こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

1歳児のしつけ

1歳2ヶ月になる男の子の母親です。
この頃、自分の意思をはっきり示すようになりました。成長を感じ、とても嬉しいのですが、少し困っていることがあります。

例えば、嫌なことは「いや」といって首を横に振ります。嫌いな食べ物・オムツ換え等。
公共の場で、わざと奇声(子供特有?!)をあげて叫びます。

このような場合、「いや」というのをどこまで言い聞かせたら良いのでしょうか。いつも、オムツ換えの最後は無理矢理大泣きです。(おしっこのときはある程度はタイミングを見ていますが、ウンチはどうしても・・・)嫌いなものは絶対に口を開けないので、諦めてしまいます。
奇声をあげたときは、一応怒りますがそんなことはお構いなしという様子です。

★長くなりましたが、どこまでしつけとして叱ったりすればよいのでしょうか。また、どのように「いけない事」を伝えるのが効果的でしょうか。
アドバイスよろしくお願いします。

★また、参考になりそうな本などあったら教えていただけたら幸いです。

投稿日時 - 2006-08-04 22:43:42

QNo.2320073

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

7歳の娘ともうすぐ1歳1ヶ月になる息子がいます。
息子がこのごろ「イヤ」の代わりに奇声を発したりイヤな顔をしてみせるようになってきました…

うちの場合、
:オムツ替えがイヤ→ムリヤリ押さえつけてでも替える(しなきゃいけないことはやる)
・モノをひっくり返す、アブナイものにさわろうとするなどのいけないことをしたので叱ると奇声→かまわず叱る(怖い顔をしてみせる、ダメとしっかり言う)
・ゴハンの途中で飽きたのか、手でひっくり返す、口を開けない→ゴハンはもう終わりにする

叱ってもきかないときは放っておきます。いけないことをしたときはその対象(さわっちゃいけないもの、ひっくり返したもの)から遠ざけます。その部屋から連れ出すとか、親がバリケードになるとか、手の届かないところに置くとか。奇声を上げて抵抗しますが、そこで負けてしまうと「奇声をあげれば親は言うことをきく」とナメられてしまいます。
叱るときは、とにかく「怖い顔」と「ダメ」という言葉かな、と思ってます。もうちょっと大きくなれば言い聞かせる、という手もありますけど…これくらいだと「話しかけられている」と誤解してニコニコされちゃいますから。

私が参考にしているのは松田道雄さんの本です。「私は赤ちゃん」「私は二歳」という本は、赤ちゃん側からの視点で書かれていて、とてもわかりやすく、また癒されます。
これを上の子妊娠中から読んでいて、育児に疲れるとまた読んで癒される、ということを繰り返しています。

確かに成長しているんですよね。でも、成長につれてまたいろんな悩みが出てきます。これは、7歳になっても同じです…

がんばりましょう! 

投稿日時 - 2006-08-04 23:03:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

32人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

1歳児ちょっとの子で、何に対して叱るんですか?
所詮相手は、小さく幼い赤ちゃんです。

一緒になって大人が怒っていては、関係を悪くするだけです。

おむつ替え・・・嫌な時間を少しでも短く、さっとすませばそれだけのこと。

好き嫌い・・・あきらめればそれだけ。根気強くいろいろな味に慣れさせる努力は続けること。
(まだことばによる交渉:これ食べたらこれ上げるなど:は十分ではないので、さっと少しでも口に入れるなど)

この時期のイヤイヤはとても大事な反抗。

上手につきあってあげてください。

投稿日時 - 2006-08-06 22:41:32

ANo.5

1歳半の子が居ます。質問者様とほぼ同じ状況で…日々叱ったり抱きしめたりしながら過ごしています。
子供育ては親育てでもあるなあと言うのが、今の実感です。自分も育てられていますね。

また私は会社員ですので、平日は夕方~夜が一緒に過ごす主な時間なので、短い時間で、「イヤイヤ」が始まった娘に、どうすればしっかり愛情を伝えられるかが悩みと言うかポイントです。

さて、しつけについては他の方がいろいろ書かれているので、下記本をお勧めします。さっと読めて、大変参考になります。育児がすっと楽になる気もします。ぜひご一読ください。大変売れているようです。

参考URL:http://www.10000nen.com/book/HA/HA.htm

投稿日時 - 2006-08-05 15:55:01

ANo.4

1歳4ヶ月の女の子の母です。イヤの意思表示もはっきりしているし、たまに大人しくしていると思ったらイタズラしているし。こちらに背を向けて何かしていて、呼びかけるとビクッとするので、悪いことをしている、とわかっているみたいなのですが。

怒らず怒鳴らず話してしつける。子供の気分(目先)を変える。私はそう実践しています

食べ物がイヤ →今回は終了。次回、目先を変えるか他の物で代用する。いらないと言うのを無理にすすめると、スプーンや食器をはねのけるので、大惨事になってしまうことが多々あります。そんな場合は親が悪かったので怒りません。こぼれて大変だ・残念・悲しいということだけ言葉で伝えます。

オムツ換え →楽しい時間を中断してまで換えてもらいたくない、と感じているようなので、歌好きの娘には、歌をうたってやると大人しくしています。親の口元をじっと見て自分でも歌おうとしています。少しユーモラスに声を変えたり、百面相したり。そうせずに手早くしてしまおうとすると、大騒ぎになることも。ウンチの時には余計に動くな!と両足首を片手でまとめて持ってしようとして、かえって暴れられるので、先に大人しくさせるほうがダンゼン楽です。

奇声をあげた時 →大声で注意すると、余計喜んで騒ぐので、小声や声なしで、優しく楽しく耳元で何か話しかける。聞こうとして大人しくなります。退屈している、ということでもあるので、その場を離れて散歩。

