こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

喧嘩に強くなりたいなら・・・・・・

柔道、レスリング、ボクシング、キックボクシングなんかをやっても、
もちろん強くなれるのでしょうけれども、
ルール何でも有りの喧嘩に強くなりたいなら、
やっぱり総合格闘技をやるのが、
1番の近道なんですかね?
もちろん、
凶器の使用やバッティング有りの喧嘩と比べたら、
『喧嘩=総合格闘技』とは言えないかも知れないですが、
反則技の多い柔道、レスリング、ボクシング、キックボクシングなんかに比べたら、
総合格闘技が1番近くないですか?
(ちなみに、
合気道は受身的な競技だし、
これをやってもあまり強くなれそうに無いので、
これは除外して下さい)

※『格闘技は喧嘩に使うものではない』、
以外の回答でお願いします

投稿日時 - 2007-03-27 13:15:36

QNo.2869832

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

素手だったら総合格闘技がケンカに近いと思いますが、総合にもルールはあります。噛み付きや頭突きや目突きは想定してません。
ケンカはとにかく想定できません。どんな格闘技でもそれなりのレベルまで訓練すれば、力自慢の素人よりは強くなれると思いますが、格闘技がそれなりに強い人よりケンカ慣れしている人の方が強いような気がします。
ケンカでいちばん怖いのは、相手を壊すことに躊躇しない人です。拳大の石で思いっきり相手の頭を殴ることができる人。単に戦闘能力という意味なら、剣道の上段者にボールペンを持たせる方がキケンだと思います。でもそれで相手の咽喉や顔面を躊躇無く突ける人はあんまりいないと思いますから、やっぱり頭の線が何本かキレてる人の方が怖いですね。
百戦して百勝するは善の善なるものに非ず、戦わずして兵を屈するものが善の善なる者なり。と、孫先生はおっしゃっています。

投稿日時 - 2007-03-27 16:19:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。(もしかした昔回答させてもらった事があるかもしれませんね)。

護身術についても同じ事を書いていますが、格闘技や武道は護身術や喧嘩に勝つための物ではありません。 いいえ、奇麗事を言っているのではなく、現実的に、使い物にならない、と言う事です。 つまり物にならないから、「喧嘩に使うものではない」と私は言うのですね。 奇麗事で「この流派は喧嘩には使ってはいけない」と言うのはあくまでも奇麗事なのです。 ちゃんと武道のトレーニングをしていれば「言われなくても」使いません。 使えない武道なのか、立派に使える武道なのか、結果としては、喧嘩はしないのです。 前者は負けるから、後者は相手を負かしたくないから。これだけです。 奇麗事はないのです。

でも奇麗事を言う自称師範は多いですね。

喧嘩に強くなるには喧嘩を習えばいいのです。 相手を痛めるための喧嘩であれば喧嘩術を習えばいい、と言う事です。 武道の持つ、そして教える何万もの事柄や道徳・倫理的洗脳は必要なのです。

何でもあり、と言う武道の基本中の基本をやらない限り、ルールの中での技をいくら磨いても喧嘩には勝てないし自分を守る護身術としては使えないのです。

勿論、相手を痛める、と言う事に関して全くの素人であれば、ちょっとしたトレーニングで負かす事はできるでしょう。 しかし、喧嘩が強いとされる人は当然喧嘩術を磨いているのです。 彼らに勝つにはそれなりのトレーニングをしなくてはならないわけです。 それが、何でもありのトレーニングしかない、と私は信じるわけです。 その信念を貫いてここアメリカで教えているつもりです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

投稿日時 - 2007-03-31 08:03:40

ANo.6

喧嘩で投げたり 締めたり って言うのをあんまり見たことがないです

多分 打撃系を極めたら 喧嘩も強くなると思いますよ

投稿日時 - 2007-03-31 04:42:41

ANo.5

武道や格闘技は、体や技を鍛えるのは当たり前ですが、その精神(根底)は何かというと、最近よく、格闘技で、はやり言葉のように使われる『折れない心』です。つまり、絶対あいつだけには、負けたくないという、ど根性、クソ根性です。(私個人的にはボクシングやK1など立ち技が好きです。)
 喧嘩でも同じです。とくに心は大きいです。(喧嘩の種類によっては口(言葉)が大きいです(特に夫婦喧嘩^_^;)それも全てのスポーツに共通しています。スポーツでよく心技体と言います。そのとおりだと思います。スポーツでも3分の1は心が占めています。種目によっては、2分の1以上占めるスポーツがあるのではないでしょうか?(とくに射的競技など)何のスポーツ(喧嘩)でも、その3つが全体の大きさ(100%)を左右(増減)します。
つまり、下の式を見てください。体力より心(精神)で合計を上回ります。これが、格闘技を含め全てのスポーツに共通する公式だと私は断言します!私に限らず、多くの経験者は同じ意見だと思います。
∴体力30+技30+(心40)=100<体力20+技30+(心60)=110

投稿日時 - 2007-03-30 23:28:27

ANo.4

ケンカに勝ちたいのでしたらフルコンタクト空手が良いと思います。
ケンカは殴りあい蹴りあうのが基本ですから。
それから刃物に対してや複数の相手を想定して実際にケンカ慣れすれば良いです。
たいてい格闘技やっている人はケンカ慣れしています。

投稿日時 - 2007-03-30 20:38:39

ANo.3

この手の議論は格闘技経験者の間でも色々議論されてきましたが、それぞれの格闘技には長所短所があります。例えばボクシングは殴り合いに強いけど、こかされたら弱い。柔道は掴み投げやグラウンドでの対応はできるけどファーストコンタクトでの殴りあいに弱い等・・・。そこで理論的には総合格闘技なんですがヒョードルみたいに打撃も寝技も投げも全てをこなせる人間はごくまれであり、得意分野に偏りがあるものです。更にスナックとか狭い空間では寝技も蹴りも使いにくく相手の攻撃も避け難いです。

それらを踏まえた上で多くの格闘技経験者が出す結論、
「ストリートファイトでは相撲力士にはかなわん!」
です。

でもリングの上ではやはり総合はかなり強いですね。

投稿日時 - 2007-03-29 11:36:08

ANo.1

こんにちは。以前ほとんどの格闘技をしてきました。この喧嘩という言葉は実に幅広いです。質問者様がおっしゃっているのは、喧嘩ではなく、試合に近いものと考えているような気がします。私もさまざまな経験をしてきましたが、ストリートファイトで一番強いのは格闘技をしたことがない人が多いですよ。試合開始!で構えての喧嘩なら確かに総合格闘技は有効かもしれません。しかし、本当の喧嘩はそんなことはまずありませんよ。だからこそ、海外で元格闘技経験者がそれも格闘技ではかなり有名な成績を残した人でさえ一般の人に簡単に殺される現象が普通にあります。

投稿日時 - 2007-03-27 13:43:19

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-