こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

娘と連絡が取れないのですが、アドバイスお願いします

初めて質問させていただきます。
48歳の女です。

24歳の娘が、結婚・引越し後、実家や親戚と連絡を取れないようにしているようです。
最初は「なんとかなるだろう」と思っておりましたが、時間がたつにつれその用意周到さに危機感がつのり、
この先一生連絡がとれないのではと不安になりました。
そこでお知恵を拝借したく、質問させていただくことにいたしました。


用意周到と申しますのも・・・
結婚・引越しに際し、一切の相談がなく、私もしつこく聞いたわけではなく、有耶無耶のままで家を出ていってしまいました。

結婚相手の就職先(結婚前まで学生でした)や新居の住所等を教えてもらっていません。
結婚相手のご両親と顔合わせもありませんでした。
引越しのギリギリまで、「まだ何社も受けるから決まってないの」や、
「社宅が借りられるみたいで、それまで仮住まいだから、決まったら住所おしえるね」と言われました。
結婚相手のご両親との顔合わせすることは強く食い下がったのですが、
「まだ結婚すると決めたわけじゃないから、決まってから」と言われてしまいました。
(しばらく同棲期間を設ける、というようなニュアンスでした。)

家族で一括引き落しにしていた料金などは、引っ越し前に一人だけ抜けるよう手続きをしていたり、
引っ越し後、郵便物の転送などで私と2,3やりとりをしたあとに携帯電話を解約したようです。
(結婚相手も同様です。)

娘の旧友などに連絡して、住所などを教えてもらおうとしましたが、皆一様に「自分も聞いていない」と答えます。
口止めされているような印象を受けました。

娘は17年、あるお稽古に通っていて、そこの先生を人生の師として尊敬しておりました。
この方になら何も言っていないはずはないと、最後の砦のように思い、先日うかがってまいりました。
なんと、引越しの一年も前に、結婚相手と二人で挨拶にきて、
引越し後、親とは連絡を一切とらないつもりでいること、先生とはこれからも交流を続けたいと思っていること、
先生には住所などを教えたいと思っているが、教えることで先生にも迷惑や責任が発生すること、
親がきっとたずねてくると思うので、ご迷惑であったり、このことに賛成できなければ教えないこと、
などをお話したとのことでした・・・

先生は一年間、考え直すようにお話してくださったようですが、娘の決意はかたく、
最後には娘の申し出(住所を教えてもらって、私には教えないこと)を了承したそうです。
引越し直前には、結婚相手と二人で土下座までして、どうかよろしくお願いしますと頼んだそうです。
そして号泣しながら別れを惜しんだそうです。
(私達家族との別れのときは、いつもと変わらず、というかとても楽しそうでした・・・)
お約束なのでどうしてもお教えできません、本当に申し訳ありませんと頭を下げられてしまい、
それ以上どうすることもできずに帰りました。


結婚相手の身辺からなんとかできないかとも思ったのですが、
私が知っているのは今は解約された携帯の番号とアドレス、大学院でレーザーを使った研究をしていたこと、くらいです。
おそらく親しかった人物がわかったところで、お稽古の先生のように手を打ってあるでしょう・・・


何が娘をそこまでさせたのかがわかりません。虐待も無く、大事に育ててきたつもりです。
少し思い当たる節があることはあるのですが、字数制限にひっかかってしまいました。
回答をしてくださる方がいたら、その方の補足に順次書き込んでいこうと思っております。
本当は関係ないかもしれませんが、今の私にはどんなことでも関係しているように思えるのです・・・
(内容は、血液型・占いについて/弟について/成人式について/卒業式について等・・・)


私はもう二度と娘と連絡をとることや会うことはできないのでしょうか。
不幸な事故で失った、と考えてみようと思ったこともありますがどうしてもできません。
数年したら娘の気が変わる、というアドバイスを友人からもらいましたが、
娘の性格からしてそれは本当に考えにくいことです。

今の私にできることはあるでしょうか。
補足要求などありましたらなんでもおっしゃってください。
しばらく締め切りはしないつもりなので、同じ方が何度も書き込んでくださるのも歓迎です。
どうかよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-06-05 23:34:19

QNo.3060151

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

122人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(99)

ANo.99

考え過ぎは禁物です
まず落ち着いて待ってみましょう
親を必要のない子供はいませんよ

投稿日時 - 2014-01-06 06:27:05

ANo.98

#97です。再度失礼いたします。
質問者様の気持ちはお察しします。悔しかったり、後悔したり、許せなかったり、許そうとしたり。

娘さんと共通することもあると考え、私のことになりますが、私一つ補足させて下さい。

私は母やきょうだいを愛しています。
私が色んな厳しい状況に置かれても生きていけるように、救われると感じるに十分なほどの無償の愛をもらいました。痛いほどそれがわかります。私だけが辛かったわけではないのに、助けてくれた。それが何よりの
宝です。
もう一つ、私が生きる喜びを実感できたのは、私の夫の存在です。最大の理解者だと思っています。

あなたの娘さんが同居されている方に大切にされている。
そして生きておられる。

それだでは不十分ですか?
もう一度、質問者様が何を求めているのか、お聞かせ願えればなと思っております。

失礼な箇所、改めてお詫びいたします。
気分を害されたら、申し訳ありません。

投稿日時 - 2013-06-07 01:04:14

ANo.97

全ての回答にじっくり目を通させて頂きました。

こんにちは、お母さん。
お母さん、と呼ぶのはこれで最後です。

私のことで驚いたり、悲しんだり、色んな手を使って私との繋がりを持とうとしていますね。
あなたがそういう行動に出ることはわかっています。
そして私が一体なぜ、いきなり消息を絶ったのか、理由はなんだったのか、過去のこれが原因か、母親である私の愛が届くにはどうしたら良いのか、と考えるでしょうね。理由や動機を知りたいでしょう。

でも、あなたが納得するということは、これから先も一生ありえません。
あなたは親子ならば、いつか分かり合える、私に子どもができたら自分の立場も理解できる、と思っているでしょうね。
私はあなたのことを親とは思っていませんよ。単純な話、あなたの卵子と別の人の精子がくっついてできた人間であり、それ以上それ以下もないのです。
あなたは、私のことを自分の子だから、育ててきた子なんだから、家族なのだから、とことあるごとに思い、それだけで私との関係は修復できる、なぜなら親子という絶対的なものなのだと考えますよね。
なにをしたら関係を修復できるのではないか、とか思ったりしているのが目に浮かびます。
あなたなりに、ご自分のどこが悪かったのか、何がそうさせたのか、と色々な粗探しをするでしょう。
抑圧的に育てた自分が悪い、夫や弟を優先したのが悪い、など。

私は、あなたのことを憎んでませんよ。確かに不快な思いは数えきれない程しました。それは事実とします。
でも、それを理由にあなたを憎んだり、何か感情をおぼえるほどの優しさは、私は持ち合わせていません。
あなたに関しても、あなたが家族と思われている方々に関しても、私が何かされたことに対して恨んだり憎んだりすることは全くないのです。私は親切な人間ではないので。
私は、あなたが死のうが生きようが、悲しもうが楽しもうが、全く興味はないのです。
どうぞ、ご自分が満足するまで私に関して色々な感情を抱いてください。
私とあなたとの間に、関係というものは全くないのです。関係など成立していませんよ。

私に子どもができたら、ご自分と同じ立場になってご自分の考えをわかってくれる、と昔少し言われましたが、今でも思っていらっしゃるでしょうね。
私が子どもはいらない、といったことを鵜呑みにされて、そこからまた理由を探されるんでしょう。

あなたが「家族」と呼ばれる中で起きたことで、あなたに秘密にしていることなんて沢山あるのです。
一生気づかないでしょうね。気づかない方が幸せ、という考えもこの世にはありますし。

関係などないのです。私が子どもを産むここと、あなたと私が分かり合える日が来る、ということをなぜ短絡的に結び付けるのか、理解に苦しみます。もちろん、あなたという人を理解したいとは思っていません。私を理解して欲しいと思ってもいません。
あなたが幸せだろうが不幸だろうが、生きようと死のうと、私は全く関心ありません。
言えることがあるとしたら、あなたを憎む自分ということはとても疲れるのですよ。一緒にいて、あなたに何らかの感情を持たされること自体が、嫌なのです。ただただ、嫌なのです。それだけです。
Nさんの「生涯をかけての復讐」というのは違いますよ。復讐にも色々な意味があります。
あなたの気分が悪くなった時に、あなたが「復讐されている」と思った方が少しでも楽だと思ったからです。
お薦めした本にしても同じです。あなたは自分が理解できない状況に置かれたとき、それが「AC」や「共依存」という名前の付くものだ、というだけで安心するだろうから勧めただけです。

厚意ではありませんので、あしからず。
私が関係したくないから。私が自分の人生を穏やかに生きたいから。ただそれだけです。

先生にご迷惑をおかけしたことだけが、最大の心残りです。
それではさようなら。
**********************

こんにちは。初めまして。じっくりと読ませていただきました。質問者様が真剣に焦っている様子や他の回答者様のご意見を読み、ちょっと趣向を変えて書き込みしました。数年も前なので、もはや読まれてはいないとは思います。
ただの一意見ですが、こういった解釈をされていることもあるかと思い、何か思われることがあったらお聞きしたいな、と思って書いた次第です。

質問者様の心労はお察しします。胸の痛くなるお話ばかりです。ですが興味深いのは、ほかの回答者様が幾度となく言われているよう、質問者様が何をされたいのかが全くわからない、ということです。
あと、私の意見や感想としましては、#58の方と#60の方が言われていることと、ほぼ同じです。

何が質問者様にとって「普通」なのか、今一度お考えになっていかがですか?
私は特に問題もなく育ち、家庭に問題があるとしたら私がいわゆる性的な虐待を受けていたぐらいです。傷つくこともありますが、起こってしまったことは消せませんし、過去の事柄と捉えています。
私は自分の母のことをとても尊敬し、愛しています。大好きですし、理想の女性です。きょうだいのことも、ただただ愛しているのです。一緒にいて楽しいです。私の誇りです。私は人生厄介なことでもないと退屈だな、ぐらいに考えています。面白いし、楽しいし、興味深いし、私が全員大好きなんです。また全員が私に惜しみなく愛を注いでくれることが、どれほど私を励まし、また救いになっているのか。その感謝は筆舌に尽くしいがたいものです。文字にしてしまうと言葉が痩せてしまいますが、それほど大切な人たちなのです。

質問者さまに一つ僭越ながら言わせて頂きますと、母性愛や努力とか頑張り、出来事に真摯に前向きに生きていれば、いつか望んだ状態になれるはず、ということは、まずはないのです。そんなものは何処にもないんです。それはもうお気づきのことと思います。

私は、質問者様が娘さんのことを色々考えながらも生きていく、それだけでもそれは無駄なものではないと思います。
ただ、娘さんとの関係に関しては、質問者様の望む(明確なことはわかりませんが)かたちには決してならないでしょう。

放っといたらいいんではないでしょうか。気が済まない、悔しいお気持ちはわかりますが、もうその呪縛からご自分を解放してあげたらいかがでしょう。
こうあるべき、というのは誰でもあります。私は徹底して好きなことをして生きれるように育ててもらいました。きょうだいは多いので、お金はあまりない家庭ですが、大学院まで行かせてもらえました。
いくら「親子」といえど、お金がかかり自分でそれが今賄えない状態なら、「こういう理由でこうしたいのでお願いします」、と相手に納得して頂けるようにきちんと自分の言葉で説明しました。それが「普通」と育てられてきましたし、私もその考えは好きです。

乱筆乱文で申し訳ありません。多分に失礼なことがあるのは承知しております。
質問者様、お一つ。質問者様のパートナーは、娘をどう認め、どういう関係を築いてきたのかお考えになってみてはいかがでしょうか。
質問者様の言葉は、熱意は感じられるのですが、愛着や思い入れがごっそり抜けている印象がぬぐえません。
本当は、そろそろお気づきになられたこともあるのではないでしょうか。

若輩者が失礼いたしました。

投稿日時 - 2013-06-06 10:48:23

ANo.96

質問文その他回答を幾つか拝見させて頂きました。私の母親にそっくりだなと感じています。

私の母親も占い・・・と言いますか、迷信的なもの(朝に蜘蛛を見かけたら良い事があるけど夜は良くないから殺せ、大きな蛾が止まっていたり飛んでいるのを見かけたら近親者で誰か無くなった事だ等・・・)を信じて止まない人で子供の自分から色々聞かされて育ちました。ある程度私が大きくなっても祖母が死んだ時にお月様が満月近かったから魂を持ってかれたんだ等と平然と言い放ち、もうその頃には冷ややかな目で母を見ている自分がおりました。

物心ついた時には既に、何でもかんでも悉く私の思想や行動を真っ向から否定し、常に自分が上である事を押し付けて来ました。色々その間ありましたが、この生活に耐えられなくなった私は27の時に母親と決裂、新たな居場所も教えずに今に至っています。

彼女に対しては一緒に住んでいた頃から嫌悪感しか感じる事は無く、逃げるように一時期一人暮らしをはじめた所家に毎日押しかけてくるようになり、毎日彼女のくだらない話を聞かされ、私自身もメンタルがおかしくなりました。その後完全に縁を切り、15年以上経過し離れて暮らしていても時々何かしている際にフラッシュバックであの頃の事を思い出し、今でもどうしようもない怒りや涙が出て来る事もあります。これが一生続くのかどうかは私自身も分かりません。

当時は「この女を殺さないと、私が駄目になるか自殺するだけだ。」と思っていましたが、運が良く、現在私は母親と完全に離れて暮らせてはいますが、今後あの女がいつ私の目の前にやってくるのかと思うと、再びあの時の恐怖と嫌悪感で心がいっぱいになります。

どうか娘さんをそっとしておいてあげて下さい。あなたは今まで親と言う立場を使って自分自身を満たせて来れたのでしょう?
もう娘さんはいい大人です。彼女の人生を優先してあげて下さいね^^

投稿日時 - 2011-10-25 14:13:58

ANo.95

親を
 思わない子供は
 おりません。
 連絡ないのは
 成長した証です。
 必ず
 連絡が
 いつか
 あるはず。
 それまで
 待つこと♪

投稿日時 - 2011-08-02 17:10:57

ANo.94

私の母が投稿したのかと思いましたが、4年前の質問ですね。
質問者さんの性格や考え方が母にあまりにもそっくりで驚きました。
周りと同じでないと不安になってしまう性格、占いが好きな所など母と同じです。違うのは年齢ぐらいでしょうか…
娘さんの状況や性格も今の私とよく似ています。私は娘さんと同世代ですが、海外在住で1児の母です。
質問者さんはもう読んでいらっしゃらないかもしれませんが、お返事せずにいられませんでした。

私は両親から過干渉など精神的虐待を受けて育ちました。
衣食住もきちんとしており周りから見れば至って普通の家庭なので、親戚や学校の先生に相談しても誰も信じてくれず辛かったです。
小学校高学年頃から「いつかこの家を出るんだ」と少しずつお小遣いを貯め始め、高校に入学してすぐにバイトを始めました。
高校卒業後にその資金で留学(という名目の海外逃亡)。両親からの仕送りは一切なく、日本で貯めた資金と奨学金で4年間学業を続けました。
こちらに来てから一度も日本に帰っておらず、自分から両親に連絡することもなく、両親が電話してきた時も必要最低限の会話をするだけでした。
大学卒業後に現地で結婚・出産し今もこの国に住んでいます。

「子を持って知る親の恩」とはよく言いますが、私は逆でした。
子供が生まれたことで自分が親にされたことを思い出し、親に対して怒りや恨みを覚えるようになってしまいました。
このまま関係を保ち続けていては自分の精神が持たない、夫や子供にも危害が及ぶかもしれないと考えて両親に絶縁状を送り、その後一切連絡を取っていません。
新住所を伝えず引っ越し、電話番号もメールアドレスも変えました。
両親は外国語が話せませんし、飛行機が苦手なのでこちらに来ることはありません。

虐待を受けて育った人が、自分の子供に虐待をしてしまうケースはとても多いです。
娘さんが子供を持ちたくないというのは、おそらく自分が質問者さんにされたことを自分の子供にしてしまうかもしれないと恐れているからかもしれません。
私は子供を産んで母親になりましたが、両親のようには絶対にならないと誓い子育てをしています。

娘さんはとても賢く、自立している素晴らしい大人の女性だと思います。
質問者さんの方が娘さんに依存しているようですね。
あなたのお父様が亡くなられた時に娘さんと連絡ができたそうですが、その後もまだ連絡を取ろうとしていませんか?
もしそうであれば、それはあなたの自己満足にすぎず、娘さんを追い詰めるだけです。
最初の質問から4年が経っていますから、娘さんは今28歳ですね。
あなたがすべきことは連絡を取ろうと躍起になるのではなく、娘さんを1人の人間として認め子離れすることです。

投稿日時 - 2011-08-02 14:49:43

ANo.93

言い訳が多いのでは、、、?
少し感じます。

片一方の押し付けがましい愛情は、時にとても重いです。

ありがとう、って感謝されたいから、やってあげてる感がとてもします。

質問者さんの子供にしてあげたことは、読んだだけの感想ですが物理的なことだけではないですか?

いろいろな事象で、どうしようもできないから、理由もわからずに受け入れなさいと伝えたとして、後ででも、そう言われたことは道理が通っていたのだな、と思ったらここまでの拒絶はないのではありませんか?
自分の気分だとか、都合のいいだけを押しつけて「なんでもいいから言う事を聞きなさい」と言っていたのであれば、一貫性がなくなります。
前に言っていたことと真逆のことを同じように押し付けること、押しつけたほうはおぼえていないでしょうが押し付けられたほうは記憶に刻み込みます。

言い訳と、都合のいい思い出ばかりで現実見ていないのではありませんか?


自分の行いに一貫していない方の言動は、相手がどうであったから、こういう状況だから、など言い訳が多いと感じています。

言葉に責任を持ってください。

娘さんと何とか連絡を取りたいのであれば、方法はいくらでもあるはずです。
それを行わないのは、自分のここでお話ししている内心よりずっと深くに、本心があるのではないのでしょうか。

娘さんにお会いするためにも、一度自分を見直されたほうがよいと思います。
自身と向き合われて、方向性が見えた時に絶対風は変わりますから。

自分が動かなければ、何も変化しませんよ。待っているだけなら現状維持のままです。

投稿日時 - 2011-07-10 23:50:52

ANo.92

母が嫌いだった娘の側から言わせていただきますと、質問者さんのできることは一つですよ。




放っといてあげてください。娘さんのために。




質問文などを見ている限り、娘さんは人間的にとても良くできた娘さんだと思いますよ。

ただ、質問者さんの性格的な部分がどうしても娘さんには我慢できなかったんですよ。
でもやっぱりお母さんですから離れることができなかったんでしょうね。



質問者さんが何とも思っていないようなことでも、
娘さんにはものすごくストレスだったことがたくさんあったんじゃないでしょうか?


質問者さんが思い当たると言ったことも含めて、自分でも気づいていないところも多々あると思います。



私もそれで母を嫌いになった口なので、娘さんの気持ちも少しはわかります。



もっと娘さんを信用してあげてください。
第一もう結婚もして、相手の方も就職して、立派に生活できる力を持っているんですから。


何度も言いますが、本当にほっといてあげてください。
そして質問者さんももっと自分自身のために生きる努力をしてはいかがでしょうか?
娘さんに固執するのはやめて。


もっと自分自身の幸せを考えてみてはいかがでしょう?
娘さんのことを心配するより、自分の新しい幸せを見つけることに時間を費やしてみては?


私も母からはなれたときは同じことを望んだので。



その内娘さんに、質問者さんともう一度向き合う心の余裕ができた時また連絡してくるでしょう。
その時、いつまでも自分にとらわれている母よりも、もっと自分の幸せのために生きている母を見る方が、
やっぱり娘としてはとても嬉しいものですよ。


母を嫌う娘の心境としてはこんなところです。

乱文失礼しました。

投稿日時 - 2011-07-10 22:08:00

ANo.91

世の中が
 厳しいからです。
 親が
 助けに
 ならない
 そんな
 感じだと
 思います。
 娘さんたちは
 生活が
 安定したら
 子どもが
 できたら
 連絡が
 あると
 思います。
 待つこと。

投稿日時 - 2011-07-10 16:50:23

ANo.90

何年もたっているので、もうお嬢様とは連絡が取れたのでしょうか。
きっとつらく切ない日々を過ごしてこられたことでしょう。

我が家は真逆、母と姉に全く連絡が取れません。
質問者様とは全く違う状況ではありますが。

姉が二人いますが、歳が離れているので、あっという間に二人は結婚し、
私一人が残され、私は中学生のころから「跡をとる」と自分でも思っていましたし、周りからもそう思われていました。

ですから、それなりのことはしてきたつもりです。
けれど、それは「つもり」だけだったのでしょう。
出戻ってきて、今母と一緒にいる姉には約束していたこともすべて「そんなことは言わなかった」とまで言われ、母に電話をするなとも言われました。

私はすぐに探しましたよ。手掛かりはありましたから。そして4ヵ月後に会うことができました。
けれど、また連絡が取れなくなっています。

周りの人は「向こうから連絡してくる」「少しそのままにしておいたら」と言いますが、親子で連絡が取れない切なさはたまらないものです。どなたかのところに書いていられましたが、気が狂いそうだというのはとてもよくわかります。
私も、眠れない日が続きましたから。

けれど、親子であることはだれにも変えられない事実です。
どんなことがあっても、この「縁」だけはだれにも(本人にも)切ることはできないのです。
私もこれからも連絡が取れるように顔晴って行きます。頑なに意地を張る「頑張る」ではなくて、晴れやかな顔になれるように「顔晴る」ことにしています。

そうそう、私が相談した弁護士さんは「家裁に訴えることも可能」と言われましたよ。
まあ、そんなことをしたら修復が難しくなりますけれどね(^^;;)

投稿日時 - 2011-07-10 11:36:24

ANo.89

東北在住。56歳。某お嬢様短大卒。でもバツイチ
娘二人。上の娘が暫く音信不通でした。私は娘を待ちましたよ。彼女が私を必要とするまで。じっと耐えて五年間。祈り続けました。
上の娘も在京の有名短大卒。下の娘は勉強がきらいだったので、それでも高校卒業後三年間専門学校へ
何故、学問が要らないのか、わかりません。私と余り変わらないのに、なんとまあ…、時代錯誤も甚だしい方でしょう。
好きなら、お金もあったならしたい事させてあげたらいいのに、と思ったのは私だけでしょうか。
娘さんが成績優秀だったのは、あなたの遺伝子をが80パーセント引き継いでるから外ならないのに、なんと勿体ない事。
貴女がもっと勉強の楽しさをしっていたら、娘さんを解って信じるのは簡単なことだったはずなのに。

長男さんは反抗期はそれはそれはひどかったのですね。女の子二人育てた私には考える事ができない位、暗澹足る様がめに浮かびます。女の子が一人その中に居る事は堪え難いと思いますよ。特に感性の鋭い持ち主には
お祖父様が亡くなったとき、何故あわせてあげられる為に行動をとらなかったのでしょうか。娘さんの為に出来る限りの段取りをつけてあげるのが母の役目と思いますが。何故なら、これがお祖父様との最後の別れですもの。なんとしても、の一念が足りなかったのでは?
さて、旦那さまがガン。亡くなっても、長男さんが居るから、娘さんの邪魔になることはしないですよね。お話のご様子からお金に不自由はしないみたいですし。
お孫さんの為に少しはおかねを残してあげられたら宜しい。大学の費用『1000万』ぐらいはあと10年でたまるでしょう。
老後はそれからでも遅く有りませんでしょ。
心の焦点はなんでもないところにありますよ
因みに私は娘を追い込んだ原因は私自身にある事を認めています。更にまだまだ本質に触れて居ない事も識っています。私自身の成長を願い続けていきます。それが解決への道だからです。

投稿日時 - 2011-06-06 02:56:28

ANo.88

こうは思えませんか。

娘は好きな相手と結婚して、幸せに暮らしている。

子供の幸せは、親の幸せ。


正しい愛情を持って接していたなら

必ず、帰ってきます。


文章から全てを悟るのは、無理です。

でもあなたの文章の行間から

私が感じたことは、こうです。


子離れしましょう。

娘さんが選んだ人生です。

投稿日時 - 2011-04-26 18:33:21

ANo.87

なんとなくですが、娘さんの気持ちがわかります。
私事ですが、ずっと心の中には親への反発心がありました。
それは、結婚して子供ができた今でもずっとあります。
でも親にはすごく感謝もしています。でも軽蔑というか反発心は消えません。
うまく表現できませんが・・・
母親は自分が経験してきたことが絶対で、自分の考えに自信があり、
私が違う意見を言うと、それに対して「おかしい」というようなニュアンスの言葉をすぐにいいます。
『普通は』とか『常識』などという言葉をすぐに使います。
『あんたの為を思って・・・』という言葉が私は一番嫌いです。
きっと、小さいころから、母親が何気なしに言っている言葉を受け入れられなくて
積み重ねて爆発した形が今の娘さんの状態だと思います。
お母さんが何をしても何を言っても無駄だと思います。
補足も読みましたが、お母さんが思い当たるすべてが原因であると思います。
理由はすべてが嫌なんだと思います。

harura24が欲しい回答内容と違うかもしれませんが、一つの意見として読んでください

投稿日時 - 2011-03-24 22:42:18

ANo.86

すごいですね!!

回答があってビックリしました。

主様は今後一人の生活になったらどうなるんでしょうか!?

どのような行動にでるか、どんな精神状態になるか、非常に興味深いです。

また、どうなったかの書き込みお願いします。

投稿日時 - 2010-10-16 19:25:14

ANo.85

質問者様のその後が返答されていてちょっと驚きました。が、相変わらずのようですね。こちらで意見を下さった方々の回答は参考にはされていないようですね(と言うよりも娘さんの事と言うよりも、貴女自身の事でしか考えられないのでしょう)。


>話の途中、娘から「アダルトチルドレン」「モラハラ」「共依存」について暇だったら調べてみて、と言われました。
>それぞれ娘、夫、私のことみたいです。

もう娘さんはご自身の事も貴女方家族の立ち位置なども把握されていることでしょう。娘さんはもう娘さんなりに心療内科などにも通われており、先生からのアドヴァイスもしっかり受け止めて、現在はある程度克服されているんだと思います。把握できてないのは寧ろ、貴女がたでしょう。


>住民票?のロック?なんてできるのでしょうか。母が娘の家に出かけて警察を呼ばれて、警察は相手してくれるのでしょうか。


ロックに関してはよくわかりませんが、今は親が子を殺したり、逆に子供が親を殺すような事が多い時代です。昔のように親だから~子供だから~と安易に近づいたりも出来ない時代です。ましてや娘さんは成人し所帯を持っています。貴女が仮に居場所を突き止め、押しかけた場合娘さんが警察に通報する可能性もあります。


これ以上、娘さんを追い詰めるような事をして、貴女にとってそれが何の利益になるとお思いでしょうか?貴女の心配が過干渉に繋がっているとはご自身で思えませんか?私には貴女が被害者の面を被った加害者にしか見えません。娘さんは被害者そのものですよ。


久しぶりにこちらに書き込みがあり、正直なところ良い意味で進展があったのかな?と期待をしておりました。だけどそうではなかった事が残念であり、私個人で思った事は、貴女も『毒親と言う枠』からはもう出られないんじゃないかなと感じます。酷い言い様で申し訳ないですが、そう感じたので敢えて書かせていただきました。そして二度とこちらにはもうコメントはしない事にします。このままここで同じような回答しかしない貴女ご自身はずっと変わらないような気がするので。


最後に、もう一つお勧めの本があるのでそれだけ紹介します。
信田さよ子さんの「母が重くてたまらない - 墓守娘の嘆き」と言う本です。URLからご覧になって下さい。恐らく、今の娘さんの深い部分が描かれていると思います。
それでは、お元気で。


http://www.amazon.co.jp/%E6%AF%8D%E3%81%8C%E9%87%8D%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E2%80%95%E5%A2%93%E5%AE%88%E5%A8%98%E3%81%AE%E5%98%86%E3%81%8D-%E4%BF%A1%E7%94%B0-%E3%81%95%E3%82%88%E5%AD%90/dp/4393366255%3FSubscriptionId%3D1NR26EM5W8K36SW8QF02%26tag%3Dtrumpetblog-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4393366255

投稿日時 - 2010-10-05 22:11:38

ANo.84

ずっと気になっていました。

お辛いでしょうが、もはや娘さんは亡くなった、或いは仏門に入ったと思って忘れる方があなたのためのような気がします。

 弟さんがいらっしゃるのでしたら、一人ではないじゃないですか。

辛いのは、会えないのという理由もありますが、今となっては「娘さんがあなたを憎んでいる」という事実のほうが大きいのではないですか?

 もし会っても、この事実は解消されないでしょうし、さらに辛いことになる様な気がします。

 仮に、親というものが、子の幸せの為に死ねるという存在であれば、ご自身の気持ちを優先せず、娘さんの幸福を優先するのが愛ではないかとも思います。

 ただ、これは他人事だから言えるのだということは理解しております。お許し下さい。

投稿日時 - 2010-09-08 16:12:12

ANo.83

(No.82の続きです。)

>手術の日が近づき夫も弱気になっているので焦って、きつめの言い方をしてしまったら、娘が色々なことを話してきた

・自分(娘)は現在心療内科に通院中で、親兄弟に会うことについて主治医からあまり良い顔をされていないこと
・ドクターストップがなくても行く気はないこと
・鬱などではなく、子供の頃のことでフラッシュバックがあったり幻聴があったりするから念のため行ってる、投薬もなくカウンセリングのみなこと
・引っ越し後と離婚後の引っ越し後で病院が変わったがどちらとも同じことを言われたこと
・引っ越す際に交際していた彼とは引っ越し後にすぐ結婚し、すでに離婚していたこと(娘が結婚しているかどうかは連絡が取れないので知らなかった)
・戸籍は戻さずに自分ひとりのを新しく作ったこと、それが嬉しいこと
・今は友人とルームシェアで庭付き一戸建てで幸せに暮らしていて、今までの人生で一番金銭的にも精神的にも充実していること
・祖父の葬儀はすごく行きたかったが親兄弟に会うことになるから泣く泣く諦めたこと
・それによって一時期精神的に不安定になってひどかったこと
・住所を知られたときは死ぬことも考えたこと
・メッセやメールもホントは良くないが、母と表面上仲良くしていると先生がとても喜ぶからそうしているだけなこと
・でも最近のメッセは結構ゆるく楽しんでいたから正直言って父には迷惑していること
・「というわけで行かないので、全部かわいいかわいい弟さんにおっ被せればいいんじゃないですか?」
 (「帰る」とかじゃなくて「行く」だし、帰る家は今住んでいる家だし、と言われた)
 (弟のことは、実家に居るときは、名前が「大輔」だったら「ダイ」と呼んでいたのが「弟さん」という呼び方になっていた)

ある程度は覚悟していたつもりだったのですが全然覚悟が足りず圧倒されてしまい、返す言葉がなかったです…
まず心療内科にびっくりしました。偏見は無いですが、小中高の担任が口をそろえて言うくらい精神的に強い子で、ずっと皆勤だったり小さい頃から成人後までお稽古事を続けていたり、私から見ても精神的なタフさは印象強かったので…ましてや昔から命を粗末にする人間を軽蔑しさえしていたのに自分が死にたいと思うなんて…そこまで追い詰めていたことに申し訳なく情けなく思いました。
結婚も離婚も、そういうことも話したくなかったのか、と呆然としてしまいます。
戸籍については、もしかして一人の戸籍を作るための偽装結婚だったのかとも思うのですが、婚姻期間は1年以上あったようだしそうでもないのかとか…気になりますがとても聞ける雰囲気ではありません。「戸籍はそうでも、親と子の縁はずっと切れるもんじゃないんだよ」というと、「w」と一文字のみ返されました(w=笑の意味です)。

話の途中、娘から「アダルトチルドレン」「モラハラ」「共依存」について暇だったら調べてみて、と言われました。
それぞれ娘、夫、私のことみたいです。

日を改めてまたメッセンジャーで話したとき、冗談っぽく「来ないなら迎えに行くからね!」と言ったら、
・来てもいいけど、絶対出ないし警察呼びます
・そしてすぐに引っ越します
・次引っ越したら住民票?のロックするからもう永遠に連絡取れないと思って
・それでもいいならどうぞいらしてください
・今の同居人に少しでも物理的に迷惑かけたら、今度は絶対に容赦しない
などと言われてしまいました。
「そういうことなら行かないから…」となんとかなだめて、あとは普通の話になりました。

その日以来、メールには簡単な返事をくれますが、メッセンジャーはオンラインになりません。

なんだか、夫と一緒に娘までいなくなってしまうみたいで、悲しみで頭がまわりません。
今日は夫のお見舞いに行って、帰り道に無性にこの投稿が気になったので、後日談の報告をしようと思いました。

住民票?のロック?なんてできるのでしょうか。母が娘の家に出かけて警察を呼ばれて、警察は相手してくれるのでしょうか。
今の同居相手はたいへん良い人のようで娘をとても大事にしてくれていることが今までのメールやメッセのはしばしから伝わってきます(私はずっと相手を引っ越し時に交際していた彼だと思い込んでいましたが)。
時系列に出来事を書き出してみたところ、娘の態度が軟化した頃と今の同居相手と暮らし始めた時期が同じくらいでした。
娘が幸せに暮らしているなら余計なことはしたくないと思いますが、このままでは夫が亡くなったときにも帰ってきてくれないような気がして不安です。
ここ数年少しずつ上向きに順調だったのに、また、最初の投稿をしたときのようなぐるぐるした重い気持ちになっています。

投稿日時 - 2010-07-28 20:20:34

ANo.82

ご無沙汰しております。質問者のharura24です。
PCが壊れてログインの仕方がわからなくなってしまい、お礼や締め切りができませんでした。
しかしたくさんの方にコメントやアドバイスをいただいて、このまま何もしないで過ごすことなどできませんので、今新しくIDを登録しました。
(今後もなんとか思い出せないか試行錯誤してみるつもりです…)
他人の成りすましなどではございません。
ずいぶんとお礼など書き込みできなかった無礼、本当に申し訳ありませんでした。
最初の投稿からもう3年もたっているのですね…
あれから本当に色々なことがありました。
結論から言うと、娘とはかろうじて連絡がつく状態になっています。
でもこの状態もいつまで持つかわかりません…
今回は箇条書きも交えてご報告させていただきます。

・私の書き込みが途絶えた頃、実父が亡くなった
・娘は祖父(私の実父)と大変仲がよかったため、無理を承知で先生やNさんに訃報を取り次いでいただけるようお願いした
・二人のご尽力で、娘のメールアドレスを入手した(PCのフリーメール。娘曰く私と連絡を取るためだけの「捨てアド」とのこと)
・音信不通のことなどには触れず、祖父の葬儀に来るようメールしたが拒否された(娘の名前で花を作ることは了承され、葬儀や通夜の詳しい日時をたずねられた)
・通夜の後、親戚と宴会をしているとき、娘から私の妹(娘からみておば)に電話がかかってきた(私の家と実家は車で4時間の距離で別居で、私の妹は独身で両親と同居で両親の世話をしていた)
・電話の内容はお悔やみなどだったようで妹はしきりにお礼を言っていた
・妹や親戚には娘と音信不通であることは話していないので、妹が私に電話をかわった
・電話口の娘はひどく泣いていて、妹(おば)や母(祖母)の様子を聞いてきた
・あまり話が出来ないままに通話終了(これが現時点で娘の肉声を聞いた最後)
・父の遺品整理中に、娘の現住所と父が娘に遺したものを発見した(娘は祖父母と手紙のやり取りをしていた)
・メールで、住所を見つけたことと遺品を送りたいことを伝えると了承された
・遺品のほかにも娘の好きな食べ物や消耗品などを送った

たまにメールや物品のやりとり(といっても娘からはあまりなく、内容も当たり障りのないもの)を続けること2年ちょっと、PCのメッセンジャーというものを利用して娘とリアルタイムで文字の会話ができるようになりました。質問を投稿した頃からは信じられないくらいの進歩です…しかし音信不通だったことについて娘からは何も話はなく、こちらからも聞けず、事実確認や謝罪といったことはできておりません。以前話に出てきた「復讐」なんてものをみじんも感じさせないような朗らかな態度で接してくれていたので、私も今の関係を壊すのが怖く、引っ越し前となんら変わらない(しかし私から娘に対する悪い言葉は皆無)ような会話をする日々でした。
娘は私の態度が変わったことについて当初非常に怪しんでいました。「どうしてそんな急に優しくなったの?年取って丸くなったとかいうレベルじゃないよね?もしかして変な宗教に入ったりしてない?」とまで言われてしまいました…今思えばここが話を聞くきっかけになったかもしれないのに、私は愚かなことに気恥ずかしく、また臆病になってしまい、元々優しいんですけど、母の愛は海より深いのです、など絵文字を使って誤魔化してしまい、娘からは変な顔文字のみが返ってきて、この話はそれきりになってしまいました。
その後も文字や物品のやり取りを続け、ホームページの作り方を教えてもらったりもし、このまま、電話や会ったりはできないけれどメッセンジャーやメールで穏やかにやり取りできるもの、と慢心していたところに、今までのやり取りが無になるような真実を知ることになりました。

・夫が、程度が悪ければ余命宣告される病気になった
・大きい手術をするまえに娘に帰ってきてほしいとメッセンジャーで伝えたらはぐらかされた
・あまりしつこくしたくないものの大事なことなので何度か話を切り出すも、非常に不自然なはぐらかしかたをされ続けた(「お父さんのことだけど」→「ところで今度六本木いくけどお土産なにがいい?」→「お土産はいらないから、とにかく一度帰ってきて」→「それは(病状の)詳しいことがわかってからねー、で六本木のことだけどさ」のような)
・手術の日が近づき夫も弱気になっているので焦って、きつめの言い方をしてしまったら、娘が色々なことを話してきた

(きりが悪いですが…字数制限ぎりぎりですのでいったんここまでで送信いたします。)

投稿日時 - 2010-07-28 18:06:02

ANo.81

結局どうなったのですか?

