こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

生後8ヶ月、手の動きの左右差について

生後8ヶ月半になる息子がいます。
物を持つようになった頃から右手ばかり使う子で、その内に左も使うだろうと思っていたらあまり使わず、今では左右差ができてしまっています。
右手を隠せば左でも物を持ちますが、右に比べると不器用で、右手を解放したらすぐ持ち替えて遊んでいます。
右手を使うと左手は使わなくなり、握った状態です。
うつぶせ時も左手をグーにして握っています。
心なしか左足も右に比べると使っていないような気がして、脇を持って立たせても左足だけ爪先立ちしようとします。
健診ではひっかからなかったのですが、軽度の脳麻痺の子にこのような症状があったという体験記を見たりして、心配しています。
現段階の成長具合は↓
ハンカチテスト…できる
寝返り右…5、6ヶ月
腰座り…7ヶ月
寝返り左…7ヶ月後半
寝返りがえり…7ヶ月後半
ズリバイ、つかまり立ちはできません。

同じように手の動きに左右差のあるお子さんをお持ちの方おられませんか?
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-03-17 21:09:09

QNo.9306331

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

単に右利きだということでは?
両方の手に何かを持たせて、(例えば太鼓をたたくとか)させてみたらどうでしょう。
その状態で左右の動きに相当なる違いがあるならば、検診をお勧めしますけど。
一歳三か月まで歩かなかったため何度か検査を受けた私ですが、一応健常です。身体的には問題がありませんでした。本人が歩こうと思ったら歩くだろうと言われたそうです。まさにその通りでした。
左右の差があって当たり前だと思うんですけど・・・・。

投稿日時 - 2017-03-22 10:20:41

ANo.2

追加のご質問について

「遊びについては、まだオモチャを持って舐める等の遊びしかできないのですが、そのような状態でも教えていただいた遊びを触らせるだけでも効果的でしょうか?」

[回答]
まずは、お母さまがお手本を見せ、お子さんがそれを見ているだけでも効果的です。自分から模倣したいという欲求が出てくるのが1歳半前後ですが、子どもはほっておいて模倣できるようになるのではなく、模倣のための環境(お母さまの提示)が必要になります。模倣期に向けて、お母さまの提示、そして手の微細運動に繋げることが、推奨できます。

人類の文化は模倣をベースに発展してきたものであり、この乳児の模倣期から将来の文化に関わっていきます。

参考URL:http://www.montessori-edu.co.jp

投稿日時 - 2017-03-19 17:22:56

ANo.1

こんにちは。

以前、同様の悩みをお持ちの方のカウンセリングをさせていただいたことがございますので、回答させていただきます。

ズリバイ、つかまり立ちについてですが、ズリバイが6カ月前後が目安、つかまり立ちが9カ月前後が目安ですので、つかまり立ちについては、あまりお気になさらなくても大丈夫です。

ご質問が運動制御的観点からのものと思われますが、触覚としての手:触覚ー脳機能の観点も非常に重要です。日常で使うようなブラシといった通常とことなる触感を持つものを左手に持たすことで、脳を刺激し発達を助けます。できるだけ異なる触感を持つものを左手で握らせることがお勧めできます。

運動制御的な観点からは、身体を制御する粗大運動よりも、手先を使う微細運動にまずは重点を置いて、玉おとし、コインおとし、ぺぐさし、リングさしといった比較的単純なものを左手でさせることがお勧めできます。

検診でひっかからなかったとのことですが、他の小児科医をセカンドオピニオンとされることもお勧めできます。

投稿日時 - 2017-03-19 15:21:57

お礼

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。
早速ブラシなど、刺激になりそうな感触のものを触らせてみます。
遊びについては、まだオモチャを持って舐める等の遊びしかできないのですが、そのような状態でも教えていただいた遊びを触らせるだけでも効果的でしょうか?

セカンドオピニオンについては、総合病院の小児科で診察していただきましたが、確かに右に比べると不器用だと感じるが、まだ成長過程なのでMRIを見ないことには判断できないようでした。

投稿日時 - 2017-03-19 16:33:42

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-