こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

柔道、鈴木選手の試合の審判団の協議は?

 世界柔道で鈴木選手が一本勝ちしたのに、結局、相手の最後の返し技が有効と見られ、負けになりました。
 TVの視聴者、場内の観客の反応から見ても、鈴木選手の勝利は明白なんですが、判定の中で、審判団が、試合場を一旦降り、競技委員長、審判長らしき人間の所へ行ったように見えました。
 あそこで、3人の審判はこの人間に、判定の結果の正誤を尋ねたのか?それとも、鈴木選手が承服せず、判定に異議を唱えていおり、試合場を降りないので、試合場を降りる、退場してもいいかのどちらだったんでしょうか?VTR検証しにいったのでしょうか?
 途中、斉藤コーチが猛烈に抗議していましたが、あれ以上のことはできなかったんでしょうか?
 シドニー五輪で篠原選手の誤審判定での敗戦で、当時の山下監督ら首脳陣の行動で、審判が試合場を降りたら、試合は成立するから、それ以前に何とかできなかったか?
 当時の新聞等でかなり、叩かれていました。斉藤コーチは他に手段はなかったのでしょうか?
 柔道の場合、もつれた技の掛け合いで、どちらの技が有効か、分かりにくい時があるので、このような場合、場内に相撲のような、物言い~場内説明みたいなことはしてくれないのでしょうか?
 それと、審判3人は、それぞれ派遣国が違う、言葉、言語が分からないそうですが、通訳等を入れて、コミュニケーションを取れるようにしないのでしょうか?
 毎回国際大会を、観て、組み合わない、掛け逃げぽい偽装的攻撃、効果のない捨て身技、反則誘発的な柔道ばかり見せられて、ストレス、フラストレーションがたまる試合ばかりです。審判は組まない選手に始動をもっと与えないのでしょうか?日本人に勝たせたくないという気持ちは分かります。
 外人選手はどの階級でも、日本人より、体が大きく、手足も長い、パワーもある、なのに、ゴマカシ的な柔道ばかりします。何で、しっかり組んで、技の切れ、堂々と勝負をしないのか、イライラします。
 場内の観衆だって、相撲の突っ張りあいみたいに組み手争いに終始した、見せ場のない試合より、鮮やかな技、豪快に相手を宙に舞わせるような試合を見たいと思っているはずです。
 IJFは先ではプロ化させていくようですが、今のような試合内容ではファンを獲得できないと思います。
 国際大会の柔道は日本の柔道精神とは全く、違うので、別に五輪や国際試合に出なくてもいいと思うのですが。日本の伝統は日本だけで守ればいいとおもいますが。

投稿日時 - 2007-09-16 09:04:31

QNo.3349093

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

多く質問されてますが、ここで質問しても連盟の方からの回答がないと明確な回答はきませんね、というとそれまでですが・・・
ひとついえるのは解説者やジャーナリストの話だと、柔道は日本とは違う、欧州型?の競技として進んでいるようです。先日山下が連盟の理事戦に落選してて、日本人がいなくなってしまったのが象徴といえるようです。山下が落選した背景は新しく会長となった欧州人を支持していなかったためといわれています。要は欧州のやり方に反対していたということです。
あの誤審にしても、誰が技をかけたのとは関係なく、最後に背中がついたほうが負けという解釈=ルールとなり、VTRでもそのとおりだったので、誤審ではなかったと判断されています。
過去にほかのスポーツでもみんなそうです。バレーボールは日本が五輪でメダルを取るたびに日本に不利なルール改正をし、最近ではジャンプや複合でも背の低い日本人に不利となるルールにされていまや入賞すら難しくなってきました。こういう連盟はみんな欧州にあり、理事は殆ど欧州人なので、欧州主導でルールが施されていますね。柔道もついにそうなったか、という感じですね。
五輪などに出なくても、といっても結局選手にとっては五輪は夢ですからね。夢を奪うようなことは日本は絶対しないでしょうし、日本が参加しないといっても欧州はそれは残念ですね、といわれる程度でしょう。それほど日本の影響力が柔道連盟にはなくなってしまったといえるでしょう。理事に日本人がいなくなった以上(仮に1人ぐらいいても多数決で却下されるでしょうけど)は、そのルールに対処するしかないでしょう。そうしないとジャンプの二の舞になります。

投稿日時 - 2007-09-16 10:42:12

ANo.1

今の柔道は、柔道という道ではなく、スポーツになっています。
剣道では、試合の後にガッツポーズをすれば、その選手は負けです。
剣の道としての精神に、ガッツポーズは反するのでしょう。
相撲も同じですが、朝青龍は何度もガッツポーズをしても負けにはなりませんが、品位を問われています。
勝負以上の道は、スポーツには、かりにくいものなのでしょう。
今回の試合で、もし、日本の美徳や柔道の精神に基づけば、抗議などせずに、審判の判定は判定として受止めて、速やかに退出すべきではないでしょうか?
ただ、柔道を分からない人が審判をしたり、解説の人が言っていた様に柔道ではなくなってしまうのであれば、教育をしなければなりません。
モニターでの確認や、言語の問題、協議の仕方も確立しなければならない。
それでも、本来の柔道から外れるようであれば、柔道は日本だけで行い、国際大会の柔道は、柔道の名前を外して欲しい気持ちである。
「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」に感動し、「精力善用」「自他共栄」を理解した柔道を愛するものが、世界の柔道を作って欲しい。
誤審は、誤審で柔道以外にもある。誤審した審判も柔道家であれば、恥じているだろう。誤審を受けた鈴木本人も、負けは負けとして大きくなって欲しい。
と、書いたが、気持ちは怒りでいっぱいです。
柔道も知らない外人審判は、引っ込め!

投稿日時 - 2007-09-16 09:53:43

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-