最初から読んでいて、すごく結果が気になりました。

主様の結果の投稿が欲しいです。

投稿日時 - 2010-02-17 17:31:14

ANo.80

もう読まれていらっしゃらないと思いますが、書かずにはいられなくなってしまいました。

私もお嬢様と同じ歳の者です。そして、お嬢様の気持ちが痛いほどわかる者でもあります。

私の親も『親に食わせてもらっているのだから、親の言う事を聞くのが当たり前』という考え方であり、褒めること、認めることをしません。
そして、自分の考えを押し付けてきます。
自分の考えに背く行動をすると私を否定します。

親が子供によかれと思って言ってることは理解できますが、愛情というものを履き違えているのです。

なぜなら、愛情を正しく与えてもらっていたら、私が傷ついたと感じることも、親が大嫌いだと思うこともないでしょ?

貴女を含め、このような親は自分の気持ちだけで生きているのです。
「お前のため」と言いながら、無意識に「自分のため」に好ましい事をさせ、思い通りにしようとしてるのです。
相手が、どう感じているかなんて考えもしないのです。

貴女の息子さんとは、うまくいっていると仰っていますが、私から言わせれば表面上だけではないでしょうか。

息子さんは一時期、キレやすかったみたいですが、反抗期と言ってしまうのは危ないと思います。
息子さんも気づかないうちに、ご両親に対する不満が溜まりに溜まった結果だと思うのです。

子供は、親が悪いとは思いたくないものです。
悪く思うことに罪悪感を感じます。だから、自分の本当の気持ちに嘘をつきながら、親が正しいと思い込もうとするのです。

その結果、親を傷つけないように親の望む通りの行動をし「普通」の関係を築こうとします。
これが、現在の息子さんなんではないでしょうか。

しかし、逆に自分の本当の気持ちに目を背けず、受け入れることができた子は、お嬢さんのようになるのです。
自分が悪いのではなく、親の言っている事が間違ってると気づけているということです。

貴女のように押し付け、決め付ける親に育てられ、自分は悪くないと気づけると、それ以降全ての押し付け、決め付けに嫌悪を感じます。

だからこそ、お嬢さんは血液型にしろ卒業式の袴にしろ、これまでないくらい怒ったのだと思います。

私もこれからカウンセリングに通おうと思っていますが、貴女も息子さんも旦那様も受けてみることをおすすめします。

私もお嬢さんのように今後一切、親との連絡を絶ち、自分の居場所をわからなくできればどんなに素晴らしいかと思っています。
なので、お嬢さんの行動を本当に羨ましく、また尊敬すらしております。

それぐらい、親を憎み、許すことができません。

そして、お嬢さんが行方をくらましたことを後悔することはないと思います。
どんな苦労があるかなど覚悟の上であり、様々な事を想定してのことでしょうから。どんな苦労をしてでも離れることのほうが、遥かに幸せになれると判断したのでしょうから。

貴女には、ツライ事にも目を背けず自分自身を見つめ直してほしいと願います。
自分のしてきたことを正当化せず、それがお嬢さんにとっては辛く許せないことだったということを受け入れて下さい。
旦那様は救いようがありませんが、貴女は成長できる可能性が大いにあると思います。

こんな小娘が生意気に書いてしまいましたが、貴女にはその責任があるのです。

投稿日時 - 2009-05-13 16:51:37

ANo.79

親離れした方が幸せになれるタイプの人もいるので
放っておいてあげれば良いのではないでしょうか。
ここまでされているのであれば、離れたかったのでしょう。
理由や居場所を詮索しては娘さんが可哀想だと思います。
ご結婚されているのなら尚のこと、もうご本人の人生なのですから。

親として色んな思いがおありだと思いますが、たいていの場合は業や欲です。
自立した子供の自由を尊重してあげるのがベストだと思います。
心配という名目の過干渉は娘さんの幸せを削ぐだけです。
親が荷物になるというのは、子供にとっても辛いことですよ。

本当に娘さんのことを思っていらっしゃるのであれば、
もしも何かに失敗したり傷ついたりして戻ってくることがあった時に、
何も責めずに今までと同じように受け止めてあげることではないでしょうか。

投稿日時 - 2009-05-12 08:25:01

ANo.78

※私は貴女の娘さんと同じ立場の者です。また、これからこちらに書く内容は貴女から見た場合、過激に取られる部分もあるかも知れませんが、予めご了承下さい。


私は自分の母親(元凶)と繋がりを断ち切ってからそろそろ10年目になろうとしております。私も貴女の娘さんと同様、相方と同居&結婚を期に家を出ました。・・・と言うよりも、そうしないと家を出られませんでした。何故ならば私の元凶は私に対しての執拗的な過干渉や軟禁状態がきつく、また小学校からずっと精神的虐待があった為(私の母親はアル中でした)父親と離婚したのが小学校半ばでしたがそれからもっと状態が悪くなり、私も途中途中で元凶とぶつかりながらも自分の精神状態が半ばおかしくなりかけていた事もあったからでした。

私は貴女の娘さんのように部類としては賢くはありません。寧ろ(態度とかそれまでの家族と言う立場に対する態度は)どうしようもない部類になると思います。ただ、娘さんとはかなり状況も家庭環境も酷似しているので恐らくは私と同じ狢だとは思います。

狢・・・と言う言い方は、私は機能不全家族の出で、AC(アダルトチルドレン)のスケープゴートタイプです。恐らく、娘さんも同じだと思います。このタイプは家族の中でも蔑ろにされやすく、家族が何でもこのスケープゴートの子に理由を被せて、それで家庭崩壊を防げていると言った状況です。このタイプの役割は「体を張って家庭の問題を外に出すことが最終的な役割」とされています。つまり、娘さんの場合は家から出る事で、今のこの現状を貴女に把握させたとも言えます(詳しくは下記URL参照)。またそのURLにも書いてあるようにACには色んなタイプがあり、また1つだけのタイプではなく、複数のタイプを持っている方も居ます。

貴女の他の回答者様へのお礼等を読ませて頂きましたが、

>今まで散々苦労をかけてきたのに一人で大きくなった気になって!
という怒りと

ありきたりな子供染みた返答でも申し訳無いのですが、この貴女の

「~~してやってたんだぞ!」

と言う考え方が娘さんにとっては

「だからなんだよ、お前、親だろ、自分らが好きで娘産んだんじゃねーのかよ!」

なんですよ。お分かりだとは思いますけど、子供は親を選べません。子供を生み、育てる苦労は親としては当たり前の責任であり、それを子供に押し付けようとする言動はどんな形でも駄目だと私は思います。子供は貴女のおもちゃでも従順な動物でも何でもありません。貴女方夫婦の言う事を聞かない→気に食わない→こっちは親なんだよ!子供が言う事を聞くのは当たり前だろ!!・・・分かります。確かに正論なんですが、それでも子供にそれをさせられるのには限度があるんです。何故なら子供ってのは成長しているから。精神面も社会的関わりも成人する間に自分の内面で吸収していき、それは時に親とは全く正反対の価値観を伴う事もあります。これに気づかない(気づこうともしない)親が実際多いんです。

後、弟さんの暴力に関してですけど、私にも年の離れた弟が居て、全く同じ暴力があった時期がありました。当時弟は中学生でしたが柔道を習っていた事もあって、正直怖かったですよ。暴れだしてちょっとでもこちらから文句を言えばなんだと?と叫び声をあげて壁なりなんなりぶっ叩き、酷い時は殴りかかっても来ました。しかしうちの元凶も殴られるのが怖いのかなんなのか分かりませんが「この時期の男は反抗期だから」と言いながら全く止めませんでしたね。既にその時は父親は離婚して家に居ませんでしたし、はっきり言って本気で殺されるのではないかと悩んだ事もありました。私はその後直ぐにとある件で弟に切れてしまい(私は切れると何をするか解らないタイプでしたので)弟の部屋にあったパソコンをバットでボコボコに破壊し、それからは弟は私に対しては何もしてこなくなりました。元々我が家も男尊女卑が酷く、何でも一番は弟、次に他の家族、で、最後に私(時には私にすら権利を与えない)と言う状況でしたので、このパソコン破壊を切欠に、私の中で何か吹っ切れた感覚もありました。ただ、自分のこの行動にも自分自身、怖くなった部分があり、それもあって多分結果的に家を出て今に至っているのではないかなとも思ってます(家族を殺してしまうのではないかと言う恐怖感でした)。

娘さんにクズ呼ばわりされた件ですが、私も自分の親に「お前は最悪な子供だよ。」や「悪魔の子供だ」と言われてきました。悪魔の子と言うのは別れた父親に似ているという意味だと思います。こちらからすればどうしようもない事なのに、なんでもかんでも自分が気に入らないから子供の私に酒を飲みながらギャーギャー悪態を付き、発散し、涙にはせた私をほっぽって眠くなったら寝る・・・そんな親でしたよ。子供ながらに「早くこんな家から出て、自分らしく生きてみたい。」そう思いましたね。正直、こんな家庭環境を理解してくれる友達なんて勿論居ませんでしたし、居たとしても大分大人になってからでした。だから子供の頃の私は孤独のまま大人になった感覚でした。勿論、普通の他人の人には見せられない部分ですので切り替えするのにも大変な時もありました。

成人式の件も私も似たような事があり、実は先日、私の成人式の時の(お見合い写真のような感じの)写真を弟経由で渡されました。私は実弟とは今でも関わりを持っておりますが、元凶である母親とは完全に今の居場所も教えず、放置して出てきましたので、向こう側としては私との連絡手段として実弟を使ってくる事が多いのですが、またせこい事にいっぺんにものを渡してこないで、ある程度期間をあけてちょこちょこと渡してきます。理由は多分、全ていっぺんに渡してしまえば、私との関わりは一切なくなるからでしょう。私自身はそうして欲しいし、正直、写真も何も過去の産物は私にとって無意味でしかないので(母親の存在もです)先日、弟にいい加減にしろと怒鳴りつけたところでした。そして、写真もカッターナイフで全部ビリビリと切り裂き、ごみとして捨てました。


・・・何故、私がここまでするか解りますか?貴女の娘さんは「将来子供は産まない」と仰ったそうですが、実は私もそうだったんです。そうだったと言うのは私は今現在、お腹の中に子供が居ます。もうはっきり言うと初産で子供を産むには(相当)ギリギリの年齢です。今年の年末近くに出産予定なのですが、私はこの子が自分のお腹の中に授かったと解った時

「未だ私の元凶はこの世に生きているが、この子には指一本触れさせてはならない。この子をあの時の私と同じ目に合わせない様にしよう。」

そう思ったからです。この子を守れるのも信じられるのも私と私の伴侶しか居ません。私たちが目の黒い内は元凶には近づけさせない様にしないといけない。そう思いました。だから過去の写真も過去の元凶との何もかもを、守れるものが出来たと確信したから全て捨てよう・・・そう誓ったんです。

だから貴女の娘さんが「生涯掛けての復讐だ」と仰った意味がよく解ります。私も子供を授かる前まではそうでしたから。子供を授かり、私はこの子にはこの私と元凶の「生涯掛けての復讐」の中には絶対に交わる事が無い様にと、この子は私のような人生を歩まないようにとそう願っています。私はだから一生母親(元凶)を許す事は無いです。こう言う結論の子供も居るって事で書かせて頂きました。


後、娘さんの恩師様を恨むのはお門違いもハダハダしいですよ。この問題は貴女がたご家族と娘さんとの問題です。先生はあくまで「娘さんにとっての蔭の理解者」であり、「第三者」でもあります。そもそも、貴女がたご夫婦がきちんと娘さんの本心なり、娘さんの心理状況に深く追求しようとなさらなかったから今の現状があるのです。また、先生の存在があったからこそ、家の中で誰一人自分の味方が居なかったと思っていた娘さんの心の中にも一筋の希望があったから、今まで辛い事や悲しいと思ったことも我慢出来ていたのかも知れませんよ。貴女方が幾ら親でも、それを踏み潰す権限までは無い筈です。


もう質問者様の返答も最後にされているのが大分前のようですので対処方法を書くというのも今更になってしまいますが、もしもまだ行ってないようでしたら一度、カウンセリングを受ける事をお勧めします(出来たらご両親、弟さんも)。
貴女がたが思っている「普通の家庭」と言うものはこの世に存在しません。そもそも普通ってなんでしょう?普通の基準なんてそもそも無いんですよ。他人の家数件と比べてそれの平均になるようなものが普通だと思っておられるならばそれは間違いだと私は思います。貴女の今までの補足及びお礼を全て読ませて頂いて、とても(上記に書いた数件の他の家庭を比べたと言うような)普通の家庭には思えませんでした。

私は元凶と1年ちょっと家庭内別居をしてから家を出て今の暮らしを主人と始めて10年になろうとしています。今は穏やかで幸せな日々を送っています。その間、精神科のカウンセリングを数年受けたりメンタル面の治療も行ってきました。カウンセリングは自分では見えなかった事も見えた部分もあり、色々と勉強になったと思っております。
後、他の回答者様がURL提示されてますけど、「毒になる親」はお勧めです。一度是非読んでみて下さい。機能不全家庭のメカニズムが少しでも解ると思います。

>(親と縁を切ることが娘が望んで努力して手に入れた幸せだということが嫌・・・)

これが娘さんの復讐そのものですよ。貴女はこれから(少なくとも娘さんから何かしら連絡があるまでかも知れませんけど)この思いをずっと引きずって行かなければならないかも知れません。貴女は貴女で旦那様と第二の人生を見つけられるなり、もう娘さんを自分の人生の時間の中に取り込もうとはしない方が宜しいかと思います。その方がお互い幸せでいられると私は思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%B3

投稿日時 - 2009-05-07 22:56:24

ANo.77

 年数が経っていますからもういいかな? と思って黙って見過ごそうとしましたが、あらたに習い事の先生への非難めいた書き込みがあり、僭越ながら見過ごすわけにはいきませんでした。

 きっとその先生は聡明な方で、娘さんの性格、行動力、現状。それらを全て加味した上での対応だったと思います。
それは

・自分がおそらく最後の接点だろうということ。
・もし自分が居場所を漏らしたら、娘さんは二度と自分にも連絡をしてこないだろうこと。

 それがなにを意味するものか、その先生は理解しているのです。

そう、もし双方に万が一のあった場合、その時は誰が何といおうとこの約束は反故するつもりでしょう。しかし今、情に流されてその細い・・・今にも切れそうな接点の糸を断ち切ってしまったら、取り返しが付かなくなる。それだけは避けなければならない!
 たぶん、それがその先生が下した苦渋の判断ではないかと思います。

 私の相方は、絶縁していた父が前年他界しました。父親の死を知ったのは死後数日たってからでした。
亡くなる何年か前、近くに行ったついでに勇気を持って実家を訪ねたそうですが、丁度留守で、「またくる」とメモだけ置いて帰ったそうです。
死後、そんな父親の枕元には、そのメモが大切に置かれてあったそうです。毎日毎日、娘が帰ってくるのを待ち続けたのでしょう。
縁を絶って20年近く、相方はなぜもっと早くに赦す事が出来なかったのかと、悔やんでも悔やみ切れない日々とともに、いまは心から供養しています。
 復讐など、為して抱くのは虚しさだけです。そしてそこに残るのは自己嫌悪しかありません。
来週、一周忌。その訃報が届けられたのも、細い細い接点があったればこそでした。

伝えたくて、いいたくて....。一番苦しいのは、その先生ではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-05-06 15:16:16

ANo.76

はじめまして。
昨日、貴女の最多質問で発見まして、今日又検索しながら、私と同じ境遇と感じカキコさせて頂きます。

ここの質問に参加したいと思いながら(自分自身投稿する勇気がまだ今はありませんが近いうち皆様の意見を問うかもしれません)、世の中の動向を探りながら、解決出来る事は何かと模索しながら、同じ境遇の方(親と子の絆が少子化のせいもあり、あまりにも親が子に執着・子は親の心知らずでウザイとかうっとうしいとか親に対して甘えもあり希薄)が日本には、増えつつある気がします。
今までにも同じ様な境遇の方に私なりの自分自身の心の整理の為にもカキコさせて頂きまして、今回も自分自身にも言える事なので聞いてください。
回答お礼の返事は年数が経過すると、一方通行になるんでしょうか?
貴女の返事がここず~と無い様ですが・・・お元気ですか?

もう3年近く連絡も途絶えてみえるのですね。
お辛いですよね。
本当にお互い(母親)辛いですね。私はまだ、○ヶ月一方通行。
信じられないですが、現実です。

自分の中で何度も問い:でも、答えは出ません。

主人とも家族とも考えは違い、時間は止まったままです。
女性と男性は考えが違いますものね。
男の人は思わない訳ではないですが、思ってもどうしようもないから、自然に任す感じですよね。

今は娘さんも26歳。
分別ある大人です。しっかりしてみえるから大丈夫ですよ。
信じて待ちましょう。

きっと、親になって何十年後には、分かる時がきます。
好きな男性も出来て将来の事も考えてらっしゃる様ですし。

大きな大きな人生の壁
子離れの時期です。

娘さんは早くから自立心がついていて、親は気ずかずいただけ。
自分の娘だから・・・と思い親の心は知ってると勘違い・思い違い。
どんどん親を追い越しどんどん自分の心の中で貯めていた。
好きな男性が出来、学業も修了バイトで貯めたお金もあるし、自分ひとりで彼とやっていけると思い込み自分の足で歩き出した。

親は見守り、自分の人生何か趣味でも持って、何かに没頭する。
我娘、大切に大切に育ててきた娘さんですから、ず~~と頭からは、離れる事ないでしょう。
思い出して泣きたくなった時はおもいっきり・・・泣きましょう。
大きな声で泣くのです!!
すっきりしませんか?

きっといつかは連絡来ます。

何か気になるのは、習い事の先生。
この方本当に親さんの事考えているのでしょうか?
普通は娘さんと約束したとは言え、こっそり教えるでしょう。
不思議な人物ですね~~。
怪しい匂いが漂います。(危険???)
繋がりを持つ為に足しげく通い、色々聞かされ、ショックでしたでしょうが、親の気持ちを訴えるしかないかしら・・・。

同じ毎日を過ごすのに、クサクサしていても・・・ねぇ。
空気が淀むだけだし、老け込みますよ。

残された人生ご自分の為に神様のご褒美と思い、楽しく旅行や色々楽しみましょうよ^^

お互いに頑張りましょう^^

投稿日時 - 2009-05-05 15:42:18

ANo.75

申し訳ございません。これまでのやりとりやご回答などを拝見してきて、娘さんに近い経験をしてきたものとしては、むしろ娘さんへ「よくやった!」と喝采をあげたいくらいですが。

私の両親は、むしろ学歴重視で、特に母が一生懸命になりすぎでした。
学校が終われば即帰宅、母が付きっ切りで勉強を見、ちょっとでも間違えると「こんなんも分らないのか!」「前にも教えた!」と、ゲンコツが飛んできます。
クラブ活動をしたいといえば、「勉強の時間が減るから絶対ダメ」。
ならせめて文科系ならいいだろうと勝手に入り、帰宅時間が遅くなれば、
「クラブをやめると言え!」と、一時間近く殴るわビンタをするわ。挙句にお腹まで蹴られました。
父? 自分の酒の付き合いとかで真夜中近くまで帰ってきませんでしたよ。
「○○になりたい」と言えば、「じゃあこの大学の○学部に入って就職は○ね」と、先走る、放課後、友達を待って帰ることも「勉強の時間が減る!」と許されず…。
毎日毎日、息が詰まりそうでした。
殴られ、はたかれ、いわば「私を否定される」ことで、心の何かがどんどん壊れていきました。自分を守るためには、心を閉ざしてぼーっとした子になるしかなかったんです。それを母は、「お前はぼーっとしているから」と笑う…死ね、とすら思いました。自分がそう仕向けておいて、そこまで私の人格を否定するのかと。
もしもありのままの私を受け止めてくれる祖父という存在が側にいなかったら、私はとっくの昔に家出していましたよ。
娘さんにとっては、それが稽古事の先生だったんですよ、悲しいことに身内じゃなくて。
母のあり方がやっぱりおかしかったんだと改めて気付いたのは、一緒に暮らすことに耐え切れず、わざと下宿しなければ通えない距離にある大学を選んで、一人暮らしをはじめ、ふとしたきっかけで手に入れた本(加藤諦三さん、相場先生の)でした。
結婚して二人の子を持って10年経って、やっとあの頃の父と母を客観的に見られるようになったんです。許せるようになるまで10年かかったんです。

だから、娘さんのお気持ちは本当に良く分かるんです。しかも、娘さんは私以上に行動力がおありです。
今、貴女がたご両親のことを思い出しても、きっと冷たい悦びしか浮かんでこないでしょう。
だから、待ってください。もしも本当に世間体よりも娘さんのことが心配であるなら、我慢して待ってください。
もしも、娘さんのほうに貴女という母親のことを考えられる余裕が出てきたら、その時は向こうから連絡が来るはずです。それまで待ってください。
家を出るための下準備に10年、娘さんはかけた。それだけの冷たい怒りを蓄積していたんです。だから、貴女はそれ以上の年月を待つべきだと、個人的にですが私は思います。今、貴女が出来ることは他にないのでは?

投稿日時 - 2009-04-25 10:14:05

ANo.74

すみません、先ほど回答した者なのですが
最後に書いた『イントゥ・ザ・ワイルド』は悲しい結末を迎えるので、
おすすめしたのは不適切だったかもしれません…。
もうしわけありません。

それと、弟さんのことなのですが
娘さんが20歳のとき、息子さんは18歳くらいですよね?
18歳の男の子に、家の中で日常的に暴力をふるわれる、
または危害を加えられると感じる、怒鳴られる暴れられる
などのことをされていたならば
娘さんの感じた命の危険や身の危機というのはもっともだと思います。
18歳といえば、もう身体は十分な大人です。
それも男の子であれば、簡単に誰を肉体的に傷つけることが可能です。
それが恐くて、ご両親はうかつに叱ったり手を出したりできなくなったのでしょう?
なぜそのくらいのこともわからなかったのでしょうか、大変残念で、大きな謎です。

投稿日時 - 2009-04-24 19:34:20

ANo.73

大変不謹慎ではあると思うのですが、娘さんとのことはその後どうなったのでしょうか?
気になってしかたありません。
すみません、野次馬的な好奇心でお聞きすることではないのは重々承知なのですが。

こんな家庭で育った(すみません)子供が
こんなに賢い人間へと成長するものなのか!
と本心で大変驚きまして。
(きっと習い事の先生の存在が大変大きかったのだと思いますが)

私もできるなら彼女のようになりたかった、いや、なりたい。
そう思ってしまい…すみません、これも不謹慎な発言ですね。


しかし、ここまで周到で狡猾とも言えるこんな緻密な計画を、
こんな環境で生きてきたにも関わらず
この自制心を持って達成できる女の子がいるのか!
と思ったら、私も頑張れるかしら…などと、無意味に励まされ…。
印刷し、彼女の生き方を何度も読み返させていただこうと思います。

他の多くの方と同じように、
「ここまでの娘さんであれば心配はございません。何も必要ないでしょう」
と言うしか私にもできないのですが、それでは質問者様の苦悩も軽くはなりませんよね…。
とはいえ、他の方がもう存分に様々なことを書かれているので
それ以上の言葉がやはり出てきません。

お役に立てず申し訳ありませんが
私は質問者様がここにこういった質問を書いてくださったことによって
自分を見つめなおすきっかけをいただき、感謝しております。

質問者様の娘さんは、大変立派な人間に成長されたと思います。
その手伝いができたことだけでも、素晴らしいことだと思います。
逞しい娘さんです、本当に。
どこかの優秀な子供を預かっていただけ、と割り切ることなど到底
できることではないと思いますが、あなたはしっかりとそれを遣り遂げたのですから、
それだけでも十分だと、評価なさってください。

いつか万が一娘さんが姿を見せてくれた時には、
今まできちんと伝えてこられなかった分の愛情を示せば、それでよいのではないのでしょうか。

もし娘さんが本当に質問者様のことを愛していれば
いつかまた会うことも叶うことでしょう。
一緒に過ごしてきた時間は、確実に存在しています。
希望を捨てずにいてください。
たとえ叶わぬ希望だとしても、持たないよりは…と思うので。

質問者様が本当の「母親」であるならば
きっと「娘が去った原因」よりも、今大切なのは
「娘が戻る希望、どうすれば娘ともう一度会えるのか」
だと思うので。
後者のうちのひとつはきっと誰にもわからないので、
せめて希望だけは、「持っていてください」「持っていてもいいんですよ」と、
誰かに常に励ましてもらってください。
たとえ娘にどんな仕打ちをしようとも、娘が去ったことで
母親として非常に痛手を負ったのは、本当のこととお察ししますので。

私は現在28歳(女)です。
歳が近いので娘さんの気持ちのほうをよりよく理解できますが、
あまりにも娘さんが賢すぎるので、
それも親としてはしんどいだろうな…と想像いたしております。
『イントゥ・ザ・ワイルド』という映画があります。
男の子が主人公なのですが、行動力と賢さは、
ある意味非常に娘さんと似通っているなと思いました。
機会があれば、ぜひご覧ください。

投稿日時 - 2009-04-24 17:31:23

ANo.72

はじめまして。
その後、進展はありましたでしょうか?

私は28歳なのですが、娘さんは20歳前半でお若いのに自立心が確立され行動力もあって、とても賢い方だと思いました。しかも、人徳も。
同じ女として羨ましい、というか見習いたいです。

自分を幸せにする力があるように思います。
その一つに「両親と縁を切る」があったのでしょうか?
理由があるにしても、悲しい選択だったのは確かだと思います。

「私の話しを聞いてくれない、否定する。同じ価値観ではない」
と思われたのでしょうか?
それに気づいていたのが小学生の頃から。
冷静に自分と家族を見つめていらしたのですね。
本当に賢い・・・・。

そして羨ましいのは、周りに「教え」を説いてくれる、それを自分も受け入れられる話しで、自分の悩みや考えを分ってくれる人との出会いが娘さんの自立を更に促したのかと思いました。

そして、お互い自立した上での付き合いができる男性に出会った。

と人生本に書かれているような感じを受けました。
 
でも。
師匠や友人や彼氏は両親ではないです。産み育てた父・母ではない。
娘さんが師匠に「よその子よりも両親に感謝している」というような事を言われていたのですよね?

恐らく人生で、どうにもならない分からない事は家族との関係なのではないでしょうか?
だから「子供は産まない」。

haruraさん。娘さんの確立された価値観受け入れられますか?
娘さんは両親の固定観念を受け入れられず去ったようです。

「なんでそんな酷いことを」
はお互いに思っている事だと思います。

私だったら。自分が幸せになることだけを母には願ってもらいたいです。

投稿日時 - 2008-02-15 22:30:15

ANo.71

自営業をしてる23歳の女ですが
今までのものを私なりに読ませていただいた感じ、
どっともどっちな気がします。
50%50%ではないと思いますが。

私が娘さんなら我慢ならないところがありましたし(占いとかは別にそこまででもないですが)

かといって今のような関係にするのも・・みたいな。

今は他の方も申している通り、そっとしておくのがいいと思います。

そうしていればいつかは仲直り(?)のチャンスが巡ってくる事もあるかと思います。
その時にでも広い心をもって、今までの反省点等を考慮しながら接していければ、すぐにではなくても少しずつ溝を埋めていけるんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2007-07-10 03:19:40

ANo.70

ANo.58です。追加です。
私自身も実家との確執が有りました(一部=ANo.58参照)。実父の没後の母親と言う人と妹と言う人は、此処ぞとばかりに万々歳で、私に対して“出て行け!!”CALL。結婚後は実家側の保健所スタッフからも“妹の面倒を見ろ!!”CALL。幼稚園⇒小学校に上がる頃の娘が一人と、私自身二つの仕事を掛持ち中と言う事情は一億%無視され、完璧に話題にさえ出て貰えず終い。挙句の果てには私曰く「妹と言う人が死のうが如何なろうが、私の知った事じゃ無い!! もし妹と言う人が死んだら、餅米と小豆(赤飯用)+尾頭付きの鯛(たい)を用意して下さいネ!!(笑) 皆で御祝いしましょうよ!!(笑)」と言放った程。流石に現在では何の連絡も無い。母親と言う人は、時々葉書を送って来ましたが、私も欠かさず“受取拒否”で送り返したし、又私が妊娠した時“何故か??”布団が送られて来ましたが、其も送り返しました。業者の人は不審そうに、私に何か文句を言ってましたが、私は頑(かたく)なに撥ね付け送り返しました。
祖母(母方)と言う人の命日と、母親と言う人の命日は、私自身全く知らないし、興味も無い。母親と言う人の御葬式の時は、世帯主と娘と、嫌々乍ら私と出席しましたが、世帯主が当時勤めていたヤマト運輸を、このお葬式のせいで約半年後に半リストラ状態で、二度目の失業者になりました。母親と言う人が死んだ後迄、私の人生を狂わせる積りか…と、母親と言う人を殺さなかった事に、大変な後悔をしました。

只私が独身時代に、友達曰く「同じ一つの屋根の下に“悪い手本”が居るのは、ある意味幸せな事。そうそう居る者じゃ無い。毎日毎日自分はあんな風(母親と言う人)になるまいと、身近な人間を見乍ら毎日思えるンだよ。毎日毎日“人の振り見て我振り直せ”を肝に銘じ乍ら暮せる事って、凄い事だと思うんだけど… 発想の転換で、○○さん(私)は幸せ者だと思うヨ!!」と。御蔭で私は良い事を聞いたなァ…と思います。

もしかしたら娘さんは、御両親の貴女方に対して密かにその様に思い続けて来たのでしょう。貴女方御両親は、娘さんにとっては“悪い手本”でしか無い存在です。父親である世帯主は、こんな事言われて何とも思わないのでしょうか?? 父親の本音を聞かせて下さい。顔色伺いをしている場合じゃ無いと思うンです。父親(世帯主)の意見も知りたいです。御自身の予想とした意見では無く…ですよ!! 余りにも無責任過ぎます。これじゃあ御両親の貴女方が、娘さんにとって“悪い手本”と思われ続けて来ていたのも判る気がします。もしこんな事言われてもビクともせぬ世帯主なら、貴女自身が世帯主と離婚をしてでも、娘さんを探す努力を徹底的にする位の行動力を起す事です。

投稿日時 - 2007-07-04 15:18:47

ANo.69

初めまして。40歳の主婦です。

私は18歳で家出をして結婚し、娘もまた16歳で家出をしました。
なので、どちらの立場もわかる気がしたので回答したいと思いました。

まず質問者様に言いたい事は、24歳といえばもう立派な大人ですよ。
質問者様は、はっきり言わせていただいて子離れが出来ていないのでは
ないかという印象を受けました。

24歳で、しかもちゃんとパートナーを見つけて結婚しようとしている
娘さんの事を褒めてあげても良いくらいだと私は思います。
娘さんがそういう手段に出たのは、きっと何を言ってもお母様である
質問者様が反対なさる事を娘さんが解っていたからなのではないでしょうか?

ちなみに私の娘は、未婚の母になってしまいました。
でも、孫が生まれてからというもの、私と娘の距離は確実に縮まりつつ
あります。

質問者様も、お孫さんが生まれたりしたらきっと娘さんから連絡が
あると思いますよ。

今はとにかくそっとしておいてあげることが一番良い方法だと私は思います。

投稿日時 - 2007-07-03 03:09:26

ANo.68

40歳の主婦です。
娘さんの失踪後、1年もたってから、慌てていらっしゃるんですね。
私が家を出たときの、私の親とまったく同じで、もしかしたら、自分の母かと思ってしまったくらいです。(でも年齢が違うようですね)

私も親元から黙って出て以来3年近く音信普通でした。 
私の場合、そのとき付き合っていた彼が、「結婚式をするために連絡を取りたいから」ということで私の居所を親にばらしました。
それがなければ今でも音信普通だと思います。

>また私は洋裁を趣味にしていて、娘の服を何十着も作りました。
娘は引越しの際、それらのほとんどを持って行きました。
これも私を惑わせるためにしたことなのか?
今頃全て捨てられているのか?
気に入ったから持っていったのか?
気に入ったとしたらそれは自分が布もデザインも決めたからというだけなのか?

