかね。

でもまたその対極で、昔の古典の主人公の名前にちなんだとか、そういう高尚な?ところからヒントを得てで変わった名前をつける親もいますから、一概には言えないでしょうけどね。

投稿日時 - 2009-06-04 21:34:06

お礼

ご回答ありがとうございます。
子の名前は親(のしつけ)をあらわす…といったところでしょうか

投稿日時 - 2009-11-25 21:18:58

ANo.8

・ありきたりなのは嫌。
・自分の子どもは可愛く&カッコよく育つと思っている。
・読めない名前が生む弊害を想像しない。
・インパクト重視の短絡的思考。
・アニメや芸名の影響。
・「簡単に読めない漢字ってカッコイイ!」という発想。
・子どもを「一人の人間」ではなく「自分の子ども(所有物)」としか捕らえていない。

あたりでしょうか。。

残念ですよね。

投稿日時 - 2008-08-02 15:53:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

特に
>読めない名前が生む弊害を想像しない。
これは悲しいです。
自分に置き換えて想像すれば、明らかなのに…

投稿日時 - 2009-11-25 21:16:36

ANo.7

うちの息子はいわゆるキラキラネームだと言われます。
私達夫婦はキラキラにしたかったわけでもないし、気にいったものがよくある名前だったのであればその名前だったと思います。

キラネームwになったいきさつは・・・
もともと使いたい漢字「○」がありました。「○」は私達夫婦の抱えている問題をうまくフォローしてくれるような意味合い・漢字のパーツがあります。
「○」には読みが沢山あるのですが一番一般的な読みは私が使いたくない読みだったので却下しました(例えば「愛」をアイと読まずにマナと読むような感じです)

もともと漢字2文字・読み3文字にする予定でしたので、読みにあわせるようにもう1文字をあいうえお順にあわせて考えて行きました。
しかし読み3文字の候補に出た名前には夫婦の友人知人で存在しているものが多く、友人知人のイメージがどうしても大きくなってしまうので友人知人には居ない読みに・・・となり、読みが決まったのですが、今まで子どもと同じ読みの人は1人しか見た事がありません。

そしてもう1つの漢字を決めていったのですが、○の漢字の本来の意味はとても高貴なものなのでもう1文字は多少マイナスの意味のあるものを選びました。

読みは漢字本来の読みの中の1つで無茶読みもぶった切りもしていませんし、由来もこじつけではなく本来の漢字の意味を尊重した由来になっています。

しかし、変った組み合わせの漢字と読みなのでキラネームに入ってしまうみたいです。
無茶読み・ぶった切り・読みに他の意味がある(亜菜琉ちゃんとか)のがDQNネームだと思っていたんですがそうでもないんですね。

友人が月を「ルナ」→「る」と読ませていますが、その人は画数にこだわっていて他の「る」の漢字では画数がよくなかったそうです。
その人の旦那さんは「どうせなら累(るい)→「る」のほうがまだよかったんじゃ・・・」と言ってましたけどね

私的には国が新しいおかしな漢字を増やしたり、意味的に名前には適さない漢字(汰とか)を名前に使えると許可している事からまず間違っていると思いますけどね。それを言ったら昔から使われている妙とかもおかしいですけど。「妙な子」でタエコちゃんって結構居ますよね。

読みも何でもOKですし。
それを許可しているのだから「国もキラキラ推進してるんじゃ?」と思うのはおかしくないですよね

キラネームを推進するわけではないですが名づけは昔からおかしな所が沢山あると思いますよ。
「子」だっていつまでも子どもなわけじゃないんだから・・・と思いますし、同じ意味で「姫」もいつまでも姫なわけじゃないでしょ。と思いますし、「妃」も産まれてすぐに妃って!と思います。
だから「姫」を嫌って付けたくないという人が「子」を使おうと思っていると変な感じがします。
「昔から使われているから子を使いたい」というのは「皆が使っているから月をルナと読ませたい」と同じだと思いますしね。

・どこかで妥協することをしないから変った名前が出てくる
・○○ちゃんもこう読ませてるからうちも・・・・
・芸能人は王冠でティアラちゃんも居るし、うちも・・・


そんな感じじゃないでしょうか?

一番の原因は「た●ひよクラブ」や「ベネッ●」だと思いますけどね。
多分日本で一番売れている名づけ本が間違った事をしているのだから。
子どもが出きるまで名づけに興味が無かった人なんかはそういった間違った名づけ本が広辞苑みたいな「正しい事が書かれている本」だと思うのは仕方が無いと思いますよ。

投稿日時 - 2008-07-28 22:43:35

お礼

ご回答ありがとうございました
キラキラネームをつける親御さんの心理がわかり、非常にスッキリしました

以下補足…
国は悪くはないです。推進も推奨もしてません。
本はただの情報源。どう取るかは読者次第。
また「妙」という字は本来悪い意味ではないですよ。
「子」も「子供の子」の意味だけではありません。
辞書引いて見ればわかると思いますので、お時間あったらみてくださいね~。

