こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

誰の責任になるの?

最近?東京の八王子市では小学校の登校班が廃止されたとのことを知人から聞きました。

その理由が

小学校低学年の子が登校班で登校中に事故にあい死亡。その両親が、登校班の班長の上級生に責任を求めた。

上級生と言えどもたったの12歳の子ですし、その子が死んだ下級生を押した結果車に引かれたとかではないのですから、上級生には何の罪もないと思うのですが。教育委員会の取った行動は、『登校班の廃止』でした。

これにより、一年生が一人で登校するのが当たり前になってしまいました。教育委員会は上級生や学校に対して責任を求める親(亡くなった子の)の言い分を認めたってことですか?

投稿日時 - 2007-04-16 14:35:12

QNo.2925632

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(13)

ANo.13

質問者さんの問題提起は制度を知る上で、とても参考になりました。
1.廃止に替わる対策をとるのも行政の仕事。
  無駄に税金払っている訳でもない 怒
2.教育委員会は誰のお目付け役やら、私達に不便を強いる。
  折角,過去に勝ち取った私達の権利を奪っている。

法律の回答になっていないと気が付きましたので消えます。

投稿日時 - 2007-04-19 15:56:13

ANo.12

#9です、こんにちは
親(亡くなった子の)が上級生に指導力の不備を責めていると決めて話をされているようですね。そうでない他の理由かもと思いましたので、ごめんなさい。
どちらにせよ、危険な事故を防ぐ手段を子供に押し付けている現実があります。廃止で困るのは子供たちではなく、その保護者ですよね。(あぁ楽だったのに→危険の認識不足)
いまだに集団登校を安全だと思い込んではいませんか? 他の対策で低学年の通学路の安全を確保した方が良いと思いますが...どうでしょう。
やや 質問とずれたかな

投稿日時 - 2007-04-19 07:58:24

ANo.11

こんばんは、ANo10です。

え~と、なぜ被害者(?)は学校などを訴えるのか?と言う事は、理論立てて(理性的に)考えるとなかなか納得出来ない事ですが・・・

一般的に被害者(と思う人)は、自分の責任は無視(あるいは元々無いと思う)します。
あくまでも、誰かが悪い!せいで、自分が被害者になったと考えます。

ましてや、自分の子供が怪我や亡くなったりすると、理屈じゃ~有りません。
絶対誰かに責任を求めますし、最近では『慰謝料』『賠償金』『遺失利益』も一緒に得ようとします。

特に民事裁判の場合は、金銭的に請求しないと裁判になりません(ーー;)
ただ謝らせると言う事は裁判には馴染みませんし(そんな判決は出ません)、そもそも裁判になりませんから・・・(苦笑)

>通学途中に何かあったらなぜ学校や登校班のせいに?

交通事故などで、明らかに責任の所在が分かるような場合は良いのですが(それでも、保険に未加入などで賠償金が取れない場合は、違いますが)、相手が特定出来ない場合や、特定出来ても支払能力が無い場合ですと・・・

集団登校が学校からの指示で行われているのでしたら、学校に管理責任を問えるでしょうね。

『学校の指示通り』にしていたのに(安全を確保してくれると思っていたのに)、事故にあった。
学校の指示が無かったら、私が送り迎えをしていたから(実際はどうか分かりませんが・・・)、事故には会わなかった。
だから、集団登校などを指示した学校が悪い、あるいは班長などがちゃんと安全を確保しなかったのが悪い。
となります。

ま~、親としては、「自分が送り迎えしていたら事故には会わなかった」のに、人任せにしたせいで事故にあってしまったと言う後悔の念を、どこかに転化しないと精神的に持たないんでしょうね・・・(涙)

>避けえなかった不慮の事故の悲しみを「集団登校廃止」に持っていくのは、自分の悲しみと怒りを盾に他のお子さん達の権利を無視した行動だと思いました

いいえ、本人にとっては『自分は被害者』と言う『免罪符』(黄門様の印籠?)、あるいは誰にも負けない最強のカードが有ります。
何を言ってもOKの御墨付が有るのです。

人の権利など、「被害者様」である自分の権利の前には、無いのと同じです(当然無視出来る)。

>自分の悲しみと怒りを盾に他のお子さん達の権利を無視した行動だと思いました

ま~、理屈じゃ~有りませんから・・・

>それがまかり通ったのはあまりに臆病で無知だったと思います。

口で言うのは簡単ですが・・・

実際問題として、裁判に訴えられた上、TVカメラの前で釈明したり(レポーター等から、容赦なく責められて)、頭を下げて(土下座をして)謝り(自分の非を認め)、おまけに処分を受けるなんて事は、耐えられないでしょう。

