こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子供がプロ棋士になりたがっている。

小学校1年生の子供(男児)がプロ棋士なりたいと言っています。少し前から、将棋連盟の子供将棋スクールに通っています。最近10級から9級になりました。
親、親戚などは将棋が弱くて遺伝的にも、将棋の環境も恵まれていません。2週間に1度の将棋スクールの日を楽しみにしていますが、毎日の将棋がヘボ将棋の親が相手では、子供にとって良い練習相手とは思えません。(勝ったり負けたりです)
プロになる人って、やはり遺伝とか、親が将棋が上手くて毎日相手をしていた、などが大いに関係するのでしょうか?

投稿日時 - 2003-08-08 23:05:52

QNo.623210

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>>こんにちは、将棋のプロを目指されてるとのことですが、可能性とゆうことではさすがにまだわからないでしょうね。ただひとつの目安としては小学6年までには最低でもアマ3段は必要らしいです。

6年生でアマ3段ではプロは無理でしょうね。アマ3段、4段などの段位はかなり曖昧な部分がありますので判断がしづらいですが、最低でも小学校3,4年までに街の道場で4段になっていないと無理でしょう。近年はレベルの向上が著しく、奨励会合格レベルが格段に上がっています。大人も混ざった新聞社主催のアマチュア棋戦の県代表になった子供でも奨励会に入ることは難しい時代です。

しかし悲観することはありません。少々真面目にやれば小学3,4年までにアマ4段は容易いことですし、早ければ1年ほどでなることも可能です。子供の頭は柔らかいので上達も早いのです。今のうちから将棋をやらせれば十分に間に合います。通わせる道場や教室を早めに選択して、最低でもあと1,2年で将棋スクールを卒業できるほどの実力を身につけさせてあげてください。

投稿日時 - 2003-08-10 08:28:03

お礼

ありがとうございます。今は将棋が楽しくて仕方が無いようです。まだ初めて数ヶ月なので先はわかりませんね。

投稿日時 - 2003-08-10 13:14:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.7

こんにちは、将棋のプロを目指されてるとのことですが、可能性とゆうことではさすがにまだわからないでしょうね。ただひとつの目安としては小学6年までには最低でもアマ3段は必要らしいです。今からつずけてなれないようならあきらめた方がいいかもしれません。あとプロになるような人はやはり上達がすごくはやいことがいえますので、たとえば初段から2段になるのでもその期間が短かければ短いほど有望といえるのではないでしょうか・・。一応小学生の間に一応の結論はでるのでそこで改めて考えてもまったく問題ないとおもいますよ。

投稿日時 - 2003-08-10 06:43:31

お礼

ありがとうございます。参考になりました。

投稿日時 - 2003-08-10 13:13:05

ANo.6

 No.2の者ですが追記します。
 羽生さんの両親が将棋を指さないと書きましたが、自信がなくなりました。羽生さんが家族と将棋を指した話をどこかでしていたのを、思い出しましたので。ただ、いずれにしても強くはなかったはずですので、ご安心ください。
 あと、インターネットの将棋道場を勧めましたが、子供の時からこれだけに頼るのはやめた方がいいでしょう。あくまでも利用・併用ということにしてください。ゲームソフトもそうです。
 将棋とはやはり目の前に座った相手(人間)とするものではないでしょうか。相手の見えないインターネットやゲームソフトばかりを相手にしていると、小さな子供はその辺を誤解する心配があります。
 どちらにお住まいの方かわかりませんが、将棋連盟の子供将棋スクールに行っているということは、東京か大阪の将棋会館に行っているのでしょう。適当な将棋道場が思いつかないのでしたら、将棋会館道場はどうでしょうか。大阪のことはわからないのですが、東京将棋会館道場でしたら、土日は同じような子供達がたくさんいて、ライバル心も生まれると思います。
 ただし、道場でいろんな人と指していると、中にはマナーの悪い人もいて、子供の心が傷つくことがあるかも知れません。そんな時は、ご両親が力になってあげてください。

投稿日時 - 2003-08-09 11:09:53

お礼

ありがとうございます。そうですよね。実はソフトで将棋をやっている時って、待ったをよくしているし、ヘボ将棋でも親が相手をしてあげると喜びます。子供将棋スクールで、もう少し上手になったら道場で実践を積ませたいと思っています。本人もまだ自信が無くて、スクールでは先生は自分のレベルの合った子を勝負をさせてくれるので大丈夫なのですが、知らない所では将棋をする勇気がないみたいです。

投稿日時 - 2003-08-09 13:27:19

ANo.5

遺伝は関係が薄いのではないでしょうか。
例えばプロ野球選手のご両親は運動神経が良い方ばかりかといえばそうではないですし、天才などと呼ばれる子供が優れた親から産まれてくるとも限らないからです。
将棋界にも同じことがいえるでしょう。将棋界にもごくごく普通の家庭からプロ棋士になった方が数多くいらっしゃいます。

将棋の能力を決めるのは練習量ではないかと思います。
それこそ毎日の生活の中で頭の中に将棋盤が出てくるほどにならないといけないのではないでしょうか。
才能のある人とは辛い努力を楽しく続けられる人のことだと羽生先生が仰っていたような気が致しますが、同感です。

強くなられたいのでしたら、#2の方がリンクを出してくださいましたが、将棋倶楽部24や、街の将棋道場に行かれるとよろしいかと思います。しかし街の道場は千差万別で、老後の趣味として指される方がおられる道場から、アマチュア全国大会を目指して研鑽を積まれている方が多数おられる道場まで様々です。後者の道場としては三軒茶屋将棋倶楽部、新宿将棋センターなどが有名でしょうか。

