こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どう教えるのがいいでしょうか?(小学4年生)

息子がサッカーを始めました。
弟が幼稚園からやっていて、広場などでは遊び程度でやったり、Jリーグは年20試合前後見に行っています。
そこでお聞きしたいのですが、コーチは「4年生くらいまでは、まずボールを追うこと」と言う教えです。今は試合に出ても甲子園で最後に代打で出てくる3年生のように記念にと言った感じです。
親ばかでしょうが、今先発で出ている11人中3,4人は息子よりは・・・と言った感じなのですが、コーチの言っているボールを追えている子達が出ています。
他の子達は1,2年生のうちからやっているので、そういう基本(コーチの教え)を守れていると言うか身についているようです。
まだ入って間もないので、すぐに先発でとも思っていませんが、Jリーグなどプロの試合を見慣れているせいか、空いているスペースを見つけてはパスを待っているだけの状態です。
(とてもそこまでパス出せる子は居ないよと言った感じで。(^^ゞ)
口で追えとかボールに行けとは言ってはいるのですが、躊躇している感じです。(あと半歩・1歩と言ったところで止まってしまう感じです。)
どう説明すれば、どのように教えれば効果的でしょうか?
慣れなんでしょうか?
コーチも今更そういうレベルは教えていない感じです。
(ちなみに弟は、小1ですが自分が届くと言うボールにはガツガツ行っています。性格的なものもあるのでしょうか?)

投稿日時 - 2006-08-02 08:11:51

QNo.2314412

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私もサッカーを現役で続けている者です。私の周りにも少年サッカ-のコーチをやっている人は多数いますが、実際にサッカーを知っている人は一握りだと思いますよ。中学校にあがるまではボールも小さいですし上手くなる子は中学校から伸びる子が多いですので長い目で見て、サッカーを好きでいさせることが重要ではないですか。Jリーグの試合等を見させることは良いとは思いますが、逆に小学生の他チームの試合を一緒に見て、教えるのはどうですか?口で言ってもわかり難いですからね。あとは自分の得意な事を見つける事です。そうすることで見せたい、褒めてもらいたいという感情が出て、そのためにはボールを触らなければ、という単純にいい結果がついてくるのでは。。。

投稿日時 - 2006-08-03 11:52:06

お礼

アドバイスありがとうございます。
また御礼が遅くなり申し訳ございません。

一応コーチはトレセンの(市内のですが)コーチです。
おっしゃられるとおり、なかなか練習とぶつかり他のチームの試合は見れませんが、自分のチームの試合は気を抜かずに見ろと話しています。
Jリーグの試合前にボーイズマッチとかよくやっていますが、広すぎてあまり参考になりません。(^^ゞ
無理に教えると言うより(やっていた訳ではないので教えるほどサッカーを知りませんがw)アドバイス程度にまずは今以上に好きになってもらいたいと思います。
>褒めてもらいたい
そうですね!そうしてみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-08-04 07:30:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.4

お父様でしたか(笑)

>自分の届く範囲は追いかけてボールを取りに行ったり、パスをもらいにまたは、フォローしに行けと言うことです。子供に上手く表現できずに追ってはいるけど周りに立っている(よく言えばこぼれ球を拾うとも言えますが(^^ゞ)と言った感じです。

なるほど。
お子様には、ボールを追うことでのメリットを分かりやすく説明することが必要かもしれません。
例えばフォローの事に関しては、フォローする事によってボールを持っている味方の選択肢が増えると言う事です。フォローすることによって(1)パスコースが増える(2)パスコースがあることによってディフェンダーもパスに警戒し、ドリブルで突破もできる。
など、このようなメリットを伝えればよいかもしれません。
私も上手く伝えられなくてすいません。

でもコーチに聞くのが一番良いと思います。コーチの考えですし。

>コーチも今更そういうレベルは教えていない感じです。
コーチに聞いてこんな感じに言われたら絶対にチームを変えるべきです。コーチなんだから教えるのは当然のことなので、こんなこと言われたら父親の威厳全開で「お前はそれでもコーチか?分からない事を教えるのがお前の仕事だろうが!」とでも言ってあげてください。
息子さんのためですからね(^^)