特に、普段頭を下げた事の無い学校関係者(公務員)なら尚更です・・・(苦笑)

ま~、継続する為にいろんな方法も有ると思いますが、管理をすればするほど責任も増えてきます。
また何か有れば、今回の事も蒸し返されて責められます。

ですから、手っ取り早く『廃止』となるのでしょう。

ただでも学校内で事故が有った場合色々責められます。
学校外の事まで、責任は持てないと言う事でしょう。

では!

投稿日時 - 2007-04-18 20:00:35

ANo.10

こんばんは。

え~と、なぜ集団登校が廃止になったのか、理由(事の)真偽は分かりませんが・・・

一般的に考えると、十分納得出来る理由でしょうね(ーー;)

人によって賛否は有りますし、あくまでも私見ですが・・・

日本ではどんな事でも(たとえ一般的には理不尽な理由でも)、裁判(民事の場合)に訴える権利が有ります。
また、たとえ訴えられたとしても、その事自体で相手の言う事を認めた訳では有りません。
あくまでも裁判の結果(判決)で決まる事です。

よく原告の主張が認められないと、『不当判決!』と書いた紙をカメラの前に出しますけど、必ず原告が勝つ訳では有りません。
民事裁判と言う物は、言って見れば法律と言う武器で戦う、お互いの主張を通そうとする喧嘩です。
喧嘩ですから、勝った負けたは有ります。
負けたから『不当だ』と言う理由にはなりません(ーー;)

しかし、日本では先に被害者だ!と声を上げ、可哀想だと主張し、マスコミ(市民団体?)を味方に付けると、世論的には勝ちます(裁判では分かりませんが・・・)。
特に、被害対象が子供の場合、あるいは相手が国や企業の場合は、非常に高い確立で有利な状況になります・・・(笑)
言って見れば、『水戸黄門』状態?・・・(爆)

逆に、訴えられた相手としては、裁判で結果もまだ出ていない内から、マスコミなどでは完全に犯罪人(民事の場合訴えられても、犯罪人では有りません)扱い(特に国や企業の場合)となります。
これは非常に不利な状況となります。
また、要らぬ時間や費用が必要となります。

ですから、危機管理的には、訴えられるような状態になり得る物は、排除するのがまっとうな考えとなります。

そこで、小学校などの『集団登校』ですが、メリット・デメリットが有りますし、また非常に責任の所在が曖昧です。

学校(地方自治体)、上級生(班長?と言っても、小学生には責任能力は有りませんので、結局はその親)、それぞれの親(保護者)、最近よく有りボランティアの有志、何か有った場合誰に責任がある(取る)のでしょう?。
ま~、日本的と言えば、日本的なんですが・・・(笑)

事故等に合った場合、交通事故なら任意保険などで賠償されれば良いのですが、最近は掛けていない人もたくさんいます。
裁判で賠償金の支払い判決が出ても、無い人からは取れません(ーー;)
ましてや、通り魔や変質者相手では、どうにもならないケースが続出でしょう。

そこで取りっぱぐれの無い国や地方自治体が、裁判の相手とされるのでしょうね・・・(苦笑)
最近の風潮として、『自分の義務や責任は無視』『自分の権利は徹底訴求』『相手の責任や義務は徹底追及』ですから・・・
このサイトでもよく有るでしょう?『慰謝料は取れますか』って・・・(笑)
悪い言い方ですが、悲劇のヒロインとして取材されますから、自意識も満足出来ます・・・(苦笑)

では!

