こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

乳幼児に食べさせていいのは・・・?

子どもにどこまで大人と同じ物を食べさせてよいものかわからず困っています。

私にはもうすぐ3歳になる子どもがいます。
離乳食のころにはいろいろと情報もあって消化のよい物から順に与えていましたが,離乳食を完了したとたん「幼児食」というだけで「大人と同じような食事ができるけど配慮して」という程度の簡単な説明で,よくわからないのです。

生卵や刺身などの生ものは,食べさせてもよいのでしょうか。
新鮮なものなら大丈夫では,というような回答が過去にありましたが,消化しにくい物ではないのですか?
新鮮の基準ってありますか?
スーパーに売っている刺身は幼児にとって新鮮と言えますか?

貝や蛸,イカなどは消化が悪いような印象があるのですが,どうなんでしょうか。

専門的にご存知の方の意見や,私はこうしていたよという声が聞きたいです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-05-01 23:00:45

QNo.2966253

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

刺身について何故鮮度が関係するかと言えば、例えば青魚などは古くなるとどんどん酸化します。
青魚にはヒスチジンという物質が含まれ、酸化すると同時にヒスタミンに変化します。ヒスタミン量が多くなると、アレルギーなどを持っていなくても、湿疹や嘔吐下痢などの中毒症状が起こる場合があります。
さらに、成人に比べて幼児は影響を受けやすいので、成人よりも鮮度に反応しやすいといえます。
実際鮮度については自分の目で見極めるしかないので、必ずしもスーパーで売っているものが大丈夫、と言い切れないのが難しいですね。
3歳なら白身の刺身なら大丈夫だと思います。
イカ、蛸、貝類についてはお察しの通り、生でも加熱しても消化の悪い部類に入る食品です。あげる時は、細かく切ったり、量をあげすぎないなどの配慮が必要ですね。
生卵については毎年サルモネラ中毒が出ていますからね・・。
普通に生食用の卵なら鮮度については心配ないですが、3歳ぐらいだと、まだ急いであげなくてもいいかな、とは思います。

<保健師さんはその道のプロですので、強い味方ですよ。
???
何処の自治体にも保健センターには管理栄養士がいると思いますが、何故保健師がその道のプロなんですか?

投稿日時 - 2007-05-03 19:46:26

お礼

青魚が酸化してヒスタミンが増える,ということは初めて知りました。
「鮮度を自分の目で見極める」
そうなんです。これができないので心配なんです。
大人が食べる分にはまぁ大丈夫かな,とは思うのですが子どもに,となると・・・。
まさか子どもに食べさせるために,漁港へ行って目の前でさばいてもらうわけにもいきませんし。
とりあえずは白身の魚から与えてみることにします。
生卵はやはりサルモネラ菌が危ないですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-05 09:03:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

管理栄養士です。

幼児期は、今後の食生活に関わる重要な時期と言われています。
離乳期がミルクから普通の食事への移行の時期であったように、
幼児期は、好き嫌いなくいろいろなものを食べられるようになる訓練の時期といえます。
離乳期を過ぎてしまえば消化機能はしっかりしてきているはずですので、
食材としては基本的に大人と同じものでいいようですが、味付けだけは別です。
小さいうちに濃い味付けになれてしまうと、大人になってからも濃い味のものを好むようになってしまい、生活習慣病の原因になります。
みそ汁などは、大人のものを少しお湯で薄めてあげるといいですよ。
教科書的にいえば、スナック菓子や甘いジュース類やコンビニ弁当は控えるべき‥です。
また、なるべくいろいろなメニューのものを食べさせることもポイントですね。
自我がでてくることで、ワガママや好き嫌い・食べず嫌いなども現れる時期ですので、無理強いなどしないでゆっくりつきあってあげることも大切です。

他にも細かくいろいろあるので、お住まいの地域の保健センターなどの子育て相談を利用されることをお薦めします。
保健師さんはその道のプロですので、強い味方ですよ。
お母さんは大変だと思いますが、子供さんの一生に関わることですので、ちょっとだけ頑張ってあげてください。

投稿日時 - 2007-05-03 00:49:27

お礼

離乳期を過ぎれば消化機能はしっかりしてきているのですね。
それを聞くと安心して与えることができます。
ありがとうございます。

味付けに関しては私自身が薄味好みなので,私が作った物は,(それをさらに薄めることもありますが)そのまま与えることが多いです。
ただ,私が仕事をしていて帰りが遅いので,たいていは同居しているお義母さんが夕食を準備してくださるのですが,それが味付けが濃いので困ってしまいます。
お湯などをかけて薄くできる物はしますが,それにも限界が・・・。
かなり何度もそのことも話したと思うのですが,改善の見込みはなく,舌が味を覚えているからどうしようもないのかなぁ,とも。

私が帰ってきてから準備すると寝る時間とかの点でこれまた子どもに悪影響ですし,どちらかを取らなくてはいけないのかもしれないですが,難しいです。
お礼なのにお礼以外のことが多くなってしまいました。
すみません。

投稿日時 - 2007-05-05 08:55:52

ANo.1

新鮮って、すごくあいまいですよね…。
鮮度に関してだけいえば、3歳なら、大人が食べておなかをこわさない程度に新鮮なら大丈夫かと思います。
お刺身は1歳ぐらいから食べさせている人もいますしね。親の考え方ひとつではないでしょうか。たこやイカも確かに消化が悪い方ではありますが、小さい時から食べさせていて全然平気な子もいます。
うちでは刺身は3歳ぐらいから、食べさせるようになりました。でも特に好きではないみたいで、それほどたくさん食べませんし、たこやイカは噛み切りにくいのか、食べません。
生卵も、大人が生で食べられる程度のもの(卵に賞味期限が書かれていますよね、それが生で食べられる期間です)なら鮮度に関しては大丈夫だと思います。
ただ、卵はサルモネラ菌の心配があります。どんなに新鮮な卵であっても、また衛生に気を配った養鶏場でとれた卵でも、サルモネラ菌の汚染はあり得るそうです。
菌は卵の殻についているそうですが、卵を割ったりした時に中身に混入します。加熱すれば大丈夫です。
ちょっと前に、大阪かどこかで、卵かけご飯を食べた5歳ぐらいの子がサルモネラ菌中毒で亡くなる事故があったように記憶しています。
うちでは6歳の上の子にも生卵はこれまでほとんど食べさせたことはないです。
大人もなるべく避けるようにしてるぐらいです。
料理の時に生卵にさわったら必ず石けんで手洗いをするようにもしていますよ。
まあ、生卵を食べたってほとんどの場合は大丈夫なのでしょうけれど、そこは親の気持ちひとつ、ではないかなあ。

投稿日時 - 2007-05-02 13:16:24

お礼

「親の考え方ひとつ」
確かにそういう面もあるようですね。
味付けなどでも私はまだ薄味に気を使っているのですが,
もっと早い時期から大人と同じ濃い味のものを与えている友だちもいて
いろいろだなぁ,と思っているところです。
特にあわてる必要はないようですが,もうすぐ3歳ですし,少しずつやってみることにしようかな,と思います。
サルモネラ菌には気をつけたほうがいいようですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-05 08:41:25

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-