こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子供のサッカーについて

5年生の息子がクラブチームに所属しています。
息子のチームの監督は厳しい方なのですが、教え方は上手で、息子自身とても上達しています。本人も毎回楽しく練習に通っています。
でも厳しいせいか、他のチームに移る子が多くて、今現在は5年生は3人しかいません。
息子は練習は楽しいと言っている一方で、試合が満足に出来ないことに不満を持っています。
私も、勝つ喜びや負けた悔しさを味わえる試合はとても大事だと思っています。
試合ができるチームに移るべきか、練習内容が充実している今のチームで続けるべきか、悩んでいます。

投稿日時 - 2006-05-17 13:11:23

QNo.2156703

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

なるほど。
私は小学1年から少年サッカークラブに入り、その後20年以上サッカーと係わっていますが、その経験で書きますと、小学校・中学校(まぁ高校あたりまで)というのは指導者や周囲のレベルによって成長が違います。
これはサッカーに限ったお話ではなく、全国大会の常連校などはいつも決まって強いし、そういうのは指導者による部分が非常に大きいです。

もちろん良い指導者のもとには優秀な選手が集まるし、そういう選手が更に切磋琢磨して成長するという要素もあるのだと思います。

そういう意味では、息子さんの現在のチームの指導者は優秀である様子で(多少スパルタ位が丁度いいです笑)それはそれで良いと思います。
少ない人数で少ない機会でも実戦があれば良いのですけどね。
しかし厳しいことを書かせていただけば、スパルタでも何でも本当に強いチームを作り上げて、全国大会にも手が届くようなチームを作れれば、人は自然に集まります。そういう意味では中途半端なんでしょうね。

あとは比較の問題だと思います。試合をするのに十分な人数は揃っているチームでも指導者があまり良くなかったりして万年弱小というチームもあります。
(別に弱小が悪いという意味ではなくて)

ある程度本気でサッカーにトライする気があるのでしたら、ヌルい環境でダラダラやっていてももったいないです。

試合が出来るチームがあっても、そこの指導やチーム力があまり芳しくない様ならば今のままが良いという考えもあります。
今と同様のレベルかそれ以上の環境があるならば、満足に試合が出来る環境に移った方が良いのは言うまでもありません。その場合、常にレギュラーとは限りませんし、そういう部分から競争ですからね。

難しい判断ですが、最終的には息子さんの意思を尊重してあげて良いのではないでしょうか。

投稿日時 - 2006-05-17 17:35:49

お礼

ありがとうございます。
実は質問欄には記載してなかったのですが、このチームは去年立ち上げたばかりのチームでして、公式戦にはまだ出場してません。今年から徐々に出ていくつもりらしいので、知名度があがって人数が増えていくことを期待したいと思います。
intheforestさんの言うとおり、私達も息子の意思を当然第一に考えるつもりです。

投稿日時 - 2006-05-18 08:49:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

ボクが思うに、試合はすごく大事だと思います。試合のなかでわかることも沢山ありますし、練習でできたことが試合でできるとは限りませんし。しかし、小学生という年齢はテクニックなどがものすごく覚えやすいと思います。監督さんが素晴らしいなら、教えるのも上手なんですよね?だったらボクだったら残りたいです。残って練習したいです。試合だったら中学校にはいればいっぱいできると思います。でも、いい監督にめぐり合えるかどうかは、わかりません。今言い監督にめぐりあえたことをめいいっぱい活用するのも言いと思いますよ?でも皆さんも言っていますが第一にお子さんの意思を尊重するべきだと思いますよ?

投稿日時 - 2006-05-19 08:15:17

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました。人数が減ってからはまだ試合をしてませんので、今度試合をした時に、子供が迷うようであれば、本人の意思を尊重した上で、親としてしっかり助言してやりたいと思います。

投稿日時 - 2006-05-19 17:49:58

ANo.4

5月16日の日経新聞に載っていた祖母井秀隆さん(ジェフ千葉GM)の記事が参考になるかと思いますのでその記事を簡単に要約すると、

・昔の全日本少年サッカー大会はお祭り的な雰囲気もあった。
・今は勝ち負けが前面に出る雰囲気になった。
・U-12では日本は強い。ブラジルやドイツは大敗していた。
・しかし大人になると逆転する。
・日本のU-12が強い理由は練習量の差。
・日本で全国大会に出場するには週6回の練習が最低条件らしい。
・ドイツでは毎日練習する少年チームはない。
・ほとんどのチームは週2回+週1回のゲーム。
・勝利至上主義にならないように、日本のような全国大会は開催されていない。
・ジェフ千葉に入部してくる小、中学生の中には既にスポーツ障害を抱えている子がいる。
・それが原因でサッカーができなくなるケースもある。
・過度のスポーツ活動による、目に見えない心の障害が生じているケースもある。
・子供の為にというのは分かるけれど、大人の熱狂がエスカレートして奪ってしまう子供の世界についてもしっかりと目を向けて欲しい・・・・・・。

と、いうことみたいです。

投稿日時 - 2006-05-18 03:02:16

お礼

ありがとうございます。子供の意思を第一に、様子を見ていこうと思います。

投稿日時 - 2006-05-18 09:01:20

ANo.2

私もゲームのできる環境に身を置いた方が良いと思います。
ブラジルの有名な選手・・・ロナウド、アドリアーノ、ロナウジーニョ
等も、元々は路地裏などで草サッカーをして遊んでいたそうですし。
練習も大事ですが、今は試合等を通してサッカーを楽しむことのほうが
重要だと思います。

投稿日時 - 2006-05-17 17:25:03

お礼

ありがとうございます。よく子供と相談してみます。

投稿日時 - 2006-05-17 21:00:27

ANo.1

>今現在は5年生は3人しかいません

他の学年を含めても11人の試合が出来ないということでしょうか?

完全に主観ですが、練習というのも「試合」があればこそ励めるものだし、成果を試すことが出来るものだと思っています。
仮に試合が存在しない環境であれば、やはり試合が出来る環境の方が好ましいのではないでしょうか。

練習も大切ですが、今の世代であっても試合勘を身に付けることはとても重要だし、逆に試合でしか体験出来ないこともあります。

投稿日時 - 2006-05-17 14:35:41

補足

早速のご回答ありがとうございます。
3人になったのは最近のことで、それまでは5年5人、4年6人いたので、ぎりぎりで組んで試合をしていました。けが人がいた時や、休みの子がいれば、3年生を入れてました。
相手はもちろんオール5年生です。それでも、勝ったりしてました。(それ程、このチームではみんなの上達は素晴らしい)
5年の2人が辞めてからまだ試合はしてません。おそらくその2人の変わりに経験の浅い3年生が入ることになると思います。
主人は試合は成り立たないだろう、と言っています。でも主人は、小学生のうちは基礎をしっかりやればいい、と言っています。
練習も試合も両方大事なのは分かっていますが、子供自身が悩んでいるようなので、親としても辛いです・・・

投稿日時 - 2006-05-17 16:43:36

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-