投稿日時 - 2007-04-16 20:44:41

お礼

ご回答ありがとうございました。

裁判に関する分析…そういう面があるんだと納得してしまいました。

ただ、今回の件…意味がわからないのです。通学途中に何かあったらなぜ学校や登校班のせいに?義務教育は受けて子供に利であるものですし、なくなったお子さんのご両親だって通学に文句は無かったはずです。避けえなかった不慮の事故の悲しみを「集団登校廃止」に持っていくのは、自分の悲しみと怒りを盾に他のお子さん達の権利を無視した行動だと思いました。また、それがまかり通ったのはあまりに臆病で無知だったと思います。

今は何かあれば自己責任と叫ばれますが、実際は怒りの矛先を勘違いした行動が多すぎると思います(米ですが禁煙者がタバコ会社を訴える、レンジにシャンプーしたての子猫を入れて死んでしまうとその会社に対し「注意書きがなかった」と訴えるなど)。

投稿日時 - 2007-04-18 16:09:47

ANo.9

集団登下校で本人にとって嫌なあだ名や、身体の特徴を言われている子供ら(それぞれ違う被害者)を3度遭遇したことがあります。
八王子の場合はこれが疑われたのかも知れません。 
教育委員会は上級生の非を認めたのでもなく、親(亡くなった子)の言い分に対しては「登校班の廃止」で(親に責任あるぞーサービスで学校は班長に強いてる)なのです。
質問者さんと同じく『低学年の親が変な難くせをつけるから廃止になった』と思われている事自体、亡くなった子の親は、さらに、悲しい思いを受けていると思います。

投稿日時 - 2007-04-16 18:28:56

お礼

ご回答ありがとうございます。

>質問者さんと同じく『低学年の親が変な難くせをつけるから廃止になった』と思われている事自体、

知人からの情報となりますが、彼女が新入生になった長男が登校班なしで学校に行くのを心配し、先生に尋ねたところ質問にあるような回答を頂いたとのことです。

被害者のご両親には本当にお気の毒だと思います。ただ…それとこれとは話が別で、悲しみや怒りを武器にどこかに責任を求めるのは本当におかしいと思うのです。

誰だって、最近子供を失って泣いて抗議する親には強く「あなたの考えはおかしい」とは言いづらいものです。

また、余所の人といる時に自分の子供が事故にあったときはその人を責め、時に裁判にまで訴える人がいますが、例えばその人が自分の子供といる時に事故が起こってしまったらどうするのか。避けられない運命ってあると思うんですよね。それに対し、責任を求めたりすることっておかしいと思いました。

投稿日時 - 2007-04-18 16:18:03

ANo.8

我が家も同じ被害に有っています。

1年生が転んで怪我(病院へ行ってない)の事実を、小5の班長の責任として、
その親とPTA関係の役員が集団で 責めてきました。

学校側に文章で指導方法や指導書・議事録などの開示を求めたのですが、
校長が代理人を立ててきて「これ以上言うと、○○さんの家の お子さんだけで登校してもらう事になります」と脅迫的な言葉で押さえ込んできました。

学校側は、「登下校中に関しては学校側の責任です。」と口で言うだけで証拠も何も提出しません。
結局、市と県の教育委員会は、この校長の対応は正しくないと認めているが教育委員会からは何も出来ないそうです。

投稿日時 - 2007-04-16 15:53:27

お礼

かなりおかしな話ですね。担任の先生などは力になってくれそうもないのでしょうか?

正直…そんなことで責任を追及されたら登校班の班長を誰も引き受けなくなっちゃいますよね。そこが問題だと思うのです。ちょっとしたことで、誰かを責めようとする態度。全く未然に防げないような事を理由に裁判・賠償金。。。

>校長が代理人を立ててきて「これ以上言うと、○○さんの家の お子さんだけで登校してもらう事になります」と脅迫的な言葉で押さえ込んできました。

本心では子供なんかどうでもいい教師が多いのが悲しいです。教師といえどもサラリーマン。それでも、不当な言いがかりに対して、なんでNOって言えないのでしょうか?学校で道徳を教える事が無意味に感じえません。

理不尽な校長に保護者で大変ですね。頑張ってください。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-16 16:24:13

