こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

乳がん末期 肺・脳転移と肺がん 

62歳の叔母の癌についてです。病気の経過は次の通りです。


・7年前  乳がんが分かり、リンパ節も含め全摘出

・3年後  肺に転移。米粒大の腫瘍が数個見つかる。同時に抗がん剤「ハーセプチン」の治療を開始。

・2年程前   間接性リウマチ発症。(現在は症状は治まっている)

・3ヶ月前   肺に、乳がんからの転移の他、新しい腫瘍が見つかる。現在直径2cm程度。主治医からは、「胸を開けて、新しい腫瘍部分のみの摘出」を薦められる。

・2ヶ月前   「何もやる気力が起こらない」と訴え、血液検査等を行ったが異常はなく、「うつ病」だと診断される。

・昨日   納得がいかず脳神経外科を受診したところ、右目奥の脳に転移がみつかる。その腫瘍が脳を圧迫していることにより、極度の無気力常態が続いているとのこと。
 
・本日    この転移の発見により、新しくできた肺がんの摘出手術は「無意味」とのことで取り辞めに。余命半年~1年と宣告される。

・これから  近日中に入院し、脳部腫瘍への放射線治療を3週間行う予定で、その後は「ハーセプチン」投与で予後観察とのこと。

ついこの前までは肺転移のみで、抗がん剤のおかげか症状も全く無く元気にしていたのに、余りの急展開に、親族一同涙、涙で、心を締め付けられる思いです。主治医のお話だと上記の通りですが、親族としてはまだ諦めきれず、

(1)本当に肺がんの摘出手術は無意味なのか。ほったらかしにして、どん どん悪化して死期を早めたりしないのか。
(2)脳に転移した部分を摘出して、元通りの生活ができるようにするのは 不可能なのか。
(3)免疫療法を試してみる価値はあるのか。また、似たような症状の方で、免疫療法を行いどのような結果が得られたのか。

など、色々と疑問が残ります。なので、セカンドオピニオンによって他の先生の意見も聞いてみたいです。自宅は山梨ですが、どんなに遠くても構いません。お薦めのドクター、または病院をご存知でしたら教えてください。また、どんな情報でも構いません。自宅などでもできる治療から最新の治療法まで、お薦めの治療法があったら情報をください。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2007-08-04 00:43:13

QNo.3225733

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

46人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

私が過去に回答させて頂いたものの中に参考頂けるものがあるかも知れません。

投稿日時 - 2007-08-04 20:28:00

ANo.1

(1)現状で、もっとも命にかかわるものは脳転移です。肺転移の治療を行ったところで脳転移が悪化すると、余命半年ももたないと思います。肺転移があれば、そこからさらに全身に転移が広がる可能性がありますが、そういう次元の話ではなく、今そこにある危機をどうにかクリアしないといけない状況なのです。

(2)不可能だと思います。転移した個数が多ければ腫瘍摘出は不可能ですし、おそらく検査で分からないくらいの微小な転移は数え切れないくらいあると思います。それらによって障害された神経細胞は再生しませんので、悪化を抑えることはできても、回復することはないと思われます。

(3)現代医療において、免疫療法の有用性は研究段階です。有効性は十分に証明されていないと思います。行うとしたら保険は効かないでしょう。

セカンドオピニオンは主治医の先生にも相談してみてもいいと思いますよ。

投稿日時 - 2007-08-04 11:20:28

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-