こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

分かってはいるのですが...(長文)

生後2ヶ月半の男の子の母です。
情けない話ですが、育児にいき詰ってしまいました。

個人差があるのは重々承知ですが、3ヶ月近くなりますが、我が子は全く笑いません。起きている時にお話したりするのですが、最近は自分の心の中で「笑って!」と気負い、あせってあやしてしまい、余裕もなく、我が子がおきるとすぐお話しなきゃ!となってしまいます。
(それがよくないことは分かっています。)さらに、私の子はどこを見ているのか?目線は全く違うところをみているし、目が合うとそらされてしまいます。(気負いが伝わっているのでしょうか?)
夕方には、目が全然合わず、笑いもしない、自分の中で何をしているのかわからなくなってしまい、大泣きしてしまいます。

授乳もミルク嫌いがはじまり、現在約一時間で授乳時間がきてしまいます。これも夕方頃になるとへとへとになってしまい、つい赤ちゃんに
お願いだから飲んで、とボロボロと泣いてしまいます。

実家はありませんし、身寄りもない土地で、仕事は異動したばかりで近くにまだ知り合いはいません。
旦那は優しい人です。朝洗濯をしていき、夜は帰宅が遅いにもかかわらず、ご飯の準備ができていなければしてくれます。赤ちゃんの世話も帰宅するとオムツ、抱っこ、ミルク(飲みませんが)全てしてくれます。(旦那さんなんだから甘えればいいと思われますが)それが私には申し訳なくて、ここまでしてくれているのに私は何をしているのだろうと思ってしまいます。

市の保健所に育児のいき詰まりを相談しましたが、「赤ちゃんを思ってるじゃないですか、」の一言ですまされてしまいました。

ベビーシッターを今度頼むことにしましたが、頼まなくても立派に子供を育てている人はいるのに私にはできないのかと、自分の情けなさを痛感してしまいます。
私は今後ろ向きにしか育児ができなくなってしまいました。
分かっているんです、毎日力を抜いて、赤ちゃんと楽しく、赤ちゃんのペースに合わせて生活すればいいことは。。。
でも何故かできないんです。毎日赤ちゃんに泣いたり、あたったり、悪いことばかりしてしまい、それを後悔して泣いて...それが今つらくて仕方ありません。
我が子も私の元に産まれてきていなければ、きっともう笑って、体重もきちんと増えて、立派に育っていたにちがいないんです。

投稿日時 - 2007-05-01 23:40:37

QNo.2966401

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>情けない話ですが、育児にいき詰ってしまいました。
情けなくなんかないですよ!!!!あなたは大変な状況の中、子育てしているんです。実家もない、身寄りもない、知り合いがいない状況の中での子育ては本っ当に辛いです。

確かに子育てはみんながやっている事ですね。でも質問者様のような状況の辛さは私も経験しているのでよく分かります。実家があっても、一時赤ちゃんを預けられるところがあっても所詮一時の事で面倒をずっと見るのは母親ですが物理的な手助けだけではなく、話を聞いてくれ実際赤ちゃんの様子を傍で見てもらうだけでも今の質問者様の不安や懺悔の気持ちが和らぐ物です。

私の話になってしまいますが、長男出産後相当参っていました。「育児は大変だ」と聞いてはいて覚悟はしていましたがその本当の大変さは全く分かっていませんでした。赤ちゃんのお世話でおむつ交換・夜中の授乳での睡眠不足など目に見える大変さだけしか想像できませんでした。実際の大変さは自分自身の気持ちの葛藤の中にありました。気軽に経験者に聞く事が出来ない状況でこういったサイトや本を読み漁り、我が子の成長を見つめました。まさに質問者様同様、個人差のある成長を分かってはいますが自分の育児に自信がなく、自分のあやし方や接し方・日中ほとんど私とだけの接触がこの子に影響が出ているのでは?と思い赤ちゃんに少しでもいい環境をと不自然に「頑張って笑う」日々。それでも結果が出ないまま、今度は赤ちゃんの何かしらの病気まで疑ってしまう始末でした。この赤ちゃんの何かしらの病気への疑いも今では口に出して言えますが当時は怖いと言う気持ちと我が子にそんな疑いを持つことはいけないことだと思い言えませんでした。

