こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生年月日を使う占いについて

わたしは占いを否定してるわけではありません。
どちらかというと信じているほうです。
少し前までは、「タロット」をいぶかしんでいました。
たかがトランプ、出てきたカードの一枚で判断するのはちょっと・・と思っていたのです。
でも、最近は「四柱推命」など生年月日のみで占うもののほうが疑問を感じるようになりました。
現にわたしと同じ生年月日の友人がいますけど、まったく別の人生です。性格も考え方も違います。
そうなると、タロットを使い多少霊感のようなものを働かせながら占ってもらうほうが信憑性があります。

何名かの占い師さんに占ってもらったことがあります。
(占い師さんを試したわけではありません。ほんとうに悩みがあるので)
同じタロット系の占い師さんからは同じ結果が出ました。
タロットを使わない霊感の占い師さんもそうでした。
でも四柱推命の占い師さんは正反対に近い結果でした。

雑誌に載ってる星座占いなどは、お遊び程度にラッキーカラー、ラッキーアイテムをその場限りで(笑)楽しんだりしています。
でも人生において大きなアドバイスをしてもらいたいとき
四柱推命ってどうなんだろう・・とふと思いました。

四柱推命ですっごく当たった!という方、
またはわたしのように疑問を感じてる方、
生年月日での占いについての考えを教えてください。

投稿日時 - 2007-01-30 10:50:51

QNo.2708254

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

物事の「存在」は普遍的なものではありません。
ある人には存在しても、他の人には存在しないものもあるのです。
神や仏も信じる人にしか存在しません。
占いも同じです。
信じる人にしか当たらないのです。
生年月日もそうですが、名前(姓名判断)なんか特にそうです。
アラブ人やロシア人の姓名判断はできるのでしょうか?
所詮はそういうものです。

投稿日時 - 2007-01-30 11:02:51

お礼

そうですよね。
姓名判断、まさにそう思いました!!
字画で占っていますもんね。

投稿日時 - 2007-01-30 11:33:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

28人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(10)

ANo.10

統計学系の占いは生年月日や出生時間や出生地を考慮して占えば、普通はある程度のせんは当たってるはずです。
占い師をしてますが、同業者の先生たちともよく話しますが、みんなそう話したらうなずいていましたよ。
タロットにはタロットの良さが、統計学には統計学の良さがありますよ。

投稿日時 - 2007-02-06 21:16:50

お礼

「あたってる」という言葉で片付けられるような
簡単な性格についてなどは、いいと思うのです。
わたしの場合、なにを言われても「そうかも~」と思ってしまいますしね^^;
運命的なこと、将来的なことについて
意見が分かれてしまったので
迷っているのにさらに迷ってしまっているんです。
どちらに転ぶかわからない、ということなのかもしれませんね、結局。

ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2007-02-11 19:02:45

ANo.9

私の感じている印象に過ぎませんので以下そのようにご理解ください。
人の人生というのは大変多様で複雑なものです。しかも近年はどんどんその度合いを増しています。また、人の持つ満足感、幸福感、効用といったものは極めて計測の難しいものです。それらを、「命理」程度の単純なもの(数百年前の人には十分複雑だったでしょうが)で理解・表現しようとすること自体、基本的に無理があると思います。
命理も進歩しているのかもしれませんが、いくら膨大なデータを取り入れたり、方程式を増やしたりして精緻化を図ったところで、所詮、「複雑系」に属するような事象を線形回帰しているようなもので、それでは千年頑張っても無駄かもしれません(これは単なる比喩です)。
全否定するものではありませんが、結局のところ、ある人に対しては驚くほど当っても、他の人には全然当らない、または、一部だけは当っているけど全体的にはどうも、ということになるのではないかと思います。正反対の結果が出るような異なる命理を持つ流派が並存していることがその証左ではないでしょうか。流派が違うと、答えは少し違うけど、大体この近傍に収斂する、といった類のものとは限らず、プラスの無限大からマイナスの無限大にすっ飛ぶような結果も出てきます。それだけ不安定なシステムなのです。
女性にとって男は官、男性にとって女は財だそうですが、そういう前近代的な前提も戦後リベラリズムの教育を受けたものには馴染めません。
当らない占いが人畜無害であればそれもまあ結構ですが、下手に命理などがあるものだから、あたら呪となってあなたの心に刺さり、張り付きます。気の弱い方は触らない方がよいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-02-03 09:04:14

