こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

温泉施設の法人会員の科目は?

温泉施設(日帰り温泉)の法人会員になってます。
得意先の絡みで、入会している形です。
年会費 30,000円 使用するたびに 別途 利用料金が掛かります。
この施設は、関東近郊にあり、ほとんど使用していません。
日帰りなので、東京、大阪、名古屋から
わざわざ行く人が居ないのが現状です。
この法人会員の科目は、交際費、厚生福利費 どちらにしたほうがいいのでしょうか?

投稿日時 - 2005-08-26 11:53:08

QNo.1605931

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

実際、福利施設の利用として、社内に「いつでも使える状況」を把握させてはいかがですか?
そうした場合、別荘のように、保養施設の効果の信憑性が高くなります。

近くを通った社員さんが、使うかもしれません。

そうすると「福利厚生費」として科目処理しても問題あれませんが、年会費を払うメリットはなんですか?
別途使用料がかかるというコトですので、わざわざ会員になった点が気になります。
会員になったから特別のサービスが受けられるのでしょうか?
会員で無ければ、使用出来ないとかでしょうか。


そこに一般的なメリットが無いと、ただのお付き合いという印象が濃厚ですね。
そこを指摘されたら「交際費」扱いと見られる税務署員も、居るでしょう。


ただ、あまりにも使用回数が少なければ、交際費扱いするという担当官も居る事は確かです。

しかし、否認されたとしても大きい金額では無い為、あえて問題にしないのではないかと考えます。

投稿日時 - 2005-08-27 20:29:29

お礼

taka_s0121 様

この施設ですが、会員になると小額ですが割引になります。
使用状況から考えても、お付き合いにしか思えないので、悩んでいました。
ご指摘の通り、いつでも使える状況 にし、福利厚生費で処理します。

詳しく説明していただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-08-29 09:23:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

使う・使わないは別として、社員も使える形の社内規定をせいびしておけば、「福利厚生費」で処理しても問題ないと思います。
交際非課税がかかる事業規模かどうかにもよりますが、極力「交際費」支出は抑える習慣をつけておく方が良いと思います。

投稿日時 - 2005-08-26 12:27:13

お礼

どうもありがとうございました。
福利厚生費で計上します。

投稿日時 - 2005-08-26 12:38:42

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-