>我が子も私の元に産まれてきていなければ、・・・・
思う時ありました。集団検診で同じ月齢の子が集まるとき、ふと他の子を見るとオムツを替えられながらニッコリしている子。その子に対して何事か話しかけながらニッコリ笑っているママ。あんなママのように出来れば我が子も笑っていただろうに・・・・と思いました。そんな思い辛いですよね。

今になって言えますが、そんな事はありません。すでに赤ちゃんはあなたの元を選んできています。笑う事や体重が増える事が赤ちゃんの幸せではないですしそれが立派な事でもありません。大人でもよく笑う人・笑わない人っていますよね。笑いのツボもみんな一緒ではないです。体系も大きな人・小さい人、みんなそれぞれです。

言葉をしゃべれない赤ちゃんの幸せを考えるのは難しい事ですが、もっとシンプルに赤ちゃんの「泣き」で探ってみませんか?赤ちゃんが笑う顔に対してのこだわりを捨ててみましょう。嬉しくても笑わない人っていますよ。(ちなみにそれはうちの主人ですが)何かしてあげた時、例えばガラガラであやした時や微笑みかけた時、お風呂に入れて気持ちいいだろうと思う時に反応があったら嬉しい物ですが積極的に笑わない子もいます。でも嫌だったり不快だったら必ず泣きます。泣いてない我が子がいればそれが居心地の良い空間なんです。ボ~っと壁を見ていたらボ~っとしてたいのでしょう。泣き出したらオムツを見てオムツでも泣き止まなかったら抱っこしてみて泣き止んだら抱っこして欲しかっただけ。抱っこでも泣き止まなかったらお腹がすいたのでしょう。飲みたいだけ飲ませてあげて。少ししか飲まなくても気にしないで。気にしないといけないのは1回の量でも1日のトータルのミルクの量でもなく1ヶ月区切りでの体重の変化と赤ちゃんの元気のなさだけです。未だに1日や1週間で体重のチェックしていませんか?もししていたら止めましょう。

ご主人に対しての感謝の気持ちは大切ですが今は甘えていいと思いますよ。だって2人の子供だもの。そしてご主人も質問者様が大変だと思うからこそ手助けしてくれているんです。「ありがとう」の言葉で甘えたらいいんです。ご主人も大変でしょうがそれが幸せであって、甘えちゃいけないと質問者様だけで抱え込み落ち込んでいかれる方がどれほど辛い事か分かりません。今は質問者さんが辛いから手伝ってもらえば良いのです。ご主人がこの先大変な時、サポートしたいと思いますよね?それと一緒の事です。

長くなってしまいましたが、気負わず焦らずリラックスして欲しいと思い書き込みました。育児の大変さはずっと続きますが辛さだけではないです。必ずその辛さとは比べようもないほどの幸せがやってきますからもう少し頑張って、ベビーシッターへの抵抗もなくして利用しつつ乗り切ってください。頑張って!

投稿日時 - 2007-05-02 02:17:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(13)

ANo.13

こんにちは。
毎日、本当にご苦労様です。
うちは9ヶ月のムスコがいるのですが、完母だったため、やはり同じような時期にミルク(哺乳瓶)嫌いになり、大変でした。
ちょうど実家で結婚式に出席しなければならず、もう会場まで連れていくか・・・・と思ってました。
ところが、直前になって大丈夫になりました。
それは、私がミルクをあげるのではなく、
ウチの実家の母がミルクをあげたからです。
ベビーシッターさん、いいじゃ~ないですか!
ぜひベビーシッターさんにミルクを上げてもらってください。
今は無理でも飲めるようになりますから!
私は実家がとても遠いので早々帰ることができませんでした。
(実家があるだけいいのかもしれませんが)
ダンナさまがとてもやさしい人のようですので
1日1時間、授乳の間でもいいのでダンナさまにまかせて
一人になってください。
ぼ~っとするだけでも、気分はマシになります。
私はよくムスコをベビーカーにのせて
スーパーのフードコートでお茶を飲んで
ボケ~っとしてました。
それだけでも、すっきりしてました。

私はベビーシッターではなく、1年の育児休暇を9ヶ月で切り上げ
ムスコを保育園に入れて働き始めました。
1日中一緒だとストレスたまってダンナにあたりちらすからです。
賛否両論ですが、私は良かったと思ってます。
ちなみに同時期に保育園に入った生後4ヶ月のママも
「ストレス溜まるので仕事さがす!」と言ってました。
さらに家事は手抜きで充分、私は未だダンナが帰ってくるまでご飯一つ炊いてません(笑)子どもと戯れているだけです。
今PCやってるのもダンナが子どもを寝かせつけてくれたのでゆっくりと・・・・・それくらい手を抜いてます。

