こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

離婚の進め方・・・?

知り合いについての離婚に関する相談です。

・30台なかば男性、年上の妻にややつめよるように迫られ結婚し、9年目。
・小学校低学年の女児あり。
・妻は長く専業主婦だったが、去年よりパートを始めた。
・妻はプライドが高く神経質、潔癖症で、なにかとすぐ怒る。家事は完璧にこなすが、入浴後の壁の拭き掃除、洗面台使用毎の拭き掃除などの細かいことを夫に強要し、夫は苦痛。
・妻は夫の話に興味がなく、あまり聞こうとしない。
・数年前、夫家族とのトラブルが発端で「あなたの子どもは産みたくない!」「あなたと同じ墓には入りたくない」と発言し、第二子を中絶する。夫は子どもがほしかったので、非常にショックを受け、今でも心の傷である。
・それ以来、妻はピルを飲んで100%避妊するようにしている。
・2年ほど前から夫は、妻に対して性的感情をもてなくなり、性行為ができなくなってしまった(体が言う事をきかない)。セックス大好きな妻は「そんなの男じゃない!」となじり続ける。
・妻は夫の家族がみんな嫌いで、夫は自分の妹と会うことも許されず、妹の結婚式にもいけなかった。
・夫は1年10ヶ月ほど前から職場の女性に好意を持ち、積極的なアプローチ。不貞行為を繰り返すようになる。しかし、単なる性的興味だけでなく、精神的に満たされ、真剣に結婚を考えるようになる。
・妻に離婚したいと話し始め、司法書士に離婚・再婚の相談を始めつつあった矢先(半年前)、不貞行為が写真や手紙などの証拠とともに妻に発覚する。
・妻の両親に囲まれて叱責・追求され、夫は離婚を諦める。
・妻はそれ以来、夫に過去のことを謝り、今までの態度を徐々に改めるようにはなった。
・しかし夫の愛情は戻らず、不倫相手だけを今でも一途に愛し続けている。当然妻とはセックスレスが続いている。

夫は、気持ちの上では、離婚し、不倫相手と結婚したいと考えていますが、家事を完璧に行い、態度を改めるようになった妻との離婚は難しいのではと考えています。正当な理由が見つからないと。このケースで、過去に妻から受けた精神的苦痛はもはや正当な理由になりえないのでしょうか。
離婚するなら、なにもかも払ってもらうぐらいの勢いの妻の主張がありますが、調停や裁判になった場合、慰謝料や財産分与に関し、夫側に少しの酌量の余地もないのでしょうか。なにもかもうばいとられてローンだけが残って、生活水準が非常にさがってしまって、好きな女性と結婚できても家も車も買えず、生活が苦しくなってしまって好きな人とその子どもを幸せにできないのではと考えているそうです。
この場合、うまく離婚を進める方法というのはあるのでしょうか。
ご意見、アドバイスがありましたら、ご教示いただきたくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-06-28 23:47:05

QNo.4136791

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

コメント頂いていたので再度・・・。

>そうですね。それが簡単にできるなら彼女もとっくにそうしていると思いますが・・・

 バレている以上、そんな悠長なこと言ってられないのでは??
 今のまま不倫相手が周りをウロウロしていれば、相手の奥さんが不倫相手を訴える可能性も高いのでは?
 まとまった額の支払いなんか裁判で下されたら、元も子もないと思うんですけど。。。
 

投稿日時 - 2008-07-13 23:10:59

お礼

なるほど、その可能性もあるんですね。
しかし世の中には、既成事実をつくるために家を出て
不倫相手と一緒に住んでいる人も多いかと思うのですが、
訴えられてないんでしょうかね・・・?
だとしたらなんでなんでしょう・・・?

投稿日時 - 2008-07-25 00:57:26

ANo.4

 私の周りに似たようなケースがありましたが、結婚生活が続いている間
のトラブルは、暴力でも出てこない限り、トラブルとはみなされないよう
です。

 以下はちょっと横やりですので、参考まで。。

>妹の結婚式にもいけなかった。
 
 こういった、強い女性に引きずられるタイプの男性は、相手が変わって
もまた同じパターンになる可能性が高いと思います。

>好きな女性と結婚できても家も車も買えず、生活が苦しくなってしまっ
て好きな人とその子どもを幸せにできないのではと考えているそうです。

 これは、もう逃げ腰の言い訳のようにしか考えられないのですが、どう
なんでしょうね。
 浮気相手には、はぐらかしているかもしれませんが、自分の子どもに対
する気持ちも強いはずです。

 その男性を無理矢理奪い取って幸せになれるのかな~。(多分、もうビ
ビって離婚なんて考えられなくなってるように思えますが。違ってたら、ごめんなさい)

 その女性に、再婚相手を探すのなら他で見つけるのも賢いかもしれないよ、と言ってあげては??