投稿日時 - 2008-07-29 12:56:08

ANo.6

 まあ、出産直後ってのは両親共々舞い上がってることが多いようですから。自分自身が珍名で嫌な思いしたとかでなければついついという面はあるようです。以下のサイトの「名付けに後悔」のコーナーなどにそのような経験談が。

http://dqname.jp/

投稿日時 - 2008-07-28 04:44:13

お礼

ご回答ありがとうございます。

サイト見てみましたが…、凄過ぎますんw
こんな名前付けられたらかわいそうです(>,<)

投稿日時 - 2008-07-30 12:30:46

ANo.5

「よくある名前じゃイヤ!」「一発で読めないほうがいい」とかですかねぇ。
生まれた子が、華やか~な名前の似合う美形になると信じて、おっさんおばさんになるなんて想像してないんじゃないでしょうか。
「よくある名前じゃイヤ!」…個人的には、そう思う人が多すぎて、変わったで似たような名前の人も大勢いる気がします。テレビとか雑誌とか、同じ情報を得ているから当然といえば当然かも。
「一発で読めないほうがいい」…日常は読み間違われて、訂正でいいでしょうが、年金みたいな大事なデータも間違えられそうで怖いです。

名前は親の願いのこもった贈り物ですけど、ある意味押し付けでもありますよね。子供は受け取り拒否できないんですから。
「普段目立たずマジメな人」は、普段自分を出せないから、子供の名前で自己表現したのでしょうか。

投稿日時 - 2008-07-28 01:23:57

お礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、オンリーワン思考なんですかね

あかちゃんのトキは誰でもかわいいので、キラキラネームが皆それなりに映えますが、3才にもなると顔できてきますもんね
そのとき他の方から名と顔を見比べられ「うわー、あいたたー(汗)」って思われるのが関の山のような気がします(笑)

投稿日時 - 2008-07-30 12:36:47

ANo.4

名前というのは、少なからず親の願いが込められているものです。

大昔だと、なかなか親に命名権がなくて、年寄りが勝手に名前を付けたり、あるいは、坊さんや神主さんなどに付けていただいたそうですが、少し時代が進んで、高度成長期になると親が「健康に育つ:健太」「幸せになる:幸子」なんて付けるんですよね。

現代では、健康や幸福なんてものが当たり前になっていて、親の願いがより細かく多様化してきている現われなのではないでしょうか。

それに、最近はうっかり本名なんか教えると、変なトラブルに巻き込まれるのが関の山ですからね。昔のようにアザナを用いるようにすればいいのかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-07-27 16:43:48

お礼

ご回答ありがとうございます。

>現代では、健康や幸福なんてものが当たり前になっていて、親の願いがより細かく多様化してきている現われなのではないでしょうか。

なるほど!それはあるかもしれません。昔と今では医療の差は歴然ですもんね。
それ以外にも、さまざまな事のアタリマエの基準が昔と今では違いますもんね。

昔はあざなを用いてたんですか?初めて知りました。
日本人だとどんなカンジなのでしょう。

投稿日時 - 2008-07-27 17:54:04

ANo.3

幼稚園の仕事をしていますが確かに最近の子供の名前は「読めない」です(笑)。
親は自己満足で「当て字」を使ったり、他人とは違うように読ませたり・・・。
社会問題化しているモンスターペアレントのような親がつけている名前ですからどうしようもないですね。
「栞里」「萌菜」「隆威」「昴輝」なんと読むのでしょうか(笑)。

投稿日時 - 2008-07-27 16:04:09

お礼

「栞里」⇒よめません
「萌菜」⇒もえな?
「隆威」⇒りゅうい?
「昴輝」…よめません
スンナリと読めるものは一つもありません
この親御さん方は自分の子供が成長した時に、命名理由を胸を張って説明できるのでしょうか?(笑)

投稿日時 - 2008-07-27 17:59:02

ANo.2

親がバカであり,一般的常識の欠如,自分の子供だから勝手に付けていいと思っているんでしょうね.昔悪魔と付け様としたバカ親が居ました. 名前というのはその人の記号ですから,誰でも素直に読め,常識ある名前を付けてあげるべきですね. 

  http://www.soyokaze-law.jp/q&a71-1.htm

投稿日時 - 2008-07-27 15:51:40

補足

これは…論外ですね
この親は今何してるんでしょうかね?

投稿日時 - 2008-07-27 18:02:53

ANo.1

男か女かと言われれば「どちらでも」でしょうね。
あるいは祖母、祖父がオモチャ感覚でつけようとしている例も見ます。

「我が子の個性」と言いながら周りから「珍しい」と注目されたいん
でしょうね。よくある名前なんてダサイ、みたいな。

あるいは育児系雑誌最大手の○ネッセがそのような「キラキラネーム」を
やけに奨励してますよね。それで「これが今の流行だ」と
勘違いしている親も多いと思います。

投稿日時 - 2008-07-27 13:36:03

お礼

ああ、私のオヤジも恥ずかしながら「オモチャ感覚」でつけようとしてました。もちろん断りましたが。

職場のハナシですが、普段目立たずマジメな人がわりかしこのようなキラキラネーム(表現拝借しました)をつける傾向にあるように思えます。

なのでビックリします。
「この人、自分の子供の名前をこんなヘンな名前にするなんて…、普段はマジメなのに…、いったい何考えてるんだろう…」
と(笑)

投稿日時 - 2008-07-27 18:08:23

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-