支離滅裂な回答ですが、エールを送りたくてコメントしました。

投稿日時 - 2007-05-02 22:36:16

お礼

一括で皆様にお礼を言わせていただくことをお許しください。

正直、こんなにもエールを送っていただけるとは思いませんでした。
まだまだ復活することはできませんが、少しずつ成長していければと思います。

ありがとうございました

投稿日時 - 2007-05-04 08:57:32

ANo.12

こんにちは。3歳になった娘のママです。かなりお疲れのようですね。


私も娘が2歳過ぎまでは年がら年中ピリピリしていました(というか今でもですが・・)特にうちの娘は体が弱く、しょっちょう風邪を引き、下痢をし、5ヶ月の時にも「そけいヘルニア」で手術・・と、ストレスが溜まる一方でした。


保健所にご相談に行かれたそうですが、大体どこでも役所の方々は忙しいので、結構冷たいです。それよりも、児童館や子育て支援センターなどはお近くにありませんか?そういう所で相談された方が親身になって聞いてくれると思います。私も、隣の市でしたが娘が1歳過ぎの頃に子育て支援センターを知り、初めて行った時は「なんでもっと早く行かなかったんだろう」と思いました。今でも疲れると娘とそこに行き、癒されて帰ってきます。


あと、睡眠不足ではありませんか?赤ちゃんがいる生活はとにかく不規則ですし、慢性の睡眠不足になりがちです。日曜日など、ご主人に1日息子さんを預けてひたすら眠る事も大事ですよ。栄養剤を飲むとか、ご自身の健康も大事です。ママがあっての赤ちゃんなのですから、自分も大事にしましょう!
どこかへ1人でショッピングに出掛けてもいいですし、もう3ヶ月になったのですから、ベビーカーで公園までちょっとお散歩・・・もいいものですよ。今の季節たくさんお花が咲いていますし、息子さんにも「きれいだね」とか話しかけてみてはいかがでしょうか?ご自身のリフレッシュにもなると思います。私はカメラを持ち歩き、お花の写真を撮りまくりました。


何だかエラソーに書いてしまいましたが、私も同じくつらい思いをしたので、分かるんです!何とかこの赤ちゃん期間を切り抜けて頂きたくて・・。お喋りするようになったら、子供もいい話し相手になってくれますよ!もう少しの辛抱です。どうかいい思い出になりますように・・・!

投稿日時 - 2007-05-02 09:56:21

ANo.11

「わかっているけれど、できない」という行き場の無い思いがあるのですよね。協力してくれるご主人にもとっても感謝しているから、自分がもっとできればいいのにと、ご自分を責めてしまうのでしょうか。せっかく努力して保健所に相談したのに、きちんと対応して頂けなかったのですね。

また、ご自身でお気づきの通り、本当は困難な状況が重なっておられますよね。残念ながら頼れるご実家が無く、知らない土地に引越され地域にもまだ慣れず、日が浅いため知り合いはまだいない。その上で、生まれて間もない赤ちゃんと日々向き合いながら、親としては自然ながら止めようとしてもつい発達が気になり、毎日寝不足な中で一生懸命赤ちゃんのお世話をしていらっしゃる。なんとかしようと保健所へと相談に足を運ばれたという努力も素晴らしいと思います。他方、その保健所の方は頼りがいが無さ過ぎで残念です。

時にはよく睡眠をとられることと、あなたのお話にじっくりと耳をかたむけてもらう機会がとても大切のように思います。

睡眠についてですが、失礼ですが全て母乳ですか?半分又は3回に2回は粉ミルクでベビーシッターさんにあげてもらっておくのは駄目ですか?涙が出てくるとありましたが、睡眠は気持ちを落ち着きを取り戻すためにも、とても大事みたいですよ。

お話をすることについては、身近に相談できる相手がいない状況との事なので、別の公的な相談窓口を試されるのはもうお嫌ですか?論外な所、合わないなあんまりだなと思う所、話はじっくりと聞いてもらる所、一部同意できないけど一部すごく参考になる所など、色々な窓口があると思います。あとは、相性もあると思うので、どこが良いとは一概に決められませんが。あなたのお話をきちんと聞いて下さり、参考になる助言等を頂ける窓口を継続して探されるのはいかがですか?ご存知かと思いますが、直接出向かなくても、各都道府県や市町村に様々な無料電話相談窓口もあります。