 
 

投稿日時 - 2008-06-30 02:19:47

お礼

>その女性に、再婚相手を探すのなら他で見つけるのも賢いかもしれないよ、と言ってあげては??

回答、ありがとうございました。
そうですね。それが簡単にできるなら彼女もとっくにそうしていると思いますが・・・

投稿日時 - 2008-07-13 12:17:44

ANo.3

> うまく離婚を進める方法というのはあるのでしょうか。

まず夫の側に決定的な落ち度(不貞行為)がある、ということを前提に考える必要があるのですが、この場合方法は2つです: (1)今は離婚を諦めて、妻が同様の落ち度をするのをひたすら待つ (2)金も名誉も全てを捨てる覚悟で悪人になり、妻に見捨てさせる

まず調停ですが、これは話し合いなので、調停で離婚を成立させるには妻が離婚に同意し、夫はその条件に同意する必要があります。繰り返しますが調停は話し合いですから、酌量とかを誰かが判断するのではなく、条件は「妻の言い値」です。これを呑まないといけない程度に夫が不利な状況である、と理解してください。

調停で離婚が成立しない場合は裁判ですが、原因を作った側にある夫側からの申し立ては妻に離婚の意志がない以上は成立しないと考えるべきです。ここに酌量の余地がないわけではないですが、それは10年位別居が続いているとか、そういうレベルの話です。「慰謝料の額だけ裁判で決めたい」などという都合のいい主張はできないと考えてください。

要するに夫と妻は離婚を話し合う点で対等の立場にないのです。夫は妻に話し合いの土俵に「上がってもらう」必要があり、これを拒絶されたら何もできない立場です。

なお No.2 さんの意見を否定するつもりはありませんが、これはあくまで「不貞行為に対する慰謝料の時効」の話です。3年待とうが5年待とうが、妻に離婚の意志が生まれない限り離婚できない、という点では変わりません。また妻側に離婚裁判を起こされるような原因がない以上、離婚は調停で進めるしかなく、調停で離婚する時の条件はやはり「妻の言い値」になるでしょう。

それでもどうしても離婚したいのであれば、妻から男として夫して見離されるような行動を取って、妻側から離婚届を叩きつけられるように仕向けた上で条件を裁判で争うとか、あるいは今は離婚をそのものを諦める、という選択を行うことになると思います。

要は夫は「うまく離婚をすすめるには?」とか言える立場じゃない、ということです。

投稿日時 - 2008-06-29 09:51:12

お礼

ありがとうございました。
不貞行為はそんなに不利な状況になってしまうのですね。

ネットの情報では不貞もやむを得ないと誰もが考えるような行動が、不貞以前に他方の配偶者にあるようなケースでは離婚が認められると書いてありましたが・・・

投稿日時 - 2008-07-13 12:16:22

ANo.2

非常に残念なことですが、妻の非行の証拠がなければ離婚は難しく、できても金銭的に不利だと思います。
とりあえず、浮気発覚の日から3年間我慢してください。

民法の規定では、損害賠償請求の原因となる事実を知ってから3年経つと請求の時効が来ます。
つまり3年後には慰謝料を払う必要がなくなります。
それまでの間、職場の女性との関係をもたず(知られず)にいれば金銭的な不利は緩和されるでしょう。

ただし、財産分与や養育費は夫婦の問題とは関係なく発生します。

投稿日時 - 2008-06-29 03:25:48

お礼

回答、ありがとうございます!

慰謝料は話し合いによるものと聞きますが、最悪調停や裁判になっても一般的なサラリーマンなら300~400万円程度が相場ですよね。
これと養育費以外に他に請求されるものはあるのでしょうか?

調べたところ、財産分与は、離婚の方法を問わず法律で正当に認められた権利で、
どちらに離婚原因があろうがなかろうが、原則として公平に分与されるとのことなので、慰謝料さえ払えるならば、養育費は別として、夫が他に金銭的不利を被ることはないのでしょうか?

投稿日時 - 2008-06-29 03:51:40

ANo.1

>うまく離婚を進める方法というのはあるのでしょうか。

難しいでしょうね。
少なくとも、今時家事も出来ない男は生きていく資格もないので、
お話になりません。

>入浴後の壁の拭き掃除、洗面台使用毎の拭き掃除などの細かいことを夫に強要し

当たり前のことですよ。これくらい。

そのうち放っておいても妻から捨てられますから、じっと耐える以外に
方法はありません。

投稿日時 - 2008-06-29 00:09:01

補足

補足です。
夫の方は優しく協力的な人で、食事をつくるのは苦手ですが、それ以外の家事は一般の男性よりもかなりやる人です。相当なハードワーカーなので平日は無理ですが、専業主婦の妻に代わって休日は必ず掃除や洗濯等してきたそうです。

投稿日時 - 2008-06-29 00:48:34

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-