投稿日時 - 2006-08-02 10:28:07

お礼

度々ありがとうございます。

聞けばコーチも教えてくれるのでしょうが、4年生時点の基本はやってくれますが、その前のはやはりみんなではやってくれません。
他のコーチの方とも話したのですが、そのコーチ(この学年の監督?)の考え方は賛否両論らしいです。
でも確かに誰かがボールに行かないとサッカーになりませんよね?
ヒデやオシムじゃないですが、走らないとサッカーにならないと。
弟を巻き込んで練習します。
正解ではないでしょうが、自分がすべてのボールを触るつもりでボールに行けと言っています。
あとは順次ボールに向かう姿勢が見えてきたら、その先をと考えていますが、よくないでしょうか?
個人的には、レッズの鈴木啓太を見ろと言っています。
必ず良い位置にいて動き回っていると。
(なって欲しいのは田中達也ですが。w)

ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-08-02 13:01:19

ANo.3

>コーチは「4年生くらいまでは、まずボールを追うこと」と言う教えです

この教え自体に賛否両論ありそうです・・。が、これはとりあえず置いておきます。私個人的にも2、3年生位までならその考え方でもアリかな、と思うところは有りますので。(いずれにせよ基本練習は不可欠で、試合と同時にそっちも重要です)

>性格的なものもあるのでしょうか?

それもあると思います。それと1、2年生の頃からやっている子達に交じってやっている様子なので、味方に対する遠慮まで加わってしまっているかもしれません。

それと始めて間もないとしますと、ボール近くに寄っていくまでは出来ても、実際にボールに対して何をして良いかが判らないという原因もありそうです。
特に基本的なキックやドリブルというものが出来ないと、単に前に蹴るようなプレーになりがちです。

コーチにとってはそれでも良いと考えるのかどうかまでは判りませんが、それでも良いならば、数多くボールに触れるように伝えることですね。
試合が終わった後にでも
「今日は○回ボールに触ったね~、次はもっと多く触れるように頑張ろう」とか言うのも良いかもしれません。

きっと本人ももどかしく感じているはずです。あまり厳しく「ボールに行け!」などとやると、返ってめげてしまうかもしれません。

オープンスペースで待つ事も大切で、全員がダンゴ状態になっても仕方ないのですが、遠巻きにボールを待っているだけになってしまっている子って、たまに居ます。そういう子は自分の近くにボールが来ても、又同じように遠巻きのポジションを取って「じゃあ、いつボールに対してプレーするの?」(笑)という感じなんです。

サッカーは22人の選手に対してボール1つ、それを皆で争う怖さというものも影響しているかもしれません。
しかし、ボールにガツガツ行くだけがプレースタイルでは無いし、もっと年齢を重ねてくると、お兄さんの様なスタイルの方が伸びる可能性は秘めていますよ(笑)
ボールが近くに来たら、ボールに触ろう、と優しくアドバイスしてあげてください。

投稿日時 - 2006-08-02 10:13:47

お礼

ありがとうございます。

今のチームは対戦相手と比べると・・・。(>_<)
良い表現ではないですが、授業中の百姓一揆サッカーと言った感じで。
上手い子は、キック力やスピードなど唸るところもあるのですが、
後は授業の延長線といった感じです。
理想はもちろんJリーガーですが(笑)、まぁそれは無理までも自分で考え努力して欲しいと思っています。
ただ後発なのでせめて同じ地点に並ばせてあげたいなぁと思っています。
なので決して怒るようには言いません。
「あの場面は、こうだからあーしたほうが良いと思うよ。」程度です。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-08-02 12:53:04

ANo.2

息子がサッカーをやっています(小6)

少年団のような組織でやっていることを前提に書きますね。

親としては、指導方法や自分の子どもの能力についていろいろ考えるところもあると思います。
が、コーチに任せることは出来ませんか?

低学年から戦術的なポジショニングを教える「勝ち」にこだわるチームもありますが、
質問者さんの息子さんのチームは「楽しむこと」に重点を置かれているんだと思います。
4年生と言うこともあるでしょう。
息子のチームも4年生まではポジションも試合ごとに変わったり変則的でした。
高学年になりポジションも決まり戦術的な練習も増えてきたようです。

>口で追えとかボールに行けとは言ってはいるのですが

これは、練習中や試合中でしょうか。
指導者からすると、あまり好ましい状態ではないと思います。
チームの雰囲気にもよると思いますが、親は指導的な言葉をタブーとしているチームも多いと思います。
他の親御さんの様子を見てみましょう。