ただ、育児・児童相談の窓口の場合、相談対象が子供に限られ、子供の為にも大切なはずの母親へのサポートが度外視されている所もあると思います。母親へのサポートを重視している所、もしくは親に限らず大人の様々な相談を主な目的とする所を利用する方法もあります。お辛いお気持ちから離れていくための、手ががりになるかもしれないと思い書かせて頂きました。

投稿日時 - 2007-05-02 03:38:34

ANo.10

産後はホルモンバランスが変化し余計にポロポロした気分になりやすいようです。
子供に申し訳ない、旦那様に申し訳ない…と。

私も一人目のときは後から思うと
この子は私がお世話をしないといけないから…と
それこそ「義務感」のように感じ育児をしていました。
2ヶ月以上そんな思いだったみたいで
「かわいい」と言う感情を思えたのはそれ以降でした。
子供に対し申し訳ない思いで更にいっぱいいっぱいでした。
4ヶ月くらいで季節も暖かくなり外にでるようになり
子供の反応も良くなってようやく色々と気持ちが変わりました。

知り合いの居ない土地…と言う中、日中ずっとお子様と二人きり、
と言うのも気持ちがいっぱいいっぱいになってしまう一因かと思います。
会話のできる他の人と世間話するだけでも気持ちが変わりますので
ベビーシッターさんをお願いしたことは質問者さんにとっても
良い気分転換になるかもしれませんね。

もしかして
ミルク嫌い…と言うのは母乳育児と言うことなのでしょうか?
(ミルクでしたら見当違いで申し訳ありません)
おっぱいに慣れると哺乳瓶が嫌いになってしまうみたいですよね。
夕方になると自分が疲れ、更におっぱいの出も減ってしまうんですよね。
そして間がもたなくなり、ホントおっぱい出しっぱなしになりますよね。
私は座椅子やベッドで抱えて背もたれにもたれ…
そのままうとうとしちゃって休んでました。
お子様が3ヶ月近いのであれば
添い寝おっぱいでもして休みながら…としてみてはいかがでしょうか?

睡眠が不足し疲れていると気持ちも余計にへこんでしまいます。
昼間にでも休めるときに子供と一緒に休んでくださいね。

投稿日時 - 2007-05-02 03:33:46

ANo.9

最後の一文を読んで、ああ、私も長男が赤ちゃんの時毎日そう思っていたなぁ、と思い出しました。(というか、小学4年生になる今もそんな風に思うことのある私です^^;)
他の皆さんのご回答、私まで勇気付けられてしまいました。あ~、あの頃、こういうところで相談できていたら…なんて。私のは、回答ではなく、共感で終わっているかと思います。ごめんなさい。

先にミルクのことについてなんですが、ミルクの育児って、母乳育児に比べて大変ですよね。
次男は、完全に母乳で育てたのですが、なぜなら、長男のときがミルクで大変苦労したからなんです。今回はなんとしても母乳を出してやる!と意気込みました。それくらい、ミルク育児だけはやめたかった。

思い返せば、質問者さんのところと同じく、ちっとも飲まない→飲まないからすぐお腹をすかせて泣く→「はいはい、今ミルク作るからね」(しかし手を放している間は大音量で泣きっぱなし)→1時間おきに作るから哺乳瓶をいっつも洗っては消毒して……と、そんなことが続きました。誰だって嫌になりますよね。もうヘトヘト。
そういう手間が、ひどく時間を無駄にさせられているような気がして、無性に腹が立ってくるのです。
また、作ったミルクを、飲まないから大量に捨てるのも、そのころは気付きませんでしたが、無意識下に相当なストレスになっていたようです。
たくさん飲む赤ちゃんの場合はなんのストレスもないミルク育児も、飲まない赤ちゃんの場合は、当事者しかわからないかもしれませんが、結構大変ですよね。
まずそんなことも、質問者さんにとっても結構ストレスになっておられますかね?
それから、さっきも書いたのですが、今日一日何をやっていたんだろう、という不毛な焦りに陥ってしまうと、(いや、不毛ではなく、この焦燥感が一番辛いストレスだと私は思うのですが)、こんなにも大事に思っているのに、その赤ちゃんを責めたくなってきてしまいますよね。

