こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

乳ガン術後の治療

妻が乳ガンの手術を受け、その事についてアドバイス・忠告などをいただけたらと思います。

しこりの大きさ8ミリで大胸筋への直接浸潤があるかも、CT・PET・MRIでのリンパ節・遠隔転移無しでステージ1ということで温存手術だったはずが術中迅速病理とかで大きく切ったのに断端陽性で全摘となりました。センチネルリンパ節生検(色素のみ)とかで陰性のためリンパ節は温存。ただ大胸筋への浸潤は巻き込むように浸潤していたとかで大胸筋の10%切除となりました。
医師は術後の説明で「リンパ節へ保険のために放射線をやっても良いかな。やらなくても良いけど。」等と言っていましたが病名を考えると「保険のため」と言われたら「やった方が良い。やるべきだ。」と私には聞こえます。そんなに軽い感じでいいのでしょうか。最悪その保険が無かったら死へもつながる病気だと思うのですが。
またセンチネルリンパ節生検は何処まで信頼出来るのか知りませんが、「大胸筋への浸潤や断端陽性からすると悪性度が高いタイプかも」と医師は言っていました。

(1)病理検査の結果はまだ出ていませんが放射線はやった方が良いのでしょうか?・・・その場合は大胸筋への照射もするべきなのでしょうか?
(2)また大胸筋への浸潤があってもステージ1なのでしょうか?
(3)医師は術後大きく取ったから問題ないと言っていました(術前にそこの部分も断端検査するとか言っていましたが術後はそのことは何も聞いていません)が本当に問題ないと思っていいのでしょうか・・・・・・妻は3年ぐらい前から胸に痛みがあると言っていましたので心配なのです。

担当医は最初は大したことは無いと言いながら後になったら話が悪い方へ移っている事ばかり(何だかありもしない目玉商品で人を呼び寄せ、実は高いものしかない店の広告みたいです)なので皆様の知識や知恵を借りずにはいられない心境です。どうか宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2007-11-19 00:44:09

QNo.3529523

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

奥様の乳癌のように固形癌と呼ばれる上皮性悪性腫瘍の大半の症例では、術前の確定診断結果(臨床所見のTNM分類と病理所見の組織型と分化度)と術中の診断結果が異なることが多いのは事実です。
それは、術前の臨床所見での癌の進展度(大きさや広がり=T分類)やリンパ節転移の有無と程度(N分類)や遠隔転移の有無(M分類)は、マンモや造影CTなどの画像所見で総括的に診断されます。それに引き替え、術中は肉眼で実際の腫瘍の広がりやリンパ節転移の有無を執刀医が視認すると伴に、術中迅速病理診断といって、摘出した腫瘍塊の断端やリンパ節に腫瘍細胞が存在しているか否かを、病理医が顕微鏡で診断します。則ち、実物大の画像レベルか細胞まで拡大した顕微鏡レベルで診断される違いと思ってください。ですので、術前と術中(術後病理診断といって術前の確定診断の評価や術式の評価を含めた悪性腫瘍の最終的な病理診断が施行されます)とでは、診断内容が当然のように異なってきます。

(1)術後病理診断結果で、最終的な組織型(低悪性度から高悪性度の組織型まで存在します)と分化度(腫瘍細胞の悪性度そのものを示す指針です)が示され、もし高悪性度の組織型と分化度と病理診断されたのならば、術後の放射線照射は受けられた方が良いかと存じます。さらに、奥様がエストロゲン受容体陽性ならば、併せてホルモン療法を受けられることも考慮されてください。どちらにしましても主治医と奥様のご希望をよく聞いてみてください。

(2)奥様の乳癌症例では、術中迅速病理診断で断端陽性と診断されましたので、実際の腫瘍径は8mm以上になり、さらに広く大胸筋の10%まで拡大摘出された訳ですので、当然のようなT分類(ステージも)が異なります。

(3)脅かすつもりはありませんが、乳癌の症例では寛解したと告げられても、約10~15年経ったて忘れた頃に、骨転移というカタチで乳癌が再燃することはよく知られています。ですので、術後の定期検診は忘れずに受けてください。

以下の米国国立癌研究所の日本語監訳サイトである「がん情報サイト」をよく読んで、乳癌に付いて学んでください。「PDQ日本語版/専門家向け」→「治療/大人」→「乳癌」とお進みください。

参考URL:http://cancerinfo.tri-kobe.org/

投稿日時 - 2007-11-19 20:16:40

お礼

早急にご回答頂いておきながらお礼が遅れて申し訳ないことであります。ありがとうございました。
幾分難しい表現もありいささか難儀しておりますが勉強させて頂いております。
とりあえず悪性度が高い場合は放射線もするべきと了解致しました。
また大胸筋への浸潤は教えて頂いたサイトの表現ではあまり問題ないようにも受け取れますがそうなのでしょうか?
「術後一月ほどしてから病院へ来い」とのことでそんなにのんきにしてて良いのかと心配しています。(術前の胸の痛みも乳ガンは痛みは無いとかと言い、肋間神経痛とかと言っていましたから)術後2週間目ぐらいから次の治療を始める病院もあると聞いていますから。
手術の痛みや熱いもの冷たいものを飲み込むとしみると言っていますし心配です。

投稿日時 - 2007-11-23 08:48:22

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-