まだ、相手との接触プレーに慣れていないのだと思います。じきに慣れますよ。
「もう少しボールの近くにいないとパスが貰えない」
ということは、息子さんが練習や試合の中で学ぶことだと思います。
高学年になると、キック力も出てきてロングボールも蹴れるようになってきます。
そうなると、息子さんのポジショニングも生きてくるでしょうね。

リフティングの練習に付き合うとか、パスの相手になってやるとか、
1対1でボールの取り合いをするとか、プロの試合を観るとか
そういう関り方で応援してあげるのが父親らしくていいかなぁ・・・と思います。
戦術的なことやポジショニングについては指導者に任せるのがいいと思いますよ。

>コーチも今更そういうレベルは教えていない感じです。

子どもの自主性を求めているのでは?
または、子どもの適性を見ている。
高学年になってどんなポジションをやらせたら伸びるか・・・など。
もともと、4年生ぐらいでコーチがやんややんや言うようでは子どもが萎縮しますし、
サッカー嫌いになってしまいます。

何故か、次男はガツガツいくタイプの子が多いようです(笑)
長男は、慎重で頭で考えるタイプのサッカーをする子が多いように感じますね。
同じく育てたつもりなのに不思議です。

息子は長男で、当たりに行くのが苦手な子でしたが
高学年になってからだが大きくなり自信が付いたのか、
今ではセンターバックからガンガン上がっていくプレースタイルです。

子どもの成長を見守りましょう。

投稿日時 - 2006-08-02 10:03:54

お礼

ありがとうございます。

注意事項(?)は、たまたまサイドにボールを取りに来たときに、口パクでとうちに帰ってです。
私自身は野球部だったので、他の学年のコーチや専門家もどきの親御さんの前では恥ずかしくて言えません。(笑)

戦術的なことはチームの考え方もありますので、言うつもりは無いです。
どうやったらボールに向かっていくかを教えたいのですが・・・。(>_<)

確かに長男は慎重派かも知れませんねぇ。w

楽しくサッカーしてもらいたいし、その先で勝つ喜びと負けた時の悔しさを学んでくれればと思います。

投稿日時 - 2006-08-02 12:46:00

ANo.1

こんにちは。

『ボールを追うこと』ですか。そのコーチの意図がはっきりは分かりませんが、戦術にがちがちにはめるのではなく、自由にボールを追ってサッカーを楽しめと言う事ではないのでしょうか?

小学生年代では戦術の指導ではなくボールと遊ぶ事や基本的なテクニックを指導するのが良いとされていますので、ボールを追うことで楽しんでやろうということかもしれません。

この年代でサッカー嫌いになっちゃったら、もうこの先やりませんからね(笑)

しかし、そのコーチのボールを追うことが楽しむことじゃなく戦術とかであれば少しチームを変えたりした方が良いかもしれませんね。
小学生年代にしっかり基礎をやっとけば中学、高校と本当に上手くなりますから。小学生年代はゴールデンエイジといわれこの次期はドンドンテクニックなどを吸収できます。そのコーチがテクニックの練習をあまりしないようであれば、これもまた考えた方が良いかもしれません。

しかし、サッカーは楽しくやるのが一番なので、現在のチームで楽しそうにやっていたら、良いんじゃないでしょうか。

お母様もしくはお父様(文面ではどちらかわからいので^^;)がお子様をプロの選手にしたいのであれば一番良いのはJリーグの下部組織が一番です。

投稿日時 - 2006-08-02 09:41:50

お礼

お返事ありがとうございます。
すみません、父親です。
>お子様をプロの選手にしたいのであれば・・・
なってもらいたいですねぇ。(笑)
どちらかと言えばしたの子のほうが可能性はあるかなぁ、どんぐりですが。(^^ゞ

まだ戦術とかではないです。
がむしゃらにボールを追う事を(今は)主眼においているようです。
テクニックなども教えてもらっているようですが、今の子達はJリーグをはじめ海外の選手のプレーを見る機会があるので、
自分でどんどん見よう見まねでやっています。
(例えれば野球少年が一本足打法で打とうとするような。笑)

上手くお伝えできないのですが、自分の届く範囲は追いかけてボールを取りに行ったり、パスをもらいにまたは、フォローしに行けと言うことです。
子供に上手く表現できずに追ってはいるけど周りに立っている(よく言えばこぼれ球を拾うとも言えますが(^^ゞ)と言った感じです。
子供の理解力の問題ですか?(^_^;)

投稿日時 - 2006-08-02 10:01:28

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-