ANo.7

 変な話ですね。
 死亡事故に遭われた子供さんは、気の毒だと思いますが、その責任を上級生・12歳の子供に求めるのも非常識な話です。
 また八王子市の教育委員会の行動も無責任です。
 学校にしろ、父兄にしろ、地域住民にしろ、皆さん全く児童・子供の安全を考えていません。
 今は、昔と違って、交通事故や変質者による事件等子供たちの環境は必ずしも良好とはいえません。
 それらの予防の為の集団登校(学校班)じゃないでしょうか。
 元々教育委員会は当てにならない組織ですが、何故、地元町内会組織で、子供の安全を守るような活動を思い付かないのでしょうか。
 教育委員会の今回の行動は、単なる責任逃れだと思います。

投稿日時 - 2007-04-16 15:31:16

お礼

ご回答ありがとうございます。

根本の問題(どこに本当に責任があるか)を解決しないで、全て丸く治めようとする対応はすごくおかしい気がしました。

何かを決める際、100%の人が幸せになれるわけではありません。でも子供を失い、まともな判断をしていない状態のご両親の意見を丸呑みして、多くの子供達の安全や成長を促すべき登校班を廃止するなんて。結構ショックでした。

投稿日時 - 2007-04-16 16:15:10

ANo.6

自治体が払うたって勝手に印刷して払うわけじゃありません。
税金から払うわけで(払った?)そんな親が増えてくればそれだけで自治体破綻です!

各自登校させれば責任は学校がかけた保険でまかなうことになるでしょう(あるいは親がめいめい保険かける)。
それでいいじゃないですか? おんぶに抱っこってレベルの大人が多すぎます。
登校班に任せるのがいやなら各自親が送り迎えすればいいだけです(あるいは人を雇う)。

ごたごたいわれても責任取る必要はないがそんなこといわれたら上級生の親は班引き受けるなって子供にいいそうです。どうせ登校班は自然消滅です。(廃止と教育委員会には関係ないでしょう? 上級生の親なら早めに1人で登校させますね!)

投稿日時 - 2007-04-16 15:27:57

ANo.5

集団登下校は、私が思う限りでは、最近急増している児童への誘拐・いたずらなど不審者対策には効果があると思います。

しかし、私は仕事の関係で小学校の登下校時に車で通学路を通りますが、友人同士が遊びながら、或はふざけあいながら通学する場合が多く、一人で通学するより車への注意が散漫になって、こと交通事故に関しては、かえって危険になってるように感じます。

また、本来ならば交通への安全に関する教育は親がするべきなのに、それをまだ子供の班長へ責任を押しつけるバカ親が現れてきたことから、教育委員会は「自分の子は自分で守れ」みたいな対応を取らざるを得なくなったのでしょう。

ですから、責任を認めたのではなく、交通事故を防ぐ効果が本当にあるのか見直した結果、廃止ということになったんじゃないでしょうか?

投稿日時 - 2007-04-16 15:23:53

お礼

ご回答ありがとうございます。

>友人同士が遊びながら、或はふざけあいながら通学する場合が多く、一人で通学するより車への注意が散漫になって、こと交通事故に関しては、かえって危険になってるように感じます。

そういう点もあるかもしれないですね。ただ、登校班には年上の者が年下の者の面倒を見るという日本独特の美徳?もあると思うのです。

そして、おっしゃられるように、親は子供にしっかり交通に関することを教えることが必要だと思います。問題を起こすかもしれない可能性があれば、何でもかんでも芽を摘んでおく。これが本当に子供の為になるのかすごく不思議ですし、本来子供の為に存在すべき教育委員会が一部のクレームを丸呑みするのにも不信感がつのりました。

投稿日時 - 2007-04-16 16:06:52

ANo.4

>その両親が、登校班の班長の上級生に責任を求めた。

 このことにより、上級生に責任なんてないし責任も取れないし取る必要もないでしょうが、本人はどうしても責任を感じるし深い傷を追ってしまいます。
 また、責任論は、責任の取れない上級生を班長にして集団登校を実施した教育委員会や学校に及んでいることでしょう。
 親に代わり、善意の行動ではあるが、その親が訴えてくるなら、そういう行動は取れなくなるということになってしまい、各人の親の責任で送り迎えしてくださいということになったのだと思います。
 近所で子供を預かるとか知人を車に乗せるとか、こういう問題は、結構色々有り難しい問題です。
 