お礼

そうですね。
「あたった」「あたらない」という言葉は使うつもりはないんです。
占いで、自分の性格などをいまさら言い当てられてもだからなに?ですからね(笑)
ただ将来についてなどみてもらった場合は
そのとおりになるかならないかは、そのときが来ないとわからないことが多くて、判断がむずかしいです。

あまり左右されないようにしたいです。
ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2007-02-11 19:00:18

ANo.8

四柱推命を趣味として使っているものです。
基本的には、占術には、器といったものが存在していると思います。
しかし、中に入れるものは、環境や接する人により代わります。
当然時間と共に、器も変わりますが、変える要因は前文の要素になると思っています。
また、四柱推命の問題点は、統計を導入しているため進化しています。
このことが、新しい解釈を生み正しく導いてくれるものと、正反対の結果を生むことになります。
ご存知のように、判定の仕方は、年柱・月柱・日柱・時柱の個々にある運星や十干・十二支・二十四節気・木・火・土・金・水の相剋による運勢を個々に参定し、その人が持っている宿命を知り、関わる影響で運勢を調べます。
更に、占術のでている運勢が効果を得ているか(良い時と・悪いとき)を確認しその思考によって、初めてその人の運勢を知ることが出来ると私は解釈しています。このため影響の大きい親が、子にとって良い効果を与えるかにより、方向性が変わります。
つまり、相生・比和・相剋によって、「考え方が素直に表現できる人」になることも、「無表情の人になる」といったものになります。
このため、運勢を確認する必要が生まれます。
この結果を元に、何時頃チャンスが訪れるかをお話しています。
運勢のチャンスを見るのに日干と月支で判断しますが、個々の柱の影響があるように、生活環境も受けると判断して鑑定しています。
正誤性は、明確で有りませんが、納得していただいているように勝手に思っています。

質問者の方がお聞きになりたい事か、不明ですが、私の考え方を御紹介しました。
参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2007-02-02 12:53:00

お礼

四柱推命がとても細かい分析を持っていること、奥が深いことはわかっているつもりです。
また数字上だけでわかるデータだけではなく
そこから浮かぶ事柄を霊感?など感じることを付け足してくださってる占い師さんがいらっしゃることも理解しています。

四柱推命というのはもう運命が決まってるようなとらえかたに見えるときがあって
「こうしたら良くなるよ」的なものがなくてクールというか・・
わたしが見てもらった占い師さんがたまたまそうだっただけでしょうか。

質問が自分でもうまくまとまらなくて、すみませんでした。
運命というのは生まれたそのときにもう決定してしまうものなのかな・・
ただ生年月日だけで占うのは、重なる人も多いと思うのでどうなのかなと疑問に思いました。

ありがとうございました。
お礼が遅くなりまして申し訳ありません。

投稿日時 - 2007-02-11 18:52:06

ANo.7

占いを否定するような回答が多いですが、こういう考え方もあるということでどうぞ。

タロットとか霊感というのは、目の前の人を対象にしていますね。さらに言うなら、「今」の状態を見ているわけです。今ここにいる人の状態を見るのですから、そこそこ信頼のできる占い師さんなら同じような結果がでます。

一方、生年月日での占いの場合、生まれた日をもとに見るわけですね。生まれた日は過去になるわけですし、同じ日に生まれたとしても環境等は全く異なり、今現在までの経験も異なるわけです。
よくある勘違いというのが、「同じ生年月日に生まれたら同じ運命なの?」というものです。同じ生年月日でも、占いで言えるのは、このような傾向があるというだけです。理解しやすくするために傾向を才能を言い換えれば分かりやすいかな?
同じ才能を持っていても、生まれ育った環境によって結果は異なりますよね。生年月日を利用した占いも同じです。

生年月日を利用した占いは、自分の特性を表し、タロット等は現在の自分の状態を表すという理解でいいと思います。

投稿日時 - 2007-01-31 11:38:59

お礼

そうなんです、
『同じ生年月日に生まれたら同じ運命なのか』
それを感じていました。
実際友人と同じ生年月日なんですけど・・・同じではないし、同じにしてほしくないですし・・。

たしかに、生年月日はその人のキャラクターをあらわし
タロットなどは今の状況をあらわすのかもしれませんね。

ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2007-02-11 18:56:40

ANo.6

タロットが正しいのなら、続けざまに占えば同じカードが出て同じ結果になるはずですが、確率的にも滅多に起こらないですね。まあ、それを見越してか、「同じ人を続けて占うのはタブーだ」と言う事になっているようです。

霊感でも生年月日でもどちらでも何の根拠もないですから、信憑性はありません。
「占いは統計だ」と言う人もいますが、統計データは存在しておらず、ただの騙し文句となっています。