これは、お母様との思い出の品として持っていかれたのだと思います。
私も母との思い出の品と写真を持って家を出ました。
「もう一生会うことはないから、これだけを思い出として持って出よう」と思って持って行きました。
娘さんの決意も固いのではないでしょうか。
彼氏も同意の上だとすると、(私の場合は親子の縁切りを彼が反対)残念ですがお母様の望んでいるような再会は難しいかもしれません。

お母様に同情される回答も多いですが、娘さんは今まで長い間、そうとう傷ついて来たと思いますよ。

>相当私も夫も、古風な考え方というか、
娘からは常々「封建的な家」と言われておりました。
夫は封建的の意味もわからないようなありさまです。
夫は、子供たちが小さい頃は本当に暴君でした。

私も九州出身です。私の父ととても良く似ています。

>私の友人からは、たまに「箱入りだねぇ過保護だねぇ」と言われたりしていました。
まず門限が、よその家庭よりずいぶん早かったようです。
>お稽古事も、書道とピアノですが、長く続けられるよう応援してきました。
設備や道具、発表会、お月謝などとてもお金がかかりましたが、一応の形になるまで続けることができ、親子とも満足していました。

私も箱入りだと言われていました。
私もお稽古事はさせてもらいましたよ。6つもしていました。
最近はそういう子もけっこう多いですが、その当時としてはとても多かったと思います。
お稽古事や、お金をかけることでしか、愛情表現ができない両親でした。私もそういう形でしか愛情がもらえないので多くやらせてもらうようなところがありました。もちろん両親に感謝はしていますが、心は寂しかったです。
私が「お金かけて育ててもらうことがこの上ない幸せ」と何でもお金で幸せを感じられるタイプだったら良かったのかもしれませんね。
そして質問者さんの娘さんも。

>娘の個性は危険なものだと信じて、平凡に育つことが幸せだと信じてきました。
なんてわがままで、ひねくれもので、がんこな子だろうと思っていました。

私も同じように言われ、親にはまったく理解してもらえませんでした。でも親に理解されないって、子供にとっては地獄ですよ。
子供にとって、一番大好きなお父さん、お母さんに否定されているのですから。ムリかもしれませんができればありのままを受け止めてもらいたかったです。どんなに勉強頑張っても、いい子でいてもムリでしたが。
私も子供の頃は周りの評価は高く、どちらかと言えば成績優秀でしたが、一番認めてもらいたい親には、心の底では否定され理解してもらえず、とてもとても寂しく、夜、親も寝た後で一人声をころして泣くような子供時代でした・・・

書かれていることを読んでいると、言い方は悪いですが、「割れ鍋に閉じ蓋」的夫婦で、自分たち夫婦のことでいっぱいいっぱいで、子供の気持ちはないがしろにされてきたのではないでしょうか。

一番驚いたのは、この文です。
>誰のおかげで今生きていられるのでしょう?着ている服、食べているお菓子、全て親が働いて得た収入で買ったものです。
親と対等に口をきくのは、親と同程度のことができてからだと思っておりました。

これを言われたら、子どもとしてはたまったものではありませんよ・・・
私にも今、子供がおりますが、生活費を出すのは親として最低の務めだと思っています。
衣食住、親が面倒見ないと子供は生きていけないわけですから。
大変弱い立場です。
子供が生きていくための最低限必要なことは、動物の親でもする最低限のことで、人間の場合は、それプラス精神的な支えになってあげることや人間として気持ちを大切にしてあげることも大事だと思います。
娘さんは、親ごさんが望んで作った子なのですよね?
それとも、娘さんは、望んで生まれた子ではないのでしょうか?
望まれない子なら、そういう育て方でも致し方ないでしょうが・・

娘さんは、家庭で、精神的にはほとんど守ってもらえなかった。
親からは否定され、精神的には放り出された状態で、子供の頃から、傷ついてきたわけです。
自分で自分を守るしかない。
私は、「親でも困ったときはあてにならない。助けてはくれない。」と思いながら子供時代を過ごしました。
娘さんは成人して、結婚相手も見つかったから、出て行った、ただそれだけです。

もうあなた達なしでも生きていけるわけですから。

私が悲しいのは、本当に娘さんのことを理解できないのだろうか、と言うことです。
わからない振りをしているだけではないのですか?
私も今まで何度も自分の両親に気持ちを伝えましたが、わかってもらえませんでした。
本当にわかっていないのでしょうか?
それともわかったことを認めてしまうと、親の今までのやり方を否定することになってしまうから娘さんの言うことを理解しようとしないし、認めたくないのですか?

私ももう40歳になりますが、いまだに両親のことで悩んでいます。
今の主人のせいで、居所がばれてしまって以来、付き合ってはいますが、今も苦しいです。
本当に理解できないのか、それとも、認めてしまうと今までのことを謝らなければならなくなるので理解できないフリをしているだけなのか、よかったら、教えていただきたいです。

投稿日時 - 2007-07-02 02:40:32

ANo.67

二回目の投稿です。

私も友達には一切連絡先をいっていません。なので、母が友達にきいても「私は知らない」という答えしか返ってこないでしょう・・・。

娘さんも友達に連絡せずにいるのか、はたまた連絡とっても母には言うなという口止めしているかわかりませんが、むすめさんはきっと大丈夫だと思いますよ!

投稿日時 - 2007-07-01 10:19:25

ANo.66

こんにちは。最初読んだとき「私のこと?」と思ってしまいました・・・。私は今24歳ですが、母とは一切連絡とっていません。

母と連絡取ることや会うことはきっと時間が解決してくれると思い、今にいます。私は結婚して娘がいますが、まったく連絡をとらないでいます。母の言いなりになってばっかりだと自分の体が持たないからです。

質問者様が心配している「占い等」はあまり関係ないと思いますよ!私の名前は最高にいい(父の苗字と母の苗字どちらになっても最高ですといわれたそうです)といわれたそうですが、現に母と連絡取らないという事実がありますから、そういうのは関係ないと思いますよ!

今、ちらっと掲示板をみて時間がないのでちょこちょことしか読まなく、簡単に回答しましたが、またあとでゆっくり読ませていただきたいとおもいます・・・。
すいません(>_<)

投稿日時 - 2007-07-01 10:15:58

ANo.65

いつもはROM専門なのですが、自分の事かと思うくらいにそっくりでしたので初めて回答させていただきます。
大変多い回答数で、全ての回答、お礼に目を通せていませんし、私の気持ちだけですが・・・。

私(24歳・未婚)は実母が嫌いです。
幼い頃から「バカ」「頭がおかしい」「頭が悪い」「何でこんなことも出来ない(やらない)」など否定される言葉ばかり言われてきました。
自分が大人になって感じることは、母は良いように言えば思ったことははっきりと言います。しかし、言い方がキツイし、酷いのです。
ハナからけんか腰で上から物を言われ、また自分の考えが何よりも正しくて、自分に甘く人に厳しい人間なのだろうと思いました。
たとえば、私は昔から「手伝いのしない子」と思われ言われ、親戚中にも伝えられ常に立場のない思いをしましたが、私なりに理由がありました。
子ども心にお手伝いを試みても、褒められるよりも「このやり方はこうじゃない」「何でこんな風にするの!」と怒られ、
やることなすこと言うこと全て否定されて育ちました。してもらうことよりも、自分のやり方が譲れないようです。
手伝っても怒られるだけなら、何もしない方がいい、と大人だって思いますよね?それでも母は「手伝わない」と家族に対して苛立っています。
もちろん、母にその自覚はないと思います。伝えてみても、自分がどれだけ酷いことを言っているのか未だに理解していません。
幼い頃は、怒られる時間が長くなるのも嫌だし、何を言ってもさらに上から言われるだけなので、言われるがままに黙っていました。
大人になっても相変わらず否定されつづけ、我慢出来ず「何でそんな言い方するの?」と反論してみましたが、
「あんたの頭がおかしいから!!」としか言われず、話になりません。口論になり、ふとしたことからいつも泣きながら激しい言い争い。
父は無口で関わろうともしないし、妹も無関心。家族はバラバラです。誰も助けてくれないし、何も言ってくれない。
こんな家が嫌で嫌で仕方ありませんでした。家族なのに、親なのに、仲良くしたくてもなぜか喧嘩になってしまう。他人だったら簡単に縁を切れるのに。

丁度一年前、ついに決意して無理矢理私は家を出ました。
母方の祖父が入院したり、母がバタバタと忙しい時を利用して、父に手伝ってもらい、引っ越しました。
質問者様の娘さんほどではありませんが、まず連絡はとりません。とりたくないです。実家から比較的近いですが、行きたくありません。

長々と書いてすみません。でも、わかってるんです。
母は別に私が憎い訳じゃない。愛していない訳じゃない。嫌っている訳でもない。でも、相性が悪いんです。合わないんです。それだけです。
何だかんだで性格が同じだからかもしれません。同族嫌悪かもしれない。何もないときは、仲の良い友達親子のような関係です。
話をしてても楽しい。でもふとしたことで突然喧嘩になってしまう。
希に用事で連絡しても、離れていて電話なのに、なぜか喧嘩になってしまう。妹に「とばっちりが来るからやめてくれ」と言われる程。

私だって本当は母と仲良くしたい。でも、一緒にいてはもっともっと嫌いになってしまう。居なくなってほしいとさえ思うのですから。
母も喧嘩なんてしたくないんだろうと思うのです。そしてまた、そこまで私が思い詰めていることもわかっていないのだと思います。
時々、未だに母と喧嘩する夢を見ます。とても苦しくてしんどい。だから離れたんです。これ以上母を嫌いになりたくないから。
離れてから精神的に凄く楽になりました。鬱も不眠も落ち着き、毎日が平和。生活が苦しくても実家に戻りたいなんて思ったことがありません。

私は子どももいませんし、ただの反抗してる子どもなのかもしれません。でも、子どもは子どもなりに一人の人間として色々考えています。
娘さんも今は関わりたくない気持ちが強いんだと思います。私のように。顔を見るのも声を聞くのも、色々思い出してしんどいのだと思います。
はっきり言って逃げたかったのです。親から、家族から。自分を苦しめる空間から。全てから解放された状態で、暫く休養させてあげてください。
ご結婚されたのであれば、お子様が出来て子育てしていくうちに、大人同士として話をしてもいいと思える日も来るんじゃないでしょうか。

1年2年では、まだまだ何もかわらないと思います。私も未だに関わらないで欲しい、関わりたくない気持ちが強いです。
でもイザという時に連絡先がわからないと問題だと思いますし、その先生を通じて手紙を渡してもらうとか、
こっちからは連絡しないことを前提に、非常時の連絡先だけでも教えてくれるようお願いするか、はしてみた方が良いとは思います。

投稿日時 - 2007-06-30 14:12:32

補足

たくさんの回答ありがとうございます。この場を借りてお礼を言わせてください。すぐにお礼やお返事を書くことができず、申し訳ありません・・・
ここまでのものはすべて読ませていただきました。印刷して、寝る前に読んだりもしています。
質問を投稿してから1ヶ月近くたちますが、事態にも、私の気持ちにも、あまり進展があったとは言えません。
こんなにたっても、まだアドバイスをくださり、「しめきったら?」という意見がないことは、とてもありがたいことだと思います。
ANo.29の方への補足に書いたNさんとは機会があるたびにお話をしております。娘とは小学生の頃からの付き合いで、娘は今まで色々、家庭についての不満をこぼしていたそうです。私が少しも覚えていないようなことや、そんなことも?と思うようなことも娘は細かく覚えているようで、本当に根が深いのかもしれません・・・

7/1 質問者:harura24

投稿日時 - 2007-07-01 00:48:37

ANo.64

「会いたい」のであれば、願って行動するのが親だと思います。
ただ「探し当てる」事が目的ですか?
そうではなくて、娘さんと「会いたい」んですよね?

娘さんが、お稽古事の先生に「土下座してお願いされた」のであれば
同じように「娘に会いたい」土下座できますか?
娘さんの友達にも連絡があったら、お母さんが会いたいと伝えてくれ、っておっしゃいましたか?
「これ以上教えられない」と第三者に言われても、熱意が伝わればお稽古事の先生やお友達はお母様の気持ちを娘さんへ伝えるはずです。娘さんからNoの返事が来ても、土下座して改めてお願いをする。

…何かそんな誠意が伝わってこなかったので、一言書かせていただきました。若輩者の発言で、失礼致しました。

投稿日時 - 2007-06-30 01:28:33

ANo.63

すみません。
もう一度読み返したら、すごい違和感が。


>一度、娘の交換ノートのようなものを見たことがあって、今になってその文面が強く思い浮かびます。

(思い出したときに手帳に書き付けたので、そのまま打ちます))

  今日もママンが血液型性格判断の話をしてきた。。
・・・・・・(略)
  ぶっちゃけ○○(娘)の家族より、将来は○○(娘)の方が、なんというか、水準の高い生活するのは確実なんだから、
  別に今そんな悲観しなくてもよくない?なんか暗いよ!私はうらやましすぎるけどなー。(ANo.2の回答への補足)

>いいえ、日ごろより家族の私物に触れることはございませんでした。
このときは娘の片付け忘れで和室に置いてあったのでした。
・・・・・・・・・・・(略)
我に返ったあとや今は、家族間のことであってもマナー違反だとわかっております。(ANo.13の回答への補足)



娘さんの交換日記なんて、つい読んでしまったにしても、
普通なら、せっせと手帳に書き写すかな?
かなりの長文なのに。
いったい、どういうつもりで書き写したんですか???

内容からして、母親ならば、腹を立てるか、悲しくてたまらなくなるか、
ものすごく反省してこれからは娘の気持ちを理解しようをするか、
でなければ、何言ってるんだか自分にはさっぱりわからないわって、
ひたすらと忘れようとするかだと思うんですが。
こんな文章を自分で書き写すなんて、苦しくてめまいがするはずです。

・・・もしかして、これ、失踪した娘さんの質問じゃないですか。
自分のしたことって、世間一般から見てどう思われるんだろうとか
気になって赤の他人の意見をきいてみたくなったとか。。。

でないとすれば。
私はちょっとだけ心理学をかじったんですが。
たしか「手紙療法」ってありますよね。
相手になりきって相手の立場で、自分に手紙を書く。
それによって、相手の気持ちを理解していくというものがあるんですが。
それに近いことをやっているんではないですか?

私の考えすぎかもしれませんが・・・。

投稿日時 - 2007-06-29 20:52:10

ANo.62

・・・普通の家庭ですか。

>せめて高校さえ出ていれば良いのでは・・・と思っています。
>まわりにも、中卒高卒で立派に生きておられる方がいます。

大学や専門学校で学んで、それを生かして幸せに暮らしている方は
まわりにいないんですか?
中卒なんて病気でもないかぎり、問題外です。
場合によっては、娘さんが、社会に出てどんなに理不尽な仕打ちを受け
辛い目に合うことになるか考えたこともないんですか?
・・・ちょっと信じられません。
私は質問者さんと同い年ですが。

娘さんは、土下座までして大学に進学させてほしいと言ったって。。。

逆ですよ。

私の母は、高校時代の私(長女)と弟に、大学に行きたいなら
ちゃんと勉強したいなら、必ず行かせてあげる、ちゃんと貯金してあるし
どうして足りなければ親戚をまわって
将来必ず返しますって、土下座してもお金を借してもらうって言ってくれました。

まあ、私にはそこまでしてもらって行きたい大学はなかったので
専門学校に進んで就職して、それから働いて自分で通信制大学に進みましたが。。。

私だって、教育資金は積み立てているし、
それで足りなくて子供が真面目に大学に行って学びたいといえば、
それをかなえてやれるなら親戚に土下座くらいしますよ。

・・・それが普通だと思ってました。

投稿日時 - 2007-06-27 19:59:04

ANo.61

>母が子供を『産む』のであって、子供が好きで出てくるのでは
ないのだと…。

>私は、『産んだ』責任として、あなたが幸せになる手助けを
 しなければならない。」

#60さんの回答を読んで涙が止まらなくなりました。
こういうお母さまもいれば、#68さんのように、

>母親と言う人に「何処の馬の骨かも判らぬ奴(私)!! 何処ぞの草むらで捨てられていたのを態々拾って育ててやった」と、ずっと言われ続けてきました。
こういうお母さまもいる。そして、質問者さまは、

>「それは自立して社会に出てから言うことだとか、家にいるうちは親のいうことを聞くものだとか」という考え、絶対的に間違っているとは思っておりません。
誰のおかげで今生きていられるのでしょう?着ている服、食べているお菓子、全て親が働いて得た収入で買ったものです。
親と対等に口をきくのは、親と同程度のことができてからだと思っておりました。
言っていることが全て正しいからといって娘の言うことに従って生活するなどということは受け入れられませんでした。

この>誰のおかげで今生きていられるのでしょう?
キツイですね・・・。質問者様ご自身、きっと親にそう言われて育ったんでしょうね・・・。
強い子は「生んで欲しいと頼んだ覚えはない!勝手に生んでおいて!」って反発しますけど。我が家の子どもたちはそうでした。

>言っていることが全て正しいからといって娘の言うことに従って生活するなどということは受け入れられませんでした。

親の言うことに従えか、娘のいうことに従うか、どちらにしろ、これは支配関係ですし、極端です。娘さんの気持ちや考えを尊重するというのは、<娘さんの人生(進学、成人式、着るもの等々)に関しては>、ということであって、娘さんが家族の支配者になるということではないんですけどね。

生き辛さを抱えて生きてきて、「決して自分の子どもたちにはこんな思いはさせない」と思っていたのに、大切な子どもたちにも生き辛さを担わせてしまった私としては、#60さんのお母さまが輝いて見えます。
なんだか泣けて泣けて仕方ありません。
回答というより感想になってしまって申し訳ありません。

投稿日時 - 2007-06-26 15:34:41

ANo.60

私は今26歳(女)です。
お嬢様の気持ちが、逆の意味でわかるような気がします。
私は、質問者様がお嬢様にしたり言ったりしたことを、母親から
何一つされていないから、逆の意味です。
質問内容や補足、お礼欄を見て、そんなことをされたら私も…
と思いました。

母は、子供のころから、私にこういう言葉を言っていました。

「あなたは、自分の意思に関係なく私(母)に『産まれた』。
だから、これからは自分の意思であなたの人生を作りなさい。」

母は、何かの本で、子供は『産まれる』という受身だということ
を読み、衝撃を受けたそうです。
母が子供を『産む』のであって、子供が好きで出てくるのでは
ないのだと…。

そして、こうも言っていました。
「私は、『産んだ』責任として、あなたが幸せになる手助けを
 しなければならない。」
「あなたが持つ可能性の一端が少しでも見つかれば、それを
 伸ばすための労力もお金も惜しまない。」
その言葉通り、体育が苦手で勉強と音楽が得意だった私に、
苦しい家計を切り詰めても、ピアノ教室と大手進学塾に通わせて
くれました。

しかし、時には努力を怠った私を叱る言葉は、決まって、
「私には助けることしかできない。代わりになれないの!」
という言葉でした。

叱られた時は、ひどく反発しましたが、誰よりも母が、私の
可能性を諦めずに、とことんまで伸ばそうとしてくれたのです。
希望通りの大学を卒業し、社会に出てお金を稼ぐようになってから、
母が私にしてくれたこと、言った言葉の一つ一つが、なんという
壮大な愛に満ちていたのだろうと、初めて実感しました。

お嬢様は、勉強が得意だったのですよね?
ご両親が大切だと考えないことであれば、得意なことでも伸ばして
あげない主義なのですか?
ましてや、「高校の先生達のよいしょ」とはどういうことですか?
お嬢様が勉強が得意、とわかっているのであれば、たとえ本人が
勉強したくないと言っても、勉強を続けさせるのが親ではないの
ですか?

>そもそも本人も、もう勉強したくないから大学はいきたくない、と言っていたのです。

というところでは、お嬢様の意思を尊重しているように見えます。
その後でお嬢様が覆したとありますが、覆さなければ、お嬢様の
言う通り、大学には行かせなかったのですよね?

要は、ご両親の思うとおりのことをお嬢様が言えば賛成するし、
ご両親が考えにないことであれば反対するだけで、お嬢様の
将来を本当に考えているようには見えません。

>せめて高校さえ出ていれば良いのでは・・・と思っています。
>まわりにも、中卒高卒で立派に生きておられる方がいます。

確かに、人間が立派であるかどうかと、学歴とは、関係ないと
思います。社会人になって、とても実感していることです。
ただ、私が見た「立派に生きている方」は、
中卒高卒だから「立派に生きている」わけでもなければ、
一流大卒だから「立派に生きている」わけでもありません。

本当に立派な方は、それだけの努力をしてきたのです。
努力の仕方が、大学に行くことであったり、高校を出て働くこと
であったりと、少し違っていただけです。

質問者様は、お嬢様に、「勉強をして大学に行く」という努力の
仕方を、許そうとしなかったのではないでしょうか?
お嬢様は、大卒という肩書きが欲しかったのではないと思います。

質問者様は、お嬢様にどうなって欲しかったのですか?
お嬢様の行く手を阻み続けたからには、理想形があったのですよね?
それもないのに、「昔からそうだから」という理由でお嬢様に選択
の自由を与えないのは、あまりにも理不尽です。

私の母は、私に「ただ幸せな人生を歩んで欲しい」とだけ思って
きたそうです。母は絵描きをしていて、本当は私にも絵を描いて
欲しいと思っていたそうですが、「この子には美術よりも、
音楽や勉強の才能のほうが高い」と思ったから、そちらの方を
習わせたそうです。
「それを残念に思った?」と聞いたら、母は、
「あなたが幸せならば、残念なことなど何もない」と、
笑って言い切りました。

私は、母に、本当に本当に感謝しています。
世の中でいう「良い」大学に入れたから感謝しているのではありません。
母が、私の「個性」を、良い方向に磨き上げてくれたからです。
質問者様は、お嬢様の個性について、
>我が強い子でしたので、賢いだけでは語れなかったのですが。
>本当に協調性がなく・・・このふたつが合わさって、ひどかったのです

とおっしゃっていますが、よくない部分を取り去り、良い部分を
残すように育てるのが、親ではないですか?
少なくとも、私の母は、そうしてくれたと思います。

私は、これからの人生で、母の個性の手助けをしたいと思って
います。母が私にそうしてくれたように、今度は私が母の人生
作りを、助けていきたいと思っています。

まとまりがなくなってしまい、申し訳ありません。
何か感じてくだされば、幸いです。

投稿日時 - 2007-06-26 00:59:44

ANo.59

私は娘さんの気持ちが少しわかります。
私も、「縁を切りたい」とまではいきませんが、
親とはあまり関わらないように(自分のことは話さないように)してるので。

やっぱり文章だけでは娘さんと質問者さんの関係は私にはよくわかりません。
けど、小さい頃の事からつもりにつもっての結果?かなあって思います。

私が親に対して、こうゆう気持ちになったキッカケは
本当にくだらないのですが
私が(母の日か誕生日かに)母親にネックレスをプレゼントしたのですが、
何年かしたあと、母親は、そのネックレスは私がプレゼントしたモノだということを覚えていなかったんです。
こうやって文章にすると本当にどうでもいいことですが笑
当時の私はすっごいショックで、
そのプレゼントを買うときも、恥ずかしかったけど、すっごい悩んで、
喜んでくれるだろうなあと思って、思い切って渡したんです。
なのに忘れられてたことが本当にショックで、
そのネックレスをはさみで突き刺しながら砕いて、
自分でもビックリするぐらい怒り泣きをしました。

それ以来、親は私のことは何も理解していない、っていう思いが強くなっていきまして、
その後、進路のことや就職のことでも、「あ、やっぱり理解していない」「自分の意見を押し付けたいだけなんだ」としか思えないようになりました。
縁を切りたいとまでは思わないけど、
これ以上自分の意見を親に言ってもムダだし、
甘えるなんてこともしちゃいけない、というかしたくないって思ってます。
(自分関係の支払いは全部自分の口座からの引き落としに自分で変えました。)

でもまわりからみれば普通の家庭だとオモイマス。
両親は私のこんな気持ちなんて全く知らないと思います。

きっと娘さんは、自分が今まで思ってたこととか、今までの自分の気持ちをわかってもらいたくて、こうゆう行動にでたのではないかなあと、
思います。
今までの自分の気持ちを理解してほしいわけじゃなくて、
(きっと絶対理解なんてしてもらえないって思ってると思います)
目に見えるカタチで表現したかったんじゃないかなあって
思います。

投稿日時 - 2007-06-24 23:18:06

ANo.58

相談者様は御子様に対して、一人の人間として見ずに、只の所有物位にしか思ってませんネ!! そして貴女様は世帯主様の所有物。それを貴女御自身が気が付いているのか否か… でも世帯主の所有物の貴女は、其を快感に思っている。その捌け口を子供達に向けている。御自身は其を自己満足しているだけ。其の事が如何に娘さんには重荷だったか考えて見た事さえ無い。ましてや世帯主の御機嫌伺いが最優先で、娘さんの行方を捜すのは二の次三の次... 全くふざけた話です。そんな相談者様には、下手な同情や下手な気休めはする積りは有りません。可哀想とも思いません。確かに娘さんも、将来お子さんが生れて本当に困った時等、親御さんである貴女方には頼れないし、身に沁みて困れば良い…と言う御意見…ある意味正論だし、当り前な意見です。でももしかしたら、娘さんは其を承知で親御さん(貴女方)には全くそんな素振りを10年間見せなかったのです。

私自身、母親と言う人に「何処の馬の骨かも判らぬ奴(私)!! 何処ぞの草むらで捨てられていたのを態々拾って育ててやった」と、ずっと言われ続けてきました。“勿論”成人後もずっと…です。冗談交じりで「クズ」とは、暴言ですネ!! 「言葉の暴力」ですよ。私が母親と言う人に言われ続けて来た「言葉の暴力」と同じ。娘さんはトラウマですね。私の娘にも“孫とは認めない”と言われましたが、私自身も母親と言う人に、娘を孫と認めて貰おうと思った事は、一度も有りません。私自身母親と言う人には、一億%頼った事が有りません。我家が破産宣告・自殺・ホームレス…等等の一歩手前の状況時でさえ、私側の実家には全く頼りませんでした。勿論世帯主の実家にも... それがどう言う事か相談者様にはお判りか?? 
私ももし、貴女方の様な御両親だったら、絶対に人間とは思わないでしょう!! 思いたくも無い!! もし自分達(娘さん家族)がそう言う状況になっても、多分貴女方には頼らないでしょう!! それがもし自殺…と言う結果を娘さん達が選んだとしても…です。もしその様な状態になった時、父親である貴方様の世帯主は、娘さんの人権よりも世間体の方が大事でしょう。そんな時貴女はどの様に感じますか?? それでも貴女は娘さんより世帯主の方が大事ですか?? 何時も世帯主の顔色伺いしか知らない貴女様は、所詮其の程度にしか無い存在ですヨ!! 娘さんにさえ頼って貰えない様な、存在の全く必要性の無い人間でしか無いと言う事です。それが見抜けない貴女様は、本当に憐れな可哀想な人間だと思います。下手な気休めや下手な同情は、全くする積りは有りませんが。

娘さんを探すのはお辞めなさい。所詮貴女は、世帯主の顔色伺いでしか無い人間です。「本当に」「心底から」娘さんの事を心配しているのなら、世帯主の事なんか放っておいてでも、娘さん探しに最優先出来る筈です。警察でも探偵でも使って...でも。其が出来ないのは、娘さんよりも世帯主の方を最優先している証拠です。二者択一です!! その行動力次第では、娘さんへの愛情表現と言うか、愛情の示し方が判ると言うもの。そう考えると探せて貰えない娘さんが可哀想。もしかしたら母親と言う人(相談者様)に探し当てて貰いたいのかも...と言う「一縷(いちる)の望み」が無きにしも有らず…です。あくまでも「一縷の望み」ですよ!!
中途半端な探し方は辞めて、はっきりさせたら如何ですか?? 逆に言えば、娘さんがどんな一生を送ろうとも、それは娘さんの人生であって、貴女方親御さんには無関係って事です。そう言う中途半端な探し方をしているのは、貴女自身そう言う想いが有る証拠です。

現在貴女方御両親の器量が試されている時期だって事を、特に世帯主(父親)に判らせる努力を、相談者様一人で全部背負ってせねば行けないって事です。よく考えて下さい。

投稿日時 - 2007-06-23 15:55:42

ANo.57

3度目の回答です。
色々厳しいことを発言してしまって、申し訳なかったと思い
謝ろうという気持ちになって再度回答にします。

他の回答者様の中にも自身の経験をお話されている方がいますが、
やはりこういった家族の問題では「自分の経験」として、
色々考えて思うことをアドバイスされる方が多いと思います。

悲しい気持ちで子供時代を過ごされた方は、
やはり質問者様に対し自分の親を重ねてしまい厳しいことを言ってしまい、
自分が親の立場になった方は、
親としてやるべきことをやってきたという気持ちもわかるのでそのような回答がつく。
客観的に物事を見られる方は、やはりそのように回答します。

この問題は(というよりこの手の質問には)最終的には質問者様に決定権があります。
私達はあくまでも一アドバイスをする立場であるというだけであって、
強制することはできません。

娘さんがやったことは常識からは外れていますし、
一般人には遠く理解の及ばない考えで計画を練り、実行されたのでしょう。
質問者様がいくら考えても、一生わからないかもしれません。

ただ、言えることは
私が最初に質問者様を非難するような回答をしてしまってから
「やはりあれは言い過ぎた」と考えて再度の回答をしにきたように、
娘さんもいつかは考えを変え、連絡をしてくる可能性はあるということです。
それがいつかはわかりませんが、やはり聡明なお嬢様であれば
いつかは必ず連絡が来るかもしれないな・・・と淡い期待を抱かせますね。
その日まで待つということは不可能でしょうか?
その間に、親としての準備を整えればいいのでは、と思います。

ここからは私の母の話なのですが、母は父をいつも責めていました。
理由はあったのですが(父が悪い)それでもヒドイ責め方でした。
休みの日にはいつも近所に聞こえるくらいの大声で喧嘩していました。
結局父とは別居することになったのですが、
そうすると今度は「お父さんが可哀想」と擁護するようになりました。
お父さんが可哀想と思うならよっぽど離婚してやったらと言ったこともありますが、
「私はお父さんが好きだから」と絶対に離婚はしないようです。
母は姉に対しても、私に対しても、同じようなところがあります。
現在同居しているのは私だけなので、私には否定的なことをたくさん言います。

きっと、同じように大事には思っているんでしょう。
だけど不器用というか・・・。
手の中に見えているときには安心して好きなようにしているけれど、
いざ飛び立とうとすると、甘い言葉でかごの中に閉じ込めようとする。
閉じ込めたら、また安心して好きなように・・・の繰り返し。

同じかごでも、自由に飛びまわれるほど広ければ何か違ったかもしれません。

私は質問者様の回答や補足を読み、やはり自分の母と重ねてしまいました。
他の部分ではあまり似ていないかもしれませんが、
人はやはり「失ってから大切な事に気が付く」ことが多すぎます。
もう一度手にすることが出来るかはまだわかりませんが、
ご夫婦でもう一度よく考えていただければ・・・と思いました。

若輩者が生意気を言って、すみません。
失礼な発言の数々をお詫びします。

投稿日時 - 2007-06-21 17:17:28

ANo.56

こんにちは。
一応、ココまでの全ての回答とお礼・補足を読みましたが、
読み忘れなどあるかもしれませんので、おかしな事を書くかもしれません。
ご容赦いただければ幸いです。


正直に申し上げます。無理ないですよ、出て行っても!
まずこれからも覚えていって欲しいのは

・子供と言えども、別の人間
・子供に親の考えを押し付けない

の2点でしょうか。
私も親に「こうあるべき!」と言うのを散々押し付けられて育ちました。
質問者さん、分かってますよね?
1歳になるかならないかの赤ちゃんだって、自我があるんです。
思春期過ぎたら「成人式」「卒業式」の話なんか、無理強いしてはダメです。


私の話になって申し訳ないのですが、私は躾に厳しい、父親が少しおかしい人でした。(ちなみに私は26歳です)
保育園の年長さんの時、うちの家庭が他の家と違うことに気付きました。

「お友達の家のお父さんは優しくて、暴力を振るう話もしてない」
「お友達の家のお母さんは、お父さんと普通に話をしてる(おびえてない、対等と言う意味です)
そこで私の家が少し違うと気付きました。
地域差はありますが、私の子供の頃は、父親が暴君と言うのは随分少なくなってました。
そういう父にひれ伏す母もおかしく見えました。
私は小学校の高学年になり、色々反抗しました。が、聞いてもらえず、それどころか「反抗したことを誤るように」
とすっごい叱られました。大人になった今、考えても私が悪くない事でもです。
だから質問者さんと同じように家の両親も言いました。
「じゃあ、よその家の子になりなさい、嫌なら出て行きなさい」と。
子供心に本当に傷つきました。
出て行けと言われても出ていける訳ないのに…。要するに我慢しろって事だったんでしょう。
今でも子供に冗談でも出て行けと言える親の心理は分かりません。

結局私はAC(アダルトチルドレン)になり、今、病院通いです。
病院も出来れば親に来て欲しかったです。一人で問題を抱えるのは辛い。
今、私は家を出ました。穏便にですが。
母とはいい関係を保ててますが、それは家を出た結果です。
家を出た結果母の偉大さを知りましたが、それでも戻りません。

質問者さんは多分、夫婦揃って愛情表現の下手な親だったんでしょうね。
娘さんは寂しく悲しかったんでしょう。
考えただけでも涙が出てきます。可哀想です。

今、出来ることは、あまり考えられませんが、放っておいてあげてください。
娘さんを信用してあげてください。子離れしてください。

もう一つ私の経験を。(長くなってごめんなさい)
私の母の友達のお子さん(私にとっても友人です)が、家に愛想を尽かして出て行きました。
そこの家庭は夫婦喧嘩が絶えない家だったのですが、かなり大人びてる子でした。
その子は、高校卒業後、遠くの寮付きの就職先を見つけ、出て行きました。
その後、19歳の誕生日を迎える頃、仕事を親にも内緒で辞めました。
その後も色々あったようですが、結局親が何度も居所を突き止めても、
職を変え、住所も転々としてます。
その子の親も諦め、放っておいてるようです。もう5年以上。
「便りがないのがよい便り」ですね。

追っていくとさらに子供は逃げますよ。
自業自得なので、今は反省して、次に会える時のため、心で謝罪してください。
会えることがあれば、謝って変わったところを見せてくださいね。

若輩者が生意気に、ひどいことを書いて申し訳ありません。
ただ、娘さんが可哀想です。(近い立場の人間として)

投稿日時 - 2007-06-21 16:31:43

ANo.55

何時間もかかって、全ての回答・お礼・補足を読ませて頂きました。
私個人の意見ですが、娘さんが言っておられる「一生かけての復習」という言葉が、すべてではないでしょうか?

人は環境で変わります。娘さんは質問者様の、要するに自分の家庭環境では合わなかった。でも、才能のおかげで、色々な有識者・人格者の方達と話されることが多かったと思います。大学生活もその一つです。その影響が大きく、娘さんの価値観と添っていて、自分は家族よりも偉いんだと、優れているんだと思っておられると思います。

だから、型どおりの結婚はしない・両家の付き合いも要らない・子供なんて要らない・孫なんて抱かせてあげない・年を取っても面倒なんて見てあげない。ずーっと変わり者でいる。親なんて要らない。貴女みたいな人生は送りたくない。私は貴女とは違うんだ。
くらい思っているのではないでしょうか?