危険な物を持った時 →何かと交換させる。場合によっては泣いてもとりあげて、真剣な顔で、危ない、と教えます。

ティッシュを食べた時 →泣き喚こうとも、急いで口の中を点検、取り除き、ぬらしたガーゼで口の中をしつこくぬぐいながら、食べちゃダメと言葉で説明。

おもちゃをまきちらす →しからず親が片付け。『踏むと危ないよ』などと言いながら。

危ないことをしていて、とっさに怒鳴って止めさせて、泣かれた時には、あやしながら、『好き好き。嫌いで怒ったのじゃあないのよ。お前が大事だから怒ったのよ。あれは危ないのよ』と言っていると落ち着きました。

基本的には3才までは、愛情たっぷり甘やかし、出来る限り要求に答えてやります。いたずらも、子供の手に届く範囲に置いた、親の責任だと思います。
だけど、子供はいづれ大人になるもの。子供だからと叱らずにおいて、ある日いきなり叱るのは、子供にとっては訳のわからないことでしょう。怒鳴るのは逆効果になるので、言葉は意外と通じているので、優しく言葉で説明するとよいです。実際に言葉で説得できるのは、4~5才以降でしょうがね

投稿日時 - 2006-08-05 02:52:19

ANo.3

育児に関して、ましてや躾に関しては本当に様々な考え方がありますよね。
私は例え1歳であろうと、もっと言えば0歳であろうとダメなものはダメだといい続ける必要があると思います。
1歳まではダメと言われなかったのに、2歳になったとたんにダメだと言われたら子供は混乱しますよね。
この間まではママは怒らなかったのに、どうして突然怒るの?って。
まだ1歳だから分からないから・・・って言うのは子供を馬鹿にした考え方だと思うんです。
0歳だろうと1歳だろうと、子供はちゃんと分かっていると思いますよ。
甘えさせるのと甘やかせるのは別なことだと思っています。
きちんと躾をしないのは甘やかせることです。

1・2歳って「イヤイヤ」の時期ですよね。成長の一環と言ってしまえばそれまでだけど、親は大変ですよね。
どこまでを子供の成長と捉えるか、どこからはダメな事と叱るべきなのか迷いますよね。
だからと言って、躾にやっきになる必要はまだないと思います。
でも赤ちゃんだからと言ってやって良い事と悪い事があるのも事実。
私が子供に一貫して言い続けたのは、他人にとって(自分にとっても)危険な行為、迷惑になる行為です。
それがどこまでの範囲になるかは人それぞれだと思います。
例え1歳でも友達を叩いたり、周りに人がいる時におもちゃを振り回したときは、厳しく言い聞かせました。
ちなみに奇声を発した時も私は叱りました。
自分自身子供の奇声は我慢できないのと、やはり迷惑に思う人もいると思うので。

いけない事を伝えるには、子供の目を見て真剣に言い聞かせるのが一番です。
要はママは怒っているのだと伝えるんです。叱る時はすぐにその場で叱らないと意味がありません。
ママの言っている言葉の意味は分からなくても、自分のした行為によってママが恐い顔をしているって事は理解できます。
大きな声を出すのは逆効果です。注意を引き付けるためにはある程度効果があるかもしれませんが、言い聞かせるときは落ち着いて言わないと、ただ子供はママを恐がって表面上だけ言う事を聞くようになってしまいます。

でも子供は何度言い聞かせても同じ事を繰り返します。
1回言えば理解するなんてあり得ない話。本当に親も忍耐が必要ですよね。
言葉が分からないうちから叱ることに意味があるのかと思った時期もありましたが、ある日突然自分の言っていたことを理解してくれていたんだ!って思える時が来ますよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4872573145/249-2455228-8852367?v=glance&n=465392

投稿日時 - 2006-08-05 01:09:36

1歳児にしつけなんて必要ありません。
叱る必要もありません。
「いけないこと」を教える必要もありません。

私は息子が2歳になるまで「いけないこと」なんて一度も教えたことはありませんでした。

でも、10ヵ月の頃のある日、ガスレンジのスイッチで遊びながら、ちらちら私の顔をうかがっていたんです。
私は子どもがガスレンジのスイッチをいじっても怒ったことはなかったのですが、子どもがスイッチいじりを始めると「あ~あ」という顔で見ていましたから、その顔で「お母さんがいやがることだ」ってわかっていたんですね。

子供は常にお母さんの反応をよく見ています。「いけないこと」なんていちいち教えなくてもよっくわかっていますよ。

スイッチを動かせるようになった頃に
「これ、触っちゃダメだよ。あちちちだよ。」
と一度言い聞かせたら、その後は触りませんでした。

1歳児にしてあげなければならないこと、
それは「お母さんはあなたが大好き~!!」
と抱きしめてあげることです。

自分はお母さんに愛されているという実感は、子どもの心を安定させます。
心が安定している子供は、扱いやすいですよ。

オムツは嫌がるなら替えなければいいだけだし、
嫌いな食べ物も無理に食べさせる必要はありません。

公共の場で奇声を上げるのは、なれない場所に興奮しているのでしょう。
やさしく抱きしめて落ち着かせましょう。

叱った時に奇声を上げるのは
「ママ僕にいやなことしないで!」
という抗議です。

1歳児が求めているのは、厳格な母親ではありません。
自分を愛してくれて自分のそばにいてくれる母親です。

2歳を過ぎたら言い聞かせることも色々ありますが、それも安全に関わることだけです。
電気製品はいじらない。
1人で道を歩かない。
車道に出ない。
そんなことです。

とにかく、叱らないのが、お母さんにとってもお子さんにとってもいちばんいい方法だと思います。

投稿日時 - 2006-08-04 23:47:21

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-