投稿日時 - 2007-04-16 15:23:47

お礼

>上級生に責任なんてないし責任も取れないし取る必要もないでしょうが、本人はどうしても責任を感じるし深い傷を追ってしまいます。

本当に気の毒だと思います。全く責任は無いのに、被害者の親御さんの意見を認めたかのように登校班廃止。

被害者側=強者の図式を見たかのようです。

>近所で子供を預かるとか知人を車に乗せるとか、こういう問題は、結構色々有り難しい問題です。

善意でしたことに対し、責任を求められるので、地域の中での関係が成り立たなくなっていくのでしょうね。凶悪犯罪が頻発しているのも理解できます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-16 16:02:07

ANo.3

この世の中おかしなことばかり
池田小殺傷事件で
犯人が払うべき損害賠償を学校が払ってるのですよ
もちろん最初に逃げた先生にも責任はありますが
大部分は理不尽な理由で殺した犯人でしょう
それを親が学校を訴える、おかしな話だ
死んだ子には申し訳ないが全ての物事の責任なんかありません
隕石が落ちて死んだら誰が責任を取るのか、みたいな話ですよね

その死んだお子さんの親の気持ちはわかります
行き場の無い怒りや悲しみをぶつけた結果がそうなったのでしょう
ですが登校班がなくなって交通事故がおきたらその親はどうするのでしょうかね、、、通学途中での死亡事故なので
市(町村)はお金を払ったと思います、、
お金を払った=言い分を認めた、と考えてよいのかもしれません
ちなみに未成年の班長の上級生に責任はありませんし取れません

今の世の中子供が殺される事件が多いのに
個別登校は危険なんですがね、、、、、

投稿日時 - 2007-04-16 15:07:48

補足

↓は池田小の事件に関してのコメントでした。

>それは全く知りませんでした。

投稿日時 - 2007-04-16 15:56:27

お礼

>死んだ子には申し訳ないが全ての物事の責任なんかありません

それは全く知りませんでした。自分がその立場になった事がないというのもありますが、子供の喪失と責任の関連が見えないことが多々あり、理解できないことが多すぎます。

私的には、たとえ班長さんが未成年でなかったとしても、責任は問えない気がします。子供が突発的にする行動を止められないのは、母親でも同じです。母親と一緒にいて事故死するケースもありますが、責任は問われませんし。

もう少し良識ある全体の利益を考えた行動を大人が示す必要があると思いました。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-16 15:55:15

ANo.2

いい分を認めるかどうかは裁判所のすることですが、行政は責任追及を恐れて廃止したと言うことじゃないですか?

クレームが出たからって他の人の意見も聞かずに廃止ってのがいかにもお役所仕事ですけど。

行政は責任取りませんので、父兄で勝手にやってくださいって事でしょうね。

まぁ、世の中そういう傾向なんですよ。うまく責任と権限が分離されてるんですね。

投稿日時 - 2007-04-16 14:44:13

お礼

>クレームが出たからって他の人の意見も聞かずに廃止ってのがいかにもお役所仕事ですけど。

なんでお役所は一部の偏ったクレームを恐れ、全体の利益を考えないのでしょう?こんなおかしな話はないと思うのですが、なぜそのご両親に率直にそれを言えないのでしょう。

登校班って色んな利益があったと思います。どんどん、自分の事情でしか物を考えられない人が増えて、人と人との関わりも薄くなってきているんだな~と感じてます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-16 15:46:58

ANo.1

子供は責任を取れるわけありません。 悪く言えば教育委員会の事なかれ主義でしょう。 このような事例が起これば、同じようなことが起こる可能性があります。 しかしそれに対応できるわけはありません。 ですからその元をなくしてしまったということでしょう。 気持ちは分かりますが、親御さんはやってはいけないことをしてしまったのですね。

投稿日時 - 2007-04-16 14:42:46

お礼

>気持ちは分かりますが、親御さんはやってはいけないことをしてしまったのですね。

同感です。このことに対し、誰かに責任を求める事自体がおかしい気がしてます。大きな子供にとっては良い成長の機会でもある登校班。こういう親御さんの対応と、それにしっかりと応対できない行政が子供から「良いもの」をどんどん取り去っている気がしてなりません。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-04-16 15:38:48

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-