確かに一般家庭の思考と、裕福な家庭・有識者の家庭・人格者の家庭を比べれば、ずいぶん違うのでしょうね。

私も父親が九州男児で、男尊女卑の考えの人で、酒乱で、母親は何も出来ない専業主婦でした。
子供の頃は、ただただ、優しい母親と思っていましたが、思春期になるころには、何も出来ない・何も考えない・何も行動をおこさない母親を疎ましく思ったり、軽蔑したりもし、「こんな女にはなりたくない。」
「結婚なんてしない。」とずっと思っていました。
小さい頃は、父の酒乱が怖くて、よく夢を見ました。
いつも何かに追いかけられている夢です。怖くて、怖くて。
「いつか殺してやる」って思った時もありました。
今では兄弟と「そんなときもあったよね」なんて笑い話ですが。

きっと、娘さんは私よりも感受性が強く、理論的なんだと思いますね。
余程のトラウマになっているんでしょう。

無理に探さない方が良いのではないでしょうか?
生きておられるのだし。
娘さんが頼りにしておられる先生のところへ何度も訪問するのは、きっと娘さんも嫌がるだろうし、○○先生様方 ○○ という宛名で手紙ではなく、ハガキを出されたら良いと思います。
季節の折々や、話たい時、近況報告、いつでも、いつまでも。
そうすれば、先生にも書いてあることは読めるし、気持ちが伝わると思いますよ。
何年もかかるかもしれないけど、その何年か分を、先生が「いい加減、読んであげれば・・・。」みたいに、無理に渡してくれるかも。

どちらにしても、すぐには解決する話では無いので、体を大事にして下さい。
私の父も母も相変わらずですから。人ってそんなに変わらないし、変えられないし、分からない人には分からない。出来ない人には出来ない。
これって、やる気の問題じゃないんですから。

投稿日時 - 2007-06-21 14:15:04

ANo.54

40代、10代の子供がいます。
読んでいてクラクラしました。なんて酷いことをするのかと思って。質問者様を非難する方が多いようですが、私はとてもお気の毒に思いました。no.37、no.40のかたと考えが近いです。
優秀なお嬢さんのようですね。家庭の外へ出れば、才能にも人脈(恩師、友人、彼氏)にも恵まれて申し分ない。それに比べて家庭内での評価が不当に低く、乖離しすぎているのが気にはなりました。それでも、お嬢さんを一生懸命育てたことは伝わってきます。
親の庇護の下に暮らしている以上は、ある程度干渉されるし、言うことをきかなきゃならない。それがイヤだから、皆うちを出るんじゃないですか。こんなに手の込んだことをせずに、普通に独立して家を出ればそれでよいのにって思いました。或いは家出のほうが、まだスッキリします。みんな就職やら結婚やらで家は出るんです。遠隔地に住めば、そんなにしょっちゅう会いはしませんよ。
ピクニックや袴のエピソード、あれは押し付けって言うのでしょうか?ピクニックは首に縄をつけて連れて行ったわけじゃなさそうだし、成人式に振袖や、卒業式に袴で祝ってやりたいと思うのは、娘の親として当然のことだと思いますよ。
私は、10代の子供がおり、経済力が追いつかないのと、考えが相容れないところは、全て子供のしたいようにはできません。子供には希望を持って人生を歩いて欲しいと思うし、そのためにできるだけ手助けはしたいとは思うけれど。時には力で押さえつけてしまうこともあります。今だって中学生に携帯を持たせるべきかとかいろいろ悩んでいるし。。私、no.37のかたの、虐待もなく、教育を受けさせれば、細かいことは許して欲しい、との言葉で、すごく楽になりましたよ。
私もお嬢様は特殊な方だったとと思います。やりかたが陰湿すぎる。(すみません)10年も計画を練られてうやむやのうちに家を出られて、音信不通のことに気づき、しかも他人の口から「親には・・・軽蔑と憎しみ、、なんて言われたらあまりにも悲しい。
レスと補足を見ると、かなり冷静に分析され、率直に気持ちをお書きになっているように思いました。例えば親と音信普通になっても、あちらは後悔もなく、困りもしない。。それがイヤなのかもしれませんと。
供って可愛いですよ。特に小さいときは楽しい思い出がいっぱいあったのだと思います。お気持ちの整理がつかないのは当然です。困惑と悲しみは、想像もつきません。

投稿日時 - 2007-06-21 10:54:25

ANo.53

しばらくお礼も補足も書かれてないようですが、大丈夫でしょうか?

私は年齢は娘さんと質問者様の中間ですが、娘さんの気持ちが少しわかります。
私の親も「一人前になるまでは(収入を自分で稼いで一人暮らしするようになるまで)親の言うことを聞け」と言っていたから。
口答えすれば「お前が着ている服も親が稼いで買ったもの。気に入らなければ服も靴も持ち物も全て家に置いて裸で出て行きなさい」と言われました。
門限を破れば経済封鎖(お小遣いストップ)。
「好きなことしたければ今すぐ高校辞めて働いて、自分のお金で好きなことをしなさい」と。
そこまでする勇気のなかった私は、程ほどに言いつけを守り、社会に出ることを夢見ていました。
社会人になったときは「これで親の支配下から出られる」と喜んだのを覚えています。

確かに全ての生活をおんぶに抱っこの状態で、口先だけ大人びたことを言っても仕方ありません。
今なら私もそう思います。親の言ったこと、よくわかります。
でもそれと精神面は別問題だと思います。それは今でも思います。

親の言うこと、目上の言うこと全てが正しいとは限りません。
中学・高校生くらいになれば親の矛盾や世間体を重視した言葉は気付きます。親が神聖で尊敬するばかりの存在ではなく欠点もあると。
その瞬間から子供の中では精神的に親と対等になったり、親をある部分では下に見たりします。少なくとも私はそうでした。
だからただ経済的に庇護しているからという理由だけで精神的に抑えつけたり、意見を取り合ってももらえないのは不合理だと思います。
全て子供の言いなりになれと言っている訳ではありません。
ただ自分たち親が全て正しい訳でもないし、子供を子供がどうしようもないことでねじ伏せてはいけないのではないかと。
ねじ伏せればねじ伏せるほど、子供は「いつかここから自由になってやる」と心に決めます。

中学生の頃、喧嘩をしボルテージの上がった母は「お前は心底腐っている」と言いました。とてもショックで今でもよく覚えています。
泣きながら家出の準備をしました。
でも私が娘さんのようにならなかったのは父が多少なりとも公平、冷静な一面があったから。
上記のとき、父は母に「言い過ぎだ。謝ってこい」と言ったそうです。
母は泣きながら私に謝りに来ました。

良い親だと思い感謝もし、この親に生まれて良かったと思うときもあれば、「世間体ばっかり気にして」「プライバシーを尊重してくれない」「こんな親最悪」「経済的、年齢的なことでしか子供を抑えつけらないなんて最低。尊敬に値しない」と思ったこともあります。

子供の心も複雑に動いていると思います。
21歳のとき父に「将来は面倒見て」と言われ「絶対にイヤだ」と断りました。
でも30歳近くなって「親の面倒は自分でみよう」と気持ちが変化しました。今でもたまに喧嘩しますし、理不尽ではらわたが煮えくり返ることもありますが、そこは私も少しは大人になったのかもしれません。
親を人間として冷静に判断したときに、「可哀想な人だ」と思い(見下しているかもしれませんけど)、それなりに受け容れることも学びました。

全て読ませていただいて、娘さんは私とは比べ物にならないほど辛かったんだと思いました。
少なくとも私は罵倒されたこともないし、父は穏やかで暴れる人でもなかった。私は娘さんよりも10数年早く生まれていますが、子供の頃から「大学に行きたければ行ってもいいよ」と言われてました。
愛されていることも伝わっていましたし。
だから娘さんが私と同じように気持ちが変化するかどうかはわかりません。
ただ、大人になり、子供を持たなくても気持ちが変わることはあり得るとは思います。
時間はかかるかもしれません。
でも人一倍頭がよく、感謝の念も持っていらっしゃる娘さんですよね?
いつか連絡をくれるんじゃないかと思います。
それまでにどうぞご主人との関係をどうにかし、自分の考え方、生き方を確立し、温かく娘さんを迎え入れる準備をしてください。
娘さんに伝える術はないけれど、精一杯心の中で認めて愛してあげてください、今まで以上に。
私はそれが伝わると信じます。

私は探すことだけが愛情だとは思いません。
娘さんももう立派な大人ですから、どんな暮らしを選択しようと自由なのです。
長文失礼致しました。

投稿日時 - 2007-06-20 17:25:42

ANo.52

今はそっとしてあげて下さい。
あなたが動けばお嬢さんを追い詰めてしまいます。
あなたのお嬢さんを大切に思う気持ちは痛いほど伝わってきますが、
お嬢さんはその気持ちが重すぎて苦しいんだと思います。
無理やり接点をもって説得しようなんて無理です。
血の繋がった親子でも、人格や価値観は別です。
大切に思っているなら、これ以上お嬢さんを苦しめないであげてください。
あなたがお嬢さんに逃げられて苦しいように、お嬢さんもあなたから追われて苦しんでいます。
お互いがそんな切羽詰った状況では、良い解決方が見つからないのでは?
お嬢さんのことを信じてあげてますか?
お嬢さんに甘えるのはもう辞めて、お嬢さん抜きの今の状況を心穏やかに暮らせる努力をされてはどうでしょうか?
お嬢さんはあなたの幸せを願っておられると思います。
今回のことは、誰も悪くないです。
済んだことと思ってあきらめてください。
もっと自信をもって、前向きに生きてください。
そうすれば自ずと答えが見えてくるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2007-06-19 13:33:29

ANo.51

お嬢さんは、一人の人間として見てほしかったんですね。
そしてそういう視点も持っているという姿勢をご両親の中に見出せずに、
失望してしまったんだと思いました。

できることは、やっぱりお嬢さんの連絡先を知っている人に
アプローチを続けることではないでしょうか?
お稽古の先生や、ご友人に、定期的にお嬢さんの現状を確認するとか、
何か知っていたら教えて欲しいとか、そういうことです。
きっと最初は教えてくれないと思います。
何故なら、相手はお嬢さんのお知り合いだから。
質問者様は、そのお嬢さんのお知り合いから信頼される関係を築くしかないのでは?
時間が経って、それでもお嬢さんのことを諦めていなければ、
どなたかが教えてくださるということもあるのではないでしょうか。

とても辛い状況だと思いますが、
前向きに、生活を続け、お嬢さんを探し続けて欲しいと思いました。
お体を大事にして、頑張ってください。

投稿日時 - 2007-06-19 12:23:53

ANo.50

ANo.49です。

最近、読み始めた本です。
タイトルがきついです。「毒になる親」スーザン・フォワード著
参考になることが書かれているかもしれません。

http://www.amazon.co.jp/%E6%AF%92%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E8%A6%AA%E2%80%95%E4%B8%80%E7%94%9F%E8%8B%A6%E3%81%97%E3%82%80%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89/dp/4062565587
知っていたら、すいません。

投稿日時 - 2007-06-19 09:19:29

ANo.49

途中までロムしてました。いろいろと感じることがありました。
父もモラルハラスメントがありました。当時は知りません。
すぐに頭に血が上る、短気な人だと思ってました。
父の怒鳴り声で目が覚め、母がとりなしてる姿を見て育ちました。
10代の頃、父から愛情を感じられたことはほとんどありません。
その代わり、母が仕事をしながらも愛情をかけて育ててくれました。
母の愛情がなかったら、娘達は親に感謝する気持ちももてなかったと思います。
姉妹の中で一番被害に遭ったのは妹です。あなた方もしていたように
妹も否定されることが多かったのです。
妹は最悪のことも考えながら、逃避することも選べませんでした。
今でも怖い夢となって妹を襲い、そのたびに過去の出来事がフラッシュバックし、苦しんでいるといいます。

娘さんは、あなた方のことを恨む憎む蔑むという感情を長年にわたって
増大させ、計画を立て行動したのですよね。
それは娘さんを理解してあげないことへの反発が原動力になったともいえます。
「この人たちに(両親)何を言っても理解してもらえない」ということを早々に理解し準備を進めるなかでも、
親に理解してもらいたいと願っていた10年ではないでしょうか?
日記には色々と書いても本心はもっと心の奥底にあったのかもしれません。
プライベートな部分に立ち入ってはいけませんが、あなたが娘さんの
日記を読んだとき、娘さんのことを理解できるチャンスだったのだと思います。
それを逃したのは大きかったですね。

連絡先を教えず居なくなった娘さんですが、そこまで行動できたのは
ある意味、救われていると思います。
それが出来ないで、苦しんでいる人も多いのですよ。

娘さんには、信頼できる先生や彼がいますね。
娘さんの話を親身に聞いてくれる方です。それは、幸せなことです。
居なくなって初めて、先生との関係を知ったのは親御さんとしてはショックもあるでしょうが
先生は娘さんからの連絡が取れるように苦しみながらもパイプ役をかってでてくれたのでしょう。
あなた方と娘さんの今後を心配されての、約束をされたのでしょうね。
本当に立派な方ですね。
今は、先生が娘さんの親となり気に掛けてくれていますので、安心されていても良いのではないではないでしょうか?
安易に言ってるつもりはありません。
娘さんが信頼している人を、悲しませることはないと思ったのです。

今、あなたができること。それは、本当はあなたが見つけなければいけないことだと思います。
でも、少し。
娘さんにしたことを本気で悔い改める、ご主人との関係を見直す、娘さんの無事を祈る・・ことでしょうか。

父はその後、病気治療なども行い年齢のせいか丸くなりました。
自分のしてきたことを悔い改め、娘達が20代になったあるとき手紙で謝罪をしてきました。
それで帳消しにはならないけれど、絶対に謝らなかった父が謝ったので、私たちには衝撃的なことでした。
それからです、私が父と向き合うことができるようになったのは。
許してないけれど、許してます。矛盾してますけどね。

娘さんに会うことも手紙を書くことも出来ないでしょうが、あなたとご主人の関係を見直し、
今までの子ども達の育て方がよかったのかどうか、考えてください。
そして、ご主人とともに変われたら、興信所でもどこにでも行ってください。
今のあなたが探しても、娘さんは安住の地を移動しなければなりません。
それは、もっとかわいそうなこと。
親元で甘えられない生き方を選ぶって、辛い選択ですよ。
性格は違うと思いますが、どうしても娘さんと私の妹がだぶってみえます。
家庭に恵まれなかった子ですから・・。

長文、乱文失礼しました。

投稿日時 - 2007-06-19 07:06:18

ANo.48

おはようございます。回答失礼します。

旦那さんにバレないように興信所に依頼することは、さほど難しくないですよ。非常にデリケートにあなたに接触し、誰にもバレないように娘さんを探し出してくれると思います。

問題は費用です。金さえあれば見つかるんですから、依頼してみてはいかがですか。ヘソクリぐらいないですか?自由になる口座とか。

娘さんが見つかったら「娘の友人が住所を知っていた」とでも、旦那さんにウソをついたらいいと思います。

どうでしょうか?感情的な確執については他の方が回答してますし、僕は探し出さないと始まらない、と思います。

ぜひご検討下さい。

投稿日時 - 2007-06-19 05:38:18

ANo.47

22歳、女です。
質問されてから少し時間が経ちましたけど何か進展はあったでしょうか?

全てのアドバイスや返事を読んだわけではないのですが私なりに思った事をお返事させていただきます。

正直、私はどっちもどっちだなと思いました。

質問者様も悪かったとこはあります。
まず、血液型占いについて。
信じる、信じないは人の勝手です。
それが親子・兄弟・友人、誰が相手であっても。
大雑把にAB型は二重人格、A型は几帳面・・・って言われていますが、全ての人がその通りの性格なわけじゃないでしょう?
何万人、何億人もいる人間をたったの4つの性格にあてはめたって、どうしようもないじゃないでしょうか。
あたっている人もいれば、そうじゃない人もいる。
信じる人もいれば信じない人もいる。
娘さんが信じない人なら、あなたは信じない人なのね~でいいじゃないですか。

弟について。
私にも2歳下の弟がいます。
2歳年下の弟っていっても男性です。
中学生にもなれば、力もついてきますし、姉の私より身長も大きくなりました。
殴り合いの喧嘩をしたって勝てるわけありません。
弟のほうが力があるんですから。
そんな時、両親は弟の味方をしたんですよね?

成人式・卒業式について

出席しようか、しまいが、何を着ようが本人の勝手です。
七五三する子供じゃないんですから。
行って楽しめるのは本人だし、後悔するのも本人なんですから。
成人式に行くって言うから、何十万もする振袖一式を成人式の為に買ってあげたのに、いきなり行かないって言い出した・・・なら話は別ですけどね。


私が感じた事は、娘さん、実家にいて1人ぼっちだったんじゃないのかな?
口出しするだけ口出ししてきて、親は自分の言うこと絶対で私の話や意見は聞いてくれない。
弟が悪くても弟の味方するし。
それに「女には学歴なんて必要ない」なんて。
今の日本はまだまだ学歴社会ですよ。
高卒と大卒とでは会社の待遇も変わってきます。
一生、専業主婦ができるのはほんの一握りの家庭だけでは?
いつ旦那が事故で亡くなるか、病気や怪我で亡くなるかわかりませんしね。
生きるためにはお金が必要です。働かなくちゃお金はもらえません。

たしかに、質問者さん親は、たくさんの苦労や心配をしながら娘さんを育て上げたでしょう。
育てるのに、たくさんのお金もかかったことでしょう。
「今まで苦労して育てて“あげた”のに!!」とも思いたいでしょう。

でもね、育ててあげたのは娘さんも同じではないでしょうか?
子供から育ててもらい、経験させてもらい、教えてもらったこともたくさんあるのでは?


兄弟の事については難しいんですよね。
親は比べたりするし。
私も比べられるのがすっごい嫌でした。
2歳下の弟はやんちゃ坊主・・というかヤンキーだったので、自然と私にばかり期待するようになって。
それが重荷でもありましたよ。

それと、弟ばっかり・・って思うこともありました。
たくさん、何回も何回も。

でもね、兄弟といえとも違う人間で、親だって完璧な人間じゃない。
なんでも対等にいくわけない。
仕方ないんだよな(仕方なかったんだよな)・・・って思えたのはここ最近のことです。
自分が結婚して新しい家庭をもち、家事や家計をやりくりする事の大変さを知って。
親から離れて、親の事や親の苦労も考えるようになったり。
まだ子供はいませんが、子供の事をいろいろ考えるようになってからなんですよね。


でも、娘さんも娘さん。
こんな事する前に相談できたんじゃ?とも思うけど、復讐ってことは、それだけ恨んでいたんですもんね。
相談したらばれちゃうし、反対されるのはわかっていますから、相談できなかったんでしょう。

それだけ、ず~とず~っと我慢に我慢を重ねて、親にばれないように、復讐の日を夢見て、良い子ちゃんを演じてたんでしょうね・・・
家族は誰も自分の事を認めてくれない、わかってくれない。
家族にはいつだって味方でいて欲しい。1番にわかって欲しい。
けど、誰もわかってくれない。。。
どれだけ辛かったでしょうね・・・

心配でしょうが今は放って置いたほうがいいと思いますよ。
娘さんだってずっと我慢してきたんでしょうから。

投稿日時 - 2007-06-19 04:12:37

ANo.46

朝日新聞の家族との連載に、貴女(私)のような親で育ち、母親が難病になり3人姉妹が、家族愛を取り戻す、を読み懸命に育て子供に理解されなくても、何時か分かる時がくるのだと知り安堵しました。
家計をやりくりして子供に使う。
芸は身を助けるとの思いから、何でも身に付けさせたいと応援する。
の、挙句は押し付けただのですもんね。
一生懸命育てて、攻撃ばかりされていますが、いつか分かると笑っています。
若い方が貴女を責めたりしていますが、自分が親になったら分かりますよ。
娘の無事を祈るだけにして、自分のことをしましょう。
娘さんは楽しく暮らしていられますよ。
何時の日か、こんな時があったね、と言う日が必ずきます。
失礼ですが、娘さんの考え・行動は幼稚ですね。(16、7才)

投稿日時 - 2007-06-19 03:01:20

ANo.45

完全に人間不信になり突然誰にも何も言わず失踪したのならともかく「お稽古ごとの恩師や一部の友人に連絡先を知らせているなら良し」と本人、または友人から連絡が来るまで探さずにそっとしてあげたほうがいいのではないでしょうか。

九州四国の前時代的男尊女卑バリバリ家庭で、せっかく優秀な成績を収めても女だから、という理由で否定される。辛かったでしょうね。
私も東北のかなりど田舎の出身ですが、優秀な女子なら、学校の先生や医者など、大学卒資格の安定職業を目指すのを周囲からも勧めるような土地ですが?「夫になにかあったとき困らない様、手に職を」という母親も多いですし。あまつさえ、勉強も努力もしない、暴力を振るう弟は両親してかばう(甘やかす)。成績や学歴が全てではありませんが、長男の家庭内暴力をそのまま容認してたのは決定打でしょう。

ただ、他の回答者さんが指摘するように、家を出たかったら高校卒業時に就職して独立することもできたはず。あえて大卒後24まで家にいたのは、彼女なりに「有利に独立する条件がそろうまで」と冷静に計算し我慢した上でだったのでしょう。高卒と大卒では給与も職業の幅も違いますし。

今、娘さんは実家のくびきから離れて、自分の意志で生活しているはずです。親元から離れて何年か生活するうちに、自分のした事を振り返る時もあるかと思います。結婚ということになれば、夫の身内との関係の中で、実家家族を改めて考えるかもしれません。娘さんが歩み寄るまで待ってはいかがでしょう。定期的に、友人や恩師に「もし娘が何か困っているなら助けたい、連絡を待っている」と住所は聞かずに安否の確認だけしておいては?

一番気になるのは、もし娘さんがこの駆け落ちもどきの結婚が失敗した場合、実家に帰れる(受け入れてくれる)のでしょうか。連絡が取れても、旦那さんか誰かが「そらみろ」な態度を取ったら完全に修復不可能です。

投稿日時 - 2007-06-19 00:48:29

ANo.44

いくらなんでも、「クズ」ってひどいですね。。。
親にそんなことを言われて生活を続けていれば、私もお嬢さんと同じような決断を下したかもしれません。

>今の私にできることはあるでしょうか。
10年後か、20年後か、はたまたもっと先か、
そのときにお嬢さんと再会する時のための準備につきると思います。

「お父さんはお母さんにふさわしくない、もったいない」
と言ってくれたお嬢さんです。
時間が経てば、harura24さんのことを受け止める気持ちに変わるかもしれません。

投稿日時 - 2007-06-19 00:36:28

ANo.43

今は諦めて放っておくのがいいかなと思います。
彼女がどういった思いでいるのかは分かりませんが
今会っても、ご両親には本当の所は分からないでしょうし
こんな仕打ち!と彼女を怒ってしまうんじゃないでしょうか?

娘さんが20歳くらいの時に、息子さんとけんかなさって、娘さんを叱った、という記述がありましたが、私はこれが気になりました。
たとえば高校生になった男の子がお姉さんを、たとえ軽症でも怪我をさせるくらい殴るのはまずくないですか?
このとき息子さんはいくつですか?お姉さんだとは言え
女性を殴る行為を親は怒らなかったのですか?
彼女は本当に怖かったのかもしれませんよ。

ですが、彼女は今一人じゃないんですよね。
そのしっかりした彼が一緒にいてくれるのなら、そして彼女を理解してくれているのならば、彼女の事はちょっと安心ではないですか?
周りのお友達や先生にも恵まれているようですし、
親が思っているより人間的にもしっかりした子なのかもしれませんよ。

余談ですが、私は子供が親を超えるのは難しくないと思っています。
いろいろあるでしょうが、もしかしたら知識かもしれないし
もしかしたら経験かもしれないし。
親が知ってる事のすべてを子供が知れるとは思いませんが
時代が違った為に娘さんは経験出来た事で、親は経験した事ない、
っていう事もあるでしょう。
そういった所まで否定してしまっていたとしたら
それは彼女にとって悲しい事だったでしょう。
親は確かにお金を出してあげて、育ててあげて、と
いろいろやってあげるのでしょうが
彼女の存在だって、あなた達にいろいろしてあげてたと思います。
彼女がそばにいる事で、親は成長しませんでしたか?
幸せな気分になる事もありませんでしたか?
お互い様なんだと思いますよ。

ちなみに「家庭を持って一人前になったら」とありますが
何を持って一人前なのでしょうかね?
結婚して子供を生む、これですか?
家庭を持っても一人前じゃない人をたくさん知ってるので
難しい言葉だなと思いました。

投稿日時 - 2007-06-18 10:42:09

ANo.42

 はじめまして。

 質問と補足、お礼を全て読ませていただきました。
 一部の回答だけ読み流してしまったので、重なる点等あったらお手間をおかけして申し訳ないです。

 私は23才の女です。娘さんに近いでしょうか。私は早生まれなので、同学年かもしれません。若輩者からの意見ですが、ご了承ください。


 読ませて頂いて思ったのですが、質問者さんと娘さんは両極端ですね。型通りの質問者さんと、独特な思想を持つ娘さん。質問者さんはやはり体裁を気にしすぎ、普通という形のなぃものの概念に縛られすぎな気がします。逆に娘さんは私から見ても突飛ですね。お母様も出る杭と形容なさってますが、確かに協調性が足りない気がします。お二方ともに違和感を感じたものが、それぞれ逆に極端だから、うまくいかないというのもわかる気がしてしまいました。

 回答者さんの意見を聞いていると、質問者さんを責めるものも少なくないようですが、私はそうは思いません。親子なのに、悲しいことですが、相性が悪かったんだと思います。

 ちなみに、私は親を心から尊敬し、親に感謝し、幸せになって欲しい気持ちでいっぱいです。素直に表すことはあまりできていませんが。それでも、親への不満はもちろんいっぱいありました。私自身、うちの母は父≧兄>私だと感じています。思っています。もちろん母は否定しますが、感覚でそんな気がしてしまぅんです。真実がどこにあるのかは難しい問題ですが。それでも母を心から愛しています。

 親だって人間です。やってはいけないことをしてしまぅことだって、あって仕方ないんだと思います。それで自分を責めるのが良いという訳ではなぃと思います。責めないで欲しいと思います。

 娘さんの用意周到さから考えて、全てが計算ずくなのだとしたら、もしかしたら彼女の計画の中には「和解」もあるのかもしれません。というのも、先生の

>親に対して感謝する気持ちはよその子供よりよっぽどあるかもしれない、
>だがそれ以上に憎しみや軽蔑する気持ちがかなり大きい、だそうです。

 というくだりが非常に気になったからです。よその子供よりあるかもしれないという親に対しての感謝への恩返しを、彼女ならするんじゃないかな?と思いました。全て計算ずくで、質問者さんの性格もわかった上で「猛烈に反省するだろう。○年経ったら、関係を修復しよう」などと考えているのかもしれません。10年がかりで縁を切った彼女なら、そこまで考えていてもおかしくない気がします。大切なのは、その時に質問者さんがどれだけ許容力がついているか、でしょうか。変化がない限り奇跡的な関係修復はなぃように思います。

 また、他の回答者さんも書いてらっしゃいましたが、質問者さんは自分を卑下し、娘さんをかしこいとする文面が多く見られますが、それはどうかと思います。垣間見られる面から察するに、質問者さんは娘さんを立てながらも、少し面白くないことのように思ってらっしゃるように感じるのですが。娘さんは弁が立つだけで、かしこい訳ではなぃと思います。どちらが正論か、という話ではなぃんです。どれだけ自分の感情を言葉にする能力があるか、というだけの問題なので、それイコールかしこいでは決してないと思います。残念なことに、質問者さんも娘さんも器用なタイプではなぃようですね…。

 計算ずくにせよ、本気で完全に縁を切るつもりにせよ、時が経ってありとあらゆる人に出会ったら、考え方は変わるものだと思います。焦らず、無事を祈りつつ、考えて考えて娘さんの考え方に思いを馳せていたら、変われる気がします。

投稿日時 - 2007-06-14 21:58:13

ANo.41

何と申しますか...娘さんの気持ちも解らなくはないです。

わたしは只今結婚して伴侶と2人で暮らしながら母の仕事を手伝っています。
わたしも幼い頃は必ず家を出て二度と家族とは会わない。と思って暮らしておりました。
両親は大事に自分を育ててくれていると当時から認識しておりましたが
どうしても馴染めないところが多く、価値観の違いに日々悩みながら
部屋にこもる毎日でした。
わたしには単純に「知りたい」と思う言動でも、両親からすれば
それは「屁理屈であり、素直でないからだ」と返ってきます。
ですから、両親は大事に育ててくれたかもしれませんが、
わたしの精神はどこにも行けない状態だったのですね。
認めて貰えないというのは精神を否定されていると思うことにつながるのだと思います。
ですから、娘さんは自分の意見や自分の考えに耳を傾けて貰えないことに辟易し、諦めになったのではないでしょうか。
ココを出て、「自分だけの人生を」と決心されたのだと思います。
ただ、何処へ行こうと母子の関係は変わることはありません。
母である質問者様からお生まれになった事実は拭えないですし、それを
どうこうできるものでもありません。
歳を重ねるにつれ、自分が母に似ていると思うことが多くなります。
それは、声であったり、出で立ちであったり、仕草であったり、様々です。
自分の考えや主張に敏感な娘さんですから
そういった親子だからこその潜在的意識にも繊細に反応されることでしょう。
今は無理かも知れませんが、そういった自分の後天的な考えや意識だけでは「自分」という存在はあり得ず、先天的な無意識なものの重要さやその必然さを知る時は来ると思います。
きっと、様々に思いを巡らせる娘さんですから、様々なことをお考えになるでしょう。
そうして、自分の考えではどうにもならないことや、不可能であるということがあるということを知っていかれると思います。
生まれて良かったと娘さんが思われる瞬間かあるのなら、娘さんは今後、いつになるかは解りませんが、質問者様に連絡をされることもあるでしょう。
しかし、何故生まれてきたのか。こんな思いまでして...としか思えないという暮らしをなさるようなら、残念ですが、今後、連絡は無いかと思います。

長々と失礼いたしましたが、結局のところ
質問者様がとにかく何が何でも娘さんの連絡先を知りたいと仰るのなら必死にそれらの行動をなされば良いと思います。
あれこれと言い訳をつけて「行動したいが、できない」といって僅かな行動しかされないところに違和感を感じます。
いうなれば、夫と離別してでもお探しになったら如何ですか?
「なにひとつ失いたくない」という思いは誰にでもあるかと思いますし、
それは当然のこととも思いますが、時と場合によることとも思います。
なんのかんのといいながら、「できる範囲」で娘を探し
家庭はこのまま「ある程度」の生活があれば、「特別なにもしない」
というような上手い話はあり得ないのではないかと思います。

お探しになるのなら、徹底的にお探しください。
世間体やお稽古の先生に縋るということだけに頼るのではなく、
徹底的にあらゆる手段を使ってお探しになったほうが良いと思います。
が、しかし
旦那様の意向の範囲(できる範囲)でされるのであれば
お探しにならないほうが良いと思います。それがお互いの為であるとわたしは思います。

投稿日時 - 2007-06-14 14:23:32

ANo.40

質問者さんと同年代の女性です。20代の子どももおりますが、私は今までの多くの回答とは意見が違います。(すべてを読んだわけではありませんが)娘さんの悪口を言われるのはお嫌かも知れませんが、はっきり言って娘さんはちょっと異常だと思います。色々あったにせよ10年間も黙って計画を練ってたなんて陰湿すぎて不気味です。

私は質問者さんが反省する必要はないと思います。何が原因というより元々娘さんは特殊な性格の方だったんでしょう。忘れろと言っても無理でしょうが、もう忘れる努力をしたらどうですか?善悪で決められることではないかもしれませんが、私は娘さんのほうがおかしいと思いますよ。質問者さんも、まだまだこれからの人生は長いのです。気持ちを切り替えて前向きに進んでください。

投稿日時 - 2007-06-14 00:49:23

ANo.39

私が思ったことはほとんど多くの方が回答されているので
何か他のことでも。
無責任に回答しますからあんまり思い詰めたりしないで下さいね。
明るく前向きにいきましょうよ。

文面から見る限りにおいては
他の方が言われているように、娘さんは今おそらく
毎日をとても平安に暮らしていると思います。

彼女の平和を壊さないためにも、
居所を詮索するのはおすすめしません。
変な宗教には絶対入らなそうな現実的タイプのようですし
(たぶんバカバカしくてやってられんでしょう)
周囲の方々も、彼氏さんもしっかり者みたいですし
どうなっても彼女自身の人生、多少のリスクは自分で計算済み
人生の大海原に冒険に出かけたと思うのもどうでしょう?
彼女の人生はきっと明るい楽しいものになりますよ。

人間の根本的な性格はなかなか変えられないものです。
一年たってからとはいえ、
お母様が娘さんを理解しようと模索し始め、
これまで良かれと思ってしてきたことがそうではなかった
こともある、と気づきはじめていることは大切だと思います。

しかし、お父様と息子さんはどうでしょうか?
自分たちが悪かった、と思い直したりしてるんでしょうか?
男性の傾向として、自分が間違っているというのは
認めにくいという部分があると聞いたことがあります。

この件を持ち出すと、お父様が怒り出して、、
というのから察するに、
頭では大変なことになってるとわかっているかもしれません。
しかし腹の中では(感情的には)
勝手なことをした奴なんかしるか
放っておけ、解決方法がわからんものをアレコレ言うな!
というようなことを思っているために
具体的な行動をとられないのかもしれません。

何かの本に書いてあったんですけど、
男性は
 自分は正義の味方で
 何か聞かれれば解決方法を示し
 外敵から守り
 正しい方向へ導く指導者、支配者
のような傾向があるそうです。
(あくまで傾向、本当かどうかはわかりません)

この通りなら
 自分が悪くて
 解決方法不明、解決不能で
 自分が害敵になっていて
 悪い方向へ引っ張っていた
というのは認められない、反省なんかできない
最悪の状態ですから、
(…自分で書いてて何ですが、男女関係ないかも)

お母様からいわれても
本当はどうしたらいいのかわかんないけど、
わかってるからもう黙っててくれよっ
->うるさい、黙れ
ってなってるのかもしれません。

お父様の意識を何とかしませんか?

どうしてこうなったのかは正確には本人に聞かなければ
わかりませんけど、文面を見る限りではご両親ともに
娘さんを一人の人間として扱ってこなかったように思います。
(弟さんと比べ)

子供でも、自分たちとは別の人間です。
経験も知識も不足していますから、未熟です。
でも感情はありますし、考える頭もあります。

納得できない、理解できないことを
これは決まっていることだ、昔からそうなんだ、
変わったことをするのは許さんぞ、というのは
挨拶と善悪の区別と多少の礼儀作法くらい。

女に大学なんぞ不要だというのは
(経済的に問題があるとか学力などは別として)
70歳以上の方なのかなあと思ってしまいました。
結婚式だって多種多様の時代なのに。

お父様の意識を変える、というか
お父様と話し合うというのは
(最初は手紙からの方が伝えやすいかも)
ものすごい難事業だと思います。
だめかもしれません。離婚かもしれません。
離婚したら食うに困るかもしれません。
離婚しなくても暗い家になっちゃってつらいかもしれません。

でもいつか娘さんと再会できた時に、
何年たっても何も進歩しない仕方のない人たちだと思われるより、
多種多様な人を受け入れ理解することのできる人になったと
思われる方がいいと思いませんか?