子供将棋講座のようなものをお望みでしたら、こども将棋教室棋友館がおすすめです。講師は元奨励会在籍の方で、指導には国内で定評があります。ホームページを拝見しましたところ、奨励会入会のための指導も行ってくださるということです。リンクを載せておきます。

参考URL:http://www.interq.or.jp/dragon/onigiri/

投稿日時 - 2003-08-09 09:24:18

お礼

ありがとうございます。
「才能のある人とは辛い努力を楽しく続けられる人のこと」本当に同感です。
遺伝は関係ないとのことで、心強いです。
将棋の指せる所をいろいろ探してみます。

投稿日時 - 2003-08-09 10:06:14

ANo.4

中学の時の友人に小学生の時の大会で日本で4位になったヤツがいました。
そいつは高校進学時にプロは目指さず、高校に進学しました。(偏差値71の進学校です)
プロにはなれるかもしれないけど、上位は狙えないだろうからと言っていました。
子供の時から将棋を打っていれば頭が良くなるので、たとえプロを目指すのを辞めても十分、方向転換がきき、いいと思います。
あと、勉強にしろ、将棋にしろ、問題はIQです。
うちの父親はIQ140以上あり、東大を現役で狙えるくらい頭がいいんですが、自分のIQは平均をすこし超える程度でどんなに勉強しても偏差値70程度(明治くらいしか狙えない)なので遺伝子は関係ないかもしれません。
友人にも父親と2人の姉が東大なのに、明治卒のヤツがいます。
才能は未知数ですから今から心配しなくてもいいと重います。
あと、やはり弱い相手と指していても強くはならないでしょう。
日本で4位になった友人は自分対自分で将棋を指して練習していました。
あと、プロの棋譜を見るのもいいでしょう。
あとネットで将棋ができるところもあります。

ハンゲーム
http://joqr.hangame.co.jp/joqr.asp
gooゲーム
http://hangame.goo.ne.jp/linksite/goo/goo_wlogin.asp

↑ここならそれなりに強い相手も見つかるでしょう。

投稿日時 - 2003-08-09 03:48:22

補足

それと、IQが遺伝しないというのは嬉しい情報です。

投稿日時 - 2003-08-09 10:01:32

お礼

ありがとうございます。やはり将棋ソフトに相手をしてもらうのがいいでしょうね。私や主人は弱いので遊びになってしまいます。近所で強い人をもっと探してみます。

投稿日時 - 2003-08-09 10:01:13

ANo.3

こんばんは!

私は将棋をしないのですが、違った角度からのアドバイスです。
私はビリヤードが好きなのですが、人に教わって上手くなるところに共通点
があるのではないかと思います。ビリヤードの上手い方は、「師匠」がいる
ことが多いように思います。出会いは、玉突き屋(ビリヤード場)にあります。

詳しいことはよく知らないのですが、将棋の基礎は定石と手筋を覚えること
と聞きました。小学校1年生では、難しい本も読めないでしょう。

お子さんは将棋道場のようなところで習われているのですか?
交流会のようなものはないんでしょうか?
本当は将棋の上手いおじさんが、近所にいればありがたいですよね・・・

不可能なことかもしれませんが、教えたがりの親切なおじさんは、きっと
将棋界にもいるような気がします。いますぐ、というのでなくても、
将来的にそういう方面からのアプローチも有効なのではないでしょうか。
私が思いつくのは、ボランティアなどで多くの人と知り合うとか・・・。

とにかく「子供がプロ棋士を目指している」ということを周りにアピール
していれば、自然と人が気にかけてくれるのではないでしょうか。

ビリヤード場で、お客が子供を教える姿は見たことがあります。
将棋道場などではそういうことはムリなんでしょうか?

夢があるって素晴らしい。何はともあれ、楽しみですね☆

投稿日時 - 2003-08-09 01:44:04

お礼

ありがとうございます。家の近所でアピールしているせいか、子供の友達のパパが相手をしてくれたことがあります。すごく上手な人でした。だた忙しい人なので、月に1回相手をしてもらえれば良いほうです。祖父は将棋がヘタで、もう子供に負けています。
本を読むことが出来ないので、やはり実践ですね。例の友達のパパが中飛車の急戦で攻めてくることが多く、最近、子供も中飛車がお気に入りです。

投稿日時 - 2003-08-09 09:58:10

ANo.2

 練習相手の件でしたら、インターネット上の将棋道場にいくらでも強い人がいます。
 有名なところでは、将棋倶楽部24があります。アマチュアのトップクラスから、中にはプロもまじってます。(匿名ですが)
 ここで、腕を磨いたらいいでしょう。
 あと、遺伝は関係ないと思います。たしか羽生さんの両親は将棋をささなかったと思います。

参考URL:http://www.shogidojo.com/

投稿日時 - 2003-08-08 23:40:38

お礼

ありがとうございます。羽生さんの両親が将棋を指さないというのは嬉しい情報です。そうなのですね。少し希望が・・・

投稿日時 - 2003-08-09 09:46:05

ANo.1

パソコンの将棋ソフトを買ってみたらいかがですか?
レベルを上げるとかなり、強いですよ。私には勝てません。

投稿日時 - 2003-08-08 23:17:26

お礼

ありがとうございます。「最強東大将棋2」のソフトが家にあります。もちろん負けまくりです。

投稿日時 - 2003-08-09 09:44:21

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-