こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

公示価格と実際販売額との差額について

お世話になります。
現在、大阪学研都市沿線の某駅周辺で土地を探しております。
あるハウスメーカーより紹介していただいた土地は公示価格の1.5倍でした。
紹介していただいた土地(駅より徒歩20分)は公示価格の所在地(駅より徒歩7分)より駅から遠方にあり、角地でもなく、変形土地でした。
これはやはり高すぎると考えてよいのでしょうか。
また、公示価格を理由に適正価格(?)まで値引き交渉できるものなのでしょうか。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2005-10-18 10:38:37

QNo.1719397

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>公示価格を調べたぞ!っていうのが舐められる原因になるとは考えもしませんでした

誤解を招くといけませんので念の為補足させていただきます。本旨と少しそれるお話ですが、土地を購入するにあたり建築制限や設備概要等の基本的事項は置いておくとすると、評価の指標として「路線価」や「地価公示」というのを参考に調べるということ自体は良いことだと思います。

むしろそういう「指標」として押さえてあるぞ、ということは、相手からすると「色々調べているみたいだな」ということで舐められることとは逆の作用が働くかもしれません。

私が言いたかったのは、仮に「地価公示がこの価格なのだからこの価格まで値引きしないとおかしい云々」の主張をするのであれば、相手からすると「何言ってんだ?」ということになりかねない、ということです。ちょっと誤解を与えるような表現だったかもしれませんので念の為追加書き込み致しました。

自分なりに価格が適正なものであるか、「路線価」や「地価公示」又は「周辺取引事例」等を参考にしながら現在検討中の土地について多角的に考察するということは良いことですよ。

投稿日時 - 2005-10-19 10:07:18

お礼

重ね重ね有難うございます。
仰っていること、その通りだと思います。
慎重に考えて望みたいと思います。

投稿日時 - 2005-10-19 22:43:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.4

ご質問者も疑問をお持ちのように「公示地価」というのは建前上は「取引の指標とすべき価格」ということになっております。

しかし日本は基本的には自由経済ですから(何でもかんでも自由では無いですが・・)、売る買うというのは双方の合意により決定されるもので価格もまた然りです。民間所有の土地取引の価格を国などが強制力を持って決定することは無いということ。

ですから立地や市場によりけりですが、公示地価よりも安い価格相場なエリアもあればその逆のケースもあり様々です。

価格交渉をされることは大いに結構なことだと思います。買う方は出来るだけ安いに越したことは無いですから。しかしその理由に公示地価を持ってくるのはお止めになった方が賢明です。逆に舐められるかもしれません。

公示地価の1.5倍という価格が高すぎると考えることは自由ですが、取引全般的に見れば高すぎるとは言い切れません。見方によっては地価公示と同水準で購入出来れば安いとも言えます。
都会基準で書かせて貰えば、地価公示を明らかに下回る価格での取引相場のエリアは人気の無い過疎エリアと考えます。

投稿日時 - 2005-10-18 11:50:25

お礼

回答有難うございます。
>理由に公示地価を持ってくるのはお止めになった方が賢明です。逆に舐められるかもしれません。
そうだったのですね。本当に素人なので公示価格を調べたぞ!っていうのが舐められる原因になるとは考えもしませんでした。恥ずかしながら逆かと思っていました。

投稿日時 - 2005-10-18 22:34:12

ANo.3

土地の価格に適正価格は有りません。

売りたい価格と買いたい価格は有ります。

公示価格もあくまで参考価格ですから物件によっては
公示価格より安い物も有りますし、3-4倍のものも有ります。

値引交渉の材料の一つにはなりますが、相手はプロ...。

最後は押しの強い方が勝ち...(笑)。

あくまで公示価格を基本にされるなら、
交渉の材料の一つとして公示価格地点の路線価との対比もしてみては?
 http://www.rosenka.nta.go.jp/

近隣での売り物件の価格と路線価の比率を複数比較検討されてはどうですか?

参考URL:http://www.rosenka.nta.go.jp/

投稿日時 - 2005-10-18 10:55:12

お礼

回答有難うございます。
参考URLも参考になりました。
路線価は公示価格より安いようです?

投稿日時 - 2005-10-18 22:31:57

ANo.2

はじめまして 東京の不動産業者です

東京と大阪なので 多少の違いはあるかと思いますが
公示価格は実際の売買価格とかけ離れていると
思って下さい

土地の売買価格は「売れる」「売れた」売買事例から
ほぼ算出されます

あなたが土地を売る場合の事を考えて見ましょう
少しでも高く売りたいと思うのが一般的ですね
隣の土地が去年いくらで売れたから
ウチもこれくらいで売れるよね
というような考えがほとんどでしょう
つまり 売り出す人の考えで 売り出し価格は決まります
適正というものは 人によって違うのです
売る側は高く 買う側は安く 考えますので

価格いくらかわかりませんが
ダメもとで価格交渉する事はできます
ただ あまりかけ離れた金額を言うと
売主は簡単に引いちゃいますので
これくらいなら 考えられるかなあ というような
価格を出す方がいいでしょう
そのあたりは土地の担当に感触を聞いてもらうといいでしょう

でも 自分で価格に納得できないんだったら
やめるほうがいいでしょう
納得のできない土地には住めないものです

投稿日時 - 2005-10-18 10:55:00

お礼

回答有難うございます。
仰るとおり需要供給バランスで価格が決まるのが基本ですよね。
私自身高い買い物はしたくありませんので良く考えるように致します。

投稿日時 - 2005-10-18 22:10:11

土地の者ではありませんので、提示価格が高いか安いかは論じられませんが、一般論として。

公示価格(路線価格)は固定資産税の基礎になる価格で、取引価格よりも安いのが一般的です。
ただし最近の土地価格の値下がりで、実際の取引価格よりも高い公示価格が出る現象もあるようです。このような土地は最近公示価格が見直されています。

従いまして公示価格を理由に値引き交渉は出来ません。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2005-10-18 10:54:42

お礼

回答有難うございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2005-10-18 22:07:18

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-