私の場合、義母と同居なのですが、長男の赤ちゃんの頃は私が家にいて、義母は外で働いていたため、夕方、義母の帰宅時間が近づくと、「何も出来ていない!」「あれもこれもやっておきたかったのに!」という焦りで、気が変になりそうでした。(今も、その名残なのか、夕方が大嫌いな私)
実際、出来ないんですよね。泣かれるから抱っこしっぱなし。
泣かせておくと、その大音量でまた頭がおかしくなりそうだし。
やっと寝かせても、眠りが浅くてすぐ起きる。洗濯機は回せても、干している時間がないんですよね。
とにかく、要領の悪い自分を責めまくるとともに、「なんでそんなに泣くのよ!眠いんなら寝りゃいいじゃないのよ!」と子供を責める。そしてまた自己嫌悪、そう、質問者さんと同じく、自分もいつも泣いていました。通りすがりの人に、そういう声を聞かれて、「もっと大らかな子育てをした方がいいわよ」なんて言われもしました。これは切なかった。
4ヶ月になっても首が据わらなかったし、体重も少ない。もちろん、いっつも泣いているから、笑った顔なんて見たこと無い。夜泣きもするし夜のミルク作りも日課。夜中、毛布にくるんで、泣きながら外を散歩したこともありました。それに、実家が近い私ですが、両親にも「体も小さいし、神経質な子供だ」などと言われ、もうズタボロでした。
質問者さんのおっしゃるように、私自身の精神状態が赤ちゃんにも伝わるのでしょう、まさに悪循環だったと思います。

でも!こんな、救いの無いかのような子育てをしている中でも、脳みそって不思議です。どこかでは何か解決法を模索しているのでしょうか、ノイローゼの一歩手前ではありましたが、その都度その都度、ほんの小さな解決法(気休めとも言うかな?)をひねり出していたようです。
四六時中抱っこするのには無理があるから→おんぶしてみよう、とか、やっと背中で寝たものの、下ろすと泣くから→おんぶしたままソファーにうつぶせになって自分も寝ちゃえ、とか。
傑作は、あるときスイカの果汁をあげてみたら、大喜びで飲むことがわかり、大量に飲み残したミルクに、スイカの搾り汁を加えて、最後の一滴まで飲ませることに成功!!なんてこともありました。(もちろんしょっちゅうやりました。良いか悪いかなんて、この際無視して!)
質問者さんも、こちらで相談なさるなどの、素晴らしい方法を思いつかれていますね!

子育てって、次から次から難題が出されるみたいに、悩みが更新されていきますよね。年齢を追うごとに複雑になっていく。
離乳食も苦労したなぁ。食べなくて…本っ当に…(思い出し怒り)
学校に入れば、友人関係なんかで悩みも出てきたりしますし。
完璧な子育てなんて、よほどの鈍感な人でなきゃ出来ないんじゃないか、って思うくらいです。みんな何かしら悩みを持ってる。
そして、みんなどこかで折り合いを付けてる。そのためのしわ寄せだってある。

質問者さんが、優しいご主人に対して申し訳なく思う気持ちも、とってもよくわかります。赤ちゃんに対しても。でも、
自分の精神を正常に保とうとするために、例えば何かのせいにするとかってこと、私にはよくあるんですが、どうもそれも、脳みその防衛本能なんじゃないかなぁ、と思えます。どこかにしわ寄せが行ってしまうのは、誰にでもあることなんじゃないかなぁ、と。
ならば、何もわからない赤ちゃんにしわ寄せが行くよりは、話せばわかってもらえるご主人に甘えさせてもらうほうがいいと思うのです。
感謝の気持ちを、なるべく言葉に出すとか、休日にはうんと美味しいものを食べさせてあげるとかのフォローをすれば、質問者さんの罪悪感も減るでしょうし。

少しずつでも、質問者さんの気が楽になっていくといいな。一度にじゃなく、少しずつでも。ほんの些細なことでいいんですよね、そのきっかけが。
例えば、捨てるミルクの量が減っただとか、おんぶで家事が1つだけはかどっただとか、赤ちゃんと一緒にほんの少しだけどお昼寝できた、とかちょっとしたことで。

最後に…うちの長男は、4ヶ月になって初めて、本心(たぶんだけど)からの笑い顔を見せてくれました。いつも泣き顔ばっか見てたから、笑顔が輝いて見えたっけ。嬉しかったです。
今、4年生になり、体は相変わらず細いし、反抗期で手を焼いてもいますが、笑い上戸の長男です。私が笑っている時が、一番嬉しいみたいです。なるべく!笑っていたいものだと思います。息抜きしながら、お互い頑張りましょうね。
ついつい長文になり、申し訳ないです。

投稿日時 - 2007-05-02 02:27:29

ANo.7

こんばんは。。

赤ちゃんも2ヵ月半ですが、質問者様もお母さん2ヵ月半じゃないですか!!