私が特に気になってるのは息子さんです。
なんか性格がお父様に似てそう…(悪い部分が)
姉(20)弟(18)で殴り合い喧嘩ですよね?
理由を聞かずに叱るならまず息子でしょ??
18にもなって女に手を挙げるとはなんだ、
姉なら目上なんだから敬え!って言ってもいいんでない?
いつまでも年上なんだからって姉を怒るのもどうなんでしょう。
息子さんもお姉さんを軽視してる部分はありませんか?
そういうのって、親から「映」ります。反映するんです。
まずは息子さんがこの事態をどう考えているのか、
「姉ちゃんなんかどうせ嫁にいく人間で財産分けなくて
良くなったしうるさくないし邪魔じゃないしちょうどいい」
とか思ってたらとんでもないですよ。
そんなことはないと思いたいんですけど。

長くてごめんなさい。
結構、厭な文面になってると思います。
私はまだまだ未熟でまるでダメな人間です。
ダメな奴にいやな回答されてもあんまり気にしないでください。
みんなそんな立派な人ばかりじゃありません。

投稿日時 - 2007-06-12 14:00:51

ANo.38

難しい問題ですね。
質問者様の気持ちは決まったのでしょうか?
会いたいのか、会いたくないのか。
最初は娘さんを探し出したいのかなと思っていたのですが、違うようですよね。
自分がどうしたいのか、自分の心に聞いてみることから始まるのではないでしょうか?

会いたいわけではないのなら、周りの方に(娘さんのお友達やお稽古事の先生など)お話を聞きに行かれるのはどうかなと思います。
娘さんの失踪の理由を聞いたって、解決しないんじゃないですか?
質問者様は旦那様に刃向かうことはできないようですし。
他人に迷惑をかけてまで(嫌なことを言うのは誰だって嫌です)、自分の気を晴らすのは違うと思います。
娘さんが家を出て行った原因はご家庭の中にあるのです。自分達が娘さんにしてこられたことを、胸に手を当てて考えれば原因はわかるのではないでしょうか?
お友達が「生涯かけての復讐」と言われたというのを読んで、娘さんは自分が出て行った理由を一生かけて考えて欲しいのではないかと感じました。

でも、お母様が一方的に悪いとも思えないんです。
娘さんだって、10年も前から家を出る計画をたてていたのなら、
進学のときに一人暮らしをしてみるとか、正当な理由でおうちと距離をあけることもできたのに、このやり方はひどいですね。(結婚したいのに相手の親と自分の親を面識も持たせないって信じられないです。相手の親御さんはそれでいいのでしょうか?娘さんは本当に結婚されているのですか?)
就職だって、2年後に辞めるっていったってしたければすればよかったと思うし、正社員で働くのが気が引けるのなら派遣とか、パート・アルバイトなどでもすればよかったんだと思います。
親に甘えるだけ甘えておいて、突然失踪って、大人のすることではないと思いますね。

以上はご家庭に原因があったことを前提として述べたのですが(失礼は承知の上です。すみませんでした。)
No.31,33さんが仰るように、私もお稽古事の先生が、腑に落ちません。
娘さんから連絡先を教えないように言われたとしても、
「私は連絡先を知っているけど、教えない」ってお母様である質問者様に言うのはどうなんですかね。
娘さんに同情して、お母様に教えたくないのなら、
「連絡先は知りません」とシラを通した方が先生も楽なはずです。(お友達の反応が自然です。)
下手に知っているなんていったら、教えてくださいって迫られるのはわかるわけですから。
17年お付き合いがあるから、娘さんのことを本当にかわいく思ってらっしゃるのかも知れませんが、「お母様より私の方が上」みたいなことを思っているのではないかと思ってしまいます。
その先生に、娘さんが親元を離れて得をすることはありませんか?
その先生が新興宗教とかにはまっていて、出家信者にされたとか、本当に事件性はないのでしょうか?
そういうことがないのであればいいのですが、心配になったもので。。。
もし、そうなら話は全然変わりますので。一刻も早く助け出してあげてください。

失礼なことをいろいろ並べてしまいました。すみません。
でも、ご家族が幸せになれるといいなと心から思っております。
乱文失礼いたしました。

投稿日時 - 2007-06-11 18:45:41

ANo.37

二人の子供を育てました。
必死に育てている中で、叩いたことも有りました。
息子夫婦や娘と飲食に行くと、私が怖かったと面白可笑しく話します。
私はハハーンと笑っていますが内心(だからまともに育って、仕事も出来ているんだとよー)と思っています。
 我が家の子供達は、反抗し自分の道を譲りませんでした。
私も自分の人生ではないので、子供の選んだ道の応援に廻りました。
質問者の方は非難を受けられていますが、お気の毒に感じます。
どの親でも、細かく言われれば多少の差は有っても子供にすまないことをしたという思いの幾つかは有ると思います。
虐待等が無く、衣食住を保証し教育を受けさせれば、何とか許して欲しいものですね。
文句があれば、反抗でも家出でもすれば良いのであって、大学卒業まで待って、10年前から縁を切ろうとしていたとか、他人に親の悪口を言い放題。
放っておきましょう。
娘さんには、長い未来があります。
貴女は、娘さんのことで反省したり、後悔したりの時間は勿体無い。
自分が楽しく幸せに暮らせるよう、没頭できるものを見つけ、旅行もし仕切りなおしましょう。
娘さんと過ごした楽しい思い出だけを考えて、海外にお嫁に行ってしまったと思えば良いんですよ。
親は勿論完璧ではなく、教育者でも有りません。
夫のこと親のこと、家計他悩みや付き合いも大変です。
放任にすれば構ってくれなかった、構えば干渉が強かったですね。
ここに寄せられている、親への不満を見ますと、恐くて子供を育てられませんね。
娘さんを自立させたのだから、何も恥じることなく自分に自信を持って下さい。
もう、先生とやらにもお友達にも聞きに行かないことです。
他の方々に家庭がひどかった事を話されていて、傷つかれた事と思いますが、忘れれるしかないですね。
娘さんを忘れることが整理ですね。
お幸せに暮らされることをお祈りして居ります。

投稿日時 - 2007-06-11 15:22:02

ANo.36

No.34の者です。度々すみません。
どうしても余所の家庭のこととは思えず、気になってまた拝読しにきました。
そして、全ての補足や、他の方の書き込みも目を通させていただきました。

娘さんが出て行かれてから1年以上。
ご自身をものすごく責め、苛み、つらい年月だったと思います。
ですが、今のままではやはり娘さんの気持ちへの「理解」には至らないかと、失礼ながら思いました。

ただ、多くの批判が集まっていますが
「本気で探すつもりならこの1年、何をやっていたんだ」
という心無い言葉で、これ以上自分を責めないでいただきたいと
私は勝手ながら思います。
無理矢理に強硬手段で探し出すのは、横暴だと思うからです。
それをしなかった質問者様は、むしろ、愛情からだと、私は信じたいです。

私が縁を切った母親に、どこかで重ねてしまって
私自身が、そう思いたいだけかもしれませんが。

まず私が、読み直して再度違和感を感じたのは
「我が家はごく普通の家庭だった」とし
その根拠を
「季節ごとに家族旅行に行っていた」
と挙げている部分です。

我が家も、季節の連休ごとに
家族でお出掛けがありました。
ちょっとした日帰り旅行から、泊まりのものまで。

まず、行きたい場所について、子供の意見は加味されません。
「連れていく(お金を出す)のは親なんだから、親が決めて当然」
「この季節だったら大勢の人がここに行くから、我が家も行って当然」
(例えば冬ならスキー)
日程も、当然、親の都合です。
例えば、私は美術に興味があるので、暑い最中に海に行くより、涼しい美術館に連れて行ってもらいたかった。
そうお願いもした。
でも聞き入れてもらえなかった。
「そんなもんいつでも行けるのに、馬鹿か」
といわれて、海に行くことになりました。
それも家族だから「当然参加」当たり前。という態度です。
見た目は楽しい家族旅行です。
でも、私は、本当は赤い風船が欲しいのに、
赤いエンピツを与えられて
「同じ赤なんだから我慢しろ!」と
全くの別物で我慢させられてるような、
それでいて、与えた側は「娘にこんなに物(愛情)を与えてあげて、自分はいい親だ」と悦に浸っているような、
まがい物で我慢させられてるのに「満足しろ!」と強要させられているような気持ちになりました。

ですが、それが精一杯の「愛情表現」なのだというのは
わかっていたので、
それが自分の欲しい形と違っていても
受け入れる努力をしました。

受け入れる努力を一方的に、20年近く強いてきた親に
私は今、連絡を取らない、という形で
「今度はあなたたちが、この状況を
 『受け入れる努力』をしなさい」と
思っているのは、事実です。
これも復讐なんだろうか・・・

でも私、復讐というのは、あまりに寂しい言葉だと思うんです。
「生涯かけての復讐」
復讐のために費やす時間が何も生まないことは
いずれ気が付かれるのではないでしょうか・・・。
復讐の向いている方向は、マイナスです。ネガティブな発想。
何年も経てば、復讐の気持ちは、少しずつ、和らいでいくような気がします。
ただ、家を出て行くと決めてから10年以上、
それを回避するため、何らかのサインはあったと思うんです。
サインすら受け止めてもらえなかった失望感は
拭い去るのに、相当年月を必要とするような気がします。
されたことより
気付いてもらえないことのほうが
拒絶された感を強く感じてしまうような気がするので・・。
普通の親子のように仲良く振舞うときもあった。
ということは、
どこかで「普通の親子のように心から仲良くなりたい」と
思っていた可能性がありますし
であれば、何らかのサインか前兆があったのではないか、という
推測ですが。

うーーん、上手に自分の言いたいことを表現できず、稚拙な文章ですみません。

私、親子というのは、いや、親子に限らず、夫婦でも恋人でもいいですが、人間、鏡だと思うんです。

質問者様自身書かれているように、
旦那さんは昔、暴君のような父親だったんですよね?
そして結果、娘さんは言葉で反発し、
息子さんは、ご両親に殴りかかってくるようになった。
力で押さえつけたから、力(強硬な態度)で反発されてしまった。
ということですよね?
ただ、旦那さんは、このような事態になっても
まだご自身の過ちには気付けず、
質問者様は、気付こうと努力はなさってる。
この違いは大きいと思います。

子供といえども、夫婦を「セット」で見ているわけではありません。
父は父、母は母です。
私も、暴君であり暴力的で支配的であった父のことは
今でも許せず、憎しみも強く、葬式にも出たくありません。
どこでどう死のうが、いつ死んでくれようが、
まったく関知したくないです。
勝手にお墓に入ってください、と思ってます。

ですが、母は、父の強硬な態度を恐れつつ
年代的に離婚が難しく、都会であればできる熟年離婚も
ど田舎の狭い社会では・・。
限界があるだろうと、同情はしました。
離婚しても狭い土地、顔は合わせますし、付き合いもあり
都会の人が考える以上に、田舎の「付き合い」は
「強制力のあるもの」なので
離婚できなかった母の気持ちもわかりますし
もともと論理的に考えるより、感情に流されやすい母のことですので
父がやってきたことが「善い」か「悪い」かよりも、
今までの長い夫婦生活に対しての「情」(愛情というより惰性にちかいもの)にほだされてしまうのも、わからなくはないのです。
ただ、理解できることと、許し受け入れることの間には
大きい山がある。
それは現時点では、私はできない。

洋服ですが、お母さんに作ってもらった洋服を
縁を切るために家を出るのにわざわざ持って行った。
真実はわかりませんが、いい方に考えませんか?
お稽古事のお師匠さまにも言ってらっしゃるように
娘さんは、ご両親に感謝しているんだと思います。
それが「作ってくれた洋服を持っていく」ことなんだと思います。
「自分のためにかけてくれた手間」に対し
「大切にする」という姿勢を見せたいんだと思います。
娘さんなりの、精一杯ではないでしょうか?
(洋服など、流行り廃りがあって着れない物もあるだろうに
 全部持っていくというのは、やはりそういうことなんだろうと
 思っていいと思います)

私が、絶縁している親と、もし再び会うことがあるとすれば
どういう状況だろうか、と考えてみました。
小さいことの、無数の積み重ねによる長い間の親子の軋轢というのは
きっと、経験したことがない方にはわからないほど
「そんなことで怒ってるの?」と言われるようなくだらないことのように見え
実は修復できないほど大きい傷になっている場合があると思います。
小さい傷が重なり、化膿し、広がり、蝕んでいるのに、無理矢理隠してきた結果ですから・・・
なので、簡単に帰ることは考えられないですし
謝られたところで「どうせ世間体が悪いから帰ってきて欲しいんでしょ」
「どうせ、謝ることで『非を認めて謝った良識ある母親』っていう自己満足に浸りたいだけでしょ」と
悪い方に考えてしまうと思います。
私の場合は、ですが。

長い年月かけて、友人知人を通じてでも、何か折りに触れ
「探しはしないこと」
「健康でやってるかだけが気にかかっていること」
「あとは娘が幸せならそれでいいと思っていること」
などを伝え続けることができれば・・・
謝るのはあまり効果がないように思います。
謝るときには「なぜ、何に対して」謝るのかを
論理的に説明しなければ、その謝罪すら
受け入れてはもらえないと思います。
それでも、難しいとは思いますが・・・。

ところで、娘さんはなぜ
お子さんを持ちたくないのでしょう?
その理由は、どなたかご存知ないのでしょうか?

投稿日時 - 2007-06-11 13:32:29

ANo.35

こんばんは。
私主観の意見になりますが。

>「なんだよ、じゃあみんなが死んだらおまえらも死ぬのか?!?!
 いい加減にしろ!意味がわからん!もううんざりだ!!!
 卒業式なんていかない!もう話しかけるな!!!」

私も同じ意見です。
読んだ限りでは娘さんに思考が近いかと思います。

話はそれますが、私の経験から書かせて頂きます。
私が13歳の時、母親を「おかあさん」と呼べなくなりました。
第三者が母親を呼ぶ時、「○○君のおかあさん」や
「(苗字)さん」等々呼ぶのが一般的ですが、
他人が話す同じ「おかあさん」という呼び方で
たった一人の自分の親を私は呼ぶ事が出来ません。今も。
「おかあさん」って何?意味は?
人それぞれ個人には名づけられた名前があるのに、
俗称で呼ぶ理由が解りません。それが肉親なのだから
なおさら呼べません。「おかあさん」とは何でしょう?
母親を敬うからこそ、意味も解らない簡単な言葉で
呼べない自分がいます。

私も住所不定で家を出ました。
結局成人式も出ませんでしたし、
自分が納得出来ないことには頑なです。
100人が黒でも自分が白と思えば白です。

娘さんは理解が欲しかったと思います。
質問者様はうわべな言葉で自分のレールに娘さんを
無意識なりにも誘導してたのではないかと推測しました。
質問者様自身の狭い経験で軽率に妥協した接し方ではありませんでしたか?
娘さんの個人の特性、個性を殺していたのだと思います。

年中行事も成人式も所詮イベントです。
根底の絆はそんな軽いところから紡ぐものでは無いかと。
「あれもやった」「これもやった」という自己中心、
「あの家は」「あの人は」と比較断定の考え方では
娘さんの許しは遠いかと思います。

今現在は娘さんを探すことは得策ではありません。
明日以降の円満を望むなら。

一時期絶縁状態だった私も今は親と交流しています。
遠く離れ、家庭を持ち、子供を授かる事で
親を認めることが出来ました。

娘さんが許してくれる日を待ちながら
それまで御自身の反省、努力、向上が必要かと思います。
子供は親の事を見てますよ。たとえ見えない場所にいても。

投稿日時 - 2007-06-10 03:20:21

ANo.34

私は、今も実家と縁を切っています。
娘さんと同じ24歳。娘が一人おります。

私には、兄と、重度の先天的知能障害を持つ姉がいます。
幼い頃から「男の子だから」「長男だから」と
兄にはいい顔をし、私には(姉の分の期待もあり)とても厳しかった。
私も論理的に考えるタイプで、すぐに理論尽くめで発言をします。

私が、親と縁を切るほど悲しかったのは
本や学校、体験などから自分で学び、考え、得たことを口にしても
それが親の考えの方向性と反する限り
全ての発言を「反論」「口答え」と封じられてきたことです。
(無論、それだけが理由ではありません)
父親は、今になって考えれば人格障害でした。
理論に沿った考えができず、大声で恫喝することや、時に暴力的とも思える手段で、私や母を支配するのを好みました。
不思議と、息子である兄には、そういった行為はほとんどなく
あったとしても兄の反論を受け入れ「お前がそういうなら」と受け入れていました。
そして、母はそんな父の言うなりでした。
「あんたがそんな屁理屈こねて口答えばっかりする子に育ったから
 私は父さんに『母親であるお前の教育が悪かったから、あんな生意気な娘に育ったんだ!』って怒られなきゃいけないんだから、ちょっとは母さんの立場も考えてよ!」 と数え切れないほど言われて育ちました。
一度も私をかばってくれなかった。
いつも夫である父親の顔色をうかがってばかりだった。
私は自分の意見を言っただけなのです。
それが親の意見と違っていたからといって、なぜ「反論」「口答え」と頭ごなしに否定されなければならなかったのでしょう。
そして、泥沼の別居・離婚し、心身共に傷ついている私に
見下したように親が言い放った言葉が、今もトラウマのように心に貼りついています。
あまりにひどい言葉で、私は今でも思いだすだけで体が震えるくらい怒りを覚えます。
言った側は・・・覚えてないと思います。

そして私は、自分の人生で本当に必要としている大切な友人5人ほどに転居先と新しい連絡先を教え、親戚関係も含めて過去は全て徹底的に断ち切りました。
娘さんと同じような状況ですが
娘さんのほうが、ずっと徹底してます。
私は途中(というか直前)で親に悟られてしまいましたから・・・
押し切って、振り払って、引っ越しましたが。

私は、親に産み育ててくれたことに深く感謝しています。
ですが、もう二度と、親元に帰る気も会う気もありません。
私の親と質問者様を一緒にするつもりはありませんが、
あえて厳しいことを書かせてください。

親にとって必要だったのは
「自分の思うとおりの人生を歩んでくれる娘」であり
「自分が納得できる選択をする娘」であり
「自分が支配することができる娘」でした。
それは「私」という、個性を持った人間である必要があったんでしょうか?
人形に「娘」と名前をつけ、自分の思い通り、納得するように動けば、それでよかったのでは?
そこに意思や個性はいらないのでは?
(質問者様の例でいうなら、卒業式には袴をはく、とかです。
 たとえ自分がはきたくなくても)
私は、一本気で勝気な性格で弁もたち理屈や理論をこねまわし
親の思う通りにはなりませんでした。
親は常に私を否定し続けました。
「ありのままの私」を、一度たりとも受け入れてくれなかったので
私は「親の気に入る私」を演じ続けていました。
家の事もよく手伝い障害のある姉の面倒も見、よくできた娘を演じてきました。
自分を否定され続けながら、でも否定する親に
何とか認めて欲しかった。
一度でいい。
私の頑張りや努力を、誉めて欲しかった。

だけどそれは叶わず、私は計画的に引っ越しました。
しんどくなったんです。
演じ続け、頑張り続けることに。
たとえば、テストで、頑張って95点を取ったら
「なんであと5点とれなかった!」と怒られ
98点でも「あと2点!」と怒られ
ようやく100点を取ったら
「なんでもっと早く100点が取れなかった!」
と怒られるような・・・
頑張っても頑張ってもキリがない・・・
兄は50点でも誉められるのに。

そんな生活に、疲れたんです。

今も、親とはまったく連絡を取っていません。
取る気もありません。
非常識で恥知らずで恩知らずな行為かもしれません。

でも、私は実家にいるのが辛かった。
人生で一番感謝したい相手である、自分を産み育ててくれた親に、
心からの純粋な感謝を抱けない自分も辛かった。
実家にいる間、私は一度たりとも安らげず、常に「親の望む娘」であることを求められ続け、
私自身に「戻る」ことができなかった。

実家にいると
「終身刑をくらった囚人」のような気分になった。

母子家庭で頼る実家もない今
知り合いもほとんどいない土地で、正直、生活は楽ではないです。
(支えてくれる彼がいるのも大きいです。
 彼は最高の理解者なので)
でも、心は実家にいたときよりずっと晴れやかです。

そして、どんな状況でもどんな逆境でも
乗り越えて一人で生きていく力をくれたことは
親に感謝しています。
私は、ここまで親の愛情が、私に対してなかったとは思いません。
親に感謝もしています。
厳しく育ててくれたからこそ、曲がったことが許せない人間になった。
そして、一番曲がったことを言っている(やっている)親が許せなくなった・・・。

でもね、私は、心身ともに傷ついてボロボロになっている私に
「どうしたの?何があったの?大丈夫?」と
優しい言葉をかけてほしかっただけなんです。
私の気持ちを尋ねて欲しかった・・・
一度も、親の口からそういういたわりの言葉は聞けなかった。

私が親と絶縁を決めたのは
小さい出来事の積み重ねに、とどめを刺すことを言われたのが原因です。
娘さんもそうではないか、と想像することはできますが、本当のことはわかりません。

質問者様が、娘さんを探すことに対して踏み切れない理由は
「探して見つけ出しても、娘は喜ばない」ことを知っているからではないでしょうか?
それは、もしかしたら「改めて目の前で拒絶されるのが恐い」からかもしれません。
でも、私は、それが質問者様の「娘の幸せを願う愛情」からきているのではないかと思います。
私の親も、私を捜そうとはしていないようです。
捜索願も出されていません。
捜索願いや、探偵を使って調べ上げることを、もし私がされたら・・・

傷口に塩を塗りこまれた、と思ってしまうと思います。
修復は、恐らく不可能でしょう。

でも、長い年月、人の考えはきっと変わります。
私も引っ越してきて清々している反面、やはり郷愁を感じる瞬間はあります。

長い、長い戦いになるかもしれませんが
待ちませんか?
つらい年月だと思います。
でも娘さんも家を出ると決心したときから苦しみ続けていたのでは?
同じ年月、待ってみませんか?

娘である立場からの一方的な発言、失礼致しました。
あくまで私の体験談であり、質問者様も同じだろう!と言っているのではありません。
ただ、かなり似ているケースであるような気がして
長々と発言してしまいました。

投稿日時 - 2007-06-09 18:57:08

ANo.33

24歳女です。
思ったことを書きます。すみません。

途中途中読ませて頂きました。
そこで、とても悲しくなった言葉があります。
それは、「クズ」です。

実際、自分の親に「クズ」なんて言われたら正直凹みます。
凹むどころか、「あたしって、何?」って思います。

「クズ」なんて言葉は使ってはいけないと思います。

そして、娘さんは色々我慢していたようなきがします。

自分は頑張ってるのに、認められない。占いにハマってるし、私のことより父、そして弟。
「ってか、私ってこの家にいる意味ないじゃん。」って感じな気がします。(私の勝手な考えですけど。)
しかも、10年前から考えてたって、かなり決意は固いんでしょうね。たぶん本当にご質問者様がいやなんだと思います。顔も合わせたくない。
むしろ他人。自分の考えを押し付けてくるし。しかも親戚に自分の娘の愚痴を言う親っているんですか?!私、それにビックリしました。ありえない!!

そして、慕っている先生は自分(娘さん)の味方をしてくれるから、先生の言うことは何でも聞くんだと思います。きっと先生は何でも話してくれる娘さんを、「生徒」ではなく「娘」として見てしまっている、ちょっとした錯覚に陥っているのではないでしょうか?ま、でもフツーならちゃんと話すべきだと思いますけどね質問者様に。神経どうかしてるんですかね。

年齢も私の育ってきた環境もすごく似ていて、まるで自分のことかのように考えてしまい、失礼なことを言ってしまったことを謝ります。私の考えも子供かもしれませんので、すみません。でも、昔から積み重なってきたことが爆発してこの様な形になったのだと思います。追ったら追っただけ逃げると思います。今はまだ娘さんからの連絡を待つのがいいと思います。
娘さんが質問者様ともう一度やり直したい、って思ったときにはむこうから連絡が来るんではないでしょうか。

失礼なことばかり言ってしまい、申し訳ありませんでした。
早く、娘さんが見つかりますように。。。

投稿日時 - 2007-06-09 02:24:20

ANo.32

 6です。

 回答とお礼を全部読んでませんが

 要は娘さんの戸籍の附票をとれば住民票を移動しているのであればわかります。まあ住民票の住所に住んでいるとは限りませんが。なぜそうしないのですか?保険証などのこともあるので住民票は移動してあると思うのですが?

 これ架空の話では無いのですよね。

 でしたら娘さんが悪いです。どんな理由があってもそうです。1年間とありますが、オウ○真理教や統○教会などに捕まっているのかもしれません。
 あなたの娘が、あなたにきちんと告げて家を出ていく自由や絶縁する自由はあっても、失踪する自由などありません。

 お稽古ごとの先生なども相当人が悪いです、事情があっても実の親が一年も困っているのに明かしてくれないとはどういう了見ですか、いい大人のすることではないです。

 失踪であれば悠長なことを言わずに連れ戻してください。宗教がらみの犯罪被害が一番恐いですから。

投稿日時 - 2007-06-07 23:23:19

ANo.31

こんばんは。20歳の男です。若輩者ですが、失礼を承知で個人的な意見を述べさせていただきます。

様々な批判が飛び交っていますね。それらも貴重な意見ですが、質問者様もそれは理解なさっておられると思うので、当方は少し視点を変えてみたいと思います。それと、決して質問者様を弁護するつもりでもありません。みなさん正しいと思います。

僕自身は娘さんに近い思考の持ち主で、占いとか信じません。そんなの単なる先入観。くだらない。現実を見ろ。本心ではそう思っています。成人式に行きたくないのも解ります。ですが、こういった話は多くの人間がしますし、一々気にすることじゃないんですよね。でも押し付けられたり、大事なものを軽く見られると腹が立つと思います。僕も親から大分押し付けられて苦労もしました。僕が中学時代にグレた時は姉がいるんですけど、娘さんとは逆に姉ばっかり可愛がられていました。警察に迎えに来た親が警察に向かって「うちの子じゃありません。」と、言ったりしてました笑 僕は自他共に認める変わった考え方で、なかなか人に受け入れられません。

率直な意見としては、娘さんは勉強は出来ても利口であるとは思えません。世渡りが下手というか。確かに思考は優れ、突出したものを持っているかもしれませんが、それとこれは話が別です。娘さんは随分質問者様をバカ扱いしてますが、利口な人間は親を含め周囲の人をバカだとか自分が正しいとは絶対に愚痴ったりしません。思っていても誇張したりしません。人が言ってることも気にしません。娘さんは親に自分の考えを納得させられないただの我侭です。質問者様にも言えることですが、育っている時代が違うんだから価値観が違うのも当然です。でも全てにおいて質問者様が押し付けてるわけじゃないと思います。事実、大学には行かせてあげたんですよね?利口な人間は、余程の相手でない限り人を説得させる方法、もしくは、自分が怒らないようにやんわりとかわす方法をしっています。つまり、対外的なことにはストレスを感じないようにコントロールできます。うまくいかないことに当り散らしているだけでしょう。そもそも利口なら親や他に心配かけたり不幸にして自分が幸福になることをしません。

家出した理由は積み重ねの可能性もありますが、何か大きな原因が1つあると思います。小さな積み重ねなら、1つ1つ荷を降ろすことができます。時間が風化したりもします。縁を切ろうとまでは思わないでしょう。でも大きなものは自分の力では降ろせません。そうなると原因をすっぱり切る=縁を切ることかなと思います。もしくは、両親といると自分にイライラするってことも有り得ると思います。そうなると手のつけようがないです。娘さんが成長するまで待ちましょう。

それから僕は先生が危険因子な気がしています。卒業式の時、ご両親からしたら袴を着た娘さんを見たい、良い機会だからの程度で深い考えはなかったと思います。それに噴気した娘さんは先生の台詞に納得して卒業式に出たとありますが、僕からしたら簡単な台詞です。前途したように先入観を嫌うから怒ったとして、何を着てもいいんだよとは、誰もが言える台詞だと思います。娘さんは先生に依存していませんか?先生が全て正しいと思ってませんか?良識のある方なら出て行く1年前に相談されたら、如何なる手を使っても阻止するでしょう。それを説得されたか知らないけど、娘さんの要求を呑むのはおかしいです。娘さんに昔から相談されていて、本当に深刻なら質問者様にも報告していたでしょう。この人おかしいです。娘さんは先生が正しいと先入観を持たれてるようにも見えますね。

以上、様々な非礼や乱文失礼致しました。一度、お体をお休めになってから視野を広げてみては如何でしょう?正直、会うだけならいくらでも方法はあると思います。質問者様の幸せを祈っております。

投稿日時 - 2007-06-07 03:00:31

ANo.30

ANo.29さん
家を出るほうだって、覚悟や準備が要るでしょう。お嬢さんは最後の和解の模索や、最後の親孝行をしていたのかもしれませんよ。文章からはわかりませんが、それを親が汲み取らなかっただけかもしれません。

投稿日時 - 2007-06-07 01:53:20

ANo.29

まず、もの凄く「違和感」を感じました。

>後悔も困りもしないことがわかっているから、私は嫌なのかもしれません・・・

>それさえ知ることができたらすっぱり諦められる気もしております。

>>お身体に気をつけて下さいね。(※回答者さんの言葉)
>ありがとうございます。
>このお言葉を見たとき、この件ではじめて泣きました。

質問者さんが書いた内容ですが……これを自分で読んでおかしいと思わなかったら、
たとえお嬢さんに会えても全く意味がないでしょうね。
きっとお嬢さんの口から「理由」を聞いても宇宙人と話しているようなもので、
全く理解することはできないでしょうね。
そもそも、何を言っても理解してもらえないと思ったから、お嬢さんは何も言わずに出て行ったのでしょうけど…。

上記の質問者さんの言葉の抜粋から、どういう人間像が浮かぶか。
誰も、娘を心配している母親だとは思わないでしょうね。

他の方も書いているように、あなたは自分が可愛いだけで、娘を自分の一部、
或いは所有物か何かと思ってきたみたいですね。
だから(自分の意に沿わない)お嬢さんの全てを否定してきた。
だからお嬢さんは出て行った。
それだけのことのように思えます。
お嬢さんからしたら、親離れっていう当たり前のことだったのかも知れません。

それを考えると、あなたがここの書き込みで、必要以上にお嬢さんを褒めちぎるのも理解できます。
自己愛。あなたはお嬢さんを通して自分を愛し、自己賞賛しているにすぎません。
普通、自分の子供でもそこまで褒めません…。
良い部分には執着するくせに、悪い部分は全て否定、罵倒。これも自己愛の結果なら納得がいきます。

辛口でごめんなさい。あなたをいじめたいのではありません。
でも、お嬢さんの「理由」を知りたいなら、痛いのは当然です。
お嬢さんはもっと痛かったのでしょうし。
だから出て行ったのですから。

ただ、お嬢さんもちょっとおかしいと思うところもあります。
なぜ就職して独立しなかったのか。そんなに結婚を急いだのか。
そこから考えられるのは、早く新しい家庭が欲しかったのだろうと。
自分の落ち着ける家庭っていう居場所が欲しかったのだろうということ。
普通、そんなに家が嫌ならとっとと就職して家を出て独立するはずです。
別に縁を切らなくてもいいわけですから。
なので、お嬢さんには「復讐心」みたいなものもあったのかも知れません。
まさしくお嬢さんが思い描いたとおりでしょうね、あなたが「当惑」している姿も。

結局、お嬢さんから出て行ったのですから、探し出すことも逆効果だと思います。
探し出したとしても「探してくれてありがとう」なんて言ってくれるはずもないですからね。
お嬢さんの決意なら、何度でも失踪するでしょうし。

実は私は親とは縁を切った娘の立場です。
なので、つい書き込みしましたが、ただ思ったことを書いただけで何のアドバイスもできなくてすいません。
私の場合は…ですが、後悔をしたことはないですし、どんなことがあっても
今後親と連絡を取ったり頼ろうと思うこともないと思います。
そっとしておいてほしい。それだけです。
そうするしかなかった決意を汲んで欲しいと思うだけですね。

投稿日時 - 2007-06-06 23:24:53

補足

皆様、本当にありがとうございます。
厳しい意見も優しい意見も、全て自分がわかるまで読み込んでおります。
現在ANo.31まで読ませていただきました。
時間がかかっても、全てにお礼やお返事、補足を書いていくつもりです。

実は今日の朝、娘の15年来の親友Nさんにお話を聞いてまいりました。
Nさんが娘から聞いたのは、この現状は、「言葉は適切ではないけれど、わかりやすく言うとしたら『生涯をかけての復讐』だ」と。。
599様のご回答に「復讐心」という言葉があったので、ここに書かせていただきました。
Nさんは、私が問い詰めたら教えてしまうと思ったから、住所や新しい連絡先は聞いていないそうです。
(Nさん自身は娘が親と縁を切ることに反対の立場でした。)
今はインターネットや公衆電話で娘と交信があるようです。

復讐という言葉・・・自分の中で処理できておりません。

今日は先方のお仕事があったので途中で切り上げましたが、今後数回面会して、お話を聞いていただけるということです。
私としては、Nさんとお話をしたいのはもちろんですが、Nさんは気が付いていないでしょうが、こうやってNさんの口から娘の考えを聞くことも「復讐」のうちに入っているんだなと思うと複雑な気持ちです・・・

今後は、解決のためのアドバイスをいただくというより、気持ちの整理をつけるアドバイスをいただくことになってしまうのかもしれません。
お礼というよりは私の独白のようなものになってしまうのかもしれません。
それでもよいという方がいらっしゃいましたら、コメントよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-06-07 12:19:10

ANo.28

10年間の思いを溜めて飛び立って、まだ1年なんですね。
お嬢様側には、まだお会いするほどの心境の変化は起きていないでしょうから、今は、お嬢様の意志を尊重して、このままそっとしておくのが良いような気がします。

今は、とにかく生きて、元気でいてくれたらそれでいいこと。
いつまでも待っているので、いつか、心境が変わったら連絡して欲しいこと。
お嬢様の幸せを、心から願っていること。
ただ、愛していること。

これを、もし伝えられるなら先生から伝えて頂いて、あとは待ちませんか?
もともと愛情深い、賢いお嬢様です。
きっと、いつかご自分の気持ちに整理を付けられる時が来ると思います。
今は、多分時間が必要なのです。
きっと、こうしなければ、ご自分が壊れてしまいそうだったのでしょう。
今は、お嬢様を信じる時だと思います。

お母様も、どうかご自分の健康にお気を付けて、お嬢様がいつかお母様に会いたくなった時、しっかりと抱きしめてあげられるように、今のご自分の生活を大切にして下さい。

投稿日時 - 2007-06-06 20:07:49

お礼

chinya様ご回答ありがとうございます。
暖かいお言葉ありがとうございます。
きっとこちらが動かない限り、事態の進展はないと思います。
娘の気が変わることはまずないと思います・・・
でも今の状態で会うことがあれば、私は確実に娘に対し悪態をついてしまうので、もっと時間が必要だと思っています。

投稿日時 - 2007-06-25 16:52:02

ANo.27

10年傷ついていたのなら、その傷が癒えるのに10年間
20年傷ついていたのなら、その傷が癒えるのに20年間かかると思います。

大丈夫、生きているうちに必ず会える日がきますよ。
お嬢様はまだ24歳と若い。
これからたくさんの人生経験を積むと、ガラッと考え方が変わります。

みなさんに責められていますが、
人間ですから、誰にだって大なり小なり失敗がありますよ。
わたしもそうです。失敗だらけです。

ここは、お嬢様が身を挺して自分たちを気付かせてくれたと感謝して、
時間を有効に使い、何十年先とかかるでしょうが、ただ辛抱強く待ちながら
つらいでしょうが、自分たちの過去を省みる時間に使いましょうか。