投稿日時 - 2007-01-30 21:34:50

お礼

なるほど!
タロットを続けて占うのはタブーっていうのは、そうか!そういうことですよね。
なんだか目からウロコ・・です^^;
霊感を込めてタロットを繰っていても
出てくるカードの確率はたんなる確率論。そうかもしれません。

いったい占いってなんなんだろう・・
そうは言ってもやはりまったくアンチにはなれなかったりするわたしです^^;

ありがとうございました。
お礼が大変遅くなり申し訳ありません。

投稿日時 - 2007-02-11 18:44:59

ANo.5

何の根拠もありません。タダのオカルトです。
特に生年月日に拠る占いなどまったくもってナンセンス。たとえば飛行機など乗物に乗車(船?)中、日付変更線付近で生まれた人の運勢はどっちから起算するのか?

さしずめその程度です。
また、霊感などに信憑性があるのなら、大きな天災や人災などある程度は回避できるはずなのに、まったくできないのは何故?
「私のいうことを聞かないから起こってしまったのだ」という後付の詭弁でしか答えられないのは皆さんご存知ですよね。

投稿日時 - 2007-01-30 14:08:15

お礼

そのとおりですね。
天災や人災も、占いで阻止できるはず、となりますよね。
みんなあとからあとづけで話をしていますよね。
または時期をあいまいに設定したフリ?など。

あまり深く信じないのがいちばんですね。
ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

投稿日時 - 2007-02-11 18:41:49

ANo.4

占いは統計をベースに行っているので、またある程度あいまいな
「春ごろにあなたに重要な人と出会う」など、占ってもらう人が
「そうです」と答え、その後続いていくというものです。

私も占いは好きで毎日星座占いを見ておりますが

それで判断をしようとは思いません。

心の気休めや、背中を押してもらうような感覚で考えてみては
いかがでしょうか。

投稿日時 - 2007-01-30 13:28:30

お礼

そうですね、気休め程度のほうが気楽かもしれませんね。
まったく信じないわけでもなく
どちらかというと占いが好きなほうなのに
ちょっと疑問を持ってしまったので・・・。

ありがとうございました。
お礼が遅くなりまして申し訳ありません。

投稿日時 - 2007-02-11 18:39:35

ANo.3

四柱推命はかなり信頼性が高いと考えています。
ただし、生年月日だけでは精度や信頼性が低く
生まれた時間まで考慮に入れるものでないとダメなのだそうです。
そのため、同じ日に生まれても生まれた時間が異なると全く異なるのだそうです。

また、日本標準時で表された時間が必ずしもその人の占いの上で用いるべき時間とは限らず、その人の身体的特徴やこれまで経験した出来事などから占いで用いるべき時間を確認してからでないと、時に全く異なった結果になるのだそうです。

参考までに、下のサイトをご覧下さい。

参考URL:http://www12.ocn.ne.jp/~taihou/hon211.htm

投稿日時 - 2007-01-30 13:17:48

お礼

四柱推命は信頼できる占いなのですね。
時間でぜんぜん違ってくるとのこと、それは時柱というものでしたでしょうか。
こないだみていただいた四柱推命は時柱がありませんでした。

投稿日時 - 2007-01-31 22:19:28

ANo.2

占いは基本的に自分が信じるか信じないかだと思います。
私も占いやタロット、姓名判断など、大好きですが
悪い結果や「え~?」って思う結果は
内容によっては真摯に受け止めて考え込んだりしますが
基本的に忘れるようにしてます(笑)

誕生日大全という本を、本屋さんで見つけて
分厚い~~(365日分の占いを書いてあるので)、高い~~
と思いながら自分の所を見ると・・・
運命の人が、旦那の誕生日でした(≧∀≦)!!
親友の誕生日、母の誕生日も「ソウルメイト」に分類されていて
普段そういう本は見るだけだけど、買っちゃいました(笑)

友達で同じ誕生日の人がいますが、正反対の性格だし
親友をその人も知ってますが、別に仲が良いわけでもありません(^_^;)
でも、「私に合っている」ということだけで、信じてます(笑)

投稿日時 - 2007-01-30 11:20:56

お礼

誕生日の本、わたしは自分のところだけ立ち読みしました^^
でも内容を今さっぱり記憶してない(笑)
そんなものかもしれませんね。
そして、回答者さんのようにうれしい結果だと
(ご主人の誕生日が運命の人の誕生日ってすごいです!)
ずっと記憶に残るし、信じてしまうかも・・・。

投稿日時 - 2007-01-30 11:35:38

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-