お互い2ヵ月半同士、上手くいかないことも分かり合えないこともあるでしょう。

現在2歳半の甥っ子も生後2ヶ月まで上手にミルクを飲めず、保健婦さん?が家庭訪問に来たときに「哺乳瓶替えてみたら~」なんて軽~く言われ、替えてみたら今まで1時間もかかっていた授乳タイムが10分に短縮!なんてこともありました。

我が家も母が早くに他界したので、アドバイスをもらえる人も助けてくれる人もいなかったのですが、だんだんと慣れるもんです。
焦らず、気張らず、赤ちゃんと共に成長してください。。

投稿日時 - 2007-05-02 01:22:28

ANo.6

これからたくさん笑ってくれますよ(^^)
まだ目が見えていないから、ママと目があったりしないんですよ。そろそろ見えるようになると思いますよ。それに、まだ小さいからあやしても笑う時期ではないので、これからですよ。
ちゃんとママの声もぬくもりも伝わっていますよ。
それから、ミルクの飲みの事は赤ちゃんも自分と同じように考えてみてはどうですか?毎時間同じ量が飲めるわけではないし、飲みたくない気分の時もありますよね。きっと同じですよ。私も何で飲んでくれないのとか飲まないと成長に影響するのではと焦りなども感じてイライラしてしまう時もありました。
一度、赤ちゃんの飲みたい量だけあげて、今は飲みたくないんだなって、気持ちを切り替えてみてはどうですか?また次の時間にあげて様子をみてもよいと思います。

とても頑張っているから、子供を思うから悩んで苦しいんですよね。
今の時期は、夜の授乳もあり寝不足など解らないことだらけで大変ですよね。ベビーシッターさんにきていただるなら、よかったですね。少しでも休んでくださいね。

投稿日時 - 2007-05-02 01:16:57

ANo.5

>我が子も私の元に産まれてきていなければ、きっともう笑って、体重もきちんと増えて、立派に育っていたにちがいないんです。

そんな風に決めつけて、自分を責めちゃだめですよ(^-^)
私に子供はいませんが姪と甥が7人います。
よっっっっっぽどタフじゃないと余裕のある子育てなんてできませんよ~。
ミルクを一度にたくさん飲めない子ならヘトヘトになっちゃうのも当然。

義兄二人が最初の子を可愛がるようになったのは6ヶ月ぐらいになってからでした。
それまでは赤ちゃんの反応が薄いので父性が目覚めてなかったのかもしれません。
2ヶ月半でそんなに笑わなくても、親の目をじっと見つめたりしなくても気にしないで。

まだお腹から出てきたたったの2ヶ月半です。
体の機能も少しずつ人らしくなっていきます。
私たちが当たり前だと思ってる笑い方も赤ちゃんは練習中なのでしょう。
自分の意思でグーパーもできないほどですからね。
まだまだありとあらゆるところが未発達なんですよ(^-^)

たいそうなお話なんてしなくても大丈夫。
足をパタパタさせてたら「足パタパタしてるの~(^-^)」
くしゃみをしたら「はっくしょんでたね~(^-^)」
そんなので充分ですよ。
お母さんが笑って笑顔のお手本を見せてあげてください。

たぶんどこを探しても最初から立派にお母さんができてる人なんていないと思うんです。
赤ちゃんを育てていきながら少しずつお母さんも育っていくんじゃないかな。
私の姉もそれはもういっぱいいっぱいで子育てしてましたよ(^^;
heiji0218さんは特別なんじゃなくて普通なんですよ。

投稿日時 - 2007-05-02 00:56:11

ANo.4

深く考えずに、ご主人がベビーシッターを嫌がらなければ、どんどん利用しては?お母さんにも息抜き必要ですよ。
実際問題として、知り合いの方とかもいないのはきついですね。
うちの子はうちの子だと思って、ゆっくり子育てしていけばいいと思います。ミルクも欲しくないから飲まないんだ、とか、機嫌が悪いから、笑わないとか。
無理せずに、夫婦で頑張り過ぎずに・・・・。
本の通りや、他の子と同じようになるわけではないですよ。