いつかお嬢様が帰りたいと思えるような暖かい空間を作って待っていたら、
お嬢様はお母様の優しさに揺さぶられると思います。(^^)/~

投稿日時 - 2007-06-06 18:40:56

お礼

hatti3255様ご回答ありがとうございます。
暖かいお言葉ありがとうございます。
そうですね、長い時間がかかるかもしれません。
時間がかかっても解決しないかもしれません。
もっとよく考えてみようと思います。

投稿日時 - 2007-06-25 16:00:39

ANo.26

#5です。

>冗談のつもりでクズということも言ったと思います・・・

>今私が生きているのは夫のおかげ。
>夫を失うのはリスクが高すぎる。
>そんなふうに現実的に考えてしまいます。

これらを読んで愕然としました。冗談でも子供にクズって言う家庭ってどんな雰囲気の家庭なんだろうって。もう既に反省してらっしゃるとは思いますが我が子に「クズ」ってシャレにならない言葉ですよね。子からすれば親は自分を評価してくれる一番身近な存在。クズなんて言われたら親への嫌悪と不信感が爆発します。

それとご主人の方が大切というよりもご自分の身のこれからの方が娘さんよりもずっと大切なのですね。親って我が子に振りかかるマイナスな出来事は何からでも守ってやろうと思うものだと思ってました。わたしはそのような気持ちで親から育ててもらってきたこと、そして現在娘を育てる上でそのような気持ちになっていることからです。
でも質問者さんの文章を読んでいたら娘さんよりも結局はご自分の生活の安定を守ろうとしているようにしか見えないのです。
きっと娘さんも今の反応と質問者さんの内情は見透かしていると思います。どうせ心配するのは最初だけだよ、とか思っていると思います。そのうち諦めるだろう、とも。
言葉よりも行動が物を言う、ということを実行してみる気はないのでしょうか?あなたが苦労に苦労を重ねて娘さんを見つけ出し、今までのことを謝罪したらきっとあなたの念も娘さんの心に届くと思いますよ。
そこまでしてくれた、ということに愛情を初めて感じるのではないでしょうか。弟よりもわたしだけを初めて見てくれたと思ってくれることでしょう。弟さんが生まれる前にたくさん愛情を独り占めして育てたとしてもその頃の記憶は子供には無いですからね。
ご主人が第三者を介して捜すことを拒否しているなんて理解できません。それって世間体を優先しているだけですよね。
娘さんはきっと家庭に居場所が無かったのでしょう。
10年も前から計画を立てていたのです。それと同等の時間が掛かっても仕方ないと覚悟の上で溝を埋めるべくまずは捜すことを第一にするべきだと思います。警察でも興信所でもプロの力を借りて全力で捜す事が愛情表現になることでしょう。
娘さんは随分と冷めた目で質問者さん達ご夫婦を見ているようですね。そこまでに追い込んだのはやはり家庭です。
質問者さんがご主人の顔色を伺っていることをずっと横で見て育ってきた娘さん、父親のことも好きになれないけれどその父親に従っている母親もまた見ていてイライラが募るしムカつく!って思ったと思いますよ。
今更とは言わず今からでも遅くありませんから必死に捜してあげてください。絶縁を望む一方で苦労して自分を探し出したという親の気持ちに彼女も一つの希望を見ると思いますよ。

>どうして私ども夫婦のところに生れてきてしまったのか。
反省からの気持ちだというのはわかりますがこんなこと思ったら娘さんをまた傷付けますよ。「私達のところへ生まれて来てくれて感謝している、それなのに今までたくさん傷付けてごめんなさい」この気持ちを維持しましょう。

離婚しないと娘さんを捜せないのですか?そんなにご主人は娘を必死になって捜すつもりはないのですか?だとしたら父親失格です。そしてそれに従って自分の身を守ることを選ぶ質問者さんも失礼ですが母親失格だと思います。
このままではいけないと気付いてらっしゃるのですよね?
だったらご主人を説得してでも捜しましょう。娘を捜すのに離婚を言い渡してくるような夫ならわたしはかなり人間性を疑うんですけど。

質問者さんが娘さんを愛しているのはわかるのですが、娘さんはきっと愛されていないと思っていると思います。どれほど愛していてどれほど心配していてそしてどれほど謝罪したいかを本人に直接会って話す事なく親の立場を放棄していいのでしょうか。
捜さないということはわたしは親の立場を放棄することに繋がると思います。
放っておいても親子関係がいい方向へ行くことはまずないと思います。
警察、興信所等を利用し捜すべきです。
頑張って下さい。あなたの大事な娘さんに会ってとにかく謝罪と愛していることを伝えましょう。あなた達親子これからの関係にとって意味のある失踪だったという結末になることを祈ります。

投稿日時 - 2007-06-06 18:36:21

補足

私が今すぐ行動にうつれない理由、夫との生活を確保する理由は、
たいしたことではないかもしれないのですが、一応あるのです。

いままで書いてこなかったのですが、今の住まいと娘の引越し先の問題です。

あえて場所をぼかして書きますが、私達が今住んでいる場所は「九州や四国」にあるとお考え下さい。
娘の引越し先は、「東京」とお考え下さい。もしかしたら「海外」かもしれないのです。

これが市内や県内なら、毎日でも歩き回って探すこともできるかもしれません。
でも・・・遠いのです。お金もかかるのです。
行くとしたら、ある程度の目星をつけてからじゃないと何度も行けないと思っております。
今そのための旅費も貯めているのです。

私の身を守るために離婚をしないのではないです。離婚しても生活していけます。
でもそれだと娘を探すためのお金や時間がなくなるかもしれないと考えているんです。

あと、なぜ夫が動かないか・・・私なりに考えてみたのですが、
やはりショックが大きく、事実を受け入れられないのか、
それかもう受け入れて諦めきってしまっているのか、
もしくは、プライドが高い人なので、東京や海外で仕事をしている娘の結婚相手に対する妬み、のようなものがあるのかもしれないです。
自分が惨めな思いをすることを嫌う人なんです・・・
娘よりそっちのほうが大事!?と私もとても頭にくるのですが、でも一つのことしか考えられない、自分のことしか考えられない人がいるんです・・・

投稿日時 - 2007-06-15 21:27:06

お礼

rednote00様再度ありがとうございます。
たくさんのアドバイスありがとうございます。

何を申し上げたら良いものか・・・
まず、夫のことですが、娘のこと以外ならどんな話でも応じるのです。
なので私も理解できません・・・
もしかしたら、自分の中でもう諦めて、娘は死んでしまった二度と会えないと決め付けてしまっているのかも・・・
またこのことでも他のことでも夫から離婚を言い渡されることはないです。
するとしたら私からです。それも考えの一つとして持っています。わたしは娘を諦められていません。

ほかの事は補足に書きます。

応援のお言葉ありがとうございました!

投稿日時 - 2007-06-15 21:25:24

ANo.25

私は、今年24歳になる女性ですが、あなたは素晴らしい母親だと、心からそう思います。質問、補足、回答からあなたが本当に娘さんを大事に育ててきたのが良くわかりますよ。
でも、どんなに大事に育てていても、子ども側には多かれ少なかれ不満があるものなのです。親の心は子どもにはわからないのですね。
恥ずかしながら、私はまだ母親になっておらず、親の気持ちは本当には理解できないのですけど。
私の家も田舎なのもあり古風な考えです。長女なので、厳しく押さえつけられて育ちました。昔はよく家を出たらどんなにスッキリするだろうと考えていました。決まりやマナーに縛り付けられ、窮屈でした。そして、そんな子育てをする親をダメだと思っていました。
子どもは親に完璧さというか、理想を求める気がします。なかなか両親も人間だということを認められませんでした。親に欠点があることが許せないのです。
けれど、私も大人に近づき、ある日「ああ、この人たちも人間で男であり女であるのだ」と唐突にわかりました。認められないでいた期間は苦しく、親を憎しみに近い目で見たこともあります。これが、一般には反抗期なのでしょう。
現在は大人になるのに時間がかかるといいます。娘さんは頭がとてもよいのでしょう。ある意味、子どものままでも様々なことが理解でき、問題が解決できるのでしょう。
だから、「まだ子ども」なのだと思います。
それか、娘さんはすごく善悪に対して、物事の筋というものに対して、厳しいのかも。それが全くの他人であれば許せるけど、親だから許せないのかもしれません。
娘さんに対する扱いに問題はあったと思いますが、普通の範囲内でしょう。それでここまでしてしまうのは、娘さんの性格でしょうね。
弟さんと同じように愛していた、当たり前ですよね。だけど、子どもは理解できないのです。全く同じ扱いを受けないと、「自分よりも弟が」とおもってしまうんです。私もそうでした。親にならないとわからないそうです。だから、そのことでご自分を責めないでください。

読んでいて思うのは、もう少し、あなたにこのことを受け入れる時間がいるのかな~と。
だんだん整理されて、落ち着いてこられているようですが。
偉そうにすみません。でも、本当にあなたが娘さんを思う気持ちに胸が痛くて。
娘さんがいつか解かってくれることを願います。

投稿日時 - 2007-06-06 16:58:58

お礼

shiho225様ご回答ありがとうございます。

>「まだ子ども」なのだと思います。

そうかもしれません・・・
私達親が、成人後も一人前の大人として扱っていなかったせいもあると思います。

あなたがおっしゃっていること、少し前の私なら「そうでしょうそうでしょう!」と自信を持って答えられました。
でもここで色々な回答をいただいて、親としての自信がなくなりつつあります。

でも息子とは本当に平穏無事な親子関係なんですよね・・・
きっと将来結婚をして式をあげて、子供がうまれて孫を抱かせてくれるのでしょう。
そういったことが簡単に想像できるんです。
でも娘は違いました。結婚するとしても式なんてしない、子供もうまないから、とあらかじめ言われてしまいました。
私は娘の結婚式のための費用を、娘がうまれたときから貯めていたのですが・・・

>もう少し、あなたにこのことを受け入れる時間がいるのかな~と。

そうですね、私もそう思います。
今は、1年間の空白に対してあせっている感じがします。

投稿日時 - 2007-06-15 20:59:00

ANo.24

#2と#21のSOS-SOSです。
再度再度お邪魔致しまして申し訳ございません。
何故かとても他人事とは思えなくて・・・。

タイムラグがあり、#21は適切ではありませんでしたね。ごめんなさい。

>今では、娘が何を言ってきても、受け入れる気持ちがあります。
子供の頃から嫌な思いをさせてきたことも、一つ一つのことに謝りたいと思っています。本当に今更遅いのですが・・・

↑を読んで胸にこみ上げてくるものがありました。
お嬢さまを愛しく思われているからこそ、のお言葉と思います。
今さら遅い、ということはないと思いますよ。
質問者さまにとって、お嬢さまがかけがえがない存在なのと同じく、お嬢さまにとっても、お父さま、お母さまは、この世でたった一人のかけがえのないお父さま、お母さまですよ。

私も実は、1年前のことというのを読んで驚いたのですが・・・
質問文にある
>今の私にできることはあるでしょうか
なんですけど、私を含め、色々な方が色々なことを回答していますが、
最終的には、質問者さまがご自分の心に耳を澄まして、「私はどうしても~したい」というお気持ちを大切になされますようにと・・・。

世間や常識やご主人がどうこう、ではなく、お嬢さまを生み育てたお母さまとしての心の叫びがあると思います。そのお気持ちを大切にして行動することが、お子さまたちの気持ちを大切にしていくことに繋がると思います。

質問者さまとお嬢さまが親子の絆を結びなおせますよう、心から祈念しております。心労もいかばかりかと思いますが、どうぞご自愛くださいませ。

投稿日時 - 2007-06-06 15:21:55

お礼

SOS-SOS様、どうもありがとうございます。

>お嬢さまを愛しく思われているからこそ、のお言葉と思います。

はい、こうなってしまった今でも、娘は大事です。ずっと大事でした。
最近、うまれてまもないときのことをよく思い出します。
娘が初めてねがえりをうったときは、なんだか感動して泣いてしまいました・・・
初めてつかまり立ちをしたときのこともはっきり覚えています。
(息子の時は、どちらも気づいたらやってた、という感じでしたが・・・)
成長しても、成人しても、同じような気持ちで接することが出来ていれば・・・

>私も実は、1年前のことというのを読んで驚いたのですが・・・

私も、他人の話として聞いていたら「1年もなにしてたの!?」と思うのでしょう・・・
自分のこととなると、なんと申しますか、危機感というものがないのだと思います。
自分の生活のこともありますし、なんだかんだで1年あっという間でした・・・

>最終的には、質問者さまがご自分の心に耳を澄まして、「私はどうしても~したい」というお気持ちを大切になされますようにと・・・。

どうもありがとうございます。
まだ、このことを真剣に考え始めてから日が浅く、夫の協力も得られないしで・・・
毎日考えが二転三転しているんです。
いつかはきちんと考えをまとめて、行動したいと思っております。

投稿日時 - 2007-06-15 20:46:13

ANo.23

再度です。
私は、つい最近のことかと思い回答してしまったんですが、
娘さんと音信不通になったのは1年前のことなんでしょうか???

1年も、何やってたんですか?
本当に娘さんを探そうという意思があるんですか?
申し訳ないんですが、全く理解できません。

私は母と同居しています。
夫と私がちょっとした喧嘩をしてしまい、話し合うために部屋に入ります。
すると母がやってきて「どうしたの?私も参加したい」と言います。
母曰く「家族だから、参加する資格がある」そうです。

私は母に「貴方は事情を知って安心したいだけでしょう?
事情を知り、その後一体何ができるっていうんですか?」と言いました。

質問者様の相談は、母のその心境とよく似ている気がします。
「一体、私達のどこが悪かったのか」
「どう思って家を出て行ったのか」
「今までの生活は何だったのか」

その疑問、全て娘さんが持っていたもののような気もします。
「私の何が悪くて、お母さんたちは私をいけないと言うのか」
「どうしてこんな方法をとらなくてはならないのか」
「私が生きてきた過去を全て捨てなくてはならない、今までは何だったのか」

10年間、意思を曲げることなく行動に移した娘さんの気持ちがわかるのであれば
「離婚して探せということですか?」など疑問に浮かぶでしょうか?
何故“自分の”夫を説得し、娘を探すという当たり前のことがで気ないのでしょうか。
それのどこが「普通の家族」なんですか???

本当に、理解しがたいです。

投稿日時 - 2007-06-06 14:26:44

お礼

0pandora0様、再度ありがとうございます。

>1年も、何やってたんですか?

元々楽観的な性格なのか、いずれどうにかなるだろう、そのうち連絡がくるさ、娘にかぎって、などということを考えていました。
今でも心のどこかで、なにか事情があって連絡くれないだけじゃないか、そのうちくるんじゃないか、と思っている部分があるんです。
今後時間がたつにつれ、色々思い知らされていくことになるのでしょう・・・

>何故“自分の”夫を説得し、娘を探すという当たり前のことがで気ないのでしょうか。

これは私も本当に問題だと思っています。
でも私も1年間何も考えてこなかったのですし、そういったことはあるのだと思います。
人って本当に色々なんですね。理詰めで動く娘や感情のみで動く夫。
親子でもこんなに全然違うのに、所詮他人の夫婦なんて、、、とネガティブになります。
もうすぐ結婚して30年になります。色々考えてしまいます。

>それのどこが「普通の家族」なんですか???

今でも、娘のこと以外は「普通の家族」なんですよ。
娘のことがあるから普通の家族じゃない、と言われればそれまでですが。
夫とは毎日夕方一緒にお散歩をしています。娘のこと以外だと会話も多いです。
息子は一人暮らしをしていますが、たまに帰ってきますし、週末は家族3人で夫の船で釣りにでかけたりします。
皆で日焼けして、皆でお魚をさばいて、わいわい食べて・・・
夫も、娘を自分の船に乗せることを夢見ていましたので(これも押し付け・・・なのかな・・・)、今ここに娘がいたらどんなに素敵だったろうかと思います。

投稿日時 - 2007-06-15 20:34:10

ANo.22

>私は娘を諦めるべきだ、ということでしょうか。
それとも、夫に離婚を言い渡されてでも娘を探し出せ、ということでしょうか。

今のままならどちらしかないでしょう。

投稿日時 - 2007-06-06 13:51:10

お礼

yakyutuku様、何度もありがとうございます。

そうですね、まだ時間がかかると思いますが、いずれしっかりした考えで行動しようと思います。

投稿日時 - 2007-06-15 20:16:37

ANo.21

たくさんの回答、補足、お礼を読んできて、思ったことを書かせていただきます。

きついかもしれませんが、
質問者さまは「相手を尊重する」ということが、実際の生活の様々な場面でどうすることなのか、お分かりでしょうか?

「普通の家庭だった」と言われていますが、
>親の言うことはすべて正しくて、お嬢さんがが違う事を言えば、それは全て否定される
そうですね、今思えばそんな環境だったと思います。
↑を読むと、お子さんを一人の人間として尊重することの決してないご家庭だったように思いますが?(ちなみに、私たちの家庭もそうでした)
一方で、
>娘は悲しんだり怒ったりしながらも、私達両親のことを理解しようと努力してくれていました・・・
↑ご両親はお子さまのことを尊重しなのに、それでも、お嬢さんは健気にご両親を理解しようと努力なさっていたのですね?理解しようと努力していたのはお子さんの方で、ご両親は、子どもは親の言うことを聞くべき、とお子さんを理解も尊重もしてこなかった?

「尊重」とは尊び、重んじること、ですが、お父さまはもちろん、ご質問者さまもお子さまを尊重されましたか? 子どもは親の言うことを聞くべき、ということで尊重してこられなかったのですよね?

>ただ、それ以上に「普通の親子」の時間が多かったものですので、それらの思い出が、きちんとした考えを妨げております。
春は家族で山菜採りに行き、夏は家族でキャンプに行き、秋は家族でキノコ採りに行き、冬は家族でスキーに行き。
↑形だけ?って思いました。人として本当に大事なことは何でしょうか?

>娘のために洋服を何十着も作った・・・
↑お子さんが本当にして欲しかったことは何でしょう?
質問者さまが洋裁がお好きだったので、進んでされたのですよね?
それを快く着ていたお嬢さまは、お母さまを尊重されていました。
ご両親は、どうでしたか?これまでお子さまを尊重されましたか?

分かりますか?どうか、しっかり気がついてくださいね。いま、この機会があってこそ、気がつけるのですから・・・

>私はというと、娘の言うことは正しいことだということはわかっていましたが、それは自立して社会に出てから言うことだとか、家にいるうちは親のいうことを聞くものだとか思いましたし、
なにより夫の機嫌をこれ以上悪化させたくないので、夫のフォローに精いっぱいでした。
↑この文をもう一度、よく読んでください。
質問者さまが大事にされたのは何ですか? 質問者さまが重んじたのは何ですか? お子さまが本当に大事でしたら、こうではないんですよ?

>元通りの親子には戻れない
当たり前ですよ。質問者さまが、お嬢さんを大切に思うなら、元の親子関係では子どもがひたすら耐えて、辛い思いをしていたことに気づき、これからはお互いがお互いを尊重し合える関係を新たに築くしかありません。質問者さまが人として、母として、もう一回り大きくなるために与えられたチャンスですよ。

質問者さまは、質問者さまが考える親の愛を自分なりに精一杯、お子さまに与えたのでしょう。それは、確かなことです。でも、お子さんが欲しい愛はまた別のものだったのでは?

相手が嫌がることはしない。相手が望んでいることに応える。
実は私もできなかったので、良く分かるんですけど・・・。

投稿日時 - 2007-06-06 12:37:41

お礼

SOS-SOS様、何度もありがとうございます。

>お子さんを一人の人間として尊重することの決してないご家庭だったように思いますが

さきほどANo.18の方へのお返事に書きましたとおり、ずっと「子供は子供」として見てきました。
そこに、他の人に対してするような尊重はなかったと思います。
けれど、子供として尊重してきたこともあります。
この先、娘が社会に出たり家庭を作ったりしてこそやっと、一人の人間として尊重しよう、と思っておりました。

>お子さまが本当に大事でしたら、こうではないんですよ?

そう・・なのでしょうか・・・
「それは自立して社会に出てから言うことだとか、家にいるうちは親のいうことを聞くものだとか」という考え、絶対的に間違っているとは思っておりません。
誰のおかげで今生きていられるのでしょう?着ている服、食べているお菓子、全て親が働いて得た収入で買ったものです。
親と対等に口をきくのは、親と同程度のことができてからだと思っておりました。
言っていることが全て正しいからといって娘の言うことに従って生活するなどということは受け入れられませんでした。
当時は中学生~高校生くらいの時でした。アルバイトもしておりませんでした。
一人ではなんにもできないのに、口では大人のようなことを言う。
ひどく違和感を感じました。
娘は大事でしたし可愛かったですが、言うことをきくことと尊重することが同じことだとは思えませんでした。

ほかの事ははno.24の方に書かせていただきますね。

投稿日時 - 2007-06-15 20:14:55

ANo.20

とても難しい問題で、私のような者が発言して良いのか迷いましたが・・・一意見として書き込みすることに致しました。

質問者様のお嬢さんが縁を切る理由として、質問者様ご自身が思い当たる理由の補足を読んで私が率直に感じたことを書きます。

質問者様自身が、ご主人と対等でない、独立した「個」を持っていない印象を感じました。
お子さんの進路や意見に対して、あまりにも「親の意見」を押しつけすぎな感じも伺えます。
ご質問者様が、ご主人の思いに反することなくご両親そろって、頭ごなしに「お前の意見は間違っている」といわんばかりに、子どもの意見を潰そう!!といった勢いさえ感じます。



ここからは私の想像です。

ご主人は、普段は優しいところもあるかとおもいますが、横暴な俺様的な所はないでしょうか?
そして、質問者様はそんなご主人に逆らえず、ひたすらご機嫌伺い。
お嬢さんはそんな家庭・ご両親に嫌気がさしたのでは・・・。

ご質問者様が「思い当たるフシ」として述べられた3つの補足。これはこれでお嬢様が縁を切ろうと思うのに拍車を掛けたかもしれませんが、直接的な原因ではないと思います。
根本的に何事に置いても、他の方がおっしゃるように頭ごなしに否定・罵倒するのではなく、なおかつご質問者様ご自身が「自分の考え」としてアドバイスを差し上げていたらここまで拗れるようなことはなかったような気さえします。

幼い頃から横暴な父、いいなりな母。

実は私の両親もそんな関係が成り立っていました。父は優しいところも勿論人並みにありましたが、それ以外に自分以外を見下すような「俺様」な部分が所々ある人でした。そして、そんな父に逆らえない母。子どもに対しても、父の意見が正しいとばかりにダブルで圧力を掛ける両親。
そして、母は子どもに対してとても過干渉な人でした、質問者様のように「娘が心配」という大義名分のもとに日記を覗いたり、テスト前になると私が寝静まった頃に部屋にこっそり入り、どれだけ試験勉強をしたかノートを覗いたりしていました。
かといって、表だって「勉強しろ」などと言う人でもなかったので「自分は、よその家庭と違って勉強に口うるさく言わないよい母親だ」と、思っていたようです。
ご質問者様のように、子どものプライバシーを侵した(日記を覗いた)事を悪びれもなく公言していました(もう少し「悪いことをした」という姿勢でしたら、私も読まれたこと自体をそんなに根に持つことはなかったかもしれません)
娘の私はその行為が嫌で嫌でたまりませんでした、そんな母を信頼・信用など出来るはずもなく、それこそ、買い物に行ったり悩みを話したり表面上仲は悪くなかったと思いますが、親子の信頼関係などありませんでした。決して嫌っていたわけではなく「親」としてというよりは、友人・知人・同居人。といった感覚に近かったです。そこには親子間の信頼や尊敬などはなかったのです。

どんなに小さな子どもにも、人格やプライバシーというものがあります、それを頭ごなしに押さえつけたり「親だから」といって何をしても良いわけではありません。
それが積もり積もれば、信頼関係もなくなり心も離れていくでしょう。

私も24歳の時にとうとう家を出ました。
家庭に「私の居場所」がないので。

今はその母は亡くなり、父とは相変わらず「仲は悪くないが、なんだか他人な関係」です。
ただ・・・母が亡くなったことと、私が親の年齢に近づき気持ちの変化があったせいか、家を飛び出した当初よりは随分考え方が変わりました。
両親にも感謝の気持ちはあります(相変わらず、親として尊敬は出来ないですし、反面教師的にはなっていますが)親孝行もしたいと思います。
でも、そんな家庭で育ったので「家庭」というものに夢も希望も持てず、自分の子どもを持つことに大いに躊躇いがあります。

質問者様のお嬢様は、確かにまったく居所を悟られないようにまでするのは私には理解できませんし、人としてどうかとは思いますが、そこに到るまでには彼女なりの相当な葛藤があったのだと思います。

質問者様のお嬢さんは、完全なまでに拒絶しているので、ここで質問者様が到らない部分を改めても、それを見せる機会がない、名誉挽回出来る機会がない・・・と、思われるかも知れませんが。
遠い将来、お嬢さんの気持ちが溶けるその時まで、お嬢さんに関しては直接手を貸すことは出来ずとも、元気で幸せに暮らせるように願い、いつでも助けられる心構えは残しつつも「娘さんに対する執着」だけを手放し、ご主人との関係も含め(離婚を薦めているわけではないですよ)ご自身を見つめ直してはいかがでしょうか?

とりとめのない文章になってしまい申し訳ありません。
あえて娘さんの立場よりの意見を書いてみましたが、質問者様の葛藤や喪失感も私の想像する物以上の事でしょうし、補足やお礼を読むたびに本当に胸が締め付けられる思いです。
どうか、お体だけは大切に・・・・

投稿日時 - 2007-06-06 11:39:25

お礼

korie様ご回答ありがとうございます。

>ご主人は、普段は優しいところもあるかとおもいますが、横暴な俺様的な所はないでしょうか?
>そして、質問者様はそんなご主人に逆らえず、ひたすらご機嫌伺い。
>お嬢さんはそんな家庭・ご両親に嫌気がさしたのでは・・・。

そうですね、機嫌が悪い時やお酒を飲んだ時に荒れるとひどかったです。物が壊れました・・・
でもだからといって私が絶対に逆らえないということはないです。
行事や買い物は私の一存で決まりますし・・・
私に対する暴力は一切ないですが、理不尽な理由で子供を殴ろうとしたときは、本当に力ずくで止めたこともありました。
年をとるにつれてだんだんおとなしくなっていったので、昔のことには目をつぶっています。
でも今娘の話に応じないのは問題だと思っています。

娘も息子も、昔は「さっさと離婚すりゃいいのに」と何度も言ってきました。
娘とも、これでもよく話はしていて、「お父さんはお母さんにふさわしくない、もったいない」と言ってくれたこともあります。
で、私がまた悪癖で、「両親の問題に子供が口をはさむな、お前にはなにもわからない」と怒って・・・
荒れる父親、それにずっとつれそう母親、両方とも嫌だったでしょうね・・・

>質問者様のように「娘が心配」という大義名分のもとに日記を覗いたり
>悪びれもなく公言

私はプライバシーの侵害は家族間でも良くないことと思っております。
そのときも、娘が心配などという意識は全くなく、自分のノートだと思って開きました(おそろいのを持っていましたので)。
またそのことについてここで申し訳なさそうに書くこともできますが、字数制限がありますし、そういうことを書くよりは文面を書いた方がいいと思ってああいった書き方になりました。
娘の交換日記を読んだことは、夫にも誰にも話していません。
この場を借りて弁解させてくださいね・・・

>いつでも助けられる心構えは残しつつも「娘さんに対する執着」だけを手放し

なかなかそういった器用なことができないです・・・
頭ではそうしようって思うのですが・・・

投稿日時 - 2007-06-15 19:50:13

ANo.19

質問者さんは本当にお母さんなのでしょうか。
24歳の娘さん本人のような気がしてなりません。
私は31歳既婚者ですが実の母親が嫌いです。一時期絶縁していましたが今はまた(見かけだけ)仲良くしています。ですが心の中はいつも嵐が吹いていていつ自分が爆発するのではないかとヒヤヒヤします。
夫を心の中で思いっきりバカにしているくせに
自分ひとりでは何もできないので子供に親を立てるように強制しているところが私の母親と同じです。

参考URL:http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1039-5.htm

投稿日時 - 2007-06-06 11:06:53

お礼

kiuko様ご回答ありがとうございます。

>質問者さんは本当にお母さんなのでしょうか。

はい・・・

>自分ひとりでは何もできないので子供に親を立てるように強制しているところが私の母親と同じです。

自分ひとりでも充分くらしていけますし(極論ですが、夫と離婚して本気で娘を探すことも考えの一つとして持っています)、子供に親を立てるよう強制したこともございません。
後者については本当に難しいところですが、説明一つでどうとでもとられてしまいます。
きっと本人達はそれが一つの家庭のあり方だと思って暮らしているのだと思います。
子供が親をバカにするな、蔑ろにするな、ということが親を立てることを強制することに直結するのでしょうか。

投稿日時 - 2007-06-15 18:57:51

ANo.18

こんにちは。補足、回答等読ませていただきました。
私の率直な意見としては、縁切したお嬢さんの気持ちが少なからずとも分かる気がします。
質問者様はお嬢様を「家族」「娘」以前に一人の人間として見られたことはありますか?
質問者様の意見を読む限り私にはお嬢様が、一人の人間として扱われてこなかった気がしてなりません。

大学進学の際、お嬢様がどんな気持ちで土下座して進学のお願いをされたのか。質問者様は多少なりともお嬢様の気持ち理解できましたか?
私はとても胸が苦しくなりました。
奨学金での入学。それも高校の先生の強い推薦で。
そんなに勉強が出来る優秀なお嬢様を高卒で就職させる必要がありますか?

「女に学歴は必要ない」っていつの時代ですか?
学歴、必要ですよ!
自分の人生を選ぶ選択肢を広げることですから。
家庭の事情でどうしても大学に進学する費用がないとか、本人が進学する意思がないとかなら別ですが。

親として出来ることは子供の人生の選択肢を広げるよう勤めることです。
子供の人生を制限させてしまうことではありません。

質問者様は「普通の家族」といいますが、「普通の家族の形」を押し付けて自己満足しているだけではないですか?
キャンプにスキー、円満な家族の形を取るだけでお嬢さんの意見、気持ちを汲んだことはありますか?
お嬢さんは頭がいいからいろんなことを考えすぎてしまう←この一言で全て切り捨てていませんか?そしてまた、自分の「こうあるべき」「これが普通」を押し付ける。
うんざりですね。私なら。

一度としてお嬢様を認めたことはありますか?
一度として周りの方が褒める素敵なお嬢様を誇りに思ったことはありますか?
一度としてお嬢様の意見を真剣に受け止めたことはありますか?

補足の欄で、10年前から計画を立てて家を出るともりでいたなら、普通に笑って接することが出来るものか?とありましたが、私なら出来ます。
むしろ決めたことによって、よりおおらかに接することが出来ます。
だってどんなに理不尽でも、つらくても後○年の辛抱ですから!

質問者様はここまでお嬢様を追い込んだこと、自分の非をうすうす気づいていらっしゃいますよね?
でも補足、回答を読む限りではまだご自分の非を認めたくないのでしょうね。

質問者様に出来ることはまず、ここまでお嬢様を追い込んだという事実をしっかり受け入れることだと思います。
「もっとひどい家庭もある」でしょうがそれよりもマシなはず。と思っている限りお嬢様を探して会えた所で関係は悪化するだけだと思います。

周りに非を探すのではなくまずご自身の非を認めてください。
お嬢様を探すのはそれからでも十分です。

投稿日時 - 2007-06-06 10:42:32

補足

続きです。

>一度としてお嬢様を認めたことはありますか?
>一度として周りの方が褒める素敵なお嬢様を誇りに思ったことはありますか?
>一度としてお嬢様の意見を真剣に受け止めたことはありますか?

耳が痛いです・・・
何人かの回答者様から、娘を褒めすぎというお言葉をいただきましたが、
今まで、娘に対しても周りの人に対しても、娘のことを良く言ったことはなかったんです。
認めたことも褒めたこともなかったです。
一人前に家庭を築いて、それから今までのことを色々話そうと思っていたんです。
先ほども言ったとおり、「子供」としてしかみていなかったのです。

このような場で、娘に通じない場で、娘を褒めるより、もっと直接本人に言いたかったと後悔しています。

投稿日時 - 2007-06-15 18:48:03

お礼

momosama01様ご回答ありがとうございます。

>「家族」「娘」以前に一人の人間として見られたことはありますか?

改めて考えると、ずっと「子供」として見ていたと思います。
そしてそれが当然のことだと思っていました。

>そんなに勉強が出来る優秀なお嬢様を高卒で就職させる必要がありますか?

夫も私も、勉強ができることをさして大切なこととは考えていませんでした。
そもそも本人も、もう勉強したくないから大学はいきたくない、と言っていたのです。
それを高校の先生達のよいしょにおされて簡単にかえてしまって・・・

>学歴、必要ですよ!

そうなのでしょうか?
せめて高校さえ出ていれば良いのでは・・・と思っています。
まわりにも、中卒高卒で立派に生きておられる方がいます。

>キャンプにスキー、円満な家族の形を取るだけでお嬢さんの意見、気持ちを汲んだことはありますか?

