こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

多嚢胞性卵巣症候群と診断されました。

ずっと生理不順が続いていて、基礎体温をつけても二相性になっておらず、このままでは妊娠できないのでは…と病院に行きました。
すると、多嚢胞性卵巣症候群と診断され、プレマリンとルトラーレで生理をおこし、次にクロミフェンを飲んで排卵するかどうか様子を見ましょうと言われました。
次回、病院に行くのは生理が始まってから10日目との事ですが、今後どのような治療が続くのでしょうか?
そして多嚢胞性卵巣症候群で無事に妊娠できるのかが、とても心配です。
ネットで調べてみても、同じ症状の方たちはなかなか妊娠し辛い様子ですし。。。

現実に「不妊症」と突きつけられて、とてもショックで、これからどれほど長い治療が続くのだろうと考えると、パニックになりそうです。
旦那に相談したいのですが、反応が恐くて言えません。
周りに不妊に悩んでいる友達もいないし、もちろん親にも心配をかけるから話したくないし…。
昨日病院に言ってから、ひとり悩み続けています。

この症状の方がいらっしゃいましたら、治療の方法や妊娠できるのかどうか、教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-02-04 11:01:33

QNo.2722354

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

お気持ち良くわかります。
私も多嚢胞性卵巣症候群で治療しています。
多嚢胞性卵巣症候群というのは珍しい症状ではありません。
10人に1人の女性が多嚢胞性卵巣だと言われています。

私は治療に際して「~は飲みたくない」だとか「~まではしたくない」などと希望を伝えると、医者から「あなたは相当重症なんだから」と毎回の様に言われ続けてきました。しかし、幸いクロミフェンが効いて排卵し、ついこの間妊娠検査薬で陽性反応がでました。
来週早々に病院に行く予定です。
私みたいな人も大勢いますので、どうかmm926さんも「必ず妊娠できる」という気持ちで治療を受けて欲しいと思います。

私は既婚者ですが、独身の頃からそれはもう生理不順がひどかったですよ。もともと初潮の頃からきちんと毎月来たことはほとんどありませんでしたが、半年・一年ほど生理が来ない事がありそれで病院に行き始めたのですが、それから途中で治療すること自体がストレスになってしまい通うのをやめてしまった時期もありました。

mm926さんと同様に親にも言えず、治療を始めた頃は当時付き合っていた彼(現在の夫です)にも反応がこわくてとてもじゃないけど言えませんでした。

しかし治療をする上では「心の支え」っていうのは不可欠だと思います。私がそうだったのですが、一人でいるとどうしても悪い方向に考えてしまいませんか?一日中その事が頭から離れなくて・・。
旦那様もきっと理解してくれると思いますから、勇気を出して話してみてはいかがですか?

私自身も勇気を出して親にも彼にも話した時に、ものすごく心が軽くなりました。
表現が少ししっくりこないかもしれませんが「自分の味方になってくれる人がいる」という思いがあるだけで、本当に気持ちが楽になります。
治療が辛くなった時・不安でどうしようもなくなった時に弱音をはける人がいるのは心の支えになります。

今後の具体的な治療としては、mm926さんが次回病院へ行かれるのは生理が始まってから10日目との事ですので、クロミフェンが効いて排卵する準備をしている卵ができているかどうかを確認するのではないかと思うのですが。

クロミフェンも今回は1日に1錠だったのではないかと思いますが、もしもこれで効果が認められなければ、次は1日に2錠を服用する事になると思います。クロミフェンと共にプレドニンなどのステロイド剤も服用する事になるかもしれません。
クロミフェンは排卵誘発剤ですが、プレドニンは男性ホルモンを抑制してクロミフェンを効きやすくする効果を期待できるために服用します。
クロミフェンは1日に3錠の服用までが限界ですので、もしも1日に3錠の服用でも効果がなければ、次は内服ではなく注射での排卵誘発になると思います。
多嚢胞性卵巣の人はOHSS(卵巣が薬に過剰に反応して腫れてしまう)の症状が、他の症状で治療をしている方よりも出やすいため、いずれにしても様子を見ながらの対処になるかと思いますが。
あるいはグリコランやアクトスなどのインシュリン抵抗性改善薬とクロミフェンを併用する場合もあるかと思います。
それでもうまく行かなければ、体外受精などになります。

治療自体をどの段階まで続けるのかはもちろんmm926さんと旦那様で決めることです。

以下は個人的な考えですが、やはりどんな病気にも「ストレス」というのが一番よくないと思います。
特にホルモンのバランスなどはストレスの影響をとても受けやすいですから・・。
不安なお気持ちは本当にお察しします。
考えないようにすればするほど、この事が頭から離れなくなってしまいますよね。
でもどうか、どうか気を楽にして欲しいのです。

私はここ最近、腹巻き・靴下の2重履きをずーーーーっとしていました。暑がりで汗っかきでも意外とおなかは冷えてしまっているものです。
漢方なども考えてみてはいかがですか?

投稿日時 - 2007-02-04 23:52:09

お礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

同じ症状でも、妊娠された方の意見を聞き、私も少し希望を持てました。
まだ親や友達には話せませんが、旦那には「少し治療が必要」という事だけは話ました。
病名を話してしまうと、ネットで色々調べてしまって心配しそうなので。。。
旦那はそれほど重大な事とは思っていないようですが、通院することには理解してもらえたので、これから頑張って行きたいと思います。
とりあえずはクロミフェンが効いてくれることを期待します。。。
以前通院していた病院では「ウンケイトウ(漢字忘れました)」という漢方を処方されていました。
2年ほど飲み続けていましたが、結局3ヶ月に一度くらいしか排卵しなかった為、現在の病院に変えました。
漢方はじっくり緩やかに効くらしいので、もっと飲み続けたら良かったのかもしれませんが。。。

色々詳しいアドバイス、本当にありがとうございました。
焦らず、二人で頑張って行きたいと思います。

投稿日時 - 2007-02-10 12:16:08

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

こんにちは。

経験者ではないですが...。
多嚢胞性卵巣症候群の排卵障害は人によって程度が様々ですから、同じ多嚢胞性卵巣症候群のあの人がこの治療で排卵しないからと言ってご自分もそうであるとは言えず、逆もまた同じです。
なので、まずクロミッドで排卵するかどうか見る。排卵できるならクロミッドを続けてタイミングをはかる。
クロミッドで排卵しなければ、FSHやhMGなど注射での排卵誘発に切り替える。またメトフォルミン(糖尿病治療薬)や少量のステロイド剤を併用してみる。
それでも排卵しなければ体外受精...と。
このように、苦労されている方も多いのは事実ですが軽度の多嚢胞性卵巣症候群は無治療でも妊娠される方も珍しくありませんので、やってみるしかないのです。
頑張ってくださいね。

投稿日時 - 2007-02-04 13:04:57

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

今の状態では、今後どれくらい治療が続くかはわかりませんよね。。。
軽度の治療で妊娠できることを切望します。

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2007-02-10 12:20:26

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-