投稿日時 - 2007-05-02 00:35:50

ANo.3

こんにちは(^-^)
私は1歳5ヶ月の男の子の母親です。

毎日子育てお疲れ様です。

早速ですが、鮫島浩二さんの「わたしがあなたを選びました」という本はご存知でしょうか?
私はママになりたてのころ、この本に助けられました。

赤ちゃんは両親を選んでこの世にやってくるという内容の絵本です。
ちょっとスピリチュアルな内容ですが、心にしみ、涙が出ました。

私は質問者様のお子様もあなたを選んで生まれてきたのだと思います。

私も子供がなつかなかったり、かわいく思えないこともありました。
感情を子供にぶつけ、怒鳴ってしまったりもします。
そんなときは頭がおかしくなりそうなくらいに後悔し、落ち込んでしまいます。
私たちも、子供が生まれたからといって、すぐ、「母親」になれるわけではないと思います。
質問者様が悪いわけでは絶対にないと思います。

ご主人のお帰りが遅いようで、ずっとお子様と二人きりの育児は本当に大変なことだと思います。

お住まいの市や区で開いている新生児とパパママのためのサロンなどはありませんでしょうか??
他のママやパパといろいろと悩みを話し合い、外に出てみてはいかがでしょうか?
きっと質問者様が心から笑顔になるのが一番だと思います。

ベビーシッターさんにあずけて息を抜くのも必要なことです。
つらいときは一息いれて、みんなで子育てをしましょう!!

投稿日時 - 2007-05-02 00:32:12

ANo.2

おかあさん・・大丈夫ですか??
頑張りすぎですよ!
もっと甘えていいんです
もっと頼っていいんですよ

誰だって辛い時はあります
その辛い時には休んだ方がいいんですよ

あなたの周りの人
特に大事なご主人がすごく辛い時
自分が大変なことでも
あなた・・もっと私を頼ってよ!
って思うでしょ?

同じです・・

ご主人にも頼っていいんですよ
ご主人だから頼っていいんですよ
だって・・家族だから・・
こんな時こそ協力し合っていくのが家族です

時には少しくらいあたってもいいんです
家族だから・・

それでも どうしてもご主人に
申し訳ないと思うなら
お金はかかりますが
ベビーシッターをお願いすることも
いいと思いますよ

それは育児放棄でも何でもなく
おかあさんが休む時間です
他のおかあさんはおかあさんです

人はみんな違います
他のおかあさんができないようなことでも
あなたができることだってあるんです
みんな得意不得意ありますから
気にせず・・ 今はおかあさんが
元気になる方法をご主人と話して
考えたらいいと思います

また元気になったらやればいいんですよ

赤ちゃんもみんな違います

同じマンションにも笑わない赤ちゃんがいましたよ
女の子でしたが みんながどんなに
あやしても笑わないし・・
でも今は小学生・・ とっても明るくて
活発な女の子ですよ!

我が家の子供も一番下の子は
しょっちゅう病気ばかりしてたし
小さい頃は体重はなかなか増えず
ミルクの飲みも悪いし
ちっちゃい赤ちゃんでしたよ

でも今は立派なレディーですよ
病気もしないし もちろん・・
小さくもなくプックリした
かわいいレディーです

私には3人子供がいますが
自分の子供でも み~んな全然違います
成長も性格も・・・・・
同じ親が同じに育てても全然違いますから
人とはもっと違っても当たり前だと思います

みんな違っていいんですよ
みんなそれぞれ一人の人間ですからね・・

優しいご主人とよく話してみてくださいね
ゆっくり休める時間を取れたらいいですね

投稿日時 - 2007-05-02 00:29:55

ANo.1

お母さんは、みんな必死になるものです。
うちの母も初めての子である私を、日中一人必死で世話をしてくれました。
そんな私もちゃんと育ちましたよ(笑)

立派に育ててる人は、そうそういないそうです。
赤ちゃんは、自分で飲んで、育ちます。
安心してください。

それから、笑ってもらうためには、あなたが余裕のある笑顔を見せる事が一番なんです(^^)

保健所は事務的な気がします。あまり気にしないで下さい。
私の検診のとき、いつもはできたブロック積みができなくて、母が説明しても×をつけたそうですから。

ベビーシッターや福祉の利用、全然普通です。
お母さんが楽しく育児できるのが一番ですよ♪

投稿日時 - 2007-05-02 00:15:46

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-