ここでの文章だけでは全てを説明しきれないのですが・・・
そうですね、娘が幼い頃の旅行等は、毎回家族会議を開いて、どこへ行くか、何を持っていくかなど、子供たち中心に決めていました。
それは決して押し付けや形だけのものではなかったです。
ANo.15の方への補足にも少し書きました。

>お嬢さんは頭がいいからいろんなことを考えすぎてしまう←この一言で全て切り捨てていませんか?そしてまた、自分の「こうあるべき」「これが普通」を押し付ける。

そうですね・・・
そしてその押し付けをはねのけられて、親が怒って、家族がうまくいかなくなって、それなら賢いことは必要ないのじゃないか?と思っていました。
我が強い子でしたので、賢いだけでは語れなかったのですが。本当に協調性がなく・・・このふたつが合わさって、ひどかったのです。

続きは補足に書きます。

投稿日時 - 2007-06-15 18:47:43

ANo.17

加藤諦三さんの著書
「愛されなかった時どう生きるか」を読んだことがあります。
他のご回答者様とのやり取りを拝見し、あなた方は「子供を愛さなかった」親の側ではないかと感じました。
愛し育てているつもりでも、それは愛ではなく、押付けに過ぎないのです。
娘さん・息子さんは愛されていなかったのです。
親に拒否されたら子供は生きていけませんね。ですから子供は、親に従うしか方法が無いのです。
独力で生きる手段を手に入れた娘さんは、両親の押付けがましい感情から逃れる道を選ばれたのでしょう。

お時間ありましたらご一読されては如何でしょうか。

投稿日時 - 2007-06-06 10:39:09

お礼

MuraMarmar様ご回答ありがとうございます。
おすすめの本、読んでみようと思います。

投稿日時 - 2007-06-15 18:27:50

ANo.16

45歳 21歳の息子のいる父親です。
心痛お察ししますが、根本的な理由がおわかりになられていないですよね。

・娘さんが子供を持ちたくないと頑なに考えていることにも理由が隠されているような気がします。
・一母親であるお稽古の先生が、娘さんのことを理解し、約束を守り続けることからも、娘さんの考えに賛同できる部分(親と縁を切ること)があるということではないでしょうか。

娘さんは10年も悩み、考え、そして実行したのです。
その10年間、何も気付かなかったことが問題なのです。
血液型占いのこと、成人式のこと、他にも沢山の小さなことの積み重ねかもしれません。
もっと大きな理由(質問者様にとっては当たり前のことで、娘さんには理解できない、許すことの出来ないこと)があったのかもしれません。

実の親子で『勘当』『離縁』はできませんので、人として暮らしていく限り、見つけることは可能です。
しかし、ご主人のプライドや世間体が大切だと考えている以上、見つけたところでなんの解決にもならないと思います。
大変失礼な言い方ですが、ここで質問していることに関しても、実は世間体のためだったりしませんか?
近所の方や親戚に『娘さんは今どこでどうしてるの?』と聞かれても答えることが出来ないことに対し、答えられるようになりたいのではありませんか?
本当に娘さんのことを思うのであれば、ご主人のプライドなどには関係なく、必死で見つけようとするのではないでしょうか。

大変辛口のコメントになってしまい申しわけありません。
とりあえずは娘さんが元気に暮らしていることを祈りながら、暫くは静観することをお勧めします。
『心配していること』『とにかく元気でいて欲しいこと』『いつまでも親子なのだから、困ったことがあったら相談して欲しいこと』などを、積極的にではなくて構わないので、機会があったら伝えて欲しいとお稽古の先生に託しておいたら如何でしょうか。
あくまでも、『なんとしても伝えて欲しい』ではなく、『機会があったら』という部分が大切だと思います。

乱筆乱文にて失礼しました。
娘さんの幸せをご祈念申し上げます。

投稿日時 - 2007-06-06 09:57:53

お礼

jimbee様ご回答ありがとうございます。

>もっと大きな理由(質問者様にとっては当たり前のことで、娘さんには理解できない、許すことの出来ないこと)があったのかもしれません。

そうですね、きっとそうだろうと思います。
今更といわれても、勝手といわれても、私はそれが知りたいと思っています。

>ここで質問していることに関しても、実は世間体のためだったりしませんか?

そういった考えはございません。
世間体のためというなら、いくらでも答えようがあります・・・

投稿日時 - 2007-06-15 18:26:13

ANo.15

娘さんと年が近いのと、親に対しての感情を近そうなものをもっている気がしています。無責任な発言もよい・・・というお言葉がありましたので、勝手な私の推測と私の過去の経験で、述べさせていただきたいと思います。つらいお気持ちをよりつらくさせてしまったら、ごめんなさい。

娘さんからすると、本当だったら、大好きなはずな両親なのに好きになりきれず、つらかったのではないでしょうか。大好きな気持ちを受け止めてもらえず、そのうち、愛情が嫌悪になってしまったのではないでしょうか?お稽古ごとの先生、とても素敵な感じがします。なんといっても、そのまま自分を受け止めてくれそうなお言葉が多いですよね?
それと比べて、ご両親の娘さんに対する態度はどうだったのでしょう?
また、子どもの性格をみて、子育てしてきましたか?
自立心が旺盛な子どもに親の勝手な押しつけ、命令は禁物だと思います。私も親の勝手は価値観をおしつけられ、それで随分苦しめられました。(アダルトチルドレンの一種だろうと自覚しております。娘さんのおそらくそうなのではないでしょうか?アダルトチルドレンだからといって、治療するというよりも、私は自分の意志でこういう人間になることを選び、実践しておりますので治療してことなどはないですが、自覚はしております。娘さんの気持ちがわかりたければ、参考までにアダルトチルドレンの本なども読まれるといいと思います。)

だんだんと成長するに連れて、周りの大人や友人の家族の話を聞きながら、自分の家族はおかしいと思っていました。母親はおそらくみんな、子どもは一人で勝手に育ったわけでないと思っていると思うし、実際赤ちゃんの世話をするのは大変だろうと思いますが、小さい時期を過ぎてから、子育てでは、情操面での教育はどうだっだと思っていますか?

娘さんの良い面を見つけ、のばせてあげていましたか?娘さんにとってよい環境でやりたいことをさせてあげていましたか?

私は、危ないとか、心配だったという理由で両親から止められたり、邪魔されてばかりいました。(私の両親の封建的で自分が経験したことしかさせてくれない上に、父は私の将来を20年先くらいまで勝手に決めていました。)そのため、正直、一人で育ったと思っています。自分で色々な大人や友人達からもたくさん学ぶようにして、考えがせまくならないよう、努力しました。
自分の親だけで、大人を判断するのは危険だと思ったからです。お稽古ごとの先生との交流をみていると、親に期待していた役割をやってもらえなかった分、先生との交流が深いのではないですか?そのため、あなたは、娘さんと先生のほうが上だと感じているのではないですか?

おそらく、娘さんにとって、先生こそ、理想の母親像であり、理想の大人だったのではないでしょうか?子どもを作らないと決めていると言うことは、娘さん自身が非常に先のことまで考え、自分に子どもを育てられる力量がないとわかっているから、子どもはいらない、と言っている気がするのです。親には誰でもなれます。子どもは親を選べないのです。だから、自分のように不幸な子どもを作りたくないから、子どもを作らないと娘さんが幼心に決めた思いを今もひきずっているように思えるのです。

私自身も中学生くらいのときから、様々な自分の家庭の問題点にきづき、親とも話し合おうとしましたが、話し合いの必要はないという一言ですべて諦めました。その結果、父とはほとんど連絡をとっていません。母には、小さい頃、育ててもらった恩があるので、見限らず、連絡は取っていますし、精神的な部分でも金銭的な部分でも親孝行しています。父には、金銭的な部分でしか親孝行しておりません。今までも何度となく縁を切りたいと思っていますが、私自身の人としてのプライドの部分が踏みとどまらせています。早く、親のほうが亡くなってしまいますしね。それに、年を重ねるごとに許してあげようという気持ちがでてきているのも間違いないです。

24歳の年齢を考えると、許すことはまだ、難しいと思います。私も今現在、親のことをずべて許せたかというとまだ、無理です。ただ、言えることは長い時間をかけて成長をしていく中でお互いを知り、許すことはできると思うのです。お互いの立場になることです。

娘さん、頭よいんですよね?両親以上に家庭環境についてや自分について考えて、悩んできたと思います。どこかで、両親を追い越してしまったんだと思います。そうすると、どうして親だから・・というだけで指図されなければいけないのだろう?私ってなんだろうとか本当に色々考えたと思うのです。その結果、両親とは認められないという結論になってしまったんだと思います。そして、両親を敬うもの、大事にするもの、親孝行をするものという考えもきちんと持っていると思います。長年、試行錯誤の上でだした結論だろうと思うので、私は、娘さんは親不幸とは言えないと思うし、彼女のやり方でこれから幸せになると思うのです。救いは、お稽古ごとの先生と出会えたことによって、様々な成長をすることができたと思うし、心配はいらないと思います。ご両親より、よっぽど娘さんのほうがきちんといろんなことを考えているからです。

『覆水盆にかえらず』です。過去は誰にもかえられません。娘さんは、未来の自分を生活を縁を切るという形でかちとっているわけですから、今まで娘さんに忍耐をしいた分、娘さんに我慢させていた分、好きにさせてあげるのはどうでしょうか?

彼の情報の非常にすくないので、なんともいえませんが、若い内から苦労している人は、多くのことを年以上のことを理解している人が多いので2人で助け合って、頑張っていくのではないでしょうか?焦らなくても、いつか、連絡を取れる日がきます。今、焦って動けば動く分、両親はやはり自分のことを理解してくれていなかったと絶望するだけのような気がします。

見守ることの大切さ、理解していますか?
今、それが必要な時だと思います。

若輩者が失礼なことを書きましたが、このような意見もあることを心にとめておいていただけると、少しは娘さんの気持ちもわかるのではないでしょうか?また、過去のことを悔やんでも取り戻せません。事実を見つめた上でこれからどうするか、前向きに考えてください。あなたが泣いて毎日悔やむ姿を娘さんは見たいと思いますか?

私が以前、なにかのことばをきいて思ったことがあります。
『子どもの成長過程において、親が常にいい親であるとは限らない。幼少の頃、いい親でも成長期では悪い親かもしれないし、親もまた、親である前に一人の人間』に気づいてから、随分親を許せるようになりました。今のあなたの状態を考えると、成長期は娘さんにとっていい親ではなかったかもしれないけど、これからの娘さんにとって、努力次第で十分いい親になれる可能性ありますよね?

次にあうときに、娘さんに変わったと思われるよう努力してください。そして、学力の上ではすでに娘さんのほうが上からもしれないですがあなたしかわからない経験もいっぱいされていると思います。教養や母として家族を支えてきたことなどいっぱいあると思います。
まだ、40年近く時間はあります。焦らなくて、大丈夫です。

時間が経ったときに、お互い許し合い、新しい親子関係を築いていけること、心からお祈り申し上げております。

投稿日時 - 2007-06-06 09:48:45

補足

続きです。

>私は、危ないとか、心配だったという理由で両親から止められたり、邪魔されてばかりいました。

我が家もそうでした。
私の友人からは、たまに「箱入りだねぇ過保護だねぇ」と言われたりしていました。
まず門限が、よその家庭よりずいぶん早かったようです。
娯楽施設にも制限を設けていました。カラオケやビリヤードなど・・・
高校は、娘の希望する高校に入らせたのですが、とにかく治安が悪く、
警察や各機関のお世話になったり、退学停学になる生徒がたくさんいました。
娘は「そんな人たちの影響は受けない」と言い張っていましたが、親としては本当に気が気じゃなかったです。
門限は窮屈だったみたいですが、娯楽施設は娘自身あまり興味がなかったようで、隠れて2,3度行ったあとは自分の意思で行かなかったようです。
高校時代に厳しくしたこと、いくら疎まれたとしても後悔しておりません。

でも、娘の害にならない(と夫と私が思っている)ことは、できるかぎり娘の自由にさせてきました。
娘は本当に自然が大好きだったので、各シーズンの旅行にも子供の希望を取り入れました。
人がいないような穴場を娘のために見つけるために、夫婦二人ででかけたこともあります。
お稽古事も、書道とピアノですが、長く続けられるよう応援してきました。
設備や道具、発表会、お月謝などとてもお金がかかりましたが、一応の形になるまで続けることができ、親子とも満足していました。
書道は師範にまでなりました(流派によって違いますが、娘のところは本当に長い時間をかけないと師範にまではなれないようです)。

>育ててもらった恩があるので、見限らず、

どうしても古臭い考えが抜けないのか、やはりまだ子が親を見下したような言動をすることに抵抗があります。
(逆はいいと言っているわけではありません・・・)
見限る、って言うんですね。子が親を見限る。うーん。
(見限られた自分がうだうだ言っているのは滑稽ですが。)

>どこかで、両親を追い越してしまったんだと思います。
>そうすると、どうして親だから・・というだけで指図されなければいけないのだろう?
>その結果、両親とは認められないという結論になってしまったんだと思います。

そういうことってあるんですね。
私も夫も、まわりも自分達も本当に平凡で普通で、悪く言えばバカ、となるのでしょうか、そういった中で何十年も生きてきました。
娘の考えには、本当に理解できない部分が多々あり、話すたびに悩みました。
私達はバカみたいに上の世代から「子は親の言うことをきくもの」と言われ、信じて育ってきました。
両親を追い越すなんて、背くらいでしょ?という考えです。
両親とは認められないなんて、そっちの考えのほうが認められないよね、です。
こんなふうになってしまった今では、嫌でも認めざるを得ませんが。
田舎者のジジババには衝撃的です。

>あなたが泣いて毎日悔やむ姿を娘さんは見たいと思いますか?

おそらく見て、娘は喜ぶでしょう。この現状は娘にとっては「復讐」らしいですから・・・

>若輩者が失礼なことを書きましたが、このような意見もあることを心にとめておいていただけると、少しは娘さんの気持ちもわかるのではないでしょうか?

失礼だなんてとんでもないです。とても勉強になりました。何度も読みました。手帳にも書き出したりしました。

投稿日時 - 2007-06-12 23:55:46

お礼

seagull_sa様ご回答ありがとうございます。
娘と状況が似ているのですね・・・
書かれた文章も、なんだか娘の書いたもののように思えました。

>アダルトチルドレン

これは、以前娘から話をされたことがありました。
一緒にカウンセリングに行ってくれないかと言われたのですが、これも後悔の種ですが、私の悪い癖で、そのことについてなにもしらないのに「大げさにして。くだらない」と一蹴してしまいました。
結局娘は一人で行き、結果は何も問題ないとのことでした。
ただ、娘が医者に話した内容によると、私は年の割りに幼い言動をするということも言われたそうです。
自分でも、少し躁の気があることは自覚しています。

>そのまま自分を受け止めてくれそうなお言葉が多いですよね?

そうですね。私もそう思います。
お稽古から帰ってきたあとは、良く先生の話をしていました。
私は何を聞いても、「よそのいえの子だからそういうこと言うんだよ」と言っていました・・・
本心でもありますが、嫉妬も少しあるのかもしれないです。

>それと比べて、ご両親の娘さんに対する態度はどうだったのでしょう?

ANo.13の方へのお返事に書いたとおりです。
娘の個性は危険なものだと信じて、平凡に育つことが幸せだと信じてきました。
なんてわがままで、ひねくれもので、がんこな子だろうと思っていました。
言った側は本当に全然覚えていないものなのですが、
きっと馬鹿にしたり、罵倒や叱責が多かったのでしょうね・・・

>周りの大人や友人の家族の話を聞きながら、自分の家族はおかしいと思っていました。

娘もそうでした。
中学生になった頃から、「○○ちゃんの家はこうだ、あそこはこうだ」とひっきりなしに言ってきました。
夫と私は「よそはよそ、うちはうち、うちのやりかたが気に入らなければ○○ちゃんの家の子になりなさい」と言いました。
そんなこと言うくせに娘の個性は認めていなかったんですよね・・・
娘も、可能であれば喜んでよそのうちの子になりたかったでしょうね。

>先生こそ、理想の母親像であり、理想の大人だったのでは

娘は常々、「先生は、本当に理想の人間、理想の女性」と言っていました。
(私に気遣ってか、理想の母親とは一度も言いませんでした・・・)

続きは補足に書きます。

投稿日時 - 2007-06-12 23:52:35

ANo.14

私にも社会人の娘がいます。
そして私自身も母が健在で、娘でもあります。

貴女の気持ちも、娘さんの気持ちも分かります。

>今の私にできることはあるでしょうか。

お稽古事の先生にもこれ以上はお願いできない。
警察や興信所は夫が嫌がるので頼めない。
正直打つ手がないですよね。

貴女に取っては厳しい意見だと思いますが、本当にお嬢さんを探す気があるのか疑問です。
私でしたら、夫が何と言おうと警察に捜索願を出して、興信所にお願いすると思います。
ありとあらゆる手を尽くして探すと思います。

もしも夫の機嫌の方が大事であり、夫が嫌がることは出来ないなら、遠くで娘の幸せを祈りますね。
「生きてさえいてくれればいい」と割り切ります。

私が死んでも、葬式すら出てくれないかもしれない。
もう2度と会えないかもしれない。
それでも今の生活の方が大事なら諦めざるを得ません。

それだけ用意周到にして出て行かれたなら、余程の決意があったと思います。
ただの家出ではないでしょう。
要は縁切りです。

娘さんと会えるかどうかは、貴女次第でしょうね。
他力本願で娘さんが帰ってくるとは思えません。
娘さんと会いたければ貴女が動かないと。

補足を拝見しましたが、娘さんお辛かったと思います。
貴女に取っての優先順位や優劣が凄くハッキリしてますよね。
1番が夫で、2番が息子。
3、4がなくて、5にお嬢さんって感じですもの。
お嬢さんがいなくなった今でも、それは変わらないように思います。
自分を否定されるって、凄く惨めです。
きっと家庭に自分の居場所がなかったんでしょうね。

やっと自分の居場所を見つけたんだと思いますよ。
何も出来ないなら、今は遠くで見守るしかないと思います。

投稿日時 - 2007-06-06 09:39:14

お礼

See1028様ご回答ありがとうございます。

>本当にお嬢さんを探す気があるのか疑問です。

私も疑問です。
何を言うんだとお思いになるかもしれませんが・・・
私は一体なにをしたいのだろう。
娘から拒絶されていることはわかっているのに。
娘の無事が知りたいだけなのか、交流を続けたいのか、
こうなった理由さえ知れればもうどうでもいいのか・・・

おそらく私が友人から同じことを相談されたら、See1028様と同じことを言うでしょう。
本気で探したいなら夫とかどうでもいいから、できうる限りの手段全部使って探せって。
まだまだやってないことたくさんあるじゃないって。

でもいざ自分のこととなると・・・
たしかに娘を探したい、でももしかしたらもう一生見つからないかもしれない。
見つかったとしても良い将来は全く期待できない。
今私が生きているのは夫のおかげ。
夫を失うのはリスクが高すぎる。
そんなふうに現実的に考えてしまいます。

それに、普通の夫ではないのです。
子供というか・・・もういい年なのに自分の気に入らないことがあると不機嫌になります。
DVはないですがモラルハラスメントをします。
(このことも娘に言われて気が付きました・・・)
まともな話し合いができません。
娘のことは、なんだか現実逃避しているような感じがします。
こんなことになっても「そんなはずはない」「なにかの間違いだ」と思っているみたいです。


>1番が夫で、2番が息子。3、4がなくて、5にお嬢さんって感じですもの。

他の方にも同じことを言われました。
そんなにこれまでの書き込みに端的にあらわれているのでしょうか。
娘も息子もわけ隔てなく育ててきたつもりです。
特に娘ははじめての子供でしたから、本当に大事に育ててきたつもりです。
みんな「つもり」ですが・・・

投稿日時 - 2007-06-06 13:18:52

ANo.13

誰も指摘しないのでお聞きしますが、娘さんの交換日記を読んだんですか?

>一度、娘の交換ノートのようなものを見たことがあって、今になってその文面が強く思い浮かびます。

この一文から推測するに、日記を見たのは失踪してからではなく、
娘さんが当時交換ノートをつけていた時であると思われるのですが。
何故読んだんですか?
親だから、娘を知るためなら読んでも良いと思われましたか?

私は、娘さんの気持ちが何となくだけどわかります。
色々書いてますが「家族とは」「女とは」「男とは」「娘とは」「母とは」「父とは」「息子とは」
・・・そんな立場での「こうあるべき」が感じられるんです。

補足に書いてあった点など、取るに足りない日常の些細なことで、
本当はずっと「こうでなければならない」「こうするべき」というしがらみに
娘さんは苦しんでいたのではないでしょうか?

大学の卒業式の時、恩師が言った言葉に私も感心しました。
「人はそれぞれ違っていてもいい」
質問者様は、そういう目で娘さんを見て育ててきたといえますか?
文面の一つ一つから、そういった「親のおごり」が感じられて、窮屈で窒息しそうです。


娘さんのしたことは、常識的に考えればありえないし尋常じゃありません。
非難されるべき事でしょうね。
準備が周到すぎて、何故その前に言ってくれなかったのだと思う気持ちもわかります。
しかし、だからといって両親が今までしてきたことが帳消しになるわけでもありません。

質問者様のご主人ががモラハラ気味で機嫌をとらなければならないという理由で
力がないから、言い返さないから娘にしていることを黙ってみていたのなら
質問者様も共犯ではないですか?
子供は親のはけ口でも、親の思うとおりに動く人形でもありません。

「娘が何故出て行ったのか」を考えるより先に
「自分達が今までどうやって娘に接してきたか」を考え、
その結果反省するべき点や思うところをじっくりと考え抜いた末、
娘さんと話がしたいのであれば、探してみてもよいと思います。

今の状態で探して、見つかったところで絶対に帰ってはこないと思います。

投稿日時 - 2007-06-06 09:08:30

補足

>親だから、娘を知るためなら読んでも良いと思われましたか?

いいえ、日ごろより家族の私物に触れることはございませんでした。
このときは娘の片付け忘れで和室に置いてあったのでした。
同じものを私も使っており、表紙に記入もなく、自分のものかと思い、
あれ、と思ってページをめくってみました。
それからは何も考える間もなく、本当に没頭して読んでしまいました。
どのくらいの時間がたったのかわからないくらいで、
夫が背後に来て声をかけたのにも気づかないくらい集中しておりました。
我に返ったあとや今は、家族間のことであってもマナー違反だとわかっております。


>「娘が何故出て行ったのか」を考えるより先に
>「自分達が今までどうやって娘に接してきたか」を考え、

はい、私達夫婦が娘に対してしてきたこと、それが現状に至った理由だと思うようになりました。
なんとか娘の視線で考えようと努力はしておりますが、とても難しいです。
何十年も当たり前のことと信じてしてきたことです。
色々な方のアドバイスを読んで、とても参考になっております。
中には、娘が書いたの?と思うようなそっくりな言い回しなどもありました。
ここで相談して本当に良かったです・・・

投稿日時 - 2007-06-06 12:48:27

お礼

0pandora0様ご回答ありがとうございます。

>「人はそれぞれ違っていてもいい」
>質問者様は、そういう目で娘さんを見て育ててきたといえますか?

今回のことでつくづく思い知らされたことがあります。
私と夫は娘の個性を潰そうとしてきました。
出る杭は打たれるのだから出なくて良いと。
長いものに巻かれたほうが何かと都合が良いと。
実際娘は幼い頃から飛び出ていましたので、何かと打たれていたのです。
私も夫も親戚も、皆没個性で、ごくごく平和な人たちでした。
それが安全で正しいことなのだと思っておりました。
「誰もそんなことしない」「聞いたことがない」「おまえはおかしい」
どんなに潰そうとしても、娘は潰れませんでした。
本当にすごい人間だと今更痛感しております。
そして娘が大きくなり、娘を認めてくださった人たちは、
皆、娘の突出した個性に魅力を感じたとおっしゃいました。
そしてそれをさらに伸ばそうとまでしてくださいました。
親がこんな考えの元で育って、今の娘のようになったのは、奇跡に近いとも思います。

また交換ノートからですが・・・
「『そんな話は聞いたことがないからしない』って言われた。
 全く理解できなくて、考え続けていたら吐き気がした」
という記述がありました。
読んだ時も、つい数日前までも、私は娘の頭がおかしいのではないかと思っておりました。
今ではなんとなく娘の言いたいことがわかる気がするんですよ。
もっと早く気づければよかったと、笑いながら泣いております。

どうして私ども夫婦のところに生れてきてしまったのか。
どこかの社長や学者の家に生れてきていれば・・・
人間対人間として本当に申し訳ない・・・
今漠然とそんな気持ちが浮かんできました。

投稿日時 - 2007-06-06 12:48:09

ANo.12

10年前からの計画なら、住所がわかっても娘さんは会いたくないでしょうね。お母さんとしては、心配でしょうが・・・。
相手の男性の大学院から調べようを思えば、調べれると思います。
でも、調べてわかって会ったとしても、それがいい結果になるとも限りません。
相手の男性も確かに賢いかも知れませんが、少し常識がないのでは。

こうなった理由があまり思い当たらないとありますが、子供からすれば理由はあまりないかも知れません。私は、理由もありませんでしたが20代~30代前半までは、「親なんか関係ない。自分で生きていくんだ。」と思っておりました。
連絡は取っておりましたが、会話もあまりなく、実家に帰っても友人と遊ぶ為に帰る次第でした。
でも、結婚や仕事など様々な人生の波を経験することにより、親は大事だと考えるようになりました。皆がそうとも言えませんが、娘さんも今は若いので、たとえ理由があろうが、時間がかなりかかると思いますが年数が経てば娘さんの心も氷解してくるのではないのでしょうか?

実際のあなたの気持ちは私には推し量れませんが、あなたもご心労でしょう。ずっと考えてるとマイナス志向になり体や精神ももたないです。あなた自身の為にも、曜日を決めて考えるとかすればどうでしょう。

今の時代、調べることができないことはないと思います。神隠しにあわない限り、生活して行く上で何らかの痕跡は残ります。調べてわかって、理由を聞いて一切親子関係を絶つようになるかも知れませんが、やはり親子関係を絶つのは寂しいことですので、オススメはできません。

投稿日時 - 2007-06-06 08:49:21

お礼

sorakaze55様ご回答ありがとうございます。

>年数が経てば娘さんの心も氷解してくるのではないのでしょうか?

そう・・・なるといいです・・・
明確な理由なしで考えたり行動したりする子ではないと思っております。
今回のことは、物心付いたころからの「理由」の積み重ねの結果だと・・・
だとすると氷解するとしてもずっとずっと先なのでは・・・と絶望的な気持ちになります。


>ずっと考えてるとマイナス志向になり体や精神ももたないです。あなた自身の為にも、曜日を決めて考えるとかすればどうでしょう。

どうもありがとうございます。
曜日を決めて・・・考えてもみませんでした。
でもできそうにないのです。
どうしてなのか自分でもわからないのですが、
娘が出て行って1年、私はなにもしませんでした。
「なんかおかしいぞ?」ということはわかっていたのですが、
どうしてなのかなにもしませんでした。
それが最近急に気にかかるようになって、もう止まらなくて・・・

今日明日にでも会って話を聞く!
などという考えはございません。
でも、早いうちに連絡手段を確保したいとは思っております。
1年なにもしてこなかった分、何か遅れを取り戻そうとしている感じがします。

投稿日時 - 2007-06-06 12:16:31

ANo.11

あなたは今も昔も夫が第一息子が第二、娘の気持ちなどどうでもよい、そこから脱しないと話にならないのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-06-06 07:46:58

お礼

yakyutuku様再度ご回答ありがとうございます。

どうでも良い、などとは思ったことがありませんが、
人様や娘からはそう見えるのでしょうね。
私以外の全員がそう思っていれば、それが真実なのだと思います・・・

おっしゃっていることは、
私は娘を諦めるべきだ、ということでしょうか。
それとも、夫に離婚を言い渡されてでも娘を探し出せ、ということでしょうか。

昨日から色々なかたがアドバイスくださり、
今では、娘が何を言ってきても、受け入れる気持ちがあります。
子供の頃から嫌な思いをさせてきたことも、一つ一つのことに謝りたいと思っています。
本当に今更遅いのですが・・・

投稿日時 - 2007-06-06 11:48:47

ANo.10

本気になって探せば見つかるとは思いますが、今は探さないことをお勧めします。自分で何が娘を追い込んだかわかっていないようなので、今再開しても、関係を悪化させるだけではないでしょうか?夫婦ともにそのへんのことが理解できるまでは、あえて探すべきではないでしょう。

投稿日時 - 2007-06-06 04:00:46

お礼

yakyutuku様ご回答ありがとうございます。

>自分で何が娘を追い込んだか

子供の頃からずっと思い返して、色んな思い当たる節がありました。
どれも原因だと思えます。
ただ、それ以上に「普通の親子」の時間が多かったものですので、それらの思い出が、きちんとした考えを妨げております。
春は家族で山菜採りに行き、夏は家族でキャンプに行き、秋は家族でキノコ採りに行き、冬は家族でスキーに行き。

鳥のさえずりを聞きながら、娘は将来家族と縁を切ることを考えていたのか?
星を見ながら、どうやったら綻びなく実行できるか考えていたのか?
土を掘りながら、どうやってお稽古の先生に話そうか考えていたのか?
冷たくなった手を父親に温められながら、将来はこいつの葬式には出ないと考えていたのか?

また私は洋裁を趣味にしていて、娘の服を何十着も作りました。
娘は引越しの際、それらのほとんどを持って行きました。
これも私を惑わせるためにしたことなのか?
今頃全て捨てられているのか?
気に入ったから持っていったのか?
気に入ったとしたらそれは自分が布もデザインも決めたからというだけなのか?

気が狂いそうになります。


>関係を悪化させるだけではないでしょうか?

元通りの親子関係に戻れるとは思っておりません。
私は、こんなことになってしまった理由が娘の口から聞きたいだけなのかもしれません。

投稿日時 - 2007-06-06 05:54:42

ANo.9

今は、とてもお辛いでしょうね。
私には30代の息子、娘がいます。
同じ母親として、質問者さまの怒りや悲しみ、なんで?どうして?という思い、少しは分かる気が致します。

ただ、今は、娘さんの意思を尊重して、お稽古の先生から元気にしているのか等、近況を聞くという程度に控えておかれた方が良いのでは?と私は考えます(とてもお辛いし、情けない思いになることと思いますが)。相手が避けようとしているのに、無理やり探し出しても、お嬢さまとの関係が今より良くなるようには思えませんので。
「なにか困ったことがあったら、いつでも連絡してきてね。」とお稽古の先生に伝えてもらうのもいいですね。

10年前からの計画であること、お母さまには、その素振りも見せずに普通を装ったまま出て行かれたことを考えると、これまでお嬢さまとお母さまの間に本音の会話というものが無かった、あるいはお嬢さまが気持ちを分かってもらおうと話しても、お母さまに自分の思いが届いた、という気持ちがせず、かなり以前からお母さまに心を閉ざしてしまったのでは?と推察(あくまで第三者の推察ですが)しました。
ここは北風と太陽の作戦で行かれてはどうでしょうか?

実は私と息子(14年ほど遠距離に住んでいる)が半絶縁状態です。
事情があって、我が家は子どもが安らげる場所ではなかったし、夫婦ともに情緒不安定であったこともあって、子どもたちの信頼を得ることができませんでした。4年前ですが、息子は祖母(私の母)の葬儀の日、集まった親族に「うちは仮面家族だった」と言っていました。

娘とは、元夫と離婚後も共に暮らしてきたので、本音でぶつかり合うことを繰り返し、お互い傷つきもしたし、腹の立つこともありましたが、その分理解しあえたし、娘も私の限界というか、欠点も弱点もある人間なのだと、諦め(?)てくれた部分もあり、今ではコミュニケーションが成り立っています。

が、18歳で家を出た息子とは関係を修復できないまま、今に至っている感じです。でも、私は>私はもう二度と娘と連絡をとることや会うことはできないのでしょうか。とは思いませんよ。私も息子も日々変化しているのですから、どちらかがこの世を去るまでは、チャンスがあると希望を持っています。

実は私自身が自分の母親と仮面母娘で、娘時代の私は、表面は波風立てないようにしていましたが、心の中では1日も早く離れたいと思っていましたし、心の中は愛憎半ばするいろいろな感情が渦巻いていましたが、40代で受けたカウンセリングを通して私のほうが変化し、70代になっていた母に、甘えたくても甘えられなかったこと、不満だったことを伝える一方で、母に対してすまなかったことしていたので、本当にあの時はすまなかった、ということも伝えました。私が謝ったときは、母は少しウルウルしていました。「そんなことを言ってもらえるとは思っていなかった・・・」と。

母が健在のうちに子どもの頃からのこだわりを解消できたことが、今では本当に良かったと思っています。

今は絶縁状態でも、親子は一生親子です。やり直すチャンスはまだまだこれからある、と息子に対しても考えています。

>娘の性格からしてそれは本当に考えにくいことです
娘さんの性格はお母さまが一番よくご存知と思いますが、事実は小説より奇なり、と申しますものね。

お互い、母親としての自分の未熟だったところ、行き届かなかったことなどを認め、(娘さんがそういう機会を今回与えてくれたんですから)、子どもの個性を認めて、言葉にだす勇気を持って、いつか心を通わせあえる日が来ると希望を持って太陽(北風でなく)でいませんか?
頑張りましょう★

投稿日時 - 2007-06-06 03:01:35

補足

>10年前からの計画であること~かなり以前からお母さまに心を閉ざしてしまったのでは?

このことについては、本当にたくさん考えても何もわからないのです。
どなたか無責任な意見でもいいので教えて欲しいくらいです。
本当に家を出る直前まで普通に暮らしていましたし、バカ話もしましたし、二人でお買い物やランチにでかけることもありました。
悩み事も打ち明けてくれたことがありましたし、子供の頃から肩もみやマッサージなどをしてくれました。
心の底で、将来縁を切るなんて考えながら、そんなことが出来るものでしょうか。
将来確実にそういうことを成し遂げるために、非行にはしることもなく、まじめに勉学に励み、親や友だちには一切言わず、毎日を暮らしていたのでしょうか。
家を出るまでの10年の、時に幸せな日々は、いったい娘や私にとってなんだったのでしょうか。

思い起こせば、引越しの1年ほど前、結婚相手の就職が決まったような話が出たあたりから、娘の、私と夫に対する態度ががらっと変わったのです。
今までは、何かにつけて怒ったり文句を言ったりすると、何倍もの情報量になって返ってきたのですが、その頃からは本当に穏やかに優しくなりました。
今までなら確実に、それは違う、実際はこうだ、と詳細に説明されたはずの、私や夫のミスや認識間違いについても、ニコニコ~と笑いながら眺めているだけになりました。
家事のお手伝いも本当に良くしてくれるようになりました。
私はそれに慢心していたのかもしれません。
今思えば、それは娘の「最後の親孝行」のつもりだったのかもしれませんよね。
「あと1年だけ我慢すればこいつらと縁を切ることが出来る」とご機嫌だったのかもしれませんよね。

投稿日時 - 2007-06-06 05:38:17

お礼

SOS-SOS様ご回答ありがとうございます。
先輩お母様ですね。
「30代の息子、娘」という言葉を見ただけで、なんだか涙が出てきてしまいました。
どうしてでしょうね・・・

>お稽古の先生から元気にしているのか等、近況を聞くという程度に控えておかれた方が良いのでは

先日の会見前は、何か知っているようなら毎日でも押しかけよう!などと思っておりました・・・
会見後は・・・とてもそんな気にはなれず・・・
ご迷惑をかけたくない、というのも一因ですが、それ以上に、娘と先生が、私より上をいっている、という感覚にとらわれるのです。
何年も前から、私がこうなることを二人とも想定していた、というのが居た堪れなくて・・・


>お稽古の先生に伝えてもらう

こちらの情報は、全て先生のところで遮断されてしまうようです・・・


>今は絶縁状態でも、親子は一生親子です。

とても勇気付けられるお言葉です。
しかし、娘にとってはこの言葉は、一生解けない呪いのようなものなのでしょうね・・・


>太陽でいませんか?

そうですね、私も太陽でいたいです。
でも娘に私が太陽でいることを伝えるすべがありませんね・・・


息子さんと、うまくいくようになるといいですね。
お互い、がんばりましょう!


ここに質問して良かったです。いろんな方にお返事を書いているうちに、自分の中で、なんとなく考えが整頓されてきたように思います。
解決することではないのかもしれませんが、私の糧になりそうです。

投稿日時 - 2007-06-06 05:38:09

ANo.8

娘さんと同世代の女です。
あなたの役に立つことは言えないけれど、言いたい事があります。

AB型だから、、成人式に出るべき、袴を着るべき。
何を考えてて、どうしたいのか本人に聞きましたか?
一つ一つの事じゃなく、日常全てにおいて、親に決めつけられる事が嫌だったのでは?ここ数年ではなく、子供の頃からずーっと溜め込んでた不満だったのでしょう。その不満を言おうにも、それが正しいと信じきってる親にはいえません。
就職の事も、あなたは娘が考えてる事、気持ちをちゃんと考えずに、頭ごなしに否定した。親が娘の考えを罵倒するって??
娘の考えを理解した上で、親の希望を言うなら、ともかく。。
親の言うことはすべて正しくて、私が違う事を言えば、それは全て否定される。そんな風に思ってたのでは?
大事に育てるってのは、親の思う通りに進ませる事じゃありません。

娘さんがどういう考えで行動してるのか、あなたは考えていますか?

