こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

空手道場のHPを作りたいです アイデアを下さい

空手の道場を開いています
生徒募集&道場の存在を地元に知ってもらいたいので
ホームページを開こうと思っています
空手の道場ですから
「道場案内」「稽古風景」「入会案内」「掲示板」を取り入れようと
思ってるのですが他に入れたほうがいいものがあれば
教えて下さい
ホームページとしては
空手ということから硬いイメージを思い出しそうですが
もっと柔らかいイメージでいこうと思うのですがどうでしょうか?

こうしたほうがいいよ!というものもあれば教えて下さい

投稿日時 - 2006-05-18 01:27:47

QNo.2158231

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

難しいかもしれませんが、稽古風景などを漫画風にして載せるとか、他のところはすべて写真なので。いっそのこと質問者様のプロフィールも。子供受けはいいと思います。

投稿日時 - 2006-07-04 13:03:24

ANo.6

>生徒募集&道場の存在を地元に知ってもらいたいのでホームページを開こうと思っています
こんな目的ならやるだけ無駄です。時間の浪費です。
なぜなら、どうやって地元の人があなたの道場のサイトを訪れるのです?
「○○市 空手」だの「○○会××派 空手」だの、道場の存在を知らない人がどうやってこんな検索をかけるのです?

道場生に紹介してもらう?それなら友達を見学に誘ったほうが数百倍効果があります。

webは世界中からアクセスできる反面、特定地域に宣伝することなど不可能です。
サイトなんて、その存在を知っている人にしか辿り着けません。
まずそれを念頭に入れてくださいよ。

作るなら、道場生とその保護者を対象にすること。

それを前提に話を進めます。
まず、管理人が生徒全員の顔と名前を把握していますか?
小学生の親なら「自分の子供が写っていない!」なんて苦情は請け合いです。
ですから、全員を写真におさめ、必ず公開する許可を保護者にとる。
肖像権云々や犯罪云々で文句を言ってくる人がいます。

定期的に更新する。
どの程度の生徒数か分かりませんが、ある程度いるならば自ずと全体の話が中心となるでしょう。
それだけの話題が道場にあるのか?

そしてあなたの空手の知識が正しいのか?
道場を開いているといっても、たった四段をもっていれば開けるのでしょう?
本部があれば、そこから嘲笑されている道場主の話は多々聞きました。
内容の充実を図れば、空手の話は避けて通れませんよ。
その点は大丈夫でしょうか?

見切り発車で許されるのは個人のサイトのみ。
他人に責任を持つ立場の人間なら、しっかりとした配慮のもとにサイトを開設してください。
ここで書いたことがその最低条件になるかと思われます。

投稿日時 - 2006-05-20 01:14:07

ANo.5

ブログ

投稿日時 - 2006-05-19 12:46:33

ANo.4

野暮ったくても良いから道場の雰囲気を映した写真を載せたり、入門者が居ればその子の上達ぶりをレポートしたりしても良いかも。他の皆さんと同じ意見ですが、定期的に更新するのが人の目に付きやすいです。

更新しようと心がける事が重要です。また、更新しやすい環境を作るのも重要です。

しかし、個人情報には注意してあげてください。お子さんが中心の道場では名前と顔が一致するような事があるとモシモの事があります。

是非とも見やすく、より多くの人が興味が持てるページを作ってください。その努力は道場の雰囲気がより良くなる手助けになるのでは無いでしょうか。

投稿日時 - 2006-05-18 15:45:12

ANo.3

合気道で、道場主ではありませんが自分用にHPを作っています。また、仕事用のHPも開いています。幾つかのサイトを覗いて気がついた事を書いてみます。

 空手、合気道に限らず、武道のHPってどこを見ても変わり映えがしない感じがします。更新もほとんどされていないようです。
 第一に、定期的、できれば毎月、或いは隔月、長くても半年に一度は必ず更新して欲しいです。次回予定を入れるのも嬉しいです。最初はそれほどでなくても次第に楽しみになるでしょう。

 第二に外部向けのページと会員向けのページを明確に区別する事が望まれます。募集が目的ならメインに道場紹介、会員は別メニューでというようにすると見やすいです。

 第三に簡単な動画も見ていて楽しいです。数は少なくても、定期的に更新されれば次に見る楽しみが出来ます。

 第四にHPは必ずしも空手を習いたい本人だけが見るものではありません。誰かが「空手習いたい」と言った時、第三者が「こんな興味深いHPがあるけど、行ってみたら」と紹介してくれる可能性もあります。
安心して持続的に見れるページ作りが良いと思います。

 第五に、武道は楽しいものですが、かといって楽しい、楽だけではなく、やはり厳しい、痛い事もあります。例えば腕を押さえて「いたたた」と言う顔と腕を擦りながらニコニコ笑ってる顔を並べて配置するなど、チョット辛くてもやっぱり楽しいという雰囲気を出していると、ここなら行ってみようかと思うのではないでしょうか?
 会員の顔入りのコメントなどもいいと思います。

 HP出来上がったら、どこかで出会いたいですね。
是非、HPにお邪魔したいと思います。

投稿日時 - 2006-05-18 14:14:28

ANo.2

こういうものではある程度方法が決まっています。
1.最初はとにかく「まず作る」、それから「公開する」。
 結構最初の段階で「アレも」「これも」と盛り上がってしまい、そのまま何も決まらず公開もできず、というホームページがほとんど。一番難しいのが「とにかく作る事」です。

2.定期的に更新する。
 この「更新する事」も難しい。実は更新しないせいで「作った意味がなくなった」ホームページは腐るほどあります。実は私の個人ページもそれに近い状態です。この「定期的に更新する事」ができれば、あとから出てきたアイディアなどは「その都度盛り込んでいけばいい」ので、事前に悩む事はなくなります。

 そう言う訳で、まず「更新ペース」だけ確定しておき、あとは「とりあえず作ってみる事」をおすすめします。ホームページに対するアイディアは物がない状態でうだうだ悩むより、実際にそのページを見た人に聞いてみるのがベストです。そのためにも「制作&公開が最優先」ですよ。

投稿日時 - 2006-05-18 02:34:19

ANo.1

私もHPを作成した事がありますが、意見として多かったのがとにかく写真を多く載せて雰囲気を伝えることでした。
また更新日が週1や月1なら、毎回インタビューを載せては?という意見もありました。
質問項目をいくつか用意して、一問一答といった感じで載せてみてはどうでしょうか??
最年少の生徒、道場で一番強い生徒、女の子の生徒といった様な感じで順番に。。。
また、余裕があるならムービーで練習風景や、インタビューをUPしてみては??

お役に立てる様な回答でなくてすいません。

投稿日時 - 2006-05-18 01:35:08

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-