と、娘さんの味方をしましたが、いくら何でも音信不通とはひどいですね。
大学院名とレーザー研究、おそらく学年もわかるようなので、調べようと思えば、特定できそうです。ただ、このサイトで大学院名を公表するのはやめたほうがいいでしょう。

投稿日時 - 2007-06-06 02:29:58

補足

>大学院名とレーザー研究、おそらく学年もわかるようなので、調べようと思えば、特定できそうです。

はい、所属していた大学院や個人名はわかるのです。
ただ大学側のガードがかたくてどうにもならないのです。
実の親でもないですし、事件性も皆無なのです。
他の方法として、海外の著名な学術誌に論文が載ったりもしていたようなので、
友人にたのんで調べてもらったりもしました。
が、英語が堪能な友人は周りにはおらず・・・
もしわかったとしても、そこからどうすれば良いのかもわからず・・・

投稿日時 - 2007-06-06 04:55:28

お礼

pocopeco様ご回答ありがとうございます。
補足もお読みいただきありがとうございました。

>何を考えてて、どうしたいのか本人に聞きましたか?

私も夫も、古風な考え方というか、
娘からは常々「封建的な家」と言われておりました。
夫は封建的の意味もわからないようなありさまです。
夫は、子供たちが小さい頃は本当に暴君でした。
息子が大きくなり、夫や私に殴りかかってくるようになり、
腫れ物に触るような扱いを一時期しておりました。
しかし娘に対する態度は変わらず・・・
娘は殴りかかってはこないのですが、口答えがものすごかったのです。
徹底的に論理的に相手を論破する、というような感じです。
夫は賢くないので、娘が言うことを半分も理解できていないようでした。
それがまた癪に障るようで、更に怒り狂って・・・
そうなると娘は、必要最低限の返事しかしないようになり、夫を蔑むように見据えていました。

私はというと、娘の言うことは正しいことだということはわかっていましたが、
それは自立して社会に出てから言うことだとか、家にいるうちは親のいうことを聞くものだとか思いましたし、
なにより夫の機嫌をこれ以上悪化させたくないので、夫のフォローに精いっぱいでした。


>頭ごなしに否定した。親が娘の考えを罵倒するって??

私も夫も、頭ごなしに否定→罵倒、が本当に多かったです。
今更反省しても遅いですが、もう少しやり方をかえればと思いました。

もっとお叱りの言葉をいただければと思いますが、
血液型のことや成人式、袴、周りのご家庭でもしていることではないのでしょうか。
もっと子供にひどいことをする親も知っています。
でも子供が縁を切って出て行ったなんて聞きません。
なぜ娘がこんなことを・・・


>親の言うことはすべて正しくて、私が違う事を言えば、それは全て否定される。

そうですね、今思えばそんな環境だったと思います。
娘は悲しんだり怒ったりしながらも、私達両親のことを理解しようと努力してくれていました・・・

投稿日時 - 2007-06-06 04:55:16

>最後には娘の申し出(住所を教えてもらって、私には教えないこと)を了承したそうです。

これですが、先生も結局は娘さんが心配だから了承して住所を聞くことにしたんだと思います。
先生に会ったときそこを突いてみてはどうでしょうか?
「先生も娘のことが心配だから住所を聞いて私に教えないことを了承したのではないですか?17年間娘を見て頂いた先生でも心配していただいているのに24年間生み育てた母親である私がどんな気持ちかわかっていただけないのでしょうか?」って言います。

それと警察に捜索願いを出してはどうでしょうか?
詳しい事はわからない、素性のわからない男と付き合っていたがある日突然連絡が取れなくなった、と。
男にいろいろと吹き込まれて失踪することになった可能性もありますよ。

投稿日時 - 2007-06-06 01:45:55

お礼

domino8様ご回答ありがとうございます。

>24年間生み育てた母親である私がどんな気持ちかわかっていただけないのでしょうか?

恥ずかしながら、そういうお話もしました。
ただただ謝られて頭を下げられるばかりで・・・
おそらく先生も相当の覚悟をなさったのだと思います。
娘から話を聞いて一年間ずっと考えていたそうです。
今でも考えているそうです。


>男にいろいろと吹き込まれて失踪することになった可能性もありますよ。

今回の件は、娘が10年前から企て、水面下で作戦を練ったことだそうです。
結婚相手は、以前はよく遊びに来ており、礼儀正しい好青年でした。
娘と交際する際も、私と夫に挨拶にきました。
夫は今まで娘の交際相手はすべて馬鹿にしてきましたが、
彼だけは唯一認めておりました。
お稽古の先生のお話では、今回の件には良いとも悪いとも言わず、
娘の全てを受け入れる形で結婚を決めたということです。
おそらく彼がいなかったら、もっと早い時期に娘一人で失踪していたでしょうね・・・

投稿日時 - 2007-06-06 04:28:10

ANo.6

 娘さんの連絡先であれば、まず住民票はそのままなのでしょうか。
 住民票の移動があれば、戸籍の附票ををとれば結婚していようがいまいが、住民票の住所はわかるでしょう。

 まだ、娘さんの住民票がそのままだとすると、とりあえずは興信所でしょうか。

 いずれにしても、娘さんがまともな社会生活を送る以上は、24歳までいっしょに暮らしていた娘さんが、行政に何の痕跡も残さず、あなたから隠れるのは不可能だと思います。しばらくすれば必ずわかるでしょう。

 事を少し荒立てるのであれば、未婚で住民票があなたの所そのままであれば、家出人捜索願いを警察に出してみてはいかがでしょうか。あくまで居所不明であれば家出と同じでしょう。もしかしたら特定宗教がらみかもしれませんし。詳しい事情は話さずに帰って来なくなったといって置けばよいでしょう。

 ただ、この先一生連絡が取れないということはあり得ないと思います。許されるのであれば半年ぐらいは居場所を特定しても、ほおっておく方が良いと思います。

 失礼ですが、あなたが娘さんから絶縁されてしまうのに思い当たる節が、おありなのではないですか?
 そうでもないかぎりは、お稽古の先生が口を割らないというのは異常ですし、友達の誰かからでもかならず聞き出せると思いますが。
 思い当たる節があおりならば、3ヶ月ぐらいはほおっておかれてはいかがですか?お稽古の先生の所に元気な様子が伝われば、それだけは教えてくれと先生に言っておけば良いと思います。

 あなたに思い当たる節がなければ、一応怪しい宗教がらみかもしれませんので、警察には行っておいてもよいかも知れません。犯罪被害に巻き込まれていることも否定はできません。この消え方では娘さんの方が悪いです、こんな非常識な消え方は許せません。尋ねて来るなとはいっても行き先だけは告げていくものです。相手の男も非常識です、氏素性もわからないような状態でしょう。あなたの娘も悪いですが、男の方がもっと悪いとさえ思います。娘ではなく男の方にお灸をすえても良いと思いますが。ただその男性のご両親も困っているとは思います。困っていなければまた非常識な人たちなのでしょう。

 ところであなたのご主人はどうお考えなのですか?普通娘の駆け落ちなど許さないと思うのですが。相手の親を捜し、猛抗議すると思うのですが、いかがでしょうか?

投稿日時 - 2007-06-06 01:29:54

お礼

nonbay39様ご回答ありがとうございます。

私もはじめは警察や興信所を考えておりましたが、
夫がそういう話を全く聞いてくれないのです・・・
私一人でやるには色々と限度があり、一人でできることを模索中です。
もちろん最後の手段としては考えております。


>あなたが娘さんから絶縁されてしまうのに思い当たる節が、おありなのではないですか?

そうですね、今までずっと、考えたこともございませんでしたが、
今回相談させていただくにあたり、今までのことを考えてみました。
またお稽古の先生からお話を聞いて、10年前から計画していたことだと知り、
その時点のこと、13歳・・・そんなに幼い頃から・・・と、
色々考えをめぐらせております。
ANo.1-3の方への補足に書きましたので良ければお読み下さい。


>3ヶ月ぐらいはほおっておかれてはいかがですか?

1年以上がたちました。
今になって焦燥感というのか、そういうものを感じます。


>お稽古の先生の所に元気な様子が伝われば、それだけは教えてくれと先生に言っておけば良いと思います。

そのようなこともお願いしづらい状況です。


>ただその男性のご両親も困っているとは思います。

お相手の親御さんとは縁を切っていないと思います。
娘と相手とで、全力で説得したのでしょう。
納得できないにしろ、親御さんにはどうすることもできないのだと思います。


>ところであなたのご主人はどうお考えなのですか?

とてもプライドが高く、あまり賢いとはいえず、現状を理解していないのです。
理解はしているのかもしれませんが認められないようです。
娘の話をするとモラハラじみたことをされます。
「どうお考えなのですか?」と私も聞きたいです・・・

投稿日時 - 2007-06-06 04:16:22

失踪してどれくらいなのでしょうか?
何がそこまで娘さんを頑なにしているのかわかりませんが、その先生が住所を知っているなら、人情に訴えて何度も何度も足を運び本当に心底心配していて娘に会うまでは安心できないことを先生にわかってもらうまで迷惑は承知で粘ってみてはどうでしょうか?
質問者さんもおっしゃる通り最後の砦です。先生には子供がいないのでしょうか?わたしが質問者さんの立場なら同じ立場だったらどうされるのか聞きます。そして情けないことですがと前置きしておいて、このまま親子関係を終わらせてしまうかどうかは先生に掛かっていると言います。
もし教えていただけないなら自分のお葬式のときに娘が会いに来てくれることを期待するだけになることも言います。でもそれも連絡先がわからないのだからこのままではお葬式にも来てくれないのでしょうか・・・。
まだ幼いですがわたしにも娘がいるだけに感情移入していろいろ想像してしまいます。もし質問者さんの立場ならやっぱり血眼で探します。子離れすることとはまた違う次元です。完全な失踪ですから。

わたしも他の回答者さん同様、子供ができれば親へどれだけ辛い思いをさせていたかわかると思いましたが子供を作らない事を結婚前にきっちり決めて失踪だなんてちょっと尋常じゃないですね。本当に子供を作る気がなくて気が変わらないならば、わたしも質問者さんが思うようにこのまま連絡が無いと思います。文面からと抜け目のない計画的な行動からとても頑固そうですし。

>大学院でレーザーを使った研究をしていたこと
お相手ですが、大学院はどこかということもご存知ないのでしょうか?

警察へ失踪届けは出しましたか?事件性が薄そうですし捜査をしてくれるかは微妙ですが一応出した方がいいと思います。
とは言え興信所を使えば案外あっさり分かるかもしれませんね。一度試してみてもいいかもしれません。
事情を知っている友人に住所を教えるよう説得してくれる人はいないのでしょうか?例えば高校時代の部活の先輩とか。
辛いでしょうが親の心子知らずですね。親に事情も説明できずに姿を消す方法しか思いつかないなんてきっと娘さんのこれからには苦労の連続が待っていると思いますよ。人生で一度逃げたら逃げる事をやめない限りずっと逃げ続けないといけませんから。
長い目で見て娘さんにとっては為になる苦労なのかもしれませんが、あまりにも大バカ者ですね。自分の行動は褒められるものではないと自覚しつつも正しいと思っているのでしょう。
わたしは質問者さんが心配ならば、捜すのは自然な親心であり行動だと思いますよ。

投稿日時 - 2007-06-06 01:20:59

補足

>人生で一度逃げたら逃げる事をやめない限りずっと逃げ続けないといけませんから。

私も同じように思い、なぜだかお稽古の先生に話してしまいました。
先生ははっきりと「これは逃げではないと思いますよ」とおっしゃいました。
なんだかガツンと殴られたような気がしました。

きっと、先生は、私に話してくれた以上のことを娘から聞いているのでしょう。
私がショックを受けないように、ダメージの少ないことを、言葉を選んで話してくださいます。
娘の決意を良く知っている先生が「逃げではない」とおっしゃるのであれば、逃げではないのだと思います。
23年育ててきた私から見ても、逃げるようなことはしない子だと確信しております。
だからこそ、今私がこんなふうな気持ちになっているのだと思います。
(親と縁を切ることが娘が望んで努力して手に入れた幸せだということが嫌・・・)


>事情を知っている友人に住所を教えるよう説得してくれる人はいないのでしょうか?例えば高校時代の部活の先輩とか。

驚いたことに、ほとんどの友人知人に連絡せずに引越しているようです。
住所か、新しい携帯の番号を知っているな、と直感した人は2人しかいませんでした。
大部分が引越したことも知らずに、逆に驚かれました。
その場で電話をかけて確かめる人もいましたが繋がりませんでした(前の携帯は解約されているようです)。
そんな、今まで生きてきた人生を切り捨てるようなことをしてまで、
親や親戚と縁を切りたかったのか、と愕然としています。

投稿日時 - 2007-06-06 02:46:52

お礼

rednote00様ご回答ありがとうございます。


>失踪してどれくらいなのでしょうか?

ちょうど1年ほどです。
お相手の院卒業・就職と同時に結婚引越しでした。


>何がそこまで娘さんを頑なにしているのかわかりませんが

ANo.1-3の方への補足欄に様々な心当たりを書いてみました。
どれも理由になっている気もするし、全然関係ないのかもしれない。
今自分がなにをしているのかもわからなくなってきます・・・


>先生には子供がいないのでしょうか?わたしが質問者さんの立場なら同じ立場だったらどうされるのか聞きます。

成人したお子様が男女一人ずついらっしゃいます。
とても仲の良いご家族で、お子様もまだご実家で暮らしています。
絵に描いた様な優雅で上品なご家庭なんですよ。
なので、娘が言い出したことについては相当戸惑われたそうです。
理解することも、賛成することも、反対することもできないそうです。

ただ娘が、幼子の思いつきで言っているわけではないこと、
本当に本当に本当に本気であること、熟考したこと、
そういうことは充分にわかったとおっしゃっておりました。

同じ立場だったら、ということは恥ずかしながらお尋ねしました。
一言「いくら考えてもわからないのです、本当に申し訳ありません」と・・・


>迷惑は承知で粘ってみてはどうでしょうか?

もし万が一、先生に多大な迷惑がかかっていることが娘に知れたら、
娘は先生とも縁を切ってしまうと思います。
なので、常識的な範囲で、と今のところ考えているのです・・・


>警察・興信所

ANo.4の方へのお返事に書いたとおり、夫がそういうものに頼ることを嫌っております。


>大学院はどこかということもご存知ないのでしょうか?

わかっておりますが、昨今は厳しく、いくら事情があっても、
どんな質問にも答えてもらえないようです。


他の事は補足に書かせていただきますね。

投稿日時 - 2007-06-06 02:45:09

ANo.4

住民票や郵便局で転送先を聞くとかして分からないものでしょか。
探偵事務所に頼めば調べてくれると思いますが。
どの様な事情でお嬢さんがこのような行動を取られているのか分かりませんがご心配ですね。
 もし居所が分かっても暫くは様子を見に行く程度が良いかもしれませんね。急いで引っ越される可能性も有ります。
又はお手紙を先生に託し、探さないから元気で居て欲しい、困ったことが有ったらいつでも言って下さい、等負担を感じない内容に止め、貴女をいつも思って祈っていますと貴女のお嬢さんを思う気持ちをお伝えになったら如何でしょう。
相手の男性も大学院まで進める家庭の方でしたら、結婚で相手の家庭も知らず結婚されることは考えにくいので、未だ同棲状態なのでは有りませんか。
お嬢さんにお子さんが生まれ母親となられたら、厭でも貴女に感謝なさいますよ。
家の息子も大学時代に同棲し全く帰って来ない頃が有りました。
今は結婚して私を大切にしてくれます。
子供を持つと、一度や二度は泣きたくなるようなことが有りますよ。
24歳は未だ若く子供ですね。(同じ年の娘がいます)
お辛いでしょうが、大きな反抗期がきたと考え見守るしか有りませんね。
将来、絶対に助け合う母子になりますから余り大騒ぎせず、怒らないことです。
お身体に気をつけて下さいね。

投稿日時 - 2007-06-06 00:19:44

お礼

0430様ご回答ありがとうございます。

>住民票や郵便局で転送先を聞くとかして分からないものでしょか。

おそらく娘のことですから、全てにおいて手を打ってある・・・
そんな感じがしております。
なので、お稽古の先生をたずねることで自分が動き回るのはいったん休んで、
考えや気持ちの整理をしようと思い、友人から紹介されたこのサイトで相談させていただいております。


>探偵事務所に頼めば調べてくれると思いますが。

それも考えたのですが、夫がやっかいな性格で・・・
とてもプライドが高く、あまり賢いとはいえず、現状を理解していないのです。
理解はしているのかもしれませんが認められないようです。
娘の話をするとモラハラじみたことをされますし、基本的には夫を優先させる生活なのです。
(私が自分で好きでやっております。)


>お手紙を先生に託し

これはおそらく無駄でしょう・・・
ANo.3の方へのお返事にも書きましたとおりです。


>相手の男性も大学院まで進める家庭の方

これまた複雑な事情があるようでして・・・
どうやらご両親が離婚され、困窮した母子家庭だったそうです。
院の学費は奨学金を借りたりアルバイトをして自分で払っていたそうです。
学部時代に払ってもらった学費は、将来にわたって返済するという話をしていたので、
おそらく相手の実家とは縁は切れていないと思います。
娘も相手もかなり賢いので、説得したのではないかと思っております・・・


>将来、絶対に助け合う母子になりますから余り大騒ぎせず、怒らないことです。

お言葉ありがたいのですが、おそらくそうはならないでしょう。
拒絶のされかたが尋常ではありませんもの・・・


>お身体に気をつけて下さいね。

ありがとうございます。
このお言葉を見たとき、この件ではじめて泣きました。
娘のことも気がかりだし、夫のご機嫌取りもしないといけないし・・・
頭が痛いです。

投稿日時 - 2007-06-06 02:20:04

ANo.3

親御さんとしてはさぞかしご心配だろうと思います。

ただ、娘さんがお稽古場の先生をそこまで信頼しているのでしたら、その先生に一任してみてはいかがでしょうか。お話を伺う限り、信頼に足る先生のようですし。私が受けた印象通りの先生であれば、お手紙を「娘に渡す機会があればお願いします。」という形で預けることは出来るでしょうし。その手紙の中で、「定期的に先生宛てでよいから連絡をいれること。それさえしてくれれば、捜す気はない。」ということを伝えるとか。同時に、先生には「娘と連絡が取れなくなったりしたときだけでも良いので、教えてください」ということをお願いしておけば、「それくらいなら…」と叶えてもらえる可能性が高いです。
それほどまで周到に連絡を取れない状況を作ったということは、それだけの理由があってのことと察します。娘さんを取り巻く状況や考え方が変わるのを待つしかないと思います。

子どもでも出来れば、どれだけ親が心配しているかも身に染みるでしょうし、連絡がくる可能性もあります。
とりあえず、娘さんの意思を尊重して現状を活用する方が良いかと思います。親としては寂しいとは思いますが、無事が確認できる状況を守る方が現実的だと思います。
無理やり探して連れ戻す方法もあるにはあるのですが、それをやると実の親子でも関係が完全に破綻します。ですので、ここは娘さんの決意をきちんと受け止めてあげてください。

生きてさえいれば、会える可能性は0ではありません。とりあえず今は、娘さんの無事と幸せを祈ってあげてください。

投稿日時 - 2007-06-06 00:15:41

補足

思い当たる節の補足です。

成人式について

娘は成人式に出ませんでした。
私も夫も出てほしくて、懇願したり叱責したりしましたが、結局出ませんでした。
親類から、成人のお祝いの電話をもらったとき、ついつい「式に出なかったんですよ」と愚痴をこぼし、
私も先方も同じような考えで、「式に出ないなんてねぇ!」というお返事しかきませんでした。
あとで本人(娘)にかわったときにも、「式に出るべきだった」というようなことを一様に言われたようで、
娘は「なんだか気味が悪いというか気の毒な感じがする」とあとで言っていました。
私も夫も「お前がおかしい」としかりつけました。

娘が出て行ってから、妙に自分との考え方や価値観の違いを許容できるようになってきて、
今更遅いのに、と悲しく思います。


卒業式の袴について

大学の卒業式に際し、袴をレンタルすることを提案しました。
すると娘はすごい剣幕で怒り出しました。
「なんで卒業式だからって袴をきるの???」と言われました。
私も夫も、「だってみんな袴をきてくるでしょう?おまえもきなさい、かわいいよ」と言ったのですが更に怒り、
今まで親に暴言を吐いたことがなかった娘が狂ったようにわめきました・・・
「なんだよ、じゃあみんなが死んだらおまえらも死ぬのか?!?!
 いい加減にしろ!意味がわからん!もううんざりだ!!!
 卒業式なんていかない!もう話しかけるな!!!」
娘は息が出来ないくらい子供のようにわーわー泣いていました。
こんな娘を見るのは初めてでした・・・
(精神的に不安定なことも今までありませんでした。)

その日以来、卒業式の話になると、「行かないから」と、すぐに自分の部屋に入ってしまいました。

ですが、卒業式の2日前、お稽古があり、先生とそのことについてお話をしたようで、
帰ってきてから本当に幸せそうな顔をして報告してきました。

「先生がね、
 『私は振袖をきていきました。どんな服でもよいのよ、
  今○○(娘)ちゃんがきているセーターだってよいのよ。
  あさって行かないで、20年後40年後に「行けばよかった」って後悔するより、
  あさって行って、「あーやっぱりつまんなかった」って後悔する方がよいと思うの。
  私は、○○ちゃんに、卒業式に行って欲しい」
  って言ってくれたの。非常に納得した。だから行くことにした。
  この前は汚い言葉を使ってごめんなさい。でも内容は私の本心です。』

私でも感銘を受ける言葉でした。
親として少し情けなく思うできごとでした。

投稿日時 - 2007-06-06 01:31:54

お礼

SaySei様ご回答ありがとうございます。

>お手紙を「娘に渡す機会があればお願いします。」という形で預けることは出来るでしょうし。

ANo.2の方へのお返事にも書きましたとおり、娘はそこも先回りしている感じなのです・・・
私が先生をたずねたことや会話の内容は一切伝えないでほしいとか、
ましてや渡されたものは受け取らないか、破棄してほしいとまでお願いしたとか。

もうどっちが母親なのかわからなくなります・・・


>先生には「娘と連絡が取れなくなったりしたときだけでも良いので、教えてください」ということをお願い

どうもありがとうございます。
これはお願いしてみることにいたします。
先日うかがった際は、色々な知らないことを聞かされて動転したまま帰ってしまいましたので・・・


>無理やり探して連れ戻す方法もあるにはある

第三者に頼らずにする方法はありますでしょうか?
私はこうなってしまった「理由」が知りたいだけなのかもしれないのです。
それさえ知ることができたらすっぱり諦められる気もしております。

投稿日時 - 2007-06-06 01:31:33

ANo.2

出来る事は、子離れです。
子供の為にして来た事は、お子さんにとっては嫌な事だったのでしょう。
それが何なのか、質問内容を読む限りでは分かりませんが…。
第三者が障りだけ聞くと、「お子さんが可哀想」とか「親が押し付けすぎ」という事になるのでしょうけど。
娘さんの行動は、自立をした大人のする事ではありませんね。
(本人はこれが自立だと思っているでしょうが、自立という物がどういう物か勘違いしていると思います。)

感謝の気持ちというか、都合よすぎというか、非常識過ぎます。
(まして、習い事をしていた先の先生に親の悪口染みた事を言うなんて)
お子さんも、自分が妊娠でもしたり、子育てで悩んだ時に後悔するのではないでしょうか?
それとか、結婚する男性と一生上手くいくなんて何の保証もないのですから、夫婦関係で困った時に心の拠り所というか、帰れる場所が無くて困るのではないでしょうか??

今は親のありがたみが分からないのですから、何をしても無理です。
むしろ、お子さんを探そうとする行動を周りを通して聞くと思うので逆効果だと思います。
(そこまで計画性のあるお嬢さんなのですから)

感謝の出来ない娘さんの事はほっておきましょう。
沢山後悔して、沢山困ってもらいましょう。
その方が、お子さんの為になるかもしれません。
自分一人で育ったつもりなのですから、自分一人でこれからも頑張ってもらいましょう。
何年かして、顔を会わせた時に受け入れるか受け入れられないかはharura24さんに掛かっていますが。

私の娘でしたら、もう他人の扱いをしますね。
ご友人達や知り合いと連絡を取れるのでしたら
「そちらがその気なら、もう他人。
何があっても頼るな。これからは他人として扱います。
帰って来なくて良い。あなたの人生、頑張って歩んでくださいね」
と一言あげます。

投稿日時 - 2007-06-06 00:00:05

補足

思い当たる節の補足です。


弟・就職について

娘には2歳年下の弟がいます。
小さい頃は姉弟仲良く遊んでいたのですが、弟が反抗期になったあたりから関わりをもたないようになりました。
よくあるキレやすい子というのか、私から見たらやんちゃ坊主、という程度だったのですが、
反抗期がおちついた頃、娘とそのことについて話したら、
「毎日命の危険を感じた。家の中で命の危険を感じて暮らすことについて理解できない。もうあの人を人間として見られない。」
ということを言われて悲しかったです。
確かに原因はわかりませんが殴り合いの喧嘩をすることもあって、お互い軽度の怪我をしていたこともありました。
そのことについて私と夫は、いい年をして、などと娘を怒ったこともあります(娘20歳くらい)。娘は弁解もせず泣いていました。
今になって、娘にとっては喧嘩なんてものじゃなくて正当防衛だったのかもとも思います。

また娘に言わせれば、弟の反抗期の頃から父親が弟に対してたしなめる程度にしか怒らなくなったのが滑稽だと。
夫は子供が小さい頃からたまに手をあげるようなことがありました。
娘はとても頭が良いようで、幼稚園頃からずっと記憶が鮮明のようです。
「弟がお父さんより背も大きく力も強くなり、反撃が恐いのだろう、そしてお母さんも同じだ」と言われたこともあります。
確かに私は、息子が大きくなってから叩くようなことはしなくなりました。

「比べられるのが嫌だ」と言われたこともあります。
これも手帳から。(前後は省略します)

  ママンは弟がかわいくて仕方ないみたいだよー。よくある「息子は恋人」ってやつかしら。キモ!
  専門卒で定職にもつかないで毎日バイトしてるのが立派なんだって。
  あたしはどうしようもない人間のクズなんだってさー。笑える。
  結局あたしがどんな立派な企業で働いていようと、弟が立派だって言うだろうけどね。
  あんな、将来は塗装工やタイル工確定な人間のどこが立派なんだか。

  (筆跡の違う女性風の字で)
  職業差別はよくないー・・・んだけど自分も立派な塗装工や立派なタイル工見たことないわ。
  母親って娘より息子の方が好きみたいなことはよく聞くね。
  それにできの悪い子のほうがかわいいんじゃなかったっけ。
  ○○(娘)は頭良すぎてしゃくにさわるんじゃない?口答えするんでしょ。
  ぶっちゃけ○○(娘)の家族より、将来は○○(娘)の方が、なんというか、水準の高い生活するのは確実なんだから、
  別に今そんな悲観しなくてもよくない?なんか暗いよ!私はうらやましすぎるけどなー。

娘は大学卒業後、2年間家におりました。
交際していた人と結婚することになり、その人はあと2年大学院にいくとのことでした。
経済的な合理性を考えて、2年間実家に住まわせてほしいとお願いされ了承しました。
娘は子供の頃は普通でしたが、高校大学ととても良く勉強ができ、礼儀も正しかったようで、
親以外に関わる大人からはとても大事に扱われていました。
親子で、高校卒業後に就職するという考えは一致しておりましたが、
高校の先生がたが娘にはもっと良いところで勉強させるべきだと、学校推薦で一番良い枠をくださいました。
娘もはじめは就職しか考えていなかったものの、熱意におされ進学を決意したようです。
私も夫も古い考えで、女に学歴は必要ない、というのに近い考えをしていました。
最終的に娘は私達に土下座して、進学させてくれと頼んできました。
大学に入り、そこでお世話になった先生がたにも認められたようです。
就職についても、就職後についても、どんな人でも心配ないと言ってくださるような状況でした。
どんなご縁なのか知りませんが、企業のトップから直々にお誘いがあったりもしたようです。
親から見ると、世間に疎い頼りない子供に思えていましたが。今でも若干そう思います。
自信はそんなになかったようですが、働きに出ることについてとても意欲があったようです。
いざ就職活動をする、という時期に結婚話がまとまり、娘も戸惑ったのでしょう。
最終的に就職しないという決断をしたようですが、文字通り三日三晩泣いておりました。
親やまわりからすれば、途中の2年だけでも働けばいいのに、と思えるのですが、
娘にとっては「2年だけ」というのは無い、という考えだったみたいです。
2年、家にいる間、私は確かに息子とくらべて、だらしがないとか罵倒したりもしました。
冗談のつもりでクズということも言ったと思います・・・
今になって娘の気持ちを思うと、働こうと思えばいっぱい働けるのに、と理不尽な思いだったのでしょうか。
口うるさく言われるくらいなら一人暮らしをしようと思ったのか、たまに娘の部屋でアルバイト情報誌を見つけることもありました。

投稿日時 - 2007-06-06 01:15:49

お礼

chappy999様ご回答ありがとうございます。

質問文で書いたこと以外にも、お稽古の先生とはたくさんのお話をしました。
娘が先生にこのことについて話す決心をするのに、5年かかったとのことです。
そんなに前から??(高校生くらいでしょうか)と思っていたら、
実行を決心したのはなんと10年以上も前だとのこと・・・
聞いて眩暈がしました。


>感謝の気持ちというか、都合よすぎというか、非常識過ぎます。

先生に話す際も、非常識だということは重々理解している、
他の人には話すつもりもないし、話して理解されるものだとも思っていない、
実行後に誰から何を思われても言われても気にならないが、
客観的に見て自分のしようとしていることは非常識なことだと認識している、
自分が誰かから同じことを言われたらたしなめると思う、
と、長々と前置きをしたそうです。

一年、説得してくださっていた間に出た言葉としては、
親に対して感謝する気持ちはよその子供よりよっぽどあるかもしれない、
だがそれ以上に憎しみや軽蔑する気持ちがかなり大きい、だそうです。

先生も、結婚生活や子供が出来たら、という視点からの忠告をたくさんしてくださったようです。
(ご自身も成人した2人のお子様を持つ母親です。)
ANo.1のお返事にも書きましたとおり、娘は子供を持つ気はないようです。
それから結婚生活の破綻についても様々な想定をしているようで、
でもその時に実家に帰ろうなどという気は一切ないようです。


>むしろ、お子さんを探そうとする行動を周りを通して聞くと思うので

お稽古の先生が、「お母様がいらしたことを報告しましょうか?」と娘に聞くと、
「とんでもない、こちらは何も気にならないので必要ないです、むしろ教えないでいただいたほうが幸せです、ご迷惑をおかけすることになると思います、本当にごめんなさい」と答えたそうです・・・


>沢山後悔して、沢山困ってもらいましょう。

後悔も困りもしないことがわかっているから、私は嫌なのかもしれません・・・


>ご友人達や知り合いと連絡を取れるのでしたら~と一言あげます。

徹底して、私の言動が自分に知れないように手を打っているのです。
前から賢い子だとは思っていましたがここまでとは・・・
おそらくchappy999様が最後に書かれている言葉が私から出るのも想定済みなのでしょう・・・

投稿日時 - 2007-06-06 01:01:55

ANo.1

たいへん残念なことだと思いますが

娘さんから縁切りされたわけですね

実子である事実はなくなりはしないのですが
親御さんが娘さんのそこまでの決意を受け止められないところからも
娘さんがどれだけ思いつめられたのか想像できるような気がします

娘さんがお子さんを持たれて、その子が大きくなって
親の気持ちがわかるようになったら
もしかしたら許す気持ちになるかも、しれません


へんな新興宗教にでも嵌っているのでなければ
詮索しないでいてあげればいかがですか?
どうしてそこまで嫌がられているのがわかっているのに深追いするのですか?
見つかったところで余計にこじれるとか追い込むことになるかもしれません・・・・・

投稿日時 - 2007-06-05 23:46:14

補足

思い当たる節の補足です。
これがわかったからどうなるものでもないし、関係ないかもしれないという気もしますが、
情報は多いほうが良いとか、私も整理するつもりで書かせていただきます。
私はこうなってしまった「理由」が知りたいのかもしれません。
これを読んで娘の心理が想像できる方がいれば書き込みお願いいたします。


血液型・占いについて

娘は非科学的なことが嫌いで、逆に私はテレビでよくそういう番組を見ておりました。
常々「そんなくだらないものは見てほしくない」と言われておりました。
食卓などでは、いつもは普通になごやかにしゃべっているのですが、
途中で私が「○○さんはAB型だからねぇ」というようなことを言うととたんに怒り出しました。
でもしばらくするとまた普通になるので、あまり気に留めていませんでした。
一度、娘の交換ノートのようなものを見たことがあって、今になってその文面が強く思い浮かびます。
(思い出したときに手帳に書き付けたので、そのまま打ちます))

  今日もママンが血液型性格判断の話をしてきた。。
  大人になったら、いくら正しいとかもっともなことだと納得しても考えってかわらないものなのかな?
  ママンが特に思いいれのあるのはAB型らしいよ。AB型は二重人格なんだって。
  そもそも二重人格ってなに(笑)。
  おばあちゃんと○○(娘の交際相手)がAB型で、性格が似てるからって、根拠はそれだけなの!
  似てない部分のほうがほぼ100%に近いことになんで気づかないんだろう???
  いくらいろんなサイトとか文献をプリントアウトして読ませようとしても読んでくれないし。。
  もう話を聞くだけで吐き気がする><

  (筆跡の違う女性風の字で)
  信者は何を言っても無駄だよー。そういうのって宗教と同じでしょ。

投稿日時 - 2007-06-06 00:28:32

お礼

150wpm様ご回答ありがとうございます。
娘に嫌われ疎まれ、縁を切られたのだという事実は頭ではわかっております。
なんと申しますか、心がおいつかないというか・・・
とにかくこのことについて考えると「なぜ?なぜ?」ばかり・・・

今までずっと、本当に普通の家庭だったと思うのです。
娘も、反抗期に少し言葉遣いが荒くなったことはありましたが、
非行をすることもなかったです。
引越しの直前まで、一緒に台所にたってお料理をしたりしていました。
その時も「わからないことがあったら、電話してきくからね」と言っていました。
私も、母とはたまにお料理のことで電話をすることがありますので、
それを娘ともするんだな、と当たり前のことのように思っていました。
なのにこの現状・・・
本当になにがなんだかわかりません。

娘が子供を持つことはないと思います。
結婚相手とも、交際する前にその確認をしたくらいの念の入りようです。
なので余計に心変わりは期待できないのです・・・

深追い・・・
連絡を取るために八方手を尽くすことは間違いでしょうか。
恋人や友達同士で、うざいからキョヒる、とは訳が違うと思っております。

今まで散々苦労をかけてきたのに一人で大きくなった気になって!
という怒りと、
今までずっとかわいがって育ててきた子に一方的に縁をきられた、
という悲しみ、
この2つが今一番大きいです。

投稿日時 - 2